for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Xiaomi Corp

1810.HK

現在値

13.34HKD

変化

0.06(+0.45%)

出来高

114,577,196

本日のレンジ

13.02

 - 

13.68

52週レンジ

8.28

 - 

14.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
13.28
始値
13.32
出来高
114,577,196
3か月平均出来高
3,284.35
高値
13.68
安値
13.02
52週高値
14.00
52週安値
8.28
発行済株式数
32,647.30
時価総額
347,449.50
予想PER
--
配当利回り
--

適時開示

その他

Lizhi Inc Sees U.S. IPO Of Up To 4.1 Mln ADSs Representing 82 Mln Class A Ordinary Shares

Xiaomi Corp Says Wang Xiang Has Been Promoted As President Of Group

Lizhi Inc Adds Haitong International, Tiger Brokers And Needham & Company As Underwriters To U.S. IPO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Xiaomi Corpとは

シャオミ(小米集団)は主に携帯電話、モノのインターネット(IoT)、ライフスタイル製品の研究、開発、販売、インターネットサービスの提供及び投資事業に従事する中国の投資持株会社である。【事業内容】同社は4つの事業セグメントにより構成される。スマートフォンセグメントは、スマートフォンの販売を行う。IoT・ライフスタイル製品セグメントは、スマートテレビ、ラップトップ、人工知能(AI)スピーカー、スマートルータなどの製品の販売を行う。またIoT並びに他のスマートハードウェア製品、特定のライフスタイル製品などのエコシステム製品の販売を行う。インターネットサービスセグメントは、広告サービス及びインターネット付加価値サービスを提供する。その他セグメントは、同社のハードウェア製品の修理サービスを提供する。同社は、自社製品を国内市場及び海外市場に販売する。

エグゼクティブリーダーシップ

Jun Lei

Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Founder

Xiang Wang

President, Senior Vice President - Global Business

Bin Lin

Executive Vice Chairman of the Board, President - Group’s Smartphone Department

Feng Hong

Co-Founder, Senior Vice President - Internet Services

Wanqiang Li

Co-Founder, Senior Vice President, Chief Brand Officer

統計

2.17 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CNY)

2018

174.9K

2019(E)

206.1K
EPS (CNY)

2018

0.363

2019(E)

0.464
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.76
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.60
株価純資産倍率(四半期)
3.58
株価キャッシュフロー倍率
25.20
総負債/総資本(四半期)
20.15
長期負債/資本(四半期)
7.38
投資利益率(過去12カ月)
13.24
自己資本利益率(過去12カ月)
7.01

最新ニュース

最新ニュース

シャオミとオッポ、来年の主力機種に米クアルコム半導体搭載へ

中国のスマートフォンメーカーの小米科技(シャオミ)<1810.HK>とOPPO(オッポ)は3日、来年第1・四半期に発売を計画する主力機種に米通信用半導体大手クアルコム<QCOM.O>の次世代通信規格「5G」対応半導体「スナップドラゴン865」を搭載すると発表した。

中国新エネ車市場、来年は販売回復 自動車メーカー幹部ら見通し

中国の新エネルギー車(プラグイン・ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車など)市場について、自動車メーカーの幹部らは、来年は各メーカーが新モデルを投入するに伴い販売が回復すると予想するものの、政府の一段の支援措置が求められると指摘した。

焦点:サムスン電子、諸刃の「メイド・イン・チャイナ」戦略

韓国のサムスン電子<005930.KS>は来年、スマートフォン製造の5分の1を中国にアウトソーシングする計画を立てている。

アリババ「独身の日」、華為技術・小米・ユニクロなどが10億元超え

中国の電子商取引大手アリババ・グループ<BABA.N>のデータによると、同国でネット通販最大の商戦日とされる11月11日の「独身の日」に特によく売れたのは健康補助食品や美容パック、粉ミルクなどで、仏ロレアル<OREP.PA>やスイスのネスレ<NESN.N>などが勝ち組となった。

米グーグル、フィットビットを買収 ウエアラブル市場参入

米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは、米ウエアラブル端末メーカーのフィットビット<FIT.N>を21億ドルで買収する。急速に成長しているウエアラブル端末市場で米アップル<AAPL.O>や韓国のサムスン電子<005930.KS>を追い上げる。

米アップル、7─9月期は中国減収抑制 幸運長続きせずとアナリスト

米アップル<AAPL.O>の第4・四半期(7─9月)は、最新機種「iPhone11」の発売時期などの幸運が重なり、中国市場における一段の減収は食い止められたが、アナリストはこうした幸運は長続きしない可能性があると警告している。

ファーウェイ、第3四半期に中国スマホ市場シェア拡大=調査会社

が第3・四半期に国内スマートフォン市場でシェアを拡大したことが、30日に公表された調査会社カナリスのデータで明らかになった。米国の制裁に直面する同社への支持が国内消費者の間で広がった。

コラム:ファーウェイ、足元好調でも厳しい局面が間近

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)にとって追い風の時代が間もなく終わりを迎える恐れがある。国内のスマートフォン販売が堅調だったため、1─9月売上高は前年比で24%も増加した。たが来月には米政府による制裁が復活し、その全面的な影響をこれから受けることになる。国内需要も当てにならないと判明するかもしれない。

中国・香港株式市場・前場=ともに堅調、米中通商協議と景気刺激策への期待で

中国 前場終値 前日比 % 始値 上海総合指数 2,937.8766 - 0.2647 - 0.01 2,933.896 9 前営業日終値 2,938.1413 CSI300指数<.C 3,881.225 + 11.848 + 0.31 3,865.344 SI300> 前営業日終値 3,869.378 香港 前場終値 前日比 % 始値 ハンセン指数 26,806.18 + 86.60 + 0.32 26,715.22 前営業日終値 26,719.58 ハンセン中国株指数< 10,570.06 + 30.02 + 0.28 10,530.00...

中国小米科技、来年は5Gスマホ10機種以上を発売=CEO

中国のスマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)<1810.HK>は2020年に、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに対応したスマートフォン10機種以上の発売を計画している。雷軍最高経営責任者(CEO)が20日、中国東部の烏鎮で開催された世界インターネット大会で明らかにした。

韓国サムスン電子、中国での携帯電話生産を終了

韓国のサムスン電子<005930.KS>は2日、中国・恵州の携帯電話製造工場の操業を9月末に停止したと明らかにした。

〔GRAPHIC〕-中国のハイテク大手、第2四半期は増収率26%に鈍化へ

リフィニティブがまとめたアナリスト予想によると、中国のハイテク大手の第2・四半期決算は前年同期比26%の増収と、増収率が過去6四半期で最低となる見通し。

焦点:ファーウェイが「戦闘モード」、愛国心味方に国内絶好調

今年4月、米アップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」からアンドロイド機種への買い替えを検討していた中国の学生、アーロン・フアンさん(23)にとって、どのブランドが最も積極的に販売攻勢を仕掛けてきているかは一目瞭然だった。

米クアルコムの見通しに暗雲、ファーウェイが中国でシェア拡大

がシェアを急速に拡大しているとし、見通しを下方修正した。また、第3・四半期(4─6月)決算は売上高が市場予想を下回った。発表を受けて同社株は一時6%下落した。

ファーウェイが2位維持、第1四半期の世界スマホ販売=ガートナー

は前年比44.5%増の5840万台となり、販売台数で第2位を維持した。販売の伸びは上位5社中で最高だった。

ファーウェイ携帯のクリック数が急減=英価格サイト

の携帯電話に対するクリック数が直近で急減していると明らかにした。トランプ米政権の禁輸措置が影響しているもようだ。

コラム:グーグル依存の中国スマホ、無料技術に払う高い代償

グーグルという隠れたコストが、中国に時間差で衝撃を与えている。

コラム:巨大市場アフリカで既に首位、中国携帯メーカーの星

中国の深セン傳音腔股(トランジッション・ホールディングス)は無名の携帯電話メーカーだが、地上最後の巨大市場とされるアフリカでは圧倒的なシェアを持つ。

アングル:中国テク企業が「新陳代謝」、憂き目にあう中年社員

中国の大手テクノロジー企業は、活力にあふれた若者への求人を強化している。ベテランのマネジャーたちがその犠牲になる場合もある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up