for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

鹿島建設株式会社

1812.T

現在値

1,375.00JPY

変化

9.00(+0.66%)

出来高

776,900

本日のレンジ

1,354.00

 - 

1,377.00

52週レンジ

1,247.00

 - 

1,660.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,366.00
始値
1,361.00
出来高
776,900
3か月平均出来高
27.78
高値
1,377.00
安値
1,354.00
52週高値
1,660.00
52週安値
1,247.00
発行済株式数
498.91
時価総額
722,144.10
予想PER
7.41
配当利回り
4.10

次のエベント

Q3 2022 Kajima Corp Earnings Release

適時開示

その他

Kajima To Buy Back Up To 1.5% Of Shares Worth 10 Billion Yen Through Sept 2019

R&I upgrades Kajima's rating to "A+" from "A" and says stable outlook -R&I

Kajima under investigation by Japan Fair Trade Commission and Tokyo District Public Prosecutors Office

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

鹿島建設株式会社とは

鹿島建設グループは、主に土木事業、建築事業及び開発事業等の事業活動を行う。【事業内容】5つの事業セグメントで構成される。土木事業は、建設事業のうち、土木工事の受注、施工等を行う。建築事業は、建設事業のうち、建築工事の受注、施工等を行う。開発事業は、不動産開発全般に関する事業及び意匠・構造設計、その他設計、エンジニアリング全般の事業を行う。国内関係会社事業は、主に日本国内における建設資機材の販売、専門工事の請負、総合リース業及びビル賃貸事業等を行う。海外関係会社事業は、北米、欧州、アジア、大洋州等の海外地域における建設事業及び開発事業等を行う。

業種

Construction Services

連絡先

1-3-1, Motoakasaka

MINATO-KU, TKY

107-8388

Japan

+81.3.55441111

https://www.kajima.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshikazu Oshimi

Chairman of the Board, Representative Director

Hiromasa Amano

President, Executive President, Representative Director

Ken Uchida

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Finance, Director

Hiroshi Ishikawa

Executive Vice President, Chief Director of Sales, Director

Masayasu Kayano

Executive Vice President, Chief Director of Civil Engineering Management, Representative Director

統計

2.33 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.0K

2020

2.0K

2021

1.9K

2022(E)

2.0K
EPS (JPY)

2019

211.666

2020

200.990

2021

193.126

2022(E)

184.247
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.37
株価純資産倍率(四半期)
0.74
株価キャッシュフロー倍率
6.15
総負債/総資本(四半期)
32.48
長期負債/資本(四半期)
17.31
投資利益率(過去12カ月)
8.39
自己資本利益率(過去12カ月)
4.50

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:大成建など大手建設株がしっかり、経済対策への期待感も

大成建設、大林組、清水建設、鹿島など大手建設株がしっかりとした値動きとなっている。自民党総裁選が終了し、市場の関心は岸田新政権による経済対策に移っており「災害対策などは重要な政策テーマとして継続される期待がある」(国内証券)との声が聞かれ、出遅れ感も手伝って物色された。

ホットストック:大手建設株が総じてしっかり、大型経済対策の思惑

大成建設、大林組、清水建設、鹿島など大手建設株が総じてしっかり。前日も相場全体がさえない中で建設株の値動きの良さが目を引いたが、総選挙を見越して大型経済対策が打ち出されるとの思惑が買いを誘っているとの見方が出ていた。

ホットストック:建設株が堅調、国土強靭化計画への期待で

大林組、鹿島など建設株が堅調な展開となっている。市場関係者によると、国土強靭化計画に対する期待から買われているという。第3次補正予算で同計画に盛り込まれる予算規模に関心が寄せられている。

訂正:ソフトバンクG、9月末に本社移転開始 コロナで利用計画調整も

ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>と通信子会社のソフトバンク<9434.T>は、9月末以降に港区・竹芝地区の新オフィスへの移転を開始する。従業員約1万人と大所帯のため年内をめどに順次、移転を進める。ただ、新型コロナウイルスの影響で、オフィスに必要なスペースは縮小しており、利用計画の調整もありそうだ。

訂正:鹿島の21年3月期は営業減益へ、海外での新型コロナ影響織り込む

鹿島<1812.T>が14日に発表した2021年3月期業績予想は、売上高が1兆8700億円(前年比7.0%減)、営業利益が1110億円(同15.5%減)と減収減益を見込んでいる。一時的に大型工事の施工量が少ない時期にあたる上、海外を中心に新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きいことを織り込んだ。

ホットストック:清水建は売り気配、7都府県の工事中止を嫌気 新型コロナ対応

清水建設は売り気配。13日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象になっている7都府県の作業所を宣言終了まで閉所する方針と発表し、嫌気されている。

アングル:日本株に底入れ期待、政策期待と需給改善 波乱の芽も

市場では日本株は先週で底入れしたとの期待が生まれている。時間外取引で米株先物が下落する中、粘り腰を発揮しているためだ。政府の大型経済対策への期待から、内需関連株を買う動きが目立つ一方で、個人投資家の買い出動も相場を下支えする要因として注目されている。ただ、新型コロナウイルスの影響はとどまるところを知らず、感染拡大の中心になった欧米が落ち着くまで波乱の芽が残りそうな状況だ。

ホットストック:内需関連株が高い、政府の大規模経済対策に期待

内需関連株に高い銘柄が目立っている。鹿島、イオン、三菱地所、東急、東京電力ホールディングスなど幅広い業種でしっかりとなった。現金給付も含めた政府の大規模な経済対策に対する期待の大きさから、買いが向かっている。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=9日

RIC 銘柄名 01 ブレインパッド 02 理想科学工業  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=16日

RIC 銘柄名 01 コムシスHLDG 02 鹿島建設 03 ダイダン 04 塩水港精糖 05 コシダカHLDG 06 GCA 07 養命酒製造 08 トーメンデバイス 09 大冷 10 日清食品HLDG 11 黒谷 12 東急不動産HLDG 13 帝国繊維 14 日本コークス工業 15 日本調剤 16 ジャパンミート 17 クロス・マーケティンググループ 18 ステラ ケミファ 19 日本触媒 20 三井化学 21 大日本塗料 22 ソフトブレーン 23 MARUWA 24 大阪製鉄 25 モリ工業 26 古河機械金属 27 東洋機械金属...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=5日

RIC 銘柄名 該当なし                           

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up