for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前田建設工業株式会社

1824.T

現在値

834.00JPY

変化

41.00(+5.17%)

出来高

916,400

本日のレンジ

807.00

 - 

840.00

52週レンジ

647.00

 - 

1,210.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
793.00
始値
820.00
出来高
916,400
3か月平均出来高
21.18
高値
840.00
安値
807.00
52週高値
1,210.00
52週安値
647.00
発行済株式数
185.30
時価総額
154,324.50
予想PER
--
配当利回り
2.52

次のエベント

Full Year 2020 Maeda Corp Earnings Release

適時開示

その他

Maeda Corp - Extends Offer Period For Maeda Road Construction To March 12 From March 4

Japanese Construction Firm Maeda Corp Says To Launch Takeover Bid For Maeda Road Construction

Maeda To Buy Back, Cancel Shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前田建設工業株式会社とは

前田建設工業グループは、建築事業、土木事業、製造事業及びインフラ運営事業を主な事業とし、さらに不動産事業からサービス業まで展開する。【事業内容】同社は4つの事業セグメントを通じて事業を行う。建築事業は、建築工事の請負及びこれに付帯する事業を行う。土木事業は、土木工事の請負及びこれに付帯する事業を行う。製造事業は、建設機械並びにコンクリート二次製品の製造・販売及びこれに付帯する事業を行う。インフラ運営事業は、再生可能エネルギー事業並びにコンセッション事業及びこれに付帯する事業を行う。また、同社は、土地・建物の賃貸や販売を中心に不動産事業および印刷事業を営む。

連絡先

2F, Idabashi Grand Bloom, 2-10-2, Fujimi

CHIYODA-KU, TKY

102-8151

Japan

+81.3.32655551

http://www.maeda.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Koichi Obara

Chairman of the Board, Representative Director

Soji Maeda

President, Executive President, Representative Director

Satoru Tahara

Executive Officer, Deputy Chief Director of Business Administration, Director of Finance

Kojiro Fukuta

Executive Vice President, Vice President, Representative Director

Makoto Nagao

Executive Vice President, Director

統計

2.20 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.4K

2018

0.5K

2019

0.5K

2020(E)

0.5K
EPS (JPY)

2017

132.590

2018

121.350

2019

126.135

2020(E)

141.149
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.19
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.31
株価純資産倍率(四半期)
0.58
株価キャッシュフロー倍率
3.43
総負債/総資本(四半期)
102.95
長期負債/資本(四半期)
74.98
投資利益率(過去12カ月)
6.18
自己資本利益率(過去12カ月)
4.08

最新ニュース

最新ニュース

前田建、前田道を連結子会社化 51%の株式所有へ

前田建設工業<1824.T>は13日、前田道路<1883.T>に対する株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。議決権ベースでの所有割合は従来24.68%で、TOBでの買い付けを加えると51.29%に上昇し、連結子会社となる。

前田建設、前田道路へのTOB 12日までに延長・撤回なければ終了

前田建設工業<1824.T>は11日、前田道路<1883.T>に対する株式公開買い付け(TOB)について、12日までに延長・撤回がなければ、12日で終了するとした。12日はTOBの期限となっている。

前田道、NIPPOと資本業務提携へ 「前田建のTOBよりメリット」

道路舗装大手の前田道路<1883.T>は27日、JXTGホールディングス<5020.T>の子会社で同業のNIPPO<1881.T>と資本業務提携の協議を始めると発表した。5%程度の政策株の保有を検討する。

前田道とNIPPOが資本業務提携へ協議、5%程度の政策株保有検討

道路舗装大手の前田道路は27日、JXTGホールディングスの子会社で同業のNIPPOと資本業務提携の協議を始めると発表した。5%程度の政策株の保有を検討する。

NIPPOと前田道、午後5時から都内で会見 両社社長が会見

前田道路<1883.T>は27日、NIPPO<1881.T>との共同記者会見を午後5時から都内で行うと発表した。両社社長が出席する。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線が下値支持

<16:50> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線が下値支持 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。先安見込みを暗示するとされる。日経平均は後場にか けて上げ幅を縮小。25日移動平均線(2万3577円40銭=20日)、75日移動平均線(2万350 8円70銭=同)を下抜けたが、5日移動平均線(2万3456円90銭=同)が下値支持線として機能し た格好だ。引き続き上値の重さが意識され、相場の先行きに慎重な見方が広がっている。25日移動平均線 と75日移動平均線もデッドクロスに接近している。 <15:30> 新興株市場は軟調、メルカリ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、メルカリやワークマンは売られる

<15:30> 新興株市場は軟調、メルカリやワークマンは売られ る 新興株市場で、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数はともに反落した。新型コロナウイルスの 感染拡大を巡り、主力株が売られた。IR(投資家向け広報)などを材料視した個別の売買や直近IPO銘 柄の物色も目立った。新型肺炎関連とされている銘柄はきょう買われた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、多摩川ホールディングス 、チエル が売 られた。ブロッコリー が来期業績見通しと増配を好感し大幅反発、新型肺炎に関連する銘柄とされ ている、中京医薬品 、重松製作所 、興研 などはきょう...

前田建設、前田道路の特別配当発表は遺憾 TOBへの影響確認中

前田建設工業<1824.T>は20日、前田道路<1883.T>が同日午前に1株あたり650円の特別配当を実施する議案を臨時株主総会で諮ることを決定したことなどを受けて、誠に遺憾だと表明した。前田道路に対して行っている株式公開買い付け(TOB)への影響については「確認中で、今後開示すべき事実を決定した場合、速やかに公表する」という。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場軟調、クルーズ船乗客に死者発生の報道で

<13:11> 日経平均は後場軟調、クルーズ船乗客に死者発生の報道で 日経平均は後場軟調、2万3400円台半ばで推移している。東京市場のランチタイム中、クルーズ船 「ダイヤモンド・プリンセス」で起きた新型コロナウイルスによる肺炎の集団感染で死者が出たと伝わり、 嫌気されている。 市場からは「朝方は海外時間の米国株高や円安を好感して上昇したが、全般的に上値を追いかける雰囲 気ではない。国内の新型ウイルスの話が落ち着かない限り、日経平均も2万4000円を目指す動きにはな りにくい」(ちばぎんアセットマネジメントのシニアアナリスト、奥村義弘氏...

情報BOX:前田建設による前田道路へのTOBを巡る動き

前田建設工業<1824.T>が前田道路<1883.T>に対し、敵対的な株式公開買い付け(TOB)を実施している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場上げ幅縮小、ランチタイム中に先物売り

<12:31>  日経平均は後場上げ幅縮小、ランチタイム中に先物売り 日経平均は後場上げ幅を縮小し、2万3400円台後半で推移している。ランチタイム中、新型コロナ ウイルスへの集団感染が確認されたクルーズ船の乗客に死者が出たと伝わり、日経平均先物に売りが出た。 現物指数も押し下げられている。 NHKが政府関係者の話として伝えたところによると、80歳代の男性と女性、合わせて2人が死亡し たという。 <11:45> 前場の日経平均は続伸、円安進行を好感 輸出関連が買われる  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比207円07銭高の2万3607...

前場の日経平均は続伸、円安進行を好感 輸出関連が買われる

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比207円07銭高の2万3607円77銭となり、続伸した。外為市場でドル高/円安が進行したことが支援材料。主力の輸出関連株が朝方から堅調に推移したほか、半導体関連や電子部品関連がしっかりした動きとなった。日経平均は一時400円超の上昇となったが、買いが一巡すると利益確定売りなどが出て押し戻された。

前田道、総額535億円の特別配当を付議へ 前田建の敵対的TOBに対抗

前田道路<1883.T>は20日午前に取締役会を開き、1株あたり650円の特別配当を実施する議案を臨時株主総会で諮ることを決定した。総額約535億円で、株主総会は4月14日に開く。

前田道路、1株あたり650円の特別配当を取締役会で決議

前田道路は20日午前に取締役会を開き、1株あたり650円の特別配当を実施する議案を臨時株主総会で諮ることを決定した。株主総会は4月14日に開く。

東証、前田道路に注意喚起 「配当に関して不明確な情報」

東証は20日、前田道路<1883.T>株の取引に注意喚起を行った。配当に関する不明確な情報が生じているためとしている。

情報BOX:前田建設による前田道路へのTOBを巡る動き

前田建設工業<1824.T>が前田道路<1883.T>に対し、敵対的な株式公開買い付け(TOB)を実施している。

ホワイトナイトも選択肢、複数先と接触=TOB対抗策で前田道路社長

前田道路<1883.T>の今枝良三社長は29日、ロイターとのインタビューで、前田建設工業<1824.T>が実施している株式公開買い付け(TOB)への対抗策として、友好的な第三者である「ホワイトナイト(白馬の騎士)」も選択肢のひとつだと述べた。現在、複数の先と接触しているという。

前田道路、前田建設のTOBに反対 子会社化は「企業価値毀損」

前田道路<1883.T>は24日、前田建設工業<1824.T>による株式公開買い付け(TOB)に反対意見を表明することを決議したと発表した。前田建設の子会社になることは「あらゆる面で当社の企業価値を毀損し、持続的成長を妨げる」と判断し、速やかに必要な措置を講じるという。

前田道路、前田建設のTOBに反対 子会社化は「企業価値毀損」

前田道路は24日、前田建設工業による株式公開買い付け(TOB)に反対意見を表明することを決議したと発表した。前田建設の子会社になることは「あらゆる面で当社の企業価値を毀損し、持続的成長を妨げる」と判断し、速やかに必要な措置を講じるという。

ホットストック:前田道路が買い気配、TOB価格3950円にサヤ寄せ

前田道路が買い気配。前日に引き続き前田建設工業の株式公開買い付け(TOB)を材料に人気を集め、TOB価格3950円にサヤ寄せする動きとなっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up