for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本ドライケミカル株式会社

1909.T

現在値

1,464.00JPY

変化

8.00(+0.55%)

出来高

7,200

本日のレンジ

1,456.00

 - 

1,471.00

52週レンジ

1,443.00

 - 

2,225.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,456.00
始値
1,456.00
出来高
7,200
3か月平均出来高
0.24
高値
1,471.00
安値
1,456.00
52週高値
2,225.00
52週安値
1,443.00
発行済株式数
6.95
時価総額
10,456.72
予想PER
--
配当利回り
2.06

次のエベント

Q2 2023 Nippon Dry-Chemical Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Nippon Dry-Chemical to acquire Korea-based co Shiheung Metal for 458 mln yen

Nippon Dry-Chemical to merge wholly owned subsidiary

Nippon Dry-Chemical announces business and capital alliance with SOHGO SECURITY SERVICES

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本ドライケミカル株式会社とは

日本ドライケミカルグループは、同社及び関係会社5社により構成され、各種防災設備の設計・施工・保守点検、消火器及び消火設備、消防自動車、自動火災報知設備の製造・販売、防災用品の仕入・販売等の防災事業を行う。【事業内容】同社では、取り扱う製品、商品及びサービスの商流に合わせて、防災設備事業、メンテナンス事業、商品事業、車輌事業の4つの営業種目に区分する。防災設備事業では、建築防災設備、プラント防災設備、船舶防災設備における各種防災設備の設計・施工を行う。同社が各種防災設備の設計・施工をするほか、各種防災設備の容器を製造し、各種自動火災報知設備の受信機等を製造する。一般建築物の主な防災設備としては、事務所、会議室、廊下にはスプリンクラー設備、電気・機械室にはガス系消火設備、地下駐車場には泡消火設備(寒冷地は凍結事故を考慮して粉末消火設備も多い)、立体駐車場にはガス系消火設備、全体的には消火栓設備、消火器、自動火災報知設備がある。プラント防災設備について、同社の施工納入するプラント防災設備とは、主として危険物施設である火力発電プラント、石油プラント、石油化学プラント及びそれらに関わる工場、倉庫、移送施設(桟橋等)等に設置するものであり、個々に顧客の要望、過去の実績、消防の要求等を考慮して設備仕様が決定される。危険物とは主として石油類であるが、平面的な火災には泡消火設備、立体的な火災には粉末消火設備、水噴霧消火設備、密閉された施設にはガス消火設備等それらの形に最も適した消火・防災設備を設置することが重要である。その他には原子力発電プラント、バイオエタノールプラントにも対応する。船舶用防災設備は、その船自体のエンジン室火災等に対応して設置するものと、別の船の火災を消火するための設備である他船消火設備がある。船舶用防災設備には主として機関室及び貨物艙の消火設備として二酸化炭素消火設備、ガス運搬船の甲板部の消火設備として粉末消火設備がある。二酸化炭素消火設備・粉末消火設備は同社の主力製品である。また、タグボートや消防船のように他船舶の火災の消火活動に従事する船舶には泡水消火設備、粉末消火設備が設置される。メンテナンス事業では、各種防災設備の保守点検業務及びそこから派生する修繕及び改修工事を行っている。商品事業では、各種消火器の製造・販売、各種防災用品の仕入・販売を主に販売代理店を介して行う。車輌事業では、各種消防自動車の製造・販売を行う。

業種

Personal & Household Prods.

連絡先

18F, Tabata ASUKA Tower, 6-1-1, Tabata

KITA-KU, TKY

114-0014

Japan

+81.3.58155050

http://www.ndc-group.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Eiichi Toyama

President, President of Subsidiaries, Representative Director

Chikatake Goto

Senior Managing Director

Tetsuyuki Nagaya

Executive Director

Ichiro Sugiyama

Chief Senior Director of Equipment & Maintenance Sales, Director of Operation in Main Sales Supervisor Unit, Director of Special Disaster Prevention, Director

Toru Kiura

Chiba Plant Manager, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
5.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.23
株価純資産倍率(四半期)
0.56
株価キャッシュフロー倍率
3.89
総負債/総資本(四半期)
39.47
長期負債/資本(四半期)
21.37
投資利益率(過去12カ月)
7.99
自己資本利益率(過去12カ月)
4.52

最新ニュース

最新ニュース

12日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

12日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・丸井グループ 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.99%にあたる1 400万株、取得総額240億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月1日 から2023年3月31日。 ・アグロ カネショウ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.60%にあ たる45万株、取得総額7億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月16日 から2023年3月23日。 ・グローリー 、自己保有株を除く発行済株式総数の8.2%にあたる500 万株、取得総額...

ホットストック:ドライケミカルが新高値、上方修正好感し値上が率1位

日本ドライケミカルが大幅高となり、1月10日の昨年来高値2009円を更新した。午前9時20分現在、東証1部で値上がり率第1位。業績見通しを上方修正したことが好感された。

7日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

7日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・パスコ 、子会社のGIS関東が保有するパスコ株を相対取引で取得へ。取 得するのは自己保有株を除く発行済株式総数の0.14%にあたる1万9600株、総額 4235万5600円相当のパスコ株。取得期間は2月7日。 ・ミナトホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.34% にあたる10万株、取得総額3000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は 2月10日から3月31日。 ・東京インキ 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.96%...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up