for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大和ハウス工業株式会社

1925.T

現在値

3,218.00JPY

変化

30.00(+0.94%)

出来高

867,700

本日のレンジ

3,196.00

 - 

3,227.00

52週レンジ

2,946.00

 - 

3,900.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,188.00
始値
3,199.00
出来高
867,700
3か月平均出来高
33.75
高値
3,227.00
安値
3,196.00
52週高値
3,900.00
52週安値
2,946.00
発行済株式数
655.67
時価総額
2,123,968.00
予想PER
8.83
配当利回り
3.64

次のエベント

Q1 2023 Daiwa House Industry Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Metro Holdings Says Executed MoU With Daiwa House Industry

Berjaya Corp Says Awarded Tender For Development Of Luxury Hotel In Yokohama

Baoye Group Announces Disposal Of 33% Stake In Hebao (Nantong) Real Estate Development

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大和ハウス工業株式会社とは

大和ハウス工業グループは、戸建住宅、賃貸住宅、マンション、住宅ストック、商業施設、事業施設及びその他の7事業を主として行い、生活基盤産業への総合的な事業を展開する。【事業内容】6つの事業セグメントで構成される。戸建住宅事業には、戸建住宅の注文請負・分譲を行う。賃貸住宅事業には賃貸住宅の開発・建築、管理・運営及び仲介を行う。マンション事業にはマンションの開発・分譲・管理を行う。住宅ストック事業には、増改築の請負・不動産の売買仲介を行う。商業施設事業には、商業施設の開発・建築、管理・運営を行う。事業施設事業には、物流・製造施設、医療介護施設等の開発・建設及び仮設建物の建築・管理・運営を行う。その他事業には、建設支援事業、健康余暇事業、都市型ホテル事業、海外事業及びその他の事業を行う。

業種

Construction Services

連絡先

3-3-5, Umeda, Kita-ku

OSAKA-SHI, OSK

530-8241

Japan

+81.6.63462111

http://www.daiwahouse.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Keiichi Yoshii

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Takeshi Kosokabe

Chief Financial Officer, Vice President, Chief Director of Business Administration, Chief Director of Relation Business, Representative Director

Yuji Yamada

Managing Executive Officer, Director of Finance in Main Business Administration Unit, Manager of IR Office in Main Business Administration Unit

Yoshiyuki Murata

Vice President, Chief Senior Director of Technology, Representative Director

Yoshinori Ariyoshi

Managing Executive Officer, Chief Director of Compliance & Quality Assurance Promotion, Director

統計

2.27 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

4.4K

2021

4.1K

2022

4.4K

2023(E)

4.6K
EPS (JPY)

2020

351.840

2021

297.180

2022

343.820

2023(E)

359.125
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.27
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.48
株価純資産倍率(四半期)
1.03
株価キャッシュフロー倍率
6.45
総負債/総資本(四半期)
76.49
長期負債/資本(四半期)
63.18
投資利益率(過去12カ月)
5.95
自己資本利益率(過去12カ月)
4.33

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「同事線」、過熱感生じ定石通りの押し目に

<15:45> 日経平均・日足は「同事線」、過熱感生じ定石通りの押し目に 日経平均・日足は、実体部分がほとんどない「同事線」。厳密に言えば「短陽線」と なるが、長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「下十字」のパターンだ。終値は2万7699円 25銭。前日まで7連騰で過熱感が生じていただけに、定石通りの押し目と言える。 「上十字」の形状が上値の重さを印象付けているが、すぐに弱気転換するだけの材料 も見当たらない。当面は200日移動平均線(2万7579円15銭=25日)を下値支 持線として、当面は値固めすることになりそうだ。一方、再度動意づいて上値...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続落、先駆した銘柄に利益確定売り

<15:10> 新興株はマザーズが続落、先駆した銘柄に利益確定売り 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.94%安の698.93ポイントと 続落した。東証グロース市場指数は同1.84%安の889.46ポイントで取引を終了 した。市場では「地合いが悪化した雰囲気ではないが、先駆した銘柄に利益確定売りが目 立っている」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、サンバイオが大幅安のほか、スポーツフィールドが反 落。イーディーピーもさえない。半面、ENECHANGEが買われ、 モイも堅調に推移した。 <14:20> 安値もみあい、FOMC...

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、FOMC控えで見送り 後場の振れ幅は38円80銭

<14:20> 安値もみあい、FOMC控えで見送り 後場の振れ幅は38円80銭 日経平均は安値もみあい。週の半ばに米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えてい るため、投資家は積極的に動きづらく、売り買いともに見送られている。後場に入ってか ら、午後2時20分までの振れ幅は上下わずか38円80銭に過ぎない。 市場では「材料としては織り込んだとの見方があるものの、FOMCが終了するまで は動きにくい。合わせて、国内企業の決算発表も続くため、これも見極めたいとのムード もある」(国内証券)との声が出ていた。 <13:03> 後場の日経平均は小動...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、材料難で方向感欠く

<13:03> 後場の日経平均は小動き、材料難で方向感欠く 後場に入り、日経平均は前場引けの水準とほぼ横ばいで、小動きとなっている。物色 面では景気敏感株が引き続き軟調な一方、ディフェンシブセクターの上昇が相場を下支え する格好となっている。ただ、その他では目立った方向感はみられない。 市場では、欧米の景気後退懸念が依然として相場の重しとなっているものの、「新規 材料が乏しく大きく売り込まれる理由もない」(国内証券)との声が聞かれた。今週は米 連邦公開市場委員会(FOMC)が控えているほか、国内の企業決算が本格化するため、 見送りムード...

午前の日経平均は反落、景気後退懸念が重し 連騰の反動も

午前の東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比203円94銭安の2万7710円72銭と、8営業日ぶりに反落した。欧米の景気後退懸念がくすぶっているほか、7連騰後の反動もあり朝方から利益確定売りが優勢となった。日経平均は下げの勢いが鈍る場面もあったが、値がさ株の下落や米株先物の軟調推移が重しとなり、再び下げ幅が広がった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、値がさ株の下げ加速が重し

<11:09>  日経平均は軟調、値がさ株の下げ加速が重し 日経平均は軟調で、前営業日比約230円安の2万7600円後半で推移している。 一時250円超安まで下落した。指数寄与度の大きいファーストリテイリングや 東京エレクトロンの売りが加速し、相場全体を押し下げている。米株先物が下げ 幅を拡大していることも重しになっているという。 市場では、欧米の景気後退懸念が意識される中で「機関投資家を中心に世界景気敏感 株を売る動きがみられる」(国内証券)との声が聞かれた。一方で、内需株は買われる傾 向で「先週は内需株の動きが鈍かった分、買い戻しが...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、循環的に内需株の物色も

<10:10> 日経平均は下げ渋り、循環的に内需株の物色も 日経平均は2万7700円台後半で下げ渋っている。「先週の上昇局面で買い遅れた 投資家の押し目買いが入っているようだ」(国内証券)との見方が聞かれる。 米欧の景気後退が警戒される中、景気敏感株が軟調な一方、ディフェンシブ株がしっ かり。「循環的な動きの中で内需セクターを買う動きがみられる」(国内証券)という。 TOPIXグロース指数は0.8%安、同バリュー指数は0.2%安で、グロース指数の 方が下げがきつい。 東証33業種は、値下がりは鉄鋼や電気機器、機械など21業種、値上がりは...

寄り付きの日経平均は反落スタート、米欧景気指標悪化で利益確定売り先行

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比216円89銭安の2万7697円77銭と、反落してスタートした。前週末に米欧の景気指標が悪化し米株安となったほか、7連騰で1500円超上昇していたこともあって利益確定売りが先行した。その後はやや持ち直し、下げ渋っている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、オーバルが買い優勢 ピー・シー・エーは売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、オーバルが買い優勢 ピー・シー・エーは売り優 勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 オーバル 66% 1,00 999 1,00 602 0 0 2 日本化薬 26% 1,45 1,45 1,45 1,15 2 2 2 2 3 サトーHLDG 25% 2,50 2,50 2,50 2,00 3 3 3 3 4 長瀬産業 24% 2,49 2,49 2,49 2,01 8 7...

18日の日経平均は急反発、トヨタは上場来高値

東京株式市場で、日経平均は急反発。前日の米株は反落となったものの、日経平均は前日の大幅安の反動もあって朝方から幅広く買い戻しが活発化した。米株価指数先物がプラス圏で推移したことも買い安心感につながった。トヨタ自動車は上場来高値を更新した。

5日の日経平均は急反発、東証1部時価総額は3年ぶり700兆円乗せ

東京株式市場で日経平均は、急反発。米株の上昇が追い風となって、終始買い優勢の展開となり、1月25日に付けた終値ベースのバブル後最高値2万8822円29銭に接近した。一方、TOPIXは1月14日の昨年来高値1885.93を更新。その結果、東証1部の時価総額は700兆9947億円と、2018年1月以来3年ぶりに700兆円に乗せた。東証1部売買代金も3兆円超の大商い。

ホットストック:東京製鉄がしっかり、自社株買いを手掛かりに

東京製鉄がしっかり。前週末に自社株買いを発表したことが手掛かりにされ、買い優勢となっている。自社株買い銘柄は、同社のほかにも軟調な地合いの中でも評価されている銘柄が多い。

13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・大興電子通信 、子会社の大協電子通信から相対取引で自社株を取得へ。規 模は自己保有株を除く発行済株式総数の0.35%にあたる4万8000株、取得総額2 966万4000円。取得期間は3月13日。 ・ヤーマン 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.57%にあたる200 万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月16日から6 月30日。 ・キッツ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.45%にあたる320万 株、取得総額20...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=10日

RIC 銘柄名 01 ペプチドリーム 02 日本光電工業 03 ヤマトインターナショナル 04 サンヨーハウジング名古屋 05 レノバ 06 シーイーシー  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=26日

21.71%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 塩水港精糖 14.58 02 エンプラス 16.64 03 日東製網 17.88 04 日本航空電子工業 18.35 05 日本精化 18.82 06 愛知時計電機 19.29 07 日本曹達 19.72 08 東テク 19.87 09 岩崎電気 19.90 10 協栄産業 19.92 11 日本コンクリート工業 20.11 12 ホシデン 20.50 13 昭和電線HLDG 20.76 14 コーセル 20.98 15 日本トランスシティ 21.10 (*):RSIが70以上、または30...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up