for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

太平電業株式会社

1968.T

現在値

3,015.00JPY

変化

0.00(0.00%)

出来高

16,200

本日のレンジ

2,985.00

 - 

3,015.00

52週レンジ

2,554.00

 - 

3,680.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,015.00
始値
3,015.00
出来高
16,200
3か月平均出来高
0.44
高値
3,015.00
安値
2,985.00
52週高値
3,680.00
52週安値
2,554.00
発行済株式数
19.03
時価総額
61,331.07
予想PER
8.08
配当利回り
3.32

次のエベント

Q3 2023 Taihei Dengyo Kaisha Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Taihei Dengyo Kaisha acquires 100 pct voting power in Aichi-based firm

Taihei Dengyo Kaisha repurchases shares at 999.9 mln yen

TAIHEI DENGYO KAISHA to repurchase shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

太平電業株式会社とは

太平電業グループは、建設工事部門及び補修工事部門を主な事業の内容とする。【事業内容】建設工事部門においては、火力、原子力発電設備や製鉄関係、環境保全、化学プラント等の設備据え付けや改造工事等と、これらの設備に付帯する電気計装工事、保温、塗装工事他の施工、各種プラント設備の解体、廃炉措置等の事業を国内外で行う。が施工する他、子会社である富士アイテック他3社が施工協力、関連会社である東京動力が工事の施工を行う。補修工事部門においては、各種プラント設備の定期点検、日常保守、修繕維持等の事業を行う。子会社である富士アイテック他2社が施工協力、関連会社である東京動力が工事の施工、子会社である豊楽興産他1社が部品・機器販売を行う。

業種

Business Services

連絡先

2-4, Kanda Jimbo-cho

CHIYODA-KU, TKY

101-8416

Japan

+81.3.52137211

https://www.taihei-dengyo.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yuzuru Nojiri

Executive President, Representative Director

Koji Takeshita

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Construction Work, Director

Toru Tsurunaga

Managing Executive Officer, Chief Director of Technology, Director

Hiroaki Ito

Senior Executive Officer, Chief Director of Sales, Chief Director of Electric Power Business, Director

Shinya Kusaka

Senior Executive Officer, Chief Director of General Affairs Administration, Director of Accounting, Director

統計

2.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

326.750

2021

295.540

2022

442.500

2023(E)

373.200
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.72
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.49
株価純資産倍率(四半期)
0.69
株価キャッシュフロー倍率
5.91
総負債/総資本(四半期)
18.49
長期負債/資本(四半期)
16.86
投資利益率(過去12カ月)
9.03
自己資本利益率(過去12カ月)
6.61

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線回復ならず

<15:39> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線回復ならず 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7820円40銭。コマに準ずる 形状となり、模様眺めが示唆された。25日移動平均線(2万7863円34銭=5日) が抵抗線として機能した。下方向では、75日線(2万7636円61銭=同)が目先の 支持線と意識される。 <15:05> 新興株はマザーズが続落、ANYCOLORが大幅安 新興株式市場は、マザーズ総合は1.5%安の786.98ポイントと続落した。東 証グロース市場指数は前営業日比1.56%安の999.84ポイントだった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続落、ANYCOLORが大幅安

<15:05> 新興株はマザーズが続落、ANYCOLORが大幅安 新興株式市場は、マザーズ総合は1.5%安の786.98ポイントと続落した。東 証グロース市場指数は前営業日比1.56%安の999.84ポイントだった。 ロックアップ(大株主の株式売却制限)が解除されたANYCOLORが大 幅安となり、指数の重しになった。 このほか、イーディーピーやAppier Groupが大幅安だ った。一方、そーせいグループが堅調。リプロセルやプレイド は大幅高だった。 <13:27> 日経平均は手掛かり欠き小動き、75日線が目先の支持線に 日経平均は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は手掛かり欠き小動き、75日線が目先の支持線に

<13:27> 日経平均は手掛かり欠き小動き、75日線が目先の支持線に 日経平均は、前週末の終値を挟んだ一進一退が続き、2万7800円付近での小動き となっている。後場の値幅は47円程度。市場では「米雇用統計は決め手とならず、方向 感が出ていない」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれる。 東証33業種では、値下がりは電気・ガス業や海運業、水産・農林業など26業種で 、値上がりは鉄鋼や鉱業、空運業など7業種。午前の終値からは、海運業や不動産業が下 げ幅を拡大している一方、電気・ガスや陸運は下げ幅を縮小している。 2万7800円台半ばを...

午前の日経平均は小反発、強弱材料混在で方向感乏しい

5日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比30円84銭高の2万7808円74銭と小幅に反発した。ドル/円の円高進行で輸出株を中心に軟調な値動きとなり、相場の重しとなった。一方、中国の行動制限緩和を受けて関連銘柄が買われた。強弱材料が入り混じる中、日経平均は前営業日終値付近で一進一退となり、方向感は乏しかった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス転換、円高で自動車株は軟調 

<10:32> 日経平均はプラス転換、円高で自動車株は軟調  日経平均はプラス圏に浮上し、前営業日比約50円高の2万7800円台前半で推移 している。値がさ株の一角がプラス転換し、相場を支えている。個別ではファーストリテ イリングが2.3%高と堅調で、日経平均を67円ほど押し上げている。 一方、自動車株を中心とした輸出株は軟調。足元のドル/円相場は134円台前半と 、前週末の取引時間中に比べて円高となっており、「製造業を中心に円安による業績上振 れ期待が後退している。特に、完成車メーカーの株価が値下がりしている」(国内証券・ ストラテジスト...

寄り付きの日経平均は小幅続落、値がさ株が軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比24円91銭安の2万7752円99銭と、小幅に続落してスタートした。堅調な米雇用統計の結果を受けて米金融引き締め継続の思惑が出ており、相場の重しとなっている。幅広い業種で売りが先行し、個別では値がさのソフトバンクグループ、東京エレクトロン、主力のトヨタ自動車、任天堂などが安い。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、TSテックは買い優勢 山形銀は売り優勢

<08:22> 寄り前の板状況、TSテックは買い優勢 山形銀は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 テイ・エス テック 25% 1,99 1,99 1,99 1,59 9 9 9 9 2 伊藤忠テクノソリューションズ 22% 3,95 3,95 3,95 3,25 0 0 0 0 3 太平電業 21% 3,67 3,67 3,67 3,03 5 5 5 5 4 きんでん 21% 1,75 1,75 1,75...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る

  <15:51> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る 日経平均・日足は上に長く下に短いヒゲを伴う「上影陰線」の形の「小陰線」だった 。買い手の心理としては失望感を示している。終値は2万7930円57銭。ローソク足 は5日移動平均線(2万8035円22銭=17日)を下回り、弱気相場を暗示している 。 主要な短期の移動平均線は依然として上を向いているものの、75日線(2万763 8円17銭=同)、200日線(2万7156円24銭=同)はいずれも横ばいに転じて いる。目先の日経平均は節目の2万8000円の攻防となりそうだ。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小反落、IPO銘柄に利益確定売り

<15:10> 新興株はマザーズが小反落、IPO銘柄に利益確定売り 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.13%安の790.39ポイントと 小幅に反落した。東証グロース市場指数は同0.12%安の1003.68ポイントだっ た。新規IPO銘柄での利益確定売りが重しとなった。一方、米長期金利の低下を好感し てグロース(成長)株は底堅く推移した。 個別では、坪田ラボ、pluszeroがストップ高で取引を終え たほか、マイクロ波化学が堅調に推移した。 半面、POPER、ジーエヌアイグループ、リンカーズは さえない。 <13:56> 後場の...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、次の材料待ちで動意薄

<13:56> 後場の日経平均は小動き、次の材料待ちで動意薄 後場の日経平均は小動きの展開が続いており、足元は前営業日比約110円安の2万 7900円台前半で推移している。前場に続き半導体関連株が軟調で相場の重しとなって いる一方、リオープン(経済再開)関連銘柄はしっかり。 市場は「米物価統計の公表を経て次の材料を待っている状況」(国内証券・ストラテ ジスト)で、目先の日経平均は節目の2万8000円を挟んで一進一退の値動きが続きや すいという。 東証33業種では、陸運業、空運業、不動産業など21業種が値上がり。非鉄金属、 電気機器、卸売業...

午前の日経平均は反落、米株安が重しに 年末商戦への警戒くすぶる

17日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比112円72銭安の2万7915円58銭と反落した。米小売大手が見通しを引き下げ、年末商戦期を前に小売業界を巡る懸念が高まって米国市場で株安となったことが重しとなった。米ハイテク株安を受けて、半導体関連株は軟調だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナスで小動き、半導体安い リオープン関連が下支え

<10:20> 日経平均はマイナスで小動き、半導体安い リオープン関連が下支 え 日経平均は、寄り付きの小安い水準を中心とした小動きで方向感に乏しい。 指数へのマイナス寄与では、東京エレクトロンやアドバンテスト、 信越化学工業といった半導体関連株株が上位に入っている。前日の米国市場でマ イクロン・テクノロジーが供給削減を発表し、半導体株に売りが広がった流れを引 き継ぐ形となっている。 一方、高島屋や三越伊勢丹ホールディングスなど百貨店株は軒並み 大幅高で「相場の下支えになっている」(国内証券ストラテジスト)という。 日本政府観光局(JNTO...

日経平均は小反落でスタート、米株安が重し 年末商戦懸念くすぶる

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比76円09銭安の2万7952円21銭と、小幅に反落してスタートした。米ディスカウント大手ターゲットのさえない見通しやマイクロン・テクノロジーの供給削減を受けて下落した米株安を受けて売りが先行した。その後、下げ幅を100円超に広げている。年末商戦への懸念がくすぶっているとみられる。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ヤーマンが買い優勢 日医工は売り優勢 

<08:23> 寄り前の板状況、ヤーマンが買い優勢 日医工は売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 ヤーマン 27% 1,40 1,40 1,40 1,10 6 6 6 6 2 コーセル 14% 985 984 985 862 3 レアジョブ 8% 921 921 921 854 4 カカクコム 6% 2,46 2,45 2,46 2,33 0 9 0 1 5 ハウスコム 5% 1,08 1,08 1,08...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、5日線など維持できるか注目

<15:33> 日経平均・日足は「大陰線」、5日線など維持できるか注目 日経平均・日足は上に短いヒゲを伴う「陰の大引け坊主」の形の「大陰線」となった 。買い手の心理としては絶望感を示している。終値は2万7963円47銭。 ローソク足は主要な移動平均線を上回っており、足元では一定の底堅さが確認される 。一方、日経平均は節目の2万8000円を割り込み、目先は売り圧力が強まる可能性も ある。当面は5日移動平均線(2万7852円34銭=14日)や10日線(2万769 1円88銭=同)など、短期の移動平均線を維持できるかが注目されそうだ。 <15...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、米ナスダック堅調でグロース株に買い

<15:10> 新興株はマザーズが続伸、米ナスダック堅調でグロース株に買い 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.73%高の773.66ポイントと 続伸した。東証グロース市場指数は同1.66%高の982.60ポイントだった。前週 末の米株市場でナスダック総合が堅調に推移したことや、米長期金利が低下傾向 にあることを好感し、グロース(成長)株が買われた。 個別では、マイクロ波化学がストップ高で取引を終えたほか、ウェルスナビ 、ユーザベースが大幅に上昇。 一方、eWeLLはストップ安で取引を終了した。LAホールディングス<2 986...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、ソフトバンクGは下げ幅拡大

<13:45> 後場の日経平均は小動き、ソフトバンクGは下げ幅拡大 後場の日経平均は小動きの展開が続いており、足元は前営業日比約230円安の2万 8000円近辺で推移している。ソフトバンクグループが13%安まで下げ幅を 拡大し、相場全体の重しとなっている。一方、ファーストリテイリング、東京エ レクトロンなど他の値がさ株はしっかり。 前週末は米消費者物価指数(CPI)発表後に米金利低下、株高、ドル安となったが 、マーケット参加者からは「きょうの日本株市場では、先週末に広がった過度な楽観ムー ドが修正されつつある」(国内金融機関・エコノミスト...

午前の日経平均は反落、大幅高の反動 ソフトバンクGの下げが重し

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比215円99銭安の2万8047円58銭と、反落した。前週末の大幅高の反動で利益確定売りが重しとなった。指数寄与度の大きいソフトバンクグループなどの下落が指数を下押しした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、ソフトバンクGなど値がさ株の一角の下落が重し

<10:25> 日経平均は軟調、ソフトバンクGなど値がさ株の一角の下落が重し 日経平均は前営業日比約100円安の2万8100円台半ばで軟調な推移となってい る。前週末に決算発表した一部の値がさ株が下落し、指数の重しになっている。 指数寄与度の大きいソフトバンクグループは11%安と大幅に下落し、1銘 柄で日経平均を150円超、押し下げている。市場では、新たな自社株買いが期待された が発表がなく嫌気されたとの声や、前週まで上昇基調にあったことから利益確定売りが強 まったとの見方が聞かれた。原材料価格上昇や費用増を踏まえて通期営業利益見通しを...

寄り付きの日経平均は小幅続伸でスタート、ソフトバンクGは売り気配

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比14円07銭高の2万8277円64銭と、小幅続伸でスタートした。その後は、前週末に大幅高となったこともあり、利益確定売りが重しとなってマイナスに沈んでいる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up