for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社日本M&Aセンターホールディングス

2127.T

現在値

1,914.00JPY

変化

-13.00(-0.67%)

出来高

1,886,800

本日のレンジ

1,911.00

 - 

1,955.00

52週レンジ

1,213.00

 - 

3,450.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,927.00
始値
1,950.00
出来高
1,886,800
3か月平均出来高
40.49
高値
1,955.00
安値
1,911.00
52週高値
3,450.00
52週安値
1,213.00
発行済株式数
330.77
時価総額
648,961.20
予想PER
49.69
配当利回り
0.99

次のエベント

Q3 2023 Nihon M&A Center Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Nihon M&A Center to transfer M&A platform business to new unit

House Do says alliance with Nihon M&A Center

Nihon M&A Center raises consolidated full-year outlook and year-end dividend forecast for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社日本M&Aセンターホールディングスとは

日本M&Aセンターホールディングス(旧名:日本M&Aセンター)は、企業の合併・買収(M&A)の仲介業務を主たる事業とする。【事業内容】国内の中堅中小企業の案件を中心に業務を行う。主にM&A仲介事業を行う。M&A仲介事業の流れはマーケティング、譲渡企業受託、譲渡企業評価(案件化)、買い手企業への提案、各種交渉と契約の調整を含む。その他の事業として、各地域の会計事務所が運営する地域M&Aセンターの会員組織の運営(会費収入)等がある。

業種

Business Services

連絡先

24F, Tekko Bldg., 1-8-2, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-0005

Japan

+81.3.52205454

https://www.nihon-ma.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuhiro Wakebayashi

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary

Suguru Miyake

President, President of Subsidiary, Representative Director

Yasuhiro Takeda

Senior Executive Officer, Chief Compliance Officer, Senior Director of Compliance

Takamaro Naraki

Senior Managing Director, Chief Director of Administration

Masahiko Otsuki

Managing Director, Chairman of Subsidiary, Director

統計

1.86 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.0K

2023(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

31.650

2021

34.700

2022

34.602

2023(E)

38.778
株価売上高倍率(過去12カ月)
75.31
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.60
株価純資産倍率(四半期)
12.02
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
16.33
自己資本利益率(過去12カ月)
14.03

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:日本M&Aが売り気配、決算発表を延期

日本M&Aセンターホールディングスが売り気配となっている。28日に予定していた2022年3月期第3四半期決算の発表を延期すると24日に発表し、手掛かりとなっている。

ホットストック:日本M&Aが大幅続落、子会社の売上高計上巡り社内調査

日本M&Aセンターホールディングスが大幅に続落している。連結子会社の日本M&Aセンターの売り上げの期間帰属などについて疑義のある事象があると判明したと20日に発表し、手掛かりとなっている。午前9時半現在で東証一部の下落率トップ。

29日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

29日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・NSD 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.31%にあたる25万株 、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月1日から3月5日。 ・日本通運 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.14%にあたる200 万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月1日から3 月24日。 ・平和不動産 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.07%にあたる40 万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間...

MSCI銘柄入れ替え、日本株は伊藤園など9社を新規採用

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は12日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では、日本M&Aセンター <2127.T>、伊藤園 <2593.T>、神戸物産 <3038.T>、GLP投資法人 投資証券 <3281.T>、コスモス薬品 <3349.T>、TIS <3626.T>、三浦工業 <6005.T>、レーザーテック <6920.T>、SCSK <9719.T>が新規採用となった。

ホットストック:日本M&Aが一時ストップ安、好決算で出尽くし感も

日本M&Aセンターが一時ストップ安となった。前日に発表した決算の内容は良好だったものの、材料出尽くし感を誘ったほか、一部の外資系証券が目標株価を3000円から2900円に引き下げたことも注目されている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up