for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社FRONTEO

2158.T

現在値

2,423.00JPY

変化

-107.00(-4.23%)

出来高

4,836,500

本日のレンジ

2,366.00

 - 

2,520.00

52週レンジ

595.00

 - 

5,300.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,530.00
始値
2,520.00
出来高
4,836,500
3か月平均出来高
110.68
高値
2,520.00
安値
2,366.00
52週高値
5,300.00
52週安値
595.00
発行済株式数
39.26
時価総額
99,330.74
予想PER
78.82
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 FRONTEO Inc Earnings Release

適時開示

その他

Fronteo Announces Plan To Delist ADRs From Nasdaq Global Market And Deregister With U.S. SEC

FRONTEO completes merger with wholly owned unit

FRONTEO to merge with digital marketing unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社FRONTEOとは

FRONTEOグループは、リーガルテック事業と人工知能(AI)ソリューション事業を主なる事業とする。【事業内容】同社は、2つの事業セグメントを通じて事業を行う。リーガルテック事業において、同社はeディスカバリサービスとフォレンジックサービスを提供する。AIソリューション事業において、同社はビジネスインテリジェンス、デジタルコミュニケーション及びヘルスケアに従事する。

業種

Computer Services

連絡先

8F

Meisan Takahama Bldg., 2-12-23, Konan

MINATO-KU, TKY

108-0075

Japan

+81.3.54636344

https://www.fronteo.com/en/

エグゼクティブリーダーシップ

Masahiro Morimoto

President, Chief Executive Officer, Chief Operating Officer, Representative Director

Tomohiro Uesugi

Chief Financial Officer, Chief Director of Administration, Director

Hideki Takeda

Chief Technology Officer, Director of Behavioral Informatics Research Institute, Director

Naritomo Ikeue

Vice President, Chief Senior Director of Global Legal, Director

Sangwook Kang

Executive Officer, Chief Director of Asia Business

統計

2.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021

0.0K

2022(E)

0.0K
EPS (JPY)

2019

1.840

2020

-24.372

2021

9.326

2022(E)

32.100
株価売上高倍率(過去12カ月)
77.08
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.83
株価純資産倍率(四半期)
18.26
株価キャッシュフロー倍率
44.06
総負債/総資本(四半期)
73.04
長期負債/資本(四半期)
48.61
投資利益率(過去12カ月)
19.38
自己資本利益率(過去12カ月)
11.72

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、25日線の回復ならず

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」となった。25日移動平均線(2万8616円72銭=18日)を取引時間中に一時上回ったが、終値では回復できず、主要な移動平均線をすべて下回った。このほか、日足・一目均衡表の雲の下限(2万8511円61銭=同)を下回っており、地合いは改善していない。下方では、心理的節目2万8000円のほか、8月安値と12月安値を結ぶトレンドラインが2万7850円付近を通っており、目先のサポートとして意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズ反発「あや戻し」の見方

米金利先高観からグロース(成長)株安への警戒感は根強く、市場ではマザーズの下げ一服について「あや戻しの範囲を出ないのではないか」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、5日線が抵抗線

日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「十字線」。実体部分は値幅がわずか80銭の「陽」となり、気迷いを示す足となった。終値(2万8333円52銭=17日)は5日移動平均線(2万8387円01銭=同日)を下回っており、当面は同線が意識される可能性がある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日続落、マザーズは連日の昨年来安値

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに3日続落した。朝方はプラス圏での推移となっていたが、徐々に値を消す展開となり、マザーズは連日の昨年来安値更新となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、MACDはデッドクロス

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」となった。MACDがシグナルをデッドクロスした上、いずれもマイナス圏にあり、下方トレンドが示唆される。引き続き25日移動平均線(2万8617円88銭=11日)など主要な移動平均線をすべて下回っており、地合いは良くない。下方向では、8月安値と10月安値を結んだトレンドラインが心理的節目2万8000円付近を通り、サポートとして意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズがわずかに続伸、ジャスダックは4日続落

マザーズは下げ渋ってるが、ハイグロース株が多く金利上昇局面では買いが入りにくいとみられているほか、個人投資家の目線が大型株に向かっているとして「なかなか底打ちの判断はできない」(国内証券)との声が根強い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、パラボリック陰転し悪地合い

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」となった。前日に続いて25日移動平均線(2万8599円11銭=7日)の回復に失敗した上、パラボリックが陰転しており、地合いは悪い。上値は200日線(2万8814円26銭=同)に抑えられた。下方向では、8月安値と10月安値を結ぶトレンドラインが心理的節目2万8000円付近を通っており、目先のサポートとして意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが5日ぶり小反発、ジャスダックは3日続落

新興株市場は、東証マザーズ指数が5日ぶりに小幅に反発した。日経ジャスダック平均は3日続落となった。マザーズは下げ一服となったが、市場では米長期金利の先高観への警戒感がくすぶるほか「需給が改善し切ったかは不透明」(国内証券)と慎重な見方も根強い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大引け坊主」、調整局面の様相強く絶望感

日経平均・日足は安値引けで下ヒゲがない「大引け坊主」となり、先安見込みと投資家の絶望感を暗示している。終値(2万8487円87銭=6日)は長短移動平均線を全て下抜けたほか、一目均衡表の「雲」領域から下放れたことで、調整局面の様相を強くしている。当面は5日移動平均線と25日移動平均線(2万8577円39銭)を意識した値動きとなりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは20年5月以来の安値水準

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は大幅に4日続落し、日経ジャスダック平均は続落した。時価総額上位銘柄が総じて売られ、マザーズ指数は連日での大幅安。2020年5月以来の安値付近での推移となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、地合い改善への期待高まる

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。日足は長短移動平均線を全て突破しているほか、終値(2万9301円79銭=5日)は9月14日高値(3万0795円78銭)と11月16日高値(2万9960円93銭)を結んだトレンドライン(2万9300円)を上回り、地合い改善への期待が高まっている。ただ、200日移動平均線(2万8827円86銭=同)は再び下向きとなっており、値固め局面が長続きする可能性がある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ5%超安で20年5月以来の水準

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は大幅に3日続落し、日経ジャスダック平均は5日ぶりに反落した。東証マザーズ指数は5%超下げ、2020年5月以来の安値付近での推移となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、下方硬直性を示す動きに

日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「小陰線」となった。2万9000円に頭を抑えられる格好となっているが、一方では下方硬直性を示す動きで、強い基調に変化はみられない。上値は重いながらも、200日移動平均線(2万8830円57銭=29日)を維持しており、中期的には上昇期待を抱かせるところだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は続伸、値幅取りの動きが活発化

新興株式市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続伸。市場では「直近IPO(新規株式公開)を中心に値幅取りの動きが活発化している」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線を大きく上回る

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線を大きく上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」となった。新たなマドを空けて上 値を追う形となり、戻りの目安として意識されていた16日高値2万9070円08銭を 上回ったほか、75日移動平均線(2万9057円71銭=28日)、200日移動平均 線(2万8831銭17銭=同)を超え、テクニカル面の改善が顕著となった。 2万9000円台は、戻り売りが厚いとみられ、ここからはチャート上では正念場と なるが、テクニカル面では上昇指向を鮮明にするサインが多く点灯してきただけに、もう...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は小反発、IPOに引き続き資金が集中

<15:10> 新興株式市場は小反発、IPOに引き続き資金が集中 新興株式市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに小反発。市場で は「資金がIPO(新規株式公開)銘柄に集中しており、既存の銘柄が人気になりにくい 」(国内証券)との声が聞かれる。 前日にマザーズ市場に上昇し、上場2日目となるセキュア は公開価格の2. 3倍となる2185円で初値を付けた。 マザーズ総合は前営業日比0.47%高。個別では、アスタリスク が一時ス トップ高となったほか、日本電解 も高いが、サイエンスアーツ 、FRO NTEO などがさえない。 日経...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が支持線・200日線は抵抗線

<16:50> 日経平均・日足は「小陰線」、5日 線が支持線・200日線は抵抗線 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」となった。海外勢不在で薄商い相 場となる中、日経平均は方向感に欠ける値動きとなった。上向きに推移している5日移動 平均線(2万8667円44銭=27日)は下値支持線として機能する一方、200日移 動平均線(2万8829円54銭=同)には引き続き上値を抑えられる格好となっており 、当面は同水準を意識した値動きとなりそうだ。 <15:40> 新興株は反落、マザーズは再び1000ポイント割れ 新興株市場は、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は反落、マザーズは再び1000ポイント割れ

<15:40> 新興株は反落、マザーズは再び1 000ポイント割れ 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。マザー ズは心理的節目である1000ポイント割れとなり、再び下値不安が強まった。市場から は「地合いが改善していない中、資金がIPO(新規株式公開)銘柄に向かってしまい、 さえない相場から抜け出せない」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比1.80%安の985.34ポイント。個別では、JDS C 、ENECHANGE が商いを伴い下落したほか、サイエンスアーツ はストップ安比例配分となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線に抑えられる

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、200 日線に抑えられる 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」となった。クリスマス休暇で海外 勢不在となる中、値動きに欠ける閑散相場となり、日経平均の値幅は96円となった。引 き続き200日移動平均線(2万8830円48銭=24日)に上値を抑えられる格好と なった。200日線を回復すれば、心理的節目2万9000円が視野に入る。 <16:00> 新興株しっかり、マザーズ1000ポイント回復 9営業日ぶり 新興株市場は、東証マザーズ指数が反発し、日経ジャスダック平均が4日続伸した。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株しっかり、マザーズ1000ポイント回復 9営業日ぶり

<16:00> 新興株しっかり、マザーズ1000ポ イント回復 9営業日ぶり 新興株市場は、東証マザーズ指数が反発し、日経ジャスダック平均が4日続伸した。 マザーズは心理的節目である1000ポイントを回復した。終値で回復するのは12月1 3日以来、9営業日ぶり。市場からは「投資家心理が和らいでおり、底打ち期待が強まっ ている」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.83%高の1003.36ポイント。個別では、FR ONTEO 、メルカリ 、グローバルウェイ がしっかり。エクサ ウィザーズ 、ラバブルマーケティンググループ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up