for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ジーエヌアイグループ

2160.T

現在値

2,286.00JPY

変化

-204.00(-8.19%)

出来高

17,990,400

本日のレンジ

2,209.00

 - 

2,462.00

52週レンジ

985.00

 - 

4,070.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,490.00
始値
2,342.00
出来高
17,990,400
3か月平均出来高
39.45
高値
2,462.00
安値
2,209.00
52週高値
4,070.00
52週安値
985.00
発行済株式数
43.46
時価総額
108,224.50
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 GNI Group Ltd Earnings Release

適時開示

その他

GNI Group unit receives marketing approval for Bi-Ostetic Bioactive Glass Foam related product

GNI Group gets IND clearance by FDA for liver fibrosis treatment

GNI Group unit says clearance of IND by FDA for F351 clinical trials in the treatment of liver fibrosis

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ジーエヌアイグループとは

ジーエヌアイグループは、アジアに患者の多い疾患を適応症とした複数の創薬候補化合物をパイプラインに持ち、バイオ技術を活用して創薬活動を行っている創薬企業グループである。【事業内容】同社グループは複数の創薬候補化合物を有し、日本並びに中国などのアジアに関患者の多い疾患をターゲットにした医薬品を開発して、中国における臨床試験及び医薬品の開発・製造・販売、抗体製造販売、創薬関連の研究受託等を行っている。同社グループの創薬活動は、大きく分けて、自社で創薬の実現を進める自社研究開発と、外部企業との共同で創薬を進める共同研究開発、という2つのアプローチを取っている。また同社グループが関わる創薬段階は、ターゲット探索・実証段階、化合物探索・最適化段階、前臨床試験段階、臨床試験段階及び製造販売段階の5つに分けられる。同社グループの開発品目構成は、肺線維症治療薬、肝線維症治療薬、急性肝不全・慢性肝不全急性化治療薬などである。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

3F, Nihonbashi-Honcho YS Bldg

2-2-2, Nihonbashi Hon-cho

CHUO-KU, TKY

103-0023

Japan

+81.3.62143600

http://www.gnipharma.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ying Luo

President, Representative Executive Officer, Chief Executive Officer, Chairman and CEO of Subsidiaries, Director

Thomas Eastling

Chief Financial Officer, Representative Executive Officer, Director

Takashi Kataoka

Director

Sadayuki Yasukawa

Director

Wanshou Guo

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
425.44
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.87
株価純資産倍率(四半期)
10.19
株価キャッシュフロー倍率
115.18
総負債/総資本(四半期)
21.26
長期負債/資本(四半期)
9.50
投資利益率(過去12カ月)
4.48
自己資本利益率(過去12カ月)
3.25

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上値の重さと下値の堅さが共存

<16:23> 日経平均・日足は「小陽線」、上値の重さと下値の 堅さが共存 日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陽線」。日経平均は一時2万3700円を回復し 、2万3702円30銭で高値を付けた。ただ、9日の戻り高値(2万3725円58銭=9日)、19日 の高値(2万3707円16銭=19日)には届かず、上値の重さが意識されている。 終値は5日移動平均線(2万3559円10銭=21日現在)を上回った。当面は上値の重さと下値の 堅さが共存する展開となりそうだ。 <16:10> 新興株市場はまちまち、個別物色中心の動きに 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、個別物色中心の動きに

<16:10> 新興株市場はまちまち、個別物色中心の動きに 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は反落となった。材料の ある個別銘柄の物色が中心となり、時価総額上位銘柄の一角は利益確定売りに押された。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.24%高。個別では、出前館 、アクサスホールディン グス が上昇、日本テレホン はストップ高比例配分。半面、ワークマン 、リバーエ レテック 、ウェッジホールディングス は下落。直近IPOのアースインフィニティ<7692. T>は連日のストップ安比例配分となった。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線にサポートされるが上値重い

<16:05> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線にサポートされるが上値重い 日経平均・日足は長い上ヒゲと短いしたヒゲを伴う「小陰線」となった。前日は心理的な戻りの目安と なる2万3700円を回復したが、この日はすかさず押し戻されたほか、ローソク足の形状も「上影陰線」 と不安定な状態にあると感じさせている。終値は依然として5日移動平均線(2万3556円55銭=20 日現在)にサポートされながらも、上値に重さも同時に感じさせるところだ。 9日高値2万3725円58銭を捉え切れずに反落したことで、当面は同高値が上値のメドとして強く 意識される...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、短期資金が人気株に向かう

<15:35> 新興株市場は続伸、短期資金が人気株に向かう 新興株市場は続伸。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに堅調な展開となった。市場から は「東証1部の閑散相場が続く中で、短期資金が新興市場の人気株に向かっている」(国内証券)との声が 聞かれる。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.32%高。個別では、ウェッジホールディングス が商 いを伴い大幅高となったほか、リバーエレテック が一時ストップ高、No.1 も堅調だっ たが、直近IPOのアースインフィニティ がストップ安に沈み、ストリームメディアコーポレーシ ョン も大幅安...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「陽の寄り付き坊主」、5日線を上回る

<16:17> 日経平均・日足は「陽の寄り付き坊主」、5日線を上 回る 日経平均・日足は短い上ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」の「陽の寄り付き坊主」。投資家の上昇期待感 を表している。終値(2万3671円13銭=19日)は5日移動平均線(2万3563円50銭=同)を 上回った。4─9月期決算の本格化を前に、市場では手控えムードが広がり、東証1部の売買代金は6日連 続で2兆円割れと薄商いが続いている。日経平均は引き続き薄商いのなか、5日移動平均線と25日移動平 均線(2万3419円09銭=同)との間を行き来する展開となりそうだ。 <15:57...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、DX関連銘柄の人気続く

<15:57> 新興株市場は反発、DX関連銘柄の人気続く 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。市場からは「新 興株市場では、DX(デジタルトランスフォーメーション)や脱ハンコなど、菅政権の政策に関連する銘柄 の人気が続いている」(国内証券)との声が聞かれた。東証1部の売買代金は連日2兆円割れと薄商いが続 く中、短期の個人投資家のマネーが新興株市場に集中しているという。 16日にジャスダック市場に上場したアースインフィニティは公開価格5.28倍の1万0410円で 初値をつけた後、1万0710円まで...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、調整局面の様相強める

<16:50> 日経平均・日足は「中陰線」、調整局面の様相強める 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」。終値は5日移動平均線(2万3305円66銭= 30日)、25日移動平均線(2万3278円31銭=同)をともに下回り、短期的に調整局面に入ったと の印象を与えている。 <16:20> 新興株は小反落、日経平均に連れ安 アクシスは値付かず 新興株市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小幅に反落した。マザーズ指数は年 初来高値を更新するなど前場は堅調な動きとなっていたが、後場に日経平均が急落したことを受け、利益確...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は小反落、日経平均に連れ安 アクシスは値付かず

<14:20> 新興株は小反落、日経平均に連れ安 アクシスは値付かず 新興株市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小幅に反落した。マザーズ指数は年 初来高値を更新するなど前場は堅調な動きとなっていたが、後場に日経平均が急落したことを受け、利益確 定が優勢となり軟化した。 ジャスダック市場では、ワークマン 、グラフィコ 、エブレン が売られた一方 、まぐまぐ 、出前館 、KYCOMホールディングス が買われた。 マザーズ市場では、トヨクモ 、rakumo 、BASE が売られた一方、メ ルカリ 、ミンカブ・ジ・インフォノイド...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、ほぼ「丸坊主」で基調の強さ訴える

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、ほぼ「丸坊主」で基調の強さ訴える 日経平均・日足はごく短い上ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」の「小陽線」。前日の「コマ」に準じる陽 線を包む形となる、ほぼ「丸坊主」の陽線となり、上値指向が強いことを示している。引き続き終値が5日 移動平均線(2万3207円72銭=11日現在)を上回るなど、気迷いを払って基調の強いことを訴えか けるような足取りとなった。 当面のポイントとしては、「宵の明星」を形成した3日と4日に空けたマド(上限は2万3426円1 1銭)を埋めるかどうかだが、そこまであと一歩に迫っており...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、直近IPOや株式分割銘柄など物色

<15:10> 新興株式市場はしっかり、直近IPOや株式分割銘柄など物色  新興株市場はしっかり。東証マザーズ指数は反発、日経ジャスダック平均は続伸した。市場では「週末 でありながら物色意欲は旺盛で、直近IPOを買い直す動きや株式分割など材料が出た株を物色する動きが 活発化した」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ市場では、ティアンドエス が商いを伴い上伸したほか、株式分割を発表したセルソー ス とログリー がストップ高。Sun Asterisk も小じっかりだが、メル カリ はさえない。 ジャスダック市場では、アズ企画設計 が買われて...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、底堅い 5日移動平均線を上回る

<16:18> 日経平均・日足は「小陽線」、底堅い 5日移動平均線を上回る  日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。終値が5日移動平均線(2万3167円50銭=10 日)を上回った。25日移動平均線(2万3057円33銭=同)や日足一目均衡表の基準線(2万289 2円56銭=同)より上の水準で推移しており、底堅さを感じさせる。一方、2万3200円台では上値が 重く、一段の上昇には強い買い材料が必要との見方が多い。 <16:04> マザーズ指数は続落、グロース一極集中相場の転換点か  新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均は反発...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は続落、グロース一極集中相場の転換点か

<16:04> マザーズ指数は続落、グロース一極集中相場の転換点か  新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は続落した。「きょうは(大 型の)TOPIXコア30が強かった。グロース一極集中相場が転換点に来ていると投資家が感じ始めてい るかもしれない」(東海東京調査センターのチーフエクイティマーケットアナリスト、鈴木誠一氏)との指 摘が出ていた。 マザーズ市場では、メルカリ 、ジーエヌアイグループ 、アンジェス などが軟 調。インターファクトリー 、Sun Asterisk なども売られた。ユーザベース < 3966...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線がサポート

<16:50> 日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線がサポート 日経平均・日足は、短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陽線」。終値は5日移動平均線(2万3213 円52銭=9日)を下回った。25日移動平均線(2万3028円51銭=9日)は一時的に下抜けたが、 終値は同線を約4円上回り、下値サポートとして機能した。2万3000円台の上値は重く、当面は同水準 を挟んだもみ合いが想定される。 <16:20> 新興株式市場は反落、日経平均に連れ安 新興株市場は日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。日経平均が一時400円近く...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反落、日経平均に連れ安

<16:20> 新興株式市場は反落、日経平均に連れ安 新興株市場は日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。日経平均が一時400円近く 下落したことを受け、新興株も連れ安の展開となり、時価総額上位銘柄や直近IPO銘柄を中心に売られた 。一部では材料のある個別銘柄への物色も見られたものの、全体的には手控えムードが強まった。 日経ジャスダック平均は0.30%安。出前館 、テラ 、ワークマン が下落、 ニックス 、日本マクドナルドホールディングス 、ハーモニック・ドライブ・システムズ < 6324.T>は上昇した。 東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線上回り下値不安後退の印象

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線上回り下値不安後退の印象 日経平均・日足は、短い下ヒゲを伴う大引けがほぼ「坊主」の「小陽線」。上値指向を感じさせる足取 りとなったほか、終値で5日移動平均線(2万3256円44銭=8日現在)を上回るなど、下値不安が後 退したとの印象を与えている。 ただ、上値については、天井形成のサインとなる「宵の明星」のように鎮座している3日に引いた「小 陰線」が依然として気になるところ。3日と4日に空けたマド(上限は3日安値2万3426円11銭)を 埋め切り、「宵の明星」の状態を解消するまでは、上値に...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、値動き良い銘柄に値幅取り資金向かう

<15:10> 新興株式市場はしっかり、値動き良い銘柄に値幅取り資金向かう 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発した。市場では「動きの 良い銘柄を中心に値幅取りの資金が向かっている。材料に飛び付く動きも健在だ」(国内証券)との声が聞 かれた。 日経ジャスダック平均は0.17%高。ニックス がストップ高比例配分となったほか、メディ アリンクス もストップ高となった。テラ が商いを伴って大幅上昇となったがたが、ワーク マン 、エブレン などが続落した。 東証マザーズ指数は1.90%高。フリークアウトホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は続落、個人投資家を中心に売り

<16:00> 新興株は続落、個人投資家を中心に売り 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は3日続落した。東証1部での軟 調な動きを受け、新興株も連れ安となった。市場では「指数はマイナスとなっているが、きょうの相場は薄 商い。全体的に売られたといいよりは、個人投資家による小口の売りに押されて、軟調となった」(国内証 券)との声が出ていた。 日経ジャスダック平均は0.22%安。ワークマン 、ケイブ 、エブレン など が下落。コーユーレンティア 、メディアリンクス 、ジャパンシステム などは上昇 した。 東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

<16:02> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」、5日移動平均線(2万3085円68銭=20日)に 上値を抑えられた。下値の節目と意識されていた12日と13日に空けたマドの下限(2万2874円37 銭=12日高値)を一時的に下回り、マド埋めを完了。短期的に弱気に傾斜するとの見方も出ている。 一方、下値は25日移動平均線(2万2699円06銭=同)がサポートとして機能するか注目。それ を下抜けた場合は、75日移動平均線や200日移動平均線が推移する2万2000円近辺が視野に...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は6日ぶり反落、年初来高値更新後に利益確定売り

<15:40> マザーズ指数は6日ぶり反落、年初来高値更新後に利益確定売り  新興株市場で、東証マザーズ指数が6日ぶりに反落した。前場の取引時間中に1122.72ポイント まで上昇。前日に付けた年初来高値を更新し2年2カ月ぶり高値まで強含んだが、その後は利益確定売りが 優勢となり、マイナス圏に沈んだ。 マザーズ指数は0.98%安で終了。メルカリ 、アンジェス 、BASE など 時価総額が高い銘柄が軟調。バンク・オブ・イノベーション が商いを伴って下落した。フィーチャ 、コマースOneホールディングス は買われた。 新規上場したニューラルポケット...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場下げ幅拡大、200円超安 米株先物の軟調推移を嫌気か

<12:47> 日経平均は後場下げ幅拡大、200円超安 米株先物の軟調推移を嫌気か 日経平均は後場下げ幅拡大、2万2800円台後半で推移している。市場では「特段の売り材料は見当 たらないが、米国株先物の軟調推移が嫌気されているかもしれない。薄商いの中では、少しの売りでも指数 の反応は大きくなる」(国内証券)との声が出ていた。 テクニカル面で下値の節目と意識されている12日と13日に空けたマドの下限(2万2874円37 銭=12日高値)に接近している。 <11:45> 前場の日経平均は反落、材料難続き模様眺めムードが支配  前場の東京株式市場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up