for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社地域新聞社

2164.T

現在値

419.00JPY

変化

-3.00(-0.71%)

出来高

5,000

本日のレンジ

405.00

 - 

423.00

52週レンジ

383.00

 - 

760.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
422.00
始値
423.00
出来高
5,000
3か月平均出来高
0.18
高値
423.00
安値
405.00
52週高値
760.00
52週安値
383.00
発行済株式数
1.91
時価総額
799.24
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Chiikishinbunsha Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Chuco To Book 305 Million Yen Gain In Q3 From Sale Of Chiikishinbunsha Shares

Chiikishinbunsha says shareholding structure change

CHIIKISHINBUNSHA lowers consolidated full-year outlook for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社地域新聞社とは

地域新聞社グループは、広告関連事業に従事する日本会社。【事業内容】同社は、新聞等発行事業、折込チラシ配布事業及び販売促進総合支援事業及びその他の事業により構成される。新聞等発行事業とは、同社が発行する「ちいき新聞」及びショッパー社が発行する「地域新聞ショッパー」は購読料のかからない地域情報紙である。折込チラシ配布事業とは、同社グループが発行する「ちいき新聞」及び「地域新聞ショッパー」にチラシを折り込んで配布する事業である。販売促進総合支援事業は、前述の新聞等発行事業や折込チラシ配布事業の領域に属さない販売促進関連業務(展示会等の広告イベントの企画及び運営、配布チラシやポスターの編集及び制作、店舗ディスプレイ計画の立案等)を通じて、広告主の様々な販売促進活動を支援する事業である。その他の事業として、インターネット広告事業、カルチャーセンター運営事業、講演チケット取扱事業、出版事業や通信販売事業等を行う。

業種

Printing & Publishing

連絡先

678-2, Takatsu

YACHIYO-SHI, CHB

276-0020

Japan

+81.47.4851100

https://chiikinews.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Jun Yamada

President, Representative Director

Masashi Matsukawa

Deputy Chief Director of Sales, President of Chiba Office, Director

Takashi Mishima

Director of Human Resources, Chief Director of Editing and Production, Director

Yoshiaki Kanebako

Manager of CS Promotion Office, Director

Hitoshi Kubota

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.30
株価純資産倍率(四半期)
8.52
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
719.79
長期負債/資本(四半期)
359.02
投資利益率(過去12カ月)
-2.78
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.32

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5本連続陰線で弱さを印象付ける

<15:40> 日経平均・日足は「小陰線」、5本連続陰線で弱さを印象付ける 日経平均・日足は、長め上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陰線」となった。4日続落、 しかも5本連続で陰線を引くなど、基調の弱さを印象づけている。一目均衡表の「雲」領 域の上限を割り込むことなく推移しているため崩れる様子はないものの、反転のきっかけ をつかめない状況だ。 当面の下値の目安としては、引き続き10月29日と11月1日に空けたマド(2万 9000円65銭─2万9267円08銭)の下限値が意識されそうだ。このマドを埋め ずに反転するかどうか注目される。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、値動き良い銘柄に資金が向かう

<15:10> 新興株式市場はまちまち、値動き良い銘柄に資金が向かう 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに小動き となった。市場では「全体的に方向感がない中で、値動きの良い銘柄に資金が向かってい る」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合指数は前営業日比0.50%高。夢展望 がストップ高比例配分 となったほか、グローバルウェイ 、FRONTEO が商いを伴い上昇し たが、アスタリスク が反落し、メルカリ もさえない。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.02%安。シーズメン が連日のスト ップ安となったほか...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、上値追いにはエネルギー不足

<15:49> 日経平均・日足は「小陰線」、上値追いにはエネルギー不足 日経平均・日足は「小陽線」。ローソク足の形状からは、上昇期待感がありつつも上値追いに慎重な姿 勢がうかがえる。5月7日の取引時間中につけた安値(2万1875円11銭)を回復し、大型連休明けの 7─8日に下方向に空けた窓を埋められるかがポイントとなるが、東証1部の売買代金は2兆円割れで上昇 へのエネルギーは不足気味。下値は200日移動平均線(2万1627円01銭=2日)がサポートとして 機能するかが注目される。 <15:36> 新興株市場は堅調、直近IPOや材料ある個別株...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、材料ある個別株に物色

<15:36> 新興株市場は堅調、直近IPOや材料ある個別株に物色 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続伸となった。「直近IP Oや材料のある個別銘柄が物色された。個人投資家だけでなく中小型株ファンドなどの買いも入っているよ うだ」(国内証券)との声が出ていた。個別銘柄ではリバーエレテック が大幅高。免疫生物研究所 が一時ストップ高。岡本硝子 、メドピア 、CYBERDYNE なども堅 調だった。半面、シェアリングテクノロジー  Kudan 、地域新聞社 などは売 られた。 <14:46> 日経平均は小幅高...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日移動平均線を上回る

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、200日移動平均線を上回る 日経平均・日足は「小陽線」。200日移動平均線(2万1632円59銭=1日)を上回り取引を終 えた。次は5月7日の取引時間中につけた安値(2万1875円11銭)を回復し、大型連休明けの7─8 日に下方向に空けた窓を埋められるかがポイントになる。 25日移動平均線からの上方かい離率は3.13%。「2019年の相場は、大発会を除けば25日移 動平均線からの上方かい離プラス3%が上値抵抗線となっている。売買代金が膨らんでくればもう一段上値 がありそうだが、あす以降、商いが...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、カルナバイオが連日の年初来高値

<15:29> 新興株市場は堅調、カルナバイオが連日の年初来高値 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに3日続伸した。「戻り売りは出づ らい感じで、個人投資家も元気を取り戻しつつある」(国内証券)との声が出ていた。個別銘柄ではカルナ バイオサイエンス が連日の年初来高値更新。ロゼッタ 、ソレイジア・ファーマ が 反発。アエリア は年初来高値更新。地域新聞社 も大幅高。半面、リビン・テクノロジーズ は大幅安だった。 <13:23> 日経平均は400円高、欧州勢の買い戻しか  日経平均は高値圏。上げ幅を400円超に拡大...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を割り込む

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線を割り込む 日経平均・日足は「小陰線」。ローソク足の形状は弱もちあいを示しているが、最近では比較的大きな 陰線となっている。終値は25日移動平均線(2万1023円43銭=18日)を割り込み、節目の2万1 000円も下回ったことで下値余地が広がったとの見方が出ている。6月11日終値(2万1204円28 銭)を高値に短期調整局面入りした可能性もある。 <15:06> 新興株市場は軟調、マザーズは2%超の下げ幅 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落。マザース指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは2%超の下げ幅

<15:06> 新興株市場は軟調、マザーズは2%超の下げ幅 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落。マザース指数は2%超の 下げとなった。「材料のある小型株は物色されているが、東証1部の大型株が軟調な中、新興株市場も全体 的に買いづらい」(ネット系証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、チームスピリット 、Kudan 、リボミック 、ジェイ・エス コムホールディングス など軟調。半面、地域新聞社 がストップ高比例配分。多摩川ホール ディングス 、サン電子 は年初来高値更新。メドピア なども買われた。 <12...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up