for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テラ株式会社

2191.T

現在値

89.00JPY

変化

-1.00(-1.11%)

出来高

92,800

本日のレンジ

88.00

 - 

92.00

52週レンジ

74.00

 - 

244.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
90.00
始値
91.00
出来高
92,800
3か月平均出来高
7.79
高値
92.00
安値
88.00
52週高値
244.00
52週安値
74.00
発行済株式数
25.33
時価総額
2,330.12
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2022 Tella Inc Earnings Release

適時開示

その他

Tella receives approval to extend submitting of Q2 report for FY ending December 2018

Tella says delay in submitting Q2 report for FY 2018

Tella appoints Seiichi Yusa as new president

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テラ株式会社とは

テラグループは、主に医療機関に対する細胞医療に関する技術・運用ノウハウの提供及び再生・細胞医療に関する研究開発を行う。【事業内容】同社は3つの事業セグメントを通じて事業を行う。細胞医療事業は、樹状細胞ワクチン療法を中心とした独自のがん治療技術・ノウハウを提供する事業である。このセグメントは契約医療機関に細胞培養体制整備支援サービス、運営体制整備支援サービス、集患支援などのサービスを提供する。医療支援事業は、主として医薬品開発業務受託機関(CRO)事業並びに遺伝子検査サービス等を行う事業である。医薬品事業は、がん治療用再生医療等製品として樹状細胞ワクチンの薬事承認取得に向けた開発を行う。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

17F, Ark Mori Bldg., 1-12-32, Akasaka

SHINJUKU-KU, TKY

163-1320

Japan

+81.3.59372111

https://www.tella.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Tomoyuki Taira

President, Director

Naoko Iino

Executive Officer

Hideki Matsubara

Executive Officer

Ryuhei Yamamoto

Director

Tetsuya Fukagawa

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.08
株価純資産倍率(四半期)
172.84
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
14.32
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-169.27
自己資本利益率(過去12カ月)
-151.26

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線が抵抗線として機能

日経平均・日足は「小陰線」。売りサインとなる「カブセ線」の形状は免れたが、前日までに8連騰を記録していただけに、さすがに一服商状となった。それでも、長めの下ヒゲを引くなど下方硬直性を感じさせている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、直近IPOに利益確定売り

新興株式市場は、まちまち。東証マザーズ指数が小幅安となる一方、日経ジャスダック平均が9日続伸となった。市場では「地合いは落ち着いているが、直近IPOが利益確定売りで値を下げ、ムードを悪くしている」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、最強の買いサイン「並び赤」が出現

日経平均・日足は「中陽線」。前日に目先天井形成を示唆する「三空」で長めの陽線を引いた後、ほぼ同じ長さの陽線を引くなど、基調の強さに変化がないことを示した。それどころか、今回はマド空けで出現すると最強の買いサインとも言われる「並び赤」のパターンとなっている。ここまで定石破りとも言える強さを示してきたが、さらに「理外の理」の上昇相場を演じる可能性が出てきた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、日経ジャスダック平均は8日続伸

新興株市場は、しっかり。東証マザーズ指数が続伸、日経ジャスダック平均が8日続伸した。市場では「地合い好転が顕著となり、値幅取りの動きが活発化している」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、2万7000円と半値押しを意識

<16:05> 日経平均・日足は「小陰線」、2万7000円と半値押しを意識 日経平均・日足は、上下にヒゲを伴う「小陰線」。前日の「十字足」から続落したものの、気迷いを示 す「コマ」を引くなど、弱気転換したとは言い難い。心理的な下値の目安になる2万7000円のほか、昨 年12月22日安値(2万6361円66銭)から同29日高値(2万7602円52銭)まで直近上昇の 半値押し(2万6982円09銭)を維持したことが注目できよう。 当面はこれらが意識されるが、割り込まずに反転した場合、12月29日高値近辺は重さが感じられる ため、2万7000...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、引き続き直近IPOを循環物色

<15:35> 新興株市場はしっかり、引き続き直近IPOを循環物色 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反発した。市場からは「引 き続き中心になっている銘柄は昨年12月に上場した直近のIPO。これらを循環物色している」(国内証 券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.27%高。個別では、テラ がストップ高となり、出前 館 、不二精機 がしっかり。半面、細谷火工 が急反落し、三光産業 が大幅 安となった。 マザーズ指数は前営業日比0.35%高。個別では、ウェルスナビ 、Kaizen Plat...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陰線」、5日線とローソク足が交差

<16:07> 日経平均・日足は「下影陰線」、5日線とローソク足が交差 日経平均・日足は下に長いヒゲを伴う「下影陰線」。高値圏で下影陰線が出現したことで、目先的には 下落への転換を示唆している。また、5日移動平均線(2万7156円27銭=4日)がローソク足に交わ っていることから、上昇の勢いが弱まり、心理的には売りが先行しやすい状況を表している。 <15:42> 新興株市場は小じっかり、直近IPOや巣ごもり関連で物色活発 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は続伸した。市場から は「マザーズ市場では直近...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、直近IPOや巣ごもり関連で物色活発

<15:42> 新興株市場は小じっかり、直近IPOや巣ごもり関連で物色活発 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は続伸した。市場から は「マザーズ市場では直近IPO銘柄が買われたほか、緊急事態宣言の再発令が視野に入ったことを受けて 中小型株の巣ごもり関連銘柄で物色が活発になったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.11%高。個別では、不二精機 が一時ストップ高とな ったほか、テラ 、出前館 が商いを伴い堅調に推移した。半面、細谷火工 、ウィル ソン・ラーニング ワールドワイド...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値は5日線上回る

<16:15> 日経平均・日足は「中陽線」、終値は5日線上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。寄り付きがほぼ「坊主」のような形状で、投資家 の上昇期待感を示している。終値(2万6817円94銭=9日)は3営業日ぶりに5日移動平均線(2万 6678円61銭=同)を上回り、短期上昇トレンドの転換シグナルが現れる格好となった。加えて、25 日、75日、200日と長短すべての移動平均線は上向きとなっており、上昇トレンドは維持されている。 <15:57> 新興株市場はまちまち、マザーズは反落 注目IPO控え換金売りの思惑も 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズは反落 注目IPO控え換金売りの思惑も

<15:57> 新興株市場はまちまち、マザーズは反落 注目IPO控え換金売りの思惑も 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反落した。市場からは「来 週はIPOラッシュを控えているため、換金売りの思惑から利益確定売りが出やすい。このところ高値圏で 推移していた銘柄が売られており、利益確定売りの動きはまだ一巡していないようだ」(国内証券)との声 が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.36%高。個別では、不二精機 、田中化学研究所<408 0.T>、アースインフィニティ がしっかり。IMV 、テラ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、典型的な天井形成サインの「抱き線」出現

<15:50> 日経平均・日足は「中陰線」、典型的な天井形成サインの「抱き線」出現 日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」の「中陰線」。直近2日間は気迷いを感じさせ る足が続いたものの、今回は様相が一変して下振れリスクを感じさせる動きとなった。年初来高値を更新し ながらも、前週末に引いた「コマ」形状の「陽線」を包む、株の教科書に載っているような「抱き線」が出 現、典型的な天井形成のサインとなっている。 弱いシグナルはそれだけではなく、終値が5日移動平均線(2万6739円31銭=7日現在)を10 営業日ぶりに下回ったほか、パラボリック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ指数大幅安で地合い冷え込む

<15:25> 新興株市場は軟調、マザーズ指数大幅安で地合い冷え込む 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均がさえないほか、東証マザーズ指数は大幅安となった。市場 では「マザーズ市場の先駆株に値を崩す銘柄が多く、地合いが一段と冷え込んでいる」(国内証券)との声 が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.81%安。個別では、前週末に買われた不二精機 が続 騰して始まった後に値を急速に消したほか、小田原エンジニアリング 、テラ 、出前館<248 4.T>なども軟調。半面、ワークマン が上昇した。 マザーズ指数は前営業日比4.19%安...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、週末で見送りムードが強い

<15:35> 新興株市場はまちまち、週末で見送りムードが強い 新興株市場は日経ジャスダック平均が小じっかりとなったが、東証マザーズ指数は続落。市場では「週 末とあって見送りムードが強い中で、先駆した銘柄には利益確定売りが目立っている」(国内証券)との声 が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.14%高。個別では、不二精機 がストップ高比例配分 となったほか、テラ もストップ高。出前館 も堅調に推移した。半面、ワークマン が軟化し、MITホールディングス も安い。 マザーズ指数は前営業日比0.91%安。個別では、Jストリーム...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線にサポートされるが「団子天井」を警戒

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線にサポートされるが「団子天井」を警戒 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。前日に続いて上下の振れ幅が小さい「コマ」の形 状となり、気迷いを示している。終値が5日移動平均線(2万6716円55銭=4日現在)にサポートさ れる形で強い基調は維持した。ただ、緩やかながらも連日の上値切り上げで重さを感じさせる状況。このま まジリ安となった場合、「団子天井」となることが警戒される。 終値と25日移動平均線(2万5430円83銭)とのかい離率は5.1%まで縮小したものの、依然 として高値警戒感...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陰線」、弱い地合いでも上昇トレンドは維持

<16:11> 日経平均・日足は「下影陰線」、弱い地合いでも上昇トレンドは維持 日経平均・日足は、短い下ヒゲを伴う「下影陰線」。弱い地合いを暗示する形状となった。ただ、終値 は5日移動平均線(2万6640円83銭=2日)を上回ったほか、25日、75日、200日と長短すべ ての移動平均線は上向きとなっている。強い基調を維持しており、上昇トレンドは維持されている。 <15:49> 新興株市場はしっかり、マザーズ5日続伸で回復基調 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は5日続伸となった。市場で は「マザーズ指数は...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズ5日続伸で回復基調

<15:49> 新興株市場はしっかり、マザーズ5日続伸で回復基調 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は5日続伸となった。市場で は「マザーズ指数は10月に年初来高値を更新後、やや一服気味となっていたが、今週は改めて買いが入っ ている。ワクチンの実用化による景気回復期待で、幅広い銘柄が物色されている」(国内証券)との声が聞 かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.30%高。個別では、アルファクス・フード・システム<3814. T>、不二精機 、アバールデータ などが上昇。半面、ワークマン 、テラ 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、「押し目待ちに押し目無し」の状況

日経平均・日足は、短い上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陽線」。前日に感じさせた弱さを一変させ、連日のバブル後最高値更新となった。5日移動平均線(2万6540円01銭=1日現在)が下値サポートラインとしての役割を果たすなど、引き続き強い基調に変化がみられない。息の長い上昇相場を望むのであれば、ここで調整を入れたいところだが、「押し目待ちに押し目は無し」の格言のような相場つきとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズ指数が4日続伸で戻り高値更新

新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は4日続伸となり、11月9日に付けた戻り高値1267.71を更新した。市場では「マザーズ指数が戻り高値を更新したことで、新興株市場も復調の気配が色濃くなってきた」(国内証券)との声が聞かれる。

訂正-〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線がサポート

(前週末の取引時間中の安値を「6419円05銭」から「2万6419円05銭」に訂正します) [東京 30日 ロイター] - <16:30> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線がサポート 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「中陰線」。終値(2万6433円62銭=30日)は5日 移動平均(2万6415円62銭=同)にサポートされる格好となったほか、前週末の取引時間中の安値( 2万6419円05銭=27日、訂正)をわずかに上回り、トレンドの下落転換を示す「陰線つつみ足」の 出現を回避した。200日移動平均線(2万2165円21銭=同)も上向...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄は軟調

<15:56> 新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄は軟調 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は3日続伸した。前週末の米 国株式市場でナスダックが終値で過去最高値を更新した流れを引き継ぎ、ハイテク関連株が買われる展開と なった。半面、直近IPO銘柄は総じて軟調。市場では「例年12月に新規上場する企業は多く、来月のマ ザーズ絡みの資金はIPOが中心となるだろう。きょうはそれを控えた利益確定売りが広がったようだ」( 国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.08%安。個別では、先週上場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up