for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アミタホールディングス株式会社

2195.T

現在値

1,742.00JPY

変化

-16.00(-0.91%)

出来高

400

本日のレンジ

1,742.00

 - 

1,742.00

52週レンジ

520.00

 - 

4,730.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,758.00
始値
1,742.00
出来高
400
3か月平均出来高
0.27
高値
1,742.00
安値
1,742.00
52週高値
4,730.00
52週安値
520.00
発行済株式数
5.85
時価総額
10,279.24
予想PER
--
配当利回り
0.34

次のエベント

Q3 2022 Amita Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Amita Holdings unit to acquire equipment for 123 mln yen

Amita Holdings scraps shares issue plan through private placement

Amita Holdings to issue new shares through private placement

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アミタホールディングス株式会社とは

アミタホールディングスグループは、同社、同社の連結子会社4社及び持分法適用関連会社1社により構成され、地上資源事業と環境ソリューション事業を行う。【事業内容】同社は地上資源事業及び環境ソリューション事業の2つの事業セグメントにより構成される。地上資源事業は、地上資源の製造やリサイクルオペレーション、資源販売などを行う。環境ソリューション事業は、環境コンサルティングや調査・研究、森林管理協議会や海洋管理協議会(MSC)などの認証関連サービスの提供を行う。

業種

Waste Management Services

連絡先

535, Akinono-cho

Oshikoji-agaru, Karasuma-dori

Nakagyo-ku

KYOTO-SHI, KYT

604-0847

Japan

+81.75.2770378

https://www.amita-hd.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Eisuke Kumano

Chairman of the Board, President, President of Subsidiaries, Representative Director

Hitoshi Fujiwara

Managing Director, Leader of Business Supervision Group, President of Subsidiary

Kenichi Sugimoto

Managing Director, Leader of Company Design Group, President of Subsidiary

Taro Shimizu

Leader of Business Administration Group, Director

Masao Takebayashi

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
16.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.05
株価純資産倍率(四半期)
6.17
株価キャッシュフロー倍率
13.15
総負債/総資本(四半期)
76.57
長期負債/資本(四半期)
67.56
投資利益率(過去12カ月)
21.27
自己資本利益率(過去12カ月)
14.36

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線手前で足踏み

日経平均・日足は「小陰線」。終値は2万7943円89銭。陰の寄り付き坊主で、売り圧力の持続がうかがわれる。5日線(2万7893円68銭=同)が目先の支持線。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが続落、ジャスダックは10日ぶり反落

新興株市場は、東証マザーズ指数が続落し、日経ジャスダック平均は10営業日ぶりに反落した。これまでの上昇基調を受けて、利益確定売りに押された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、終値は5日線上をキープ

日経平均・日足はわずかな上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「中陰線」となった。終値は2万5162円78銭。始値と高値の差は約8円と、ほぼ「下影陰線」の形状となった。日足は先安感を表しているものの、終値は5日移動平均線(2万5116円61銭=11日)の上を維持している。当面は5日移動平均線が下値抵抗線として意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、メルカリが12%超安

新興株市場は、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均が反落した。10日の米国株式市場の下落を受け、地合いが再び悪化した。マザーズ市場では大型株が軒並み大幅安となり、指数を押し下げた。メルカリは12%超安と2020年5月以来の安値を付けた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、5日ぶりに5日線上回る

日経平均・日足は「大陽線」となった。終値は2万5690円40銭。ほぼ「陽の寄付き坊主」の形状で上ヒゲも短く、買い方の強気姿勢が示された。5営業日ぶりに終値で5日移動平均線(2万5281円15銭=10日)を上回り地合いが改善。上方向では、1月以降の下値支持線となっていた心理的節目2万6000円が目先の抵抗線として意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが7日ぶり反発、ジャスダックは続伸

新興株市場は、東証マザーズ指数が7日ぶりに反発したほか、日経ジャスダック平均が続伸した。原油高が一服し、資源高が世界景気を冷やすといった過度な警戒感が和らいだ。米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大幅高となり、物色が広がった。

訂正-〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、ジャスダックは20年8月以来の安値更新

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が4日続落した。原油高による経済への悪影響が警戒された。ジャスダックが2020年8月以来の安値をつけた一方、マザーズは大幅安ながら昨年来安値を更新しておらず、市場では「マザーズの需給悪は改善してきているのではないか」(国内証券)との見方も聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、マイナス3シグマで反発力の蓄積も

日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万5221円41銭。心理的節目の2万5000円手前で下げ止まった。下影陰線の形状で買い方の抵抗力が示唆され、短期的な反発に期待をつなぐ。ボリンジャーバンドのマイナス3シグマ(2万5164円77銭=7日)付近は、反発力がたまる水準でもある。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は5日移動平均を上回る

日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「小陽線」となった。下値の抵抗力の強さを感じさせる形状となっている。終値は2万6526円82銭と、5日移動平均線(2万6466円92銭=28日)を7営業日ぶりに上回り、短期的な強気シグナルを示唆している。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、マザーズ3%超高 底打ちの兆し

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続伸した。前週末の米国株式市場でナスダック総合のしっかりとした値動きが支援材料となり、マザーズ銘柄を買い戻す動きがみられた。市場では「底打ち感が意識されはじめている」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日移動平均下回る

日経平均・日足はわずかな上ヒゲと下ヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万6476円50銭と5日移動平均線(2万6585円97銭=25日)を下回ったものの、日経平均は大引け間際に上げ幅を拡大し、先高見込みを示す形状となっている。来週は2万6500円を回復し、値固めの展開となるかがポイントとなりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は6営業日ぶりに反発、マザーズ7%超高

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに6営業日ぶりに反発した。米国株式市場でナスダック総合が3%超高と大幅高となった流れを受け、マザーズ銘柄を急速に買い戻す動きがみられた。マザーズ指数は7%超高と、4営業日ぶりに終値で700ポイントを回復した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を回復 1カ月ぶり

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7696円08銭。25日移動平均線(2万7625円78銭=10日)を回復した。25日線を上回るのは、取引時間中を含めれば1月18日以来、終値では1月12日以来で、約1カ月ぶりとなる。心理的節目2万8000円が視野に入ってきたが、昨年後半に支持線だった水準で、抵抗線への切り替わりも意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、マザーズ2%超高

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続伸した。米国市場でのグロース(成長)株高が、日本の新興株にも引き続き追い風となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、MACDがゴールデンクロス

日経平均・日足は上下にわずかなヒゲを伴う「中陽線」だった。終値は2万7439円99銭。5日移動平均線(2万7259円07銭=4日)を維持したほか、MACDがシグナルをゴールデンクロスした。2万7000円台前半での値固めが進み、年明け以降の半値戻し(2万7716円34銭)を再び視界に捉えつつある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズ続落 メルカリの下げが重し

新興株市場はまちまちだった。東証マザーズ指数はメルカリの下げが重しとなって小幅続落となった一方、日経ジャスダック平均は反発した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線は支持線

日経平均・日足は上下にヒゲをともなう「小陰線」となった。投資家の気迷いを表している。終値は2万7241円31銭。5日移動平均線(2万7114円54銭=3日)が下値支持線として機能した。市場では「2万7000円近辺では下値が堅い。今夜米株が上昇となれば、日経もじりじりと値を戻すとみている」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反落、マザーズは800ポイント割れ 

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに5日ぶりに反落した。マザーズは再び心理的節目800ポイントを下回った水準での推移となった。時間外取引でグロース(成長)株の比率が高いナスダック総合先物が2%超安での推移となり、嫌気された。市場では「買い戻しが一巡し、やれやれ売りが出たようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、年初来高安の半値戻し視野に

日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7533円60銭。前日にパラボリックが前日に陽転しており、地合いは改善してきている。1月5日高値(2万9388円16銭)から同27日安値(2万6044円52銭)への下落の半値戻し(2万7716円34銭)が視野に入ってきた。上昇に弾みがつけば、25日移動平均線(2万8009円28銭=2日)を試す局面も意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は4日続伸、グロース株買い戻しが継続

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに4日続伸した。マザーズは終値で心理的節目800ポイントを回復した。米国市場でグロース(成長)株の比率が高いナスダック総合が上昇し、時間外取引で同指数の先物も堅調に推移したことで投資家心理が支援された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up