for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アミタホールディングス株式会社

2195.T

現在値

2,930.00JPY

変化

-70.00(-2.33%)

出来高

400

本日のレンジ

2,930.00

 - 

3,000.00

52週レンジ

2,151.00

 - 

3,000.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,000.00
始値
3,000.00
出来高
400
3か月平均出来高
0.00
高値
3,000.00
安値
2,930.00
52週高値
3,000.00
52週安値
2,151.00
発行済株式数
1.17
時価総額
3,508.27
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Amita Holdings Co Ltd Extraordinary Shareholders Meeting

適時開示

その他

Amita Holdings unit to acquire equipment for 123 mln yen

Amita Holdings scraps shares issue plan through private placement

Amita Holdings to issue new shares through private placement

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アミタホールディングス株式会社とは

アミタホールディングスグループは、同社、同社の連結子会社4社及び持分法適用関連会社1社により構成され、地上資源事業と環境ソリューション事業を行う。【事業内容】同社は地上資源事業及び環境ソリューション事業の2つの事業セグメントにより構成される。地上資源事業は、地上資源の製造やリサイクルオペレーション、資源販売などを行う。環境ソリューション事業は、環境コンサルティングや調査・研究、森林管理協議会や海洋管理協議会(MSC)などの認証関連サービスの提供を行う。

業種

Waste Management Services

連絡先

535, Akinono-cho

Oshikoji-agaru, Karasuma-dori

Nakagyo-ku

KYOTO-SHI, KYT

604-0847

Japan

+81.75.2770378

https://www.amita-hd.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Eisuke Kumano

Chairman of the Board, President, President of Subsidiaries, Representative Director

Hitoshi Fujiwara

Managing Director, Leader of Business Supervision Group, President of Subsidiary

Kenichi Sugimoto

Managing Director, Leader of Company Design Group, President of Subsidiary

Taro Shimizu

Leader of Business Administration Group, Director

Masao Takebayashi

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
10.08
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.76
株価純資産倍率(四半期)
5.13
株価キャッシュフロー倍率
6.91
総負債/総資本(四半期)
230.30
長期負債/資本(四半期)
139.46
投資利益率(過去12カ月)
16.95
自己資本利益率(過去12カ月)
9.01

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は陽の大引け坊主、「半値戻しは全値戻し」も意識

<15:54> 日経平均・日足は陽の大引け坊主、「半値戻しは全値戻し」も意識 日経平均・日足は「陽線」となった。高値引けで「陽の大引け坊主」となり、先高見込みを暗示すると される。 25日移動平均線(2万1665円89銭=13日終値)を終値で維持。2月27日高値(2万250 2円05銭)と3月5日安値(2万0937円26銭)の半値戻し(2万1719円66銭)水準も上回っ たほか、2月27日に上値を抑えた日足・一目均衡表の基準線(2万1952円48銭=同)もわずかに上 回った。市場では「半値戻しは全値戻し」といった相場格言が意識されている...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、大型株の動き鈍く資金流入も

<15:31> 新興株市場は堅調、大型株の動き鈍く資金流入も 新興株式市場は堅調だった。日経ジャスダック平均は4日続伸となり、東証マザーズ 指数は反発した。「大型株の動きが鈍く、資金が流入した」(国内証券)との見方が出て いた。個別では、伊豆シャボテンリゾート 、日本フォームサービス 、ソ レイジア・ファーマ が上昇率上位となった一方、ニューフレアテクノロジー<625 6.T>、アミタホールディングス 、日本スキー場開発 が下落率上位だった 。 <14:22> 日経平均は上げ幅拡大、米国のハイテク株高を改めて意識 日経平均は2万1900...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「上影陰線」、200日線がサポート

<16:02> 日経平均・日足は「上影陰線」、200日線がサポート 日経平均・日足は「上影陰線」となった。先安見込みを暗示するとされる。200日 線(2万1199円59銭=7日終値)でサポートされており、これが目先の下値めどと なる。200日線を割り込むなら、5日につけた年初来安値(2万0937円26銭)が 視野に入ってくる。一方、上方向は、昨年9月安値から今年1月高値の値幅の半値レベル (2万1684円43銭)や、25日線(2万1902円36銭=同)が目先の上値めど となる。直近高値に近い2万2500円付近は戻り待ちの売りの圧力が強まりそうだとみ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、押し目買いによる下支えも

<15:25> 新興株市場は軟調、押し目買いによる下支えも 新興株式市場は軟調だった。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落 した。もっとも、日経平均に比べれば、いずれも下落率は小さく「大型株で戻り売りを浴 びる展開となり、資金が中小型株の押し目買いに向かい下支えした」(国内証券)との声 が出ていた。 上昇率上位にはナビタス 、アミタホールディングス 、ASJ<2351. T>など、下落率上位には細谷火工 、アイル 、イグニス などとな った。 <14:04> 日経平均は軟調継続、米株指数先物に追随する動き 日経平均は2万1300...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線維持でマド埋め意識も

<16:45> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線維持でマド埋め意識も 日経平均・日足は「小陽線」となった。5日線(2万1846円07銭=21日終値 )でサポートされており、引き続き目先の支持線となる。5日線を維持し続ければ、5日 ─6日に空けたマド(2万2277円45銭─2万2659円43銭)埋めを試す動きも 見込まれる。一方、75日線(2万2784円20銭=同)とデッドクロスした25日線 (2万2729円72銭=同)が強い抵抗線になりそうだ。5日線を割り込む場合、一目 均衡表の転換線(2万1551円50銭=同)が次の支持線となる。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は堅調維持、ジャスダック・マザーズは5日続伸

<15:50> 新興株は堅調維持、ジャスダック・マザーズは5日続伸 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は5日続伸した。個 人投資家による物色が続いた。「大型株が伸び悩む局面では、短期資金が中小型にシフト しやすい」(国内証券)との声が聞かれた。 細谷火工 などが上昇率上位となったほか、ワンダーコーポレーション<3344. T>、ジェイリース はストップ高比例配分。一方、下落率上位は博展 、ア ミタホールディングス 、アトラエ などだった。 <14:01> 日経平均は横ばい圏で一進一退、投機筋の売り仕掛けに警戒も...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、日柄調整が継続か

<15:35> 日経平均・日足は「小陰線」、日柄調整は継続か 日経平均・日足は「小陰線」。5日移動平均線(2万3743円46銭=15日終値 )を上抜ければ2万4000円が節目として意識されるが、足元では為替円高が上値を抑 制している。一方、下方向ではサポートと見込まれる25日移動平均線(2万3038円 29銭=同)までやや距離がある。このため「25日線が追いついてくるまで、日柄調整 が続きそう」(国内証券)との見方が聞かれた。 <15:22> 新興株は堅調、個人の物色意欲は引き続き旺盛 新興株式市場は堅調だった。日経ジャスダック平均は8...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は堅調、個人の物色意欲は引き続き旺盛

<15:22> 新興株は堅調、個人の物色意欲は引き続き旺盛 新興株式市場は堅調だった。日経ジャスダック平均は8日続伸。東証マザーズ指数は 続伸した。ジャスダックは新高値を連日で更新した。市場では「値動きのいい中小型株に 対する個人投資家の物色意欲は引き続き旺盛」(国内証券)との指摘が聞かれた。個別で は、岡藤ホールディングス や燦キャピタルマネージメント 、フィル・カ ンパニー などが上昇率上位となった一方、No.1 やアミタホールディ ングス 、ユナイテッド などが下落率上位となった。 <14:13> 日経平均は伸び悩み、円高リスクへの...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up