for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

森永製菓株式会社

2201.T

現在値

3,835.00JPY

変化

5.00(+0.13%)

出来高

136,900

本日のレンジ

3,810.00

 - 

3,880.00

52週レンジ

3,500.00

 - 

4,450.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,830.00
始値
3,830.00
出来高
136,900
3か月平均出来高
3.35
高値
3,880.00
安値
3,810.00
52週高値
4,450.00
52週安値
3,500.00
発行済株式数
48.92
時価総額
207,817.80
予想PER
15.77
配当利回り
2.35

次のエベント

Dividend For 2201.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Morinaga & Co - Bought Back 253,700 Own Shares In August

Morinaga & Co Ltd: Bought Back 167,300 Own Shares For 725 Million Yen In July

Morinaga & Co Buys Back 1.7 Million Shares For About 8.4 Billion Yen Before Market Open Wednesday

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

森永製菓株式会社とは

森永製菓グループは、主に食料品製造、食料卸売、不動産及びサービスほかを営んでいる。【事業内容】同社は、主に3つの部門を展開する。食料品製造セグメントは、菓子、食品、冷菓、ゼリー飲料等の製造を行う。食料卸売セグメントは、業務用食品の卸売を行う。不動産及びサービスセグメントは、不動産賃貸業、ゴルフ場経営を行う。その他は、金融などの事業を行う。

業種

Food Processing

連絡先

2F, Morinaga Plaza Bldg., 5-33-1, Shiba

MINATO-KU, TKY

108-8403

Japan

+81.3.34560115

https://www.morinaga.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Eijiro Ohta

President, Representative Director

Machiko Miyai

Managing Executive Officer, Chief Director of Marketing, Director

Hideki Matsunaga

Senior Executive Officer, Chief Director of Sales, Director of Confectionery Food Main Sales Unit

Keita Tsukui

Senior Executive Officer, Chief Director of Marketing

Shinichi Uchiyama

Senior Executive Officer, President of Subsidiary, Director

統計

2.67 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.2K

2021

0.2K

2022

0.2K

2023(E)

0.2K
EPS (JPY)

2020

215.180

2021

266.520

2022

552.590

2023(E)

218.131
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.13
株価純資産倍率(四半期)
1.50
株価キャッシュフロー倍率
5.66
総負債/総資本(四半期)
8.01
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
18.14
自己資本利益率(過去12カ月)
12.98

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、再び5日線を下回る

   <15:51> 日経平均・日足は「小陰線」、再び5日線を下回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」となった。相場の弱もち合いを示 している。終値は2万6107円65銭。昨日は5日移動平均線を上回って引けたものの 、きょうは再び終値が5日線(2万6202円72銭=6日)を下回り、弱気相場の継続 を示唆している。 25日移動平均線(2万6809円89銭=同)は緩やかに下降しており、目先も不 安定な展開が続く可能性を示している。 <15:27> 新興株市場はマザーズが3日続伸、中小型株に資金流入との声 新興株式市場は、マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが3日続伸、中小型株に資金流入との声

   <15:27> 新興株市場はマザーズが3日続伸、中小型株に資金流入との声 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.95%高の679.72ポイントと 3日続伸した。世界景気の減速観測でグローバル展開する大型株が売られる中、「資金が 内需の中小型株に流入しているようだ」(国内証券)という。グロース指数は、同1.9 5%高の864.43ポイントで取引を終えた。 個別では、ウェッジホールディングス、ニューラルポケット、スパ イダープラスがそれぞれストップ高。一方、デコルテ・ホールディングス<7372. T>、AViC、ANYCOLOR...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、中国のコロナ再拡大で商社株など安い

   <14:11> 日経平均は軟調、中国のコロナ再拡大で商社株など安い 日経平均は、前営業日比約290円安の2万6100円台前半と軟調に推移している 。後場に入ってからは大きな値動きはみられず、一進一退となっている。今晩、米連邦公 開市場委員会(FOMC)議事要旨や6月米ISM非製造業景気指数が公表されるのを前 に、様子見ムードも広がっている。 米国の景気減速懸念が引き続き相場の重しになっているほか、市場では「中国内で新 型コロナの感染が再び広がっており、上海市で再びロックダウン(都市封鎖)が行われる のではないかとの警戒感も投資家心理...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、米欧の経済指標に関心

   <13:12> 日経平均は下げ渋り、米欧の経済指標に関心 後場入り後の日経平均は下げ渋っている。市場では「昼休み時間の日経平均先物が午 前の安値を下回らずに推移し、いったん買い戻された」(国内証券)との声が聞かれる。 時間外取引の米株先物も下げを深めていないことも、下支えになっているようだ。 世界景気後退への警戒感がある中、主要国での重要指標などの発表を控え「基本的に 模様眺め」(別の国内証券)という。各指標が市場予想を大きく下振れれるようなら株売 りが強まりかねないとの警戒感が聞かれる。 きょうは米連邦公開市場委員会(FOMC)...

午前の日経平均は反落、世界景気懸念が重し 戻り歩調が巻き戻し

6日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比333円61銭安の2万6089円86銭と、反落した。日本を除く主要国の中銀による金融引き締めと、世界景気後退への警戒感が引き続き相場の重しになった。需給悪化への警戒感もあり、前日までの戻り歩調が巻き戻された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、FOMC議事要旨などへの警戒感も

   <11:10> 日経平均は下げ幅拡大、FOMC議事要旨などへの警戒感も 日経平均は下げ幅を拡大した。一時372円28銭安の2万6051円19銭に下落 した。足元では下げ渋っている。 市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨やISM非製造業景気指数な どの発表を控えて手掛けにくい」(国内証券)との声が聞かれる。一方、心理的節目の2 万6000円付近では押し目買いが支えになるとみられている。 新型コロナの感染再拡大が警戒される中国株は軟調。時間外取引の米株先物は横ばい 圏での推移となっている。 東証33業種では、値上がりは精密機器...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は戻り歩調、ディフェンシブ銘柄が下支え

<10:00> 日経平均は戻り歩調、ディフェンシブ銘柄が下支え 日経平均は戻り歩調となっている。朝方は2万6100円台前半まで下落したが、現 時点では2万6200円台半ばで推移。景気敏感株が売られる一方、医薬品、食料品など のディフェンシブ銘柄が買われ、これが下支え要因になっているという。 景気敏感株に関しては「米長期金利の下落で景気減速懸念が一段と強くなっているこ とが軟化する背景にある」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との指摘がある。 一方、時間外取引で米株先物がプラス圏に浮上しており、日経平均の戻りを後押しす る可能性があるとの...

寄り付きの日経平均は反落、需給悪化の思惑から買い手控えムードに

   寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比233円07銭安の2万6190円40銭と、反落してスタート。相場の方向感が定まらない中、8日にETF分配金の捻出売りが出るといった需給悪化の思惑から、買い手控えムードが強くなっているという。市場では、この換金売りの規模は約8000億円に達するとの試算もある。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、上組は買い優勢 KHネオケムは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、上組は買い優勢 KHネオケムは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 上組 19% 3,135 3,135 3,135 2,635 2 東亜建設工業 19% 2,979 2,979 2,979 2,505 3 リズム 18% 1,899 1,899 1,899 1,613 4 ラクト・ジャパン 17% 2,435 2,435 2,435 2,078 5 日本パーカライジング...

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ジェイテック 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.31%にあたる5 0万株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1日から8月 31日。 ・ブティックス 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.0%にあたる20 万株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1日から12月 31日。 ・四国化成工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.6%にあたる90 万株、取得総額13億0860万円を上限とする自社株買...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up