for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Saudi Arabian Oil Co

2222.SE

現在値

32.25SAR

変化

-0.35(-1.07%)

出来高

934,838

本日のレンジ

32.10

 - 

32.55

52週レンジ

30.00

 - 

43.35

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
32.60
始値
32.55
出来高
934,838
3か月平均出来高
107.05
高値
32.55
安値
32.10
52週高値
43.35
52週安値
30.00
発行済株式数
220,000.00
時価総額
7,172,000.00
予想PER
11.40
配当利回り
3.92

次のエベント

Q4 2022 Saudi Arabian Oil Co Earnings Release

適時開示

その他

Saudi Aramco Signs Over 100 Agreements, MoUs Worth $7.2 Billion

Technip Energies Awarded Contract To Upgrade Aramco's Sulfur Recovery Facilities At Riyadh Refinery

Arabian Drilling Announces Contract Signing For Offshore Jack Up Unit With Aramco

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Saudi Arabian Oil Coとは

Saudi Arabian Oil Company, also known as Saudi Aramco, is a Saudi Arabia-based integrated oil and gas company. The Company’s primary operating segments are the Upstream segment and the Downstream segment. The Upstream segment’s activities consist of exploring for, developing and producing crude oil, condensate, natural gas and natural gas liquids (NGLs). The Downstream segment’s activities consist primarily of refining and petrochemical manufacturing, supply and trading, distribution and power generation. The Downstream segment’s other business activities include base oils, lubricants and retail operations. The Company’s chemicals business spans from production of basic chemicals, such as aromatics, olefins and polyolefins to complex products, such as polyols, isocyanates and synthetic rubber. The Company is represented in three global energy markets of Asia, Europe and North America.

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

Corporate Communications Department

Saudi Aramco,North Admin Building,

P.O. Box 5000

31311

Saudi Arabia

+966.1.38720115

https://www.aramco.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasir O. Bin Othman Al-rumayyan

Non-Executive Chairman of the Board

Amin H. Nasser

President, Chief Executive Officer, Executive Director

Ibrahim A. Al-Assaf

Non-Executive Deputy Chairman of the Board

Ziad T. Al Murshed

Acting Service Line Head, Finance, Strategy & Development, Acting Chief Financial Officer

Nabeel A. Al Mansour

Senior Vice President, General Counsel and Corporate Secretary

統計

2.81 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

329.7K

2020

229.9K

2021

400.5K

2022(E)

625.0K
EPS (USD)

2019

0.400

2020

0.227

2021

0.482

2022(E)

0.761
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.18
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.22
株価純資産倍率(四半期)
5.16
株価キャッシュフロー倍率
10.29
総負債/総資本(四半期)
28.10
長期負債/資本(四半期)
23.03
投資利益率(過去12カ月)
34.85
自己資本利益率(過去12カ月)
26.71

最新ニュース

最新ニュース

EXCLUSIVE-日産・ルノー、2月6日に提携関係見直しの発表目指す=関係筋

日産自動車と仏自動車大手ルノーが、提携関係の見直しを2月6日にロンドンで正式に発表することを目指していることが26日、分かった。関係者2人がロイターに明らかにした。

EXCLUSIVE-日産・ルノー、2月6日に提携関係見直しの発表目指す=関係筋

日産自動車と仏自動車大手ルノーが、提携関係の見直しを2月6日にロンドンで正式に発表することを目指していることが26日、分かった。関係者2人がロイターに明らかにした。

ルノーと吉利の新会社、アラムコが出資交渉=関係筋

複数の関係筋によると、仏ルノーと中国・浙江吉利控股集団(吉利集団)が設立で合意したガソリンエンジンとハイブリッド技術を開発・供給する新会社に、サウジアラビアの国営石油会社アラムコが出資する方向で最終調整が進められている。

ダボス会議で石油大手に抗議、気候議論乗っ取りと活動家

[ダボス(スイス) 15日 ロイター] - 世界経済フォーラム(WEF)が開催されるスイスのダボスで15日、気候に関する議論を乗っ取っているとして活動家が大手石油会社に対する抗議活動を展開した。

原油先物は下落、中国のコロナ感染拡大で需要減退懸念

アジア時間29日の原油先物は下落。中国の新型コロナウイルス感染急拡大を受け、同国の燃料需要の回復期待が後退している。

原油先物堅調、中国需要拡大期待で

[28日 ロイター] - 28日の原油先物価格は上昇している。中国が新型コロナウイルス規制の緩和を継続する中、市場は燃料需要が回復すると楽観視している。

アラムコとシノペック、中国福建省に製油・石化複合施設建設へ

[シンガポール 19日 ロイター] - サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコと中国石油大手の中国石油化工(シノペック)は、中国南東部・福建省に新しい石油精製・石油化学コンプレックスを建設し、2025年末までに操業を開始する計画だ。

アラムコとトタルエナジーズ、サウジに石油化学コンビナート建設へ

フランス石油大手トタルエナジーズは15日、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコ(アラムコ)と共同で、サウジに新たな石油化学コンビナートを建設すると発表した。

中国とサウジ、世界石油市場安定の重要性を確認=共同声明

中国とサウジアラビアは9日、世界石油市場の安定と、それに関するサウジの役割の重要性を再確認したとする共同声明を発表した。

サウジ、1月のアジア向け原油販売価格引き下げ

[5日 ロイター] - サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは5日、代表油種アラブ・ライトの来年1月のアジア向け公式販売価格(OSP)を1バレル当たり2.20ドル引き下げると発表した。

サウジ皇太子が韓国大統領と会談、エネ・防衛の関係強化で一致

韓国の尹錫悦大統領は17日、同国を訪問したサウジアラビアのムハンマド皇太子と会談し、エネルギー、防衛産業、建設プロジェクトで関係を強化することで合意した。サウジは韓国企業と300億ドル相当の投資協定を締結した。

サウジアラムコ、韓国の石化施設に70億ドル投資 過去最大

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは17日、子会社である韓国の石油精製会社Sオイルの蔚山工場に70億ドルを投資する計画を発表した。

サウジアラムコ第3四半期、純利益が前年比39%増 原油価格上昇で

[ドバイ 1日 ロイター] - サウジアラビア国営石油会社アラムコの第3・四半期決算は、純利益が前年同期比39%増の424億ドルとなった。原油価格の上昇と販売量の増加が寄与した。規制当局への提出書類で明らかになった。

サウジアラムコ、エネルギー移行支援で15億ドルのファンド設立

サウジアラビア国営石油サウジアラムコは26日、世界的なエネルギー移行の支援を目的とする15億ドル規模の投資ファンド「アラムコ・サステナビリティ-・ファンド」を設立したと発表した。開催中の国際投資会議「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ(FII)」でアラムコのアミン・ナセル最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

サウジ、石油備蓄利用した「市場操作」批判 米の放出念頭か

[リヤド 25日 ロイター] - サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は25日、石油の緊急備蓄について、供給不足の緩和を目的とすべきであるにもかかわらず、一部の国は市場操作に利用していると批判した。

米テスラ、第3四半期売上高は予想下回る 今年の納車目標未達も

[19日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラが19日発表した第3・四半期決算は売上高が過去最高を記録したものの、市場予想を下回った。納車台数も予想に届かず、新たな工場や電池生産への支出が利益率を圧迫した。

コラム:説得力欠くOPECプラス、大幅減産で高まるリスク

[ローンセストン(オーストラリア) 6日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が日量200万バレルの減産を決定したことは、決定そのものよりもそれに対する反応が示唆に富んでいる。

市場は増産容易でないことを直視せず=石油大手

サウジアラビアの国営石油サウジアラムコのアミン・ナセル最高経営責任者(CEO)は4日、「石油市場が石油供給のファンダメンタルズをきちんと注目していない」と述べ、世界的な石油増産余力が極めて低い現実に向き合っていないと批判した。ロンドンのエネルギー業界イベントで語った。

原油先物は続落、FRB大幅利上げによる需要減を懸念

[東京 21日 ロイター] - アジア時間の原油先物は続落している。米連邦準備理事会(FRB)による大幅利上げ継続が景気後退(リセッション)を招き、燃料需要を減退させるとの懸念が背景にある。

OPECプラス8月産油量、目標に日量358万バレル未達 過去最大

[ロンドン 20日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が発表したデータによると、OPECプラスの8月の産油量が日量で目標に対し358万バレル未達だった。7月の未達分(289万バレル)を24%上回り、過去最大となった。リセッション(景気後退)懸念が石油価格を押し下げているにもかかわらず、石油供給がタイトな状況が浮き彫りとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up