for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社CAICA

2315.T

現在値

25.00JPY

変化

0.00(0.00%)

出来高

11,554,200

本日のレンジ

24.00

 - 

26.00

52週レンジ

9.56

 - 

46.32

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
25.00
始値
25.00
出来高
11,554,200
3か月平均出来高
551.67
高値
26.00
安値
24.00
52週高値
46.32
52週安値
9.56
発行済株式数
720.88
時価総額
18,033.28
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 CAICA Inc Earnings Release

適時開示

その他

NCXX Group sells 2 mln shares in CAICA

CAICA says business and capital alliance with FISCO Digital Asset Group

CAICA announces business and capital alliance with registART

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社CAICAとは

カイカ(旧名:SJI)グループは、同社、連結子会社3社、持分法非適用関連会社1社から構成され、主にシステム開発事業、ソフトウェア製品事業からなる情報サービス事業を展開する。【事業内容】情報サービスは、システム開発、システムに関するコンサルティング、システムのメンテナンス・サポートを行う事業を含む。情報サービスにおいて、同社グループの開発するシステムには、製造業者・流通業者向けにインターネットを利用した購買調達システム、金融業向けにインターネットバンキング等の金融戦略支援システム、通業向けにインターネットを利用した購買調達システムやネットワーク監視システム、医療向けに大規模病院の院内システム、公共事業向けにマイナンバー及び社会保障に関するシステムなどがある。

業種

Computer Services

連絡先

8F, Cross Air Tower, 1-5-1, Ohashi

MEGURO-KU, TKY

153-0044

Japan

+81.3.56573000

https://www.caica.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Ryuji Yagi

Chairman of the Board

Shin Suzuki

President, Representative Director

Hirofumi Kotoi

Vice President, Chief Senior Director of Overseas Business, Chairman of Subsidiary, Director

Kenji Yamaguchi

Vice President, Representative Director

Mikako Takase

Managing Executive Officer, Chief Senior Director of Sales

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.64
株価純資産倍率(四半期)
2.58
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
57.01
長期負債/資本(四半期)
44.69
投資利益率(過去12カ月)
-23.79
自己資本利益率(過去12カ月)
-17.96

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、調整局面の様相強める

<16:40> 日経平均・日足は「短陽線」、調整局面の様相強める   日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「短陽線」、気迷いを示す「コマ」の形状となった。終値は5日移 動平均線(2万2266円62銭=5日)を大きく上抜けているものの、25日移動平均線(2万2507 円64銭=同)には抑えられる格好となっている。決算発表の本格化に伴い、当面は5日移動平均線と25 日移動平均線の間で膠着する調整局面が長引くとみられる。 <15:50> ジャスダック、マザーズともに3日続伸 巣ごもり関連に買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック、マザーズともに3日続伸 巣ごもり関連に買い

<15:50> ジャスダック、マザーズともに3日続伸 巣ごもり関連 に買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸となった。決算を材料視し た個別の売買が継続したほか、国内での新型コロナウイルス感染者数の増加に伴い、巣ごもりや在宅勤務に 関連する銘柄への買いも目立った。 ジャスダック指数は0.38%高。CAICA 、出前館 、ワークマン は上昇 。プロルート丸光 、アクモス 、テラ は下落した。 マザーズ指数は2.15%高で取引を終了。ベガコーポレーション 、マネーフォワード <3994 .T>、アンジェス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、5日線をすかさず回復し強さを示す

日経平均・日足は、寄り引けがほぼ「坊主」となる「大陽線」。前日に引いた「大陰線」に対して「たすき線」の形状となったが、25日移動平均線(2万1615円81銭=16日現在)近辺で反発したほか、5日移動平均線(2万2403円30銭=同)をすかさず回復するなど、強さを示す動きとなっており、前日の突っ込みが短期的な調整のダメ押しになったとの印象を与えている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は4日ぶりに反発、個人中心に積極的にリスク取り

新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日ぶりに反発した。市場では「地合いが全体的に好転し、個人を中心に投資家がリスクを積極的に取るようになっている」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、25日線がサポート 過熱感解消との見方も

<16:55> 日経平均・日足は「大陰線」、25日線がサポート  過熱感解消との見方も 日経平均・日足は「大陰線」。下ヒゲがほとんどない「大引け坊主」の形状となっており、終値は20 0日移動平均線(2万1755円07銭=15日)を下回った。ただ、25日移動平均線(2万1527円 18銭=同日)は支持線として機能したほか、騰落レシオ(東証1部、25日平均)も103.92%と低 下傾向にある。直近では強い過熱感を示唆していたこともあり、過熱感の解消との見方も出ている。 <16:20> 新興株市場は3日続落、時価総額上位銘柄を中心に利益確定売...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日続落、時価総額上位銘柄を中心に利益確定売り

   <16:20> 新興株市場は3日続落、時価総額上位銘柄を中心に利益確定売り 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続落となった。前場はしっかり とした動きとなっていたものの、後場に日経平均が急速に下げ幅を拡大したことを受け、新興株市場でも時 価総額上位の銘柄を中心に利益確定売りが強まった。市場では「日経平均の大幅下落を受け連れ安となった ものの、一部では決算などを材料視した物色がある。引き続き材料があるところは買いが入っている」(ネ ット系証券)との声が出ていた。 日経ジャスダック平均は前営業日比1.16...

ホットストック:仮想通貨関連が堅調、米ゴールドマンがビットコイン取引検討と報道

インフォテリアやフィスコなど、仮想通貨関連株の一角が堅調。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が関係筋の話として、米金融大手ゴールドマン・サックスが「ビットコイン」を含む仮想通貨に特化した新たなトレーディング・オペレーションを検討していると報じた。仮想通貨の普及に伴う業績拡大を期待した買いが入っている。カイカ、GMOペイメントゲートウェイ、マネーパートナーズグループなどもしっかり。

ビットコイン関連株の一角に売り、中国が全取引所閉鎖を計画と報道

フィスコ<3807.T>、カイカ<2315.T>が軟調。リミックスポイント<3825.T>が売り気配。セレス<3696.T>、マネーパートナーズグループ<8732.T>が下落するなど、ビットコイン関連株が売られている。中国メディアの第一財経は14日、上海の金融当局者の話として、中国が9月末までに同国における全てのビットコイン取引所の閉鎖を計画していると報じた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up