for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Taiwan Semiconductor Mfg. Co. Ltd.

2330.TW

現在値

313.00TWD

変化

1.00(+0.32%)

出来高

18,402,703

本日のレンジ

311.00

 - 

316.00

52週レンジ

206.50

 - 

316.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
312.00
始値
315.00
出来高
18,402,703
3か月平均出来高
672.04
高値
316.00
安値
311.00
52週高値
316.00
52週安値
206.50
発行済株式数
25,930.38
時価総額
8,116,209.00
予想PER
23.75
配当利回り
2.72

次のエベント

November 2019 Taiwan Semiconductor Manufacturing Co Ltd Corporate Sales Release

適時開示

その他

TSMC Sets Capex At About $6.62 Bln

TSMC Sees Q4 Revenue $10.2-10.3 Bln, Raises 2019 Capex To $14-15 Bln

TSMC Posts Q3 Guidance

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Taiwan Semiconductor Mfg. Co. Ltd.とは

タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリング(台湾積体電路製造股分有限公司)は主に集積回路と半導体製品の製造・販売に従事する会社である。【事業内容】同社は主に、集積回路とその他の半導体デバイスの設計と製造、マスクの製造、並びにパッケージング技術サービスを行う。同社の製品には、パーソナルコンピュータ(PCs)と周辺機器製品、情報アプリケーション、有線と無線通信システム、自動車と産業機器、及びデジタルビデオディスクプレーヤー、デジタルテレビ (TVs)、ゲーム機、デジタルカメラなどの家電製品が含まれる。同社はまた、再生可能エネルギーの研究・開発・設計・製造・販売、並びに省エネ技術と製品にも従事する。同社は製品を米国、アジア及びヨーロッパに販売する。

業種

Semiconductors

連絡先

No.8

Li-Hsin Road 6, Hsinchu Science Park

+886.3.5636688

http://www.tsmc.com

エグゼクティブリーダーシップ

Mark Liu

Chairman of the Board

C.C. Wei

President, Vice Chairman of the Board

Renzhao Huang

Chief Financial Officer

Sylvia Fang

General Counsel, Deputy General Manager-Legal, Secretary of the Board

Min Cao

Deputy General Manager-Research & Development/Technology Development/Pathfinding

統計

2.00 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, TWD)

2016

947.9K

2017

977.4K

2018

1,031.5K

2019(E)

1,068.0K
EPS (TWD)

2016

12.890

2017

13.230

2018

13.540

2019(E)

13.182
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.79
株価純資産倍率(四半期)
5.11
株価キャッシュフロー倍率
12.99
総負債/総資本(四半期)
9.93
長期負債/資本(四半期)
2.53
投資利益率(過去12カ月)
20.04
自己資本利益率(過去12カ月)
16.05

最新ニュース

最新ニュース

米アップル、来年5Gスマホ発売か クアルコム見通し巡り観測浮上

米通信用半導体大手クアルコム<QCOM.O>が示した次世代通信規格「5G」対応スマートフォンの販売台数見通しを巡り、米アップル<AAPL.O>が来年に同規格対応モデルを発売する可能性があるとの見方が出ている。

ポスト5G通信技術で国家プロジェクト、首相が検討指示=未来投資会議

政府は29日、「未来投資会議」でポスト5Gと呼ばれる次々世代通信技術で日本企業の競争力を確保する方策を議論した。次世代の5G(第5世代通信技術)では中国勢が世界の先端を走っており、巻き返しのため政府として国家プロジェクトを立ち上げる方針を示した。地銀・バス会社の再編や高齢者向け自動車運転技術の開発などと共に、来夏に取りまとめる成長戦略に盛り込む方針だ。

首相、ポスト5G技術で国家プロジェクト検討指示=未来投資会議

安倍晋三首相は29日夕、官邸で開かれた未来投資会議で、次次世代の通信技術であるポスト5G技術で、国家プロジェクトの検討を梶山弘志経済産業相らに指示した。

台湾TSMC、米GFと特許訴訟取り下げで合意 相互に使用許可

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)と同業米グローバル・ファウンドリーズ(GF)は28日、特許に関して相互に提起していた訴訟を取り下げることで合意した。

インテルの第3四半期決算は予想上回る、データセンター好調

米半導体大手インテル<INTC.O>が24日発表した第3・四半期決算は、データセンター部門の売り上げが伸び、売上高と利益とも市場予想を上回った。通期の売上高見通しも引き上げた。

TSMC、第3四半期は予想上回る13.5%増益

台湾の半導体受託製造大手、台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW><TSM.N>が発表した第3・四半期決算は13.5%の増益となった。

米GFが特許侵害でTSMC提訴、米独への輸入差し止め請求

半導体受託生産の米グローバル・ファウンドリーズ(GF)は26日、特許を侵害されたとして、同業の台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW>を米国とドイツで提訴した。

焦点:韓国半導体業界、輸出規制への対策手詰まりで前途多難

韓国の半導体メーカーは、日本が輸出管理を強化した品目について代わりの調達先を探す動きが行き詰まりつつあり、向こう数カ月で事業に多大な混乱が生じる可能性が高まっている。

アジア株式市場サマリー:中盤(19日)

時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 12:31 2930.58 +29.401 +1.01 2909.6794 2939.5973 2909.6794 前営業日終値 2901.1766 中国 CSI300指 12:31 3815.95 +47.546 +1.26 3787.508 3828.151 3787.508 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 3768.402 香港 ハンセン指数 12:32 28783.04 +321.38 +1.13 28585.15 28809.59 28551.20...

訂正:台湾TSMC、5Gが業績けん引と予想 日韓対立はリスク要因

ファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW> <TSM.N>は18日、今年後半は第5世代移動通信システム(5G)の需要拡大が業績を支援するとの見通しを示した。一方、半導体材料輸出を巡る日韓の対立は最大の不透明要因と指摘した。

焦点:中国が豪語する半導体国産化、業界内部から不安視する声

に米企業との取引を事実上禁止して以来、中国の指導部は果敢にも半導体技術を自前で賄うと主張している。

ファーウェイ、主要サプライヤーへの発注削減との報道を否定

は6日、米政府の制裁を受けて、主要サプライヤーへのスマートフォンや通信機器向け部品の発注を削減・キャンセルしているとの報道を否定した。

TSMC、ファーウェイ制裁で短期的な影響を予想

台湾の半導体受託製造大手、台湾積体電路製造(TSMC)のマーク・リュー会長は5日、米政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への事実上の輸出規制を導入したことについて、短期的な影響はあるとの見通しを示した。

ファーウェイへの出荷、米政府の決定の影響ない=台湾TSMC

への事実上の輸出規制を決めたことについて、ファーウェイへの出荷に影響は出ていないとの認識を示した。

アップル、クリーンエネルギー利用の供給元増加 フォックスコンなど

米アップル<AAPL.O>は11日、生産作業にクリーンエネルギーのみを利用するサプライヤーの数が44社となったと明らかにした。これまでに発表していた23社からほぼ倍増した。

コラム:中国が米半導体の輸入増へ、国内産業育成の難航浮き彫り

お金では買えないものもある。報道によると、中国は米国からの半導体輸入を増やすと提案した。これは国内で最先端の半導体を製造する構想が試練にさらされていることの証左だ。

ホットストック:東京エレク、ディスコが逆行高 株価「やや違和感ある動き」との声も

東京エレクトロンとディスコが逆行高。SCREENホールディングスがプラスに転じた。ファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が発表した第3・四半期決算は、純利益が0.9%減少。決算発表翌日の同社株は売りが先行している。同社の半導体は中国製の電子機器に広く利用されており、米中貿易戦争の影響が懸念されている。

焦点:半導体株反発でも疑心暗鬼、「米中冷戦」長期化に身構える投資家

急落後の日本株市場は12日、いったん落ち着きを取り戻した。今週に入って大きく売られた半導体関連も急伸したが、自律反発的な買い戻しとの見方もあり、通商・貿易面での米中の対立が長期化することに伴う事業への悪影響に対する懸念は消えていない。米中首脳会談が実現し両国の緊張関係がどこまで和らぐのか、市場参加者は計りあぐねている。

新型iPhone、ディスプレー関連部品減らしコスト削減=調査

米アップル<AAPL.O>の新型「iPhone(アイフォーン)」の分解調査を行ったテックインサイツによると、アップルはディスプレーに関連した部品を減らすことでコストを抑えていたことが分かった。

焦点:中国の半導体企業、高待遇を武器に台湾の人材引き抜き

大幅な給与アップと年8回の帰省費用、そして手厚い家賃補助付きマンション──。台湾のエンジニアにとって、これらは夢のようなオファーであり、とうてい抗うことはできない。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up