for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリング

2330.TW

現在値

530.00TWD

変化

8.00(+1.53%)

出来高

26,111,163

本日のレンジ

523.00

 - 

532.00

52週レンジ

505.00

 - 

688.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
522.00
始値
524.00
出来高
26,111,163
3か月平均出来高
814.11
高値
532.00
安値
523.00
52週高値
688.00
52週安値
505.00
発行済株式数
25,930.38
時価総額
13,536,380.00
予想PER
15.93
配当利回り
2.11

次のエベント

Taiwan Semiconductor Manufacturing Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

TSMC Looks To Build Multibillion-Dollar Chip Plant In Singapore - WSJ

Do-Fluoride New Materials Becomes Supplier Of TSMC's Nanjing Branch

Tsmc Says Tool N2 Development Is On Track

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリングとは

タイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリング(台湾積体電路製造股分有限公司)は主に集積回路と半導体製品の製造・販売を行う会社である。【事業内容】主に、集積回路およびその他の半導体デバイスの製造・販売・パッケージングテスト、マスクの製造、およびコンピュータ支援設計サービスの提供を行う。製品は、パーソナルコンピュータ(PC)および周辺製品、情報アプリケーション、有線および無線通信システム、産業機器、デジタルビデオディスクプレーヤーなどの家電製品、デジタルテレビ (TVs)、ゲーム機、デジタルカメラに適用される。また、5ナノメートルプロセス技術、マスク技術、相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサー技術、三次元集積回路(3D IC)およびシステムオン集積チップ(TSMC-SoIC)技術などの開発にも行う。米国、アジア、ヨーロッパに製品を販売する。

業種

Semiconductors

連絡先

No.8

Li-Hsin 6th Road, Hsinchu Science Park

300

Taiwan

+886.3.5636688

http://www.tsmc.com

エグゼクティブリーダーシップ

Mark Liu

Chairman of the Board

C.C. Wei

President, Vice Chairman of the Board

Wendell Huang

Chief Financial Officer, Deputy General Manager-Finance

Horng-Dar Lin

Chief Information Officer, Deputy General Manager-Information Technology & Materials Management & Risk Management / Corporate Information Technology

Sylvia Fang

General Counsel, Deputy General Manager-Legal Affairs

統計

1.81 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, TWD)

2019

1,070.0K

2020

1,339.3K

2021

1,587.4K

2022(E)

2,080.0K
EPS (TWD)

2019

13.320

2020

19.970

2021

23.010

2022(E)

32.772
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.52
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.89
株価純資産倍率(四半期)
5.85
株価キャッシュフロー倍率
12.39
総負債/総資本(四半期)
35.31
長期負債/資本(四半期)
28.25
投資利益率(過去12カ月)
24.37
自己資本利益率(過去12カ月)
19.10

最新ニュース

最新ニュース

サムスン電子、半導体の受託生産費用引き上げへ 年内に最大2割

韓国の半導体大手サムスン電子が、半導体の受託生産費用を年内に最大20%引き上げることについて、顧客と協議していると、米ブルームバーグが13日報じた。

BRIEF-台湾TSMC、4月売上高は1725.6億台湾ドル

* 台湾TSMC、4月売上高は1725.6億台湾ドル (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

日米、半導体製造能力強化などで合意 経産相「有志国連携をけん引」

訪米中の萩生田光一経産相とレモンド商務長官は5日(米国時間4日)に会談し、半導体のサプライチェーン(供給網)において、半導体製造能力の強化・多様化、半導体不足に対する緊急時対応の協調、研究開発協力の強化などを進めることで合意した。萩生田経産相は会見で「多角的・重層的な協力を進めていくとともに、他の有志国を含めた連携を日米でけん引していく」と述べた。

クアルコム、今期売上高見通しが予想上回る 1─3月も好調

米半導体大手クアルコムが27日示した第3・四半期(4─6月)の売上高見通しは市場予想を上回った。合わせて発表した第2・四半期(3月27日まで)決算も、売上高と利益がそろって予想を超えた。見込まれるスマートフォン需要低迷の影響を補うため、自動車向け製品など携帯電話以外の成長分野に注力したことが奏功した。

クアルコム、今期売上高見通し予想上回る 1─3月も好調 株価5%高

米半導体大手クアルコムが27日示した第3・四半期(4─6月)の売上高見通しは市場予想を上回った。合わせて発表した第2・四半期(3月27日まで)決算も、売上高と利益がそろって予想を超えた。自動車向け製品などの携帯電話以外の事業への注力が奏功し、スマートフォンの需要低迷による影響が緩和された。

サムスン電子、再生エネ企業連合に加盟へ 5月にも発表=関係筋

関係筋によると、韓国のサムスン電子は、早ければ来月にも、電力を全て再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的な企業連合「RE100」に加盟する計画。米アップルなど提携先が気候変動対策で行動を求めていることが背景。

台湾、子ども向けコロナワクチン購入協議が停滞 販売権巡り

台湾の陳時中・衛生福利部長(厚生相)は18日、米ファイザー/独ビオンテックの子ども向け新型コロナウイルスワクチン購入に向けた協議が停滞していることを明らかにした。

経産省、最先端半導体の確保で議論開始 米欧との連携も視野

経済産業省は14日午後、「半導体・デジタル産業戦略検討会」の初会合を開催し、次世代半導体の開発・生産技術の獲得に向けて有識者による議論を始めた。

台湾TSMC、第1四半期は45%増益 第2四半期は最大37%増収へ

半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が14日発表した第1・四半期決算は、純利益が2027億台湾ドルと、45%の増益となった。

BRIEF-TSMC、第2四半期売上高予想は176億─182億ドル

* TSMC、第2四半期売上高予想は176億─182億ドル * TSMC、第2四半期粗利益率予想は56─58%(第1四半期55.6%) * TSMC、第2四半期営業利益率予想は45─47%(第1四半期45.6%) * TSMC、半導体需要は長期にわたって続くと予想 * TSMC、今年の生産能力は引き続きタイトに * TSMC、今年も力強い年になると予想 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

台湾TSMC、第1四半期は45%増益 予想上回る

半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が14日発表した第1・四半期決算は、純利益が2027億台湾ドルと、45%の増益となった。

今日の株式見通し=強含み、米金利上昇が一服 買い戻し先行

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みの展開が想定されている。米長期金利の上昇が一服しており、グロース(成長)株を中心に自律反発の継続を期待した買い戻しが先行するとみられる。もっとも、心理的節目2万7000円付近では戻り待ちの売りが重しになるとも見込まれている。

台湾首相、半導体技術保護法案の早期可決訴え

台湾の蘇貞昌行政院長(首相)は、重要な半導体技術を中国の経済スパイ活動から保護するための法改正案を速やかに可決するよう立法院(国会)に呼び掛けた。

台湾輸出、3月は前年比+21.3% 過去最高更新

台湾財政部が8日発表した3月の貿易統計によると、輸出は前年比21.3%増の435億ドルと、21カ月連続で増加し、過去最高を更新した。

台湾、中国企業約100社を調査 半導体技術者の違法引き抜き疑い

台湾当局は、半導体分野などハイテク業界の技術者の違法なヘッドハンティング(引き抜き)の疑いで中国企業約100社に対する調査を開始した。

ロシアの戦車生産などに打撃、各国の輸出規制で=米高官

ケンドラー米商務次官補(輸出管理担当)は30日、各国による輸出制限によりロシアの戦車生産などが打撃を受けているとの見方を示した。

台湾企業、上海封鎖が出荷に影響も=経済部長

台湾経済部の王美花部長(大臣に相当)は28日、中国・上海市のロックダウン(都市封鎖)は今のところ台湾企業の生産に影響を及ぼしていいないものの、製品の出荷には影響があるかもしれないと述べた。

米エヌビディアCEO、半導体製造でインテルへの委託模索に関心

米半導体大手エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は23日、半導体製造で米インテルの受託サービス利用を模索することに関心があると述べた。

米エヌビディア、AI処理用の新GPUを発表

米半導体大手エヌビディアは22日、人工知能(AI)の演算速度を向上させる新たなGPU(画像処理半導体)「エヌビディアH100」を発表した。

台湾輸出、2月は前年比+34.8% 予想上回る

台湾財政部が8日発表した2月の貿易統計によると、輸出は前年比34.8%増の374億5000万ドルと、20カ月連続で増加した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up