for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社クエスト

2332.T

現在値

1,660.00JPY

変化

-16.00(-0.95%)

出来高

4,100

本日のレンジ

1,655.00

 - 

1,679.00

52週レンジ

1,152.00

 - 

2,290.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,676.00
始値
1,655.00
出来高
4,100
3か月平均出来高
0.32
高値
1,679.00
安値
1,655.00
52週高値
2,290.00
52週安値
1,152.00
発行済株式数
5.18
時価総額
9,219.45
予想PER
--
配当利回り
2.38

次のエベント

Q2 2022 Quest Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Quest to merge with unit Draft In

Quest raises consolidated mid-year outlook for FY 2016

Quest forms business and capital alliance with Space Solver

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社クエストとは

クエストグループは、情報サービスを主たる事業とし、情報システムに係るコンサルティングから、業務システムの開発と保守及び情報技術(IT)インフラの構築と運用管理に至る一貫したサービスを提供する。【事業内容】同社は2つの事業セグメントを通じて運営する。システム開発事業では、製造業、金融業、通信業等、幅広い業種の顧客に対する各種業務システムのコンサルティングからシステム設計、開発、保守に至る一連のシステム開発サービスを提供する。インフラサービス事業では、顧客企業の様々なシステムを支えるインフラ構築から技術サービス、システム運用、監視、ヘルプデスク、フィールドサポートに至る一連のインフラサービスを提供する。その他の事業は、受託計算、仕入商品販売業務などを行う。

業種

Software & Programming

連絡先

Daiwa Shibaura Bldg., 1-12-3, Shibaura

MINATO-KU, TKY

105-0023

Japan

+81.3.34531181

https://www.quest.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kazuro Sato

Chairman of the Board, Representative Director

Ichiro Seizawa

President, Representative Director

Kenji Sumimoto

Managing Director

Haruki Tsukada

Managing Director

Tetsuhiro Yamaguchi

Managing Director, Director of 2nd System Solution Business

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
12.76
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.80
株価純資産倍率(四半期)
1.70
株価キャッシュフロー倍率
13.08
総負債/総資本(四半期)
0.20
長期負債/資本(四半期)
0.13
投資利益率(過去12カ月)
13.20
自己資本利益率(過去12カ月)
10.52

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値はわずかに75日移動平均線に届かず

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、終値はわずかに75日移動平均線に届かず 日経平均・日足は「小陰線」。短い上ヒゲと長めの下ヒゲを引く「小陰線」。終値で75日移動平均線 (2万9072円69銭=25日現在)にあと一歩届かなかったものの、回復したばかりの25日移動平均 線(2万8888円73銭=同)の上方で推移し、強い基調にあることを示している。一目均衡表の「雲」 領域から上放れる格好となったことも、買い方に自信を与えそうだ。 ただ、2万9200円─2万9300円のゾーンは、2月の年初来高値以降、強力な節目として意識さ れていた右肩下...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はしっかり、直近IPOの動きが明暗分ける

<15:10> 新興市場はしっかり、直近IPOの動きが明暗分ける 新興株市場はしっかり。東証マザーズ指数が小幅に4日続伸、日経ジャスダック平均は反発した。市場 では「IPOラッシュとなっているが、銘柄によって動きに明暗が分かれている」(国内証券)との声が聞 かれる。 きょうマザーズに新規上場したステムセル研究所 の初値は公開価格に対して72.5%高い4 830円で初値を付けた後、ストップ安に売られる一方、日本電解 は初値こそ公開価格と同じ19 00円だったものの、その後は堅調に推移した。 前日に値が付かず上場2日目のベイシス は公開価格...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を維持

<16:28> 日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を維持 日経平均・日足は「小陽線」。かろうじて25日移動平均線(MA、2万8858円 79銭=24日)を維持し、底堅さが意識されるが、上下のヒゲはほぼ同じ長さで方向感 は出ていない。前日に頭を押さえられた心理的節目2万9000円が目先の上値めど。早 期に75日MA(2万9068円38銭=24日)を回復して上昇に弾みをつけるかが焦 点となる。 <16:10> 新興市場はまちまち、メルカリが業績予想上方修正で買われる 新興株市場は、東証マザーズ指数が小幅に3日続伸した一方、日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はまちまち、メルカリが業績予想上方修正で買われる

<16:10> 新興市場はまちまち、メルカリが業績予想上方修正で買われる 新興株市場は、東証マザーズ指数が小幅に3日続伸した一方、日経ジャスダック平均 は3日ぶりに小幅反落した。 マザーズ指数は前営業日比0.06%高。メルカリ の上昇が指数を押し上げ た。2021年6月期通期の連結業績予想の上方修正を23日に発表したことが好感され た。上場以来、通期決算で初の黒字になる見込み。 ティアンドエス は一時ストップ高。一方、前日上場したアイドマ・ホールデ ィングス は値下がり率トップだった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.19%安。シキノハイテック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、寄り付き天井 膠着相場が継続

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、寄り付き天井 膠着相場が継続 日経平均・日足は、短い下ヒゲを伴う「小陰線」。米株高を好感し反発スタートとなったものの、徐々 に上げ幅を縮小し、寄り付き天井となった。終値(2万9683円37銭=16日)は5日移動平均線(2 万9647円48銭=同)を上回り下値支持線として機能した。週間での日経平均の値幅は上下358円。 こう着感が強い相場となり、当面は材料を待ちながら一進一退の値動きが継続しそうだ。 <15:45> 新興市場はしっかり、感染再拡大でウィズコロナ関連に物色 新興株市場はしっかり。日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はしっかり、感染再拡大でウィズコロナ関連に物色

<15:45> 新興市場はしっかり、感染再拡大でウィズコロナ関連に物色 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は小幅に3日続伸、東証マザーズ指数は反発した。市場 では「国内での新型コロナウイルスの感染再拡大やワクチン接種の遅れを受け、ITやデジタルに関連する ウィズコロナ銘柄が再び買われている。コロナからの回復は鈍いため、ウィズコロナ銘柄への物色は今後も 続くと思われる」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.16%高。個別では、ETSホールディングス 、イメ ージワン 、フルヤ金属 が大幅高。ハーモニック・ドライブ・システムズ...

ホットストック:クエストは買い気配、19年3月期業績予想を上方修正

クエストは買い気配。23日、2019年3月期の業績予想を上方修正すると発表し、材料視されている。経常利益見通しは前回の4億7600万円から6億3900万円(前年比5.9倍)に引き上げた。主要顧客に対するクラウド、セキュリティサービスなどで売上高が堅調。不採算案件の抑制も利益を押し上げるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up