for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社トランスジェニック

2342.T

現在値

352.00JPY

変化

5.00(+1.44%)

出来高

283,200

本日のレンジ

345.00

 - 

364.00

52週レンジ

222.00

 - 

525.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
347.00
始値
345.00
出来高
283,200
3か月平均出来高
9.24
高値
364.00
安値
345.00
52週高値
525.00
52週安値
222.00
発行済株式数
17.37
時価総額
6,096.57
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 2342.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Trans Genic says exercise of options

Trans Genic says exercise of options

Trans Genic to raise stake in Medicinal Chemistry Pharmaceuticals to 43 pct from 33.3 pct

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社トランスジェニックとは

トランスジェニックグループは、遺伝子改変マウスの作製受託、抗体作製受託、臨床・非臨床試験受託、遺伝子解析受託、病理診断サービスを主たる業務とする。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。医薬品開発業務受託機関(CRO)事業は、医薬品・食品の臨床試験受託及び薬効薬理試験、安全性薬理試験、薬物動態試験、農薬・食品関連物質等の安全性試験等の非臨床試験受託、遺伝子改変マウスの作製受託、モデルマウスの販売や作製モデルマウスを用いた非臨床試験の受託、抗体作製受託、及び新規バイオマーカーの開発等を行う。診断解析事業は、病理診断サービス、遺伝子解析受託サービス及び個別化医療に向けた創薬支援サービスを行う。TGBS事業は、合併・買収(M&A)による新規事業の推進と各分野における事業承継及び事業再生分野に係る助言・支援サービス、並びに電機製品の小売・卸売を含む電子商取引(EC)事業を行う。

業種

Retail (Catalog & Mail Order)

連絡先

2F, ibb Fukuoka, 2-3-36, Tenjin, Chuo-ku

FUKUOKA-SHI, FKK

862-0976

Japan

+81.92.2888470

http://www.transgenic.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Kenji Fukunaga

President, President of Subsidiaries, Representative Director

Kenichi Yamamura

Chief Technology Officer, Director

Tamami Sakamoto

Director

Yutaka Funabashi

Director

Tsutomu Seito

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.55
株価純資産倍率(四半期)
1.38
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
41.37
長期負債/資本(四半期)
25.36
投資利益率(過去12カ月)
-8.08
自己資本利益率(過去12カ月)
-6.27

最新ニュース

最新ニュース

トランスG、子会社が新型ウイルス検査の受託を開始

トランスジェニック<2342.T>は6日、子会社のジェネティックラボ(札幌市)が新型コロナウイルス検査(PCR検査)の受託を始めると発表した。必要な対応が整い次第開始するとし、ウイルスの感染力や迅速な検査の重要性を踏まえ、感染者の多い北海道内の検体を優先して受託予定という。

ホットストック:トランスGは後場買い気配、子会社が新型ウイルス検査の受託開始

トランスジェニックは後場買い気配。6日、子会社のジェネティックラボ(札幌市)が新型コロナウイルス検査(PCR検査)の受託を始めると発表し、材料視されている。必要な対応が整い次第開始するとし、ウイルスの感染力や迅速な検査の重要性を踏まえ、感染者の多い北海道内の検体を優先して受託予定という。

ホットストック:トランスジェニックが続伸、日本での特許査定を材料視

トランスジェニックが続伸。同社は16日、「炎症ストレス可視化マウス作製とその応用」に関して日本特許庁から特許査定を受けたと発表した。査定を受けた特許は、熊本大学や群馬大学との共同研究の成果で、炎症反応を起因とする様々な疾患の解明や治療法の開発研究に貢献することが期待されるという。

ホットストック:トランスGがストップ高気配、ライセンス契約を材料視

トランスジェニックがストップ高買い気配となっている。同社は20日、大阪市立大学森啓特任教授らが開発したアルツハイマー病モデルマウスに関して、ライセンス契約を締結したと発表した。この契約により、同社は全世界でアルツハイマー病モデルマウスの生産・販売サービスの提供を開始するとしている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up