for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社デジタルホールディングス

2389.T

現在値

1,186.00JPY

変化

-9.00(-0.75%)

出来高

60,700

本日のレンジ

1,185.00

 - 

1,210.00

52週レンジ

1,113.00

 - 

1,561.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,195.00
始値
1,204.00
出来高
60,700
3か月平均出来高
1.57
高値
1,210.00
安値
1,185.00
52週高値
1,561.00
52週安値
1,113.00
発行済株式数
17.47
時価総額
28,462.15
予想PER
4.59
配当利回り
8.12

次のエベント

Full Year 2022 Digital Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Opt Holding says cancellation of transaction plan to sell all shares of unit eMFORCE

Opt Holding completes retirement of treasury shares

Opt Holding unit completes sale of video distribution related business

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社デジタルホールディングスとは

デジタルホールディングス(旧名:オプトホールディング)は、インターネット広告事業を主なる事業とする。【事業内容】2つの事業セグメントがある。マーケティング事業は、大手企業向けインターネット広告、デジタルマーケティング、及びその関連サービス及び地方中小企業向けデジタルマーケティングソリューション等を行う。シナジー投資事業は、インターネット関連ベンチャー企業への投資、米国における情報収集、人工知能(AI)及びAIプラットフォーム開発、企業向けデジタルシフト支援教育サービス、及び中国における一般貿易等を行う。

業種

Advertising

連絡先

Tokyubancho Bldg., 6, Yonban-cho

CHIYODA-KU, TKY

102-0081

Japan

+81.3.57453611

https://digital-holdings.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Noboru Hachimine

Chairman of the Board, Group Executive Officer, Representative Director

Atsushi Nouchi

President, Group Chief Executive Officer, Group Executive Officer, Representative Director

Takayuki Kato

Group Chief Financial Officer, Group Executive Officer

Daisuke Kanazawa

Group Chief Operating Officer, Group Executive Officer, Director

Jun Ishiwata

Group Chief Human Resource Officer, Group Executive Officer

統計

3.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.1K

2020

0.1K

2021

0.1K

2022(E)

0.0K
EPS (JPY)

2019

84.230

2020

167.860

2021

473.280

2022(E)

260.100
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.72
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.78
株価純資産倍率(四半期)
0.67
株価キャッシュフロー倍率
3.94
総負債/総資本(四半期)
16.95
長期負債/資本(四半期)
12.91
投資利益率(過去12カ月)
18.03
自己資本利益率(過去12カ月)
10.84

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、上昇波動キープも気迷いに

   <15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、上昇波動キープも気迷いに 日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」に近い「小陰線」。終値は2 万7120円53銭。上値を追う展開となったものの、これまでの上昇が急ピッチであっ たことから、上昇波動をキープしながらも気迷いの強い動きとなった。 当面の上値の目安としては、接近してきた200日移動平均線(2万7322円00 銭=5日)が注目される。これをクリアできるか否かが当面の強弱を判断する基準になり そうだ。一方、一目均衡表は終値が厚い「雲」領域に接近。戻り売りが厚いと思わせてお...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、動き良い銘柄に値幅取り狙い資金

<15:10> 新興株はマザーズが続伸、動き良い銘柄に値幅取り狙い資金 新興株式市場は続伸した。マザーズ総合が前営業日比0.34%高の726.64ポ イントで大引けた。東証グロース市場指数は前営業日比0.34%高の923.66ポイ ントだった。「週末の米雇用統計が意識されているが、動きの良い銘柄には引き続き値幅 取り狙いの資金が流入している」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 個別では、霞ヶ関キャピタル、すららネットがストップ高となった ほか、M&A総合研究所が連日の最高値更新となった。ビジョナルもし っかりだが、マイクロ波化学...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もち合い、徐々に模様眺めムードに

<14:05> 日経平均は強もち合い、徐々に模様眺めムードに 日経平均は強もち合い。2万7100円台で推移している。新たな手掛かり材料に乏 しく、徐々に模様眺めムードが強くなってきた。週末に米雇用統計の発表を控えているこ とから「ここよりは新たなポジションを作る動きが見られなくなるのではないか」(国内 証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 午後2時現在、東証プライム市場の騰落数は値上がりが996銘柄、値下がりが75 6銘柄。物色面での方向性も感じられなくなっており「循環物色の動きになっているよう だ」(別の国内証券・トレーダー)という...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はもみ合い、ADP雇用報告控え様子見も

   <13:01> 後場の日経平均はもみ合い、ADP雇用報告控え様子見も 後場に入り、日経平均は小動きの展開となっている。前場引け時点に比べて小幅に上 昇し、前営業日比約110円高の2万7100円近辺で推移している。今晩、9月の全米 雇用報告(ADP)が公表されるのを前に、様子見ムードが広がっている。ADP雇用報 告については、「仮に労働市場の悪化が確認された場合、米景気減速懸念が意識され、株 価の下押し圧力となりそうだ」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 日経平均は2万7000円台を維持し、底堅い値動きとなっているが、「...

午前の日経平均は3日続伸、米株高を好感 2万7000円回復

5日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比93円76銭高の2万7085円97銭と3日続伸した。主要中銀による金融引き締めが鈍化するとの思惑で、前日の米株が上昇した流れを引き継ぎ、日経平均は堅調な展開となった。約2週間ぶりに心理的節目の2万7000円を回復した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高で小動き、急上昇の反動で利益確定も

   <11:05> 日経平均は小幅高で小動き、急上昇の反動で利益確定も 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比約80円高の2万7000円台後半で小動き となっている。依然としてプラス圏で推移している一方、「さすがに急ピッチで上昇した 分、利益確定の売りが出てきているようだ」(国内証券・ストラテジスト)との声も聞か れる。物色動向としては、引き続き値がさ株が底堅い反面、半導体関連株は軟調。 マーケット参加者の関心は、週末に公表される9月の米雇用統計に集まっている。市 場では「今晩、米雇用統計の前哨戦とされる全米雇用報告(ADP)が発表されるため...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、スピード調整意識 値がさ株が勢い欠く

<10:02> 日経平均は上げ幅縮小、スピード調整意識 値がさ株が勢い欠く 日経平均は上げ幅を縮小している。寄り付き後、一時200円超高に上昇したが、そ の後は徐々に水準を切り下げ、足元では100円高付近で推移している。 時間外取引の米株先物がさえない動きとなり、投資家心理の重しとなっている。日経 平均は前日までの2営業日に終値ベースで合わせて1050円程度と急ピッチで上昇して おり「スピード調整が意識されやすい」(国内証券のストラテジスト)という。 値がさ株では、東京エレクトロンがマイナスとなったほか、ソフトバンクグ ループが上げ幅を...

日経平均は続伸スタート、2万7000円回復 米引き締め鈍化の思惑

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比219円11銭高の2万7211円32銭と続伸してスタートした。各国中銀による金融引き締めが鈍化するとの思惑から株高となった流れを好感し、寄り付きから心理的節目の2万7000円を回復した。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、きんでんが買い優勢 山形銀行は売り優勢 

<08:24> 寄り前の板状況、きんでんが買い優勢 山形銀行は売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 きんでん 21% 1,90 1,89 1,90 1,56 0 9 0 5 2 ミスミグループ本社 21% 4,02 4,02 4,02 3,32 3 0 5 5 3 ウェザーニューズ 19% 9,42 9,42 9,43 7,93 5 0 0 0 4 上組 18% 3,27 3,27 3,27 2,76...

10日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

10日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。 <自社株買い> ・加藤産業 、公開買い付けにより、自己保有株を除く発行済株式総数の2. 96%にあたる102万4100株の自社株買いを実施へ。買い付け価格は1株当たり2 934円で、諸費用を含めた総額は30億2670万9400円。取得期間は2月14日 から3月14日。 ・ストライダーズ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.18%にあたる 10万株、取得総額3000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月14 日から5月13日。 ・セコム 、自己保有株を...

訂正(発表者側の訂正)-10日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

(10日配信の以下の一覧で、プラザクリエイト本社の訂正により、同社の自社株買いに ついて、取得総額を「14億5000万円」から「1億4630万円」に訂正します ) 10日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ジャフコ グループ 、自己保有株を除く発行済株式総数の22.6%にあ たる700万株、取得総額350億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月 12日から2022年2月11日。 ・サイバー・バズ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.59%にあたる 6万株、取得総額1億9200...

12日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

12日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ツツミ 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.04%にあたる65万株 、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月15日から202 2年2月14日。 ・エコス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.83%にあたる20万株 、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月15日から2022 年2月14日。 ・太陽工機 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.35%にあたる20万 株、取得総額2億4000万円を上限とする...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up