for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Catcher Technology Co., Ltd.

2474.TW

現在値

194.50TWD

変化

0.00(0.00%)

出来高

2,876,548

本日のレンジ

193.50

 - 

195.00

52週レンジ

173.00

 - 

265.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
194.50
始値
195.00
出来高
2,876,548
3か月平均出来高
97.54
高値
195.00
安値
193.50
52週高値
265.50
52週安値
173.00
発行済株式数
761.62
時価総額
148,134.70
予想PER
9.73
配当利回り
5.14

次のエベント

November 2020 Catcher Technology Co Ltd Corporate Sales Release

適時開示

その他

Catcher Technology's Unit To Sell Two Units In China To Lens Technology For $1.43 Billion

Catcher Technology unit NANOMAG to invest $69.9 mln in China Renewable Energy Fund

Catcher Technology unit revises shares acquisition plan

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Catcher Technology Co., Ltd.とは

キャッチャー・テクノロジー(可成科技有限公司)は主にコンピュータと家電製品のケイシングと部品の製造、加工、販売に従事する。【事業内容】同社の製品はノート型パソコン、携帯電話、エムピースリー・プレイヤー、パーソナル・デジタル・アシスタント(PDA)、ポータブル・デバイスと他のコンピュータ・通信・家電製品に応用される金属ケイシングとコンポーネントを含む。同社はまた金型、空気工具等の製品を提供する。同社は国内外市場において製品を販売する。

業種

Computer Peripherals

連絡先

No. 398, RenAi Street, Yongkang District

710

Taiwan

+886.6.2539000

http://www.catcher-group.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Shui-Shu Hung

Chairman of the Board

Tien-Szu Hung

General Manager, Director

James Wu

Deputy General Manager

Kenny Chien

Deputy General Manager

Mon-Huan Lei

Director

統計

3.18 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, TWD)

2017

93.3K

2018

95.4K

2019

91.6K

2020(E)

88.8K
EPS (TWD)

2017

28.030

2018

35.870

2019

14.630

2020(E)

18.698
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.99
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.55
株価純資産倍率(四半期)
1.03
株価キャッシュフロー倍率
6.83
総負債/総資本(四半期)
47.13
長期負債/資本(四半期)
0.10
投資利益率(過去12カ月)
7.27
自己資本利益率(過去12カ月)
4.33

最新ニュース

最新ニュース

台湾・可成科技、2事業を中国企業に14億ドルで売却

米アップル<AAPL.O>のサプライヤーの台湾企業、可成科技(キャッチャー・テクノロジー)<2474.TW>は、2事業部門を14億3000万ドルで中国の藍思科技(レンズ・テクノロジー)<300433.SZ>に売却することで合意した。

「アップルショック」、目新しくない悪材料が嫌気された理由

世界的な株安が、再び広がった。今回のきっかけは米アップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売不振に伴うハイテク部品の需要減退懸念だ。しかし、アイフォーンの売り上げ低迷は、目新しい材料というわけではない。にもかかわらず株安が広がったのは、関連企業の業績悪化が表面化し、ファンダメンタルズを重視する「裁量系投資家」が売りに転じたためと指摘されている。市場心理が悪化しており、日本株の下げが最もきつい。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up