for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ジェイテック

2479.T

現在値

193.00JPY

変化

3.00(+1.58%)

出来高

81,400

本日のレンジ

190.00

 - 

195.00

52週レンジ

164.00

 - 

363.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
190.00
始値
190.00
出来高
81,400
3か月平均出来高
24.29
高値
195.00
安値
190.00
52週高値
363.00
52週安値
164.00
発行済株式数
7.92
時価総額
1,688.76
予想PER
--
配当利回り
0.51

次のエベント

Q3 2022 JTec Corp Earnings Release

適時開示

その他

JTEC planed to set up new building with investment of about 600 mln yen

JTEC to issue 150,000 new shares through private placement

JTec says merger between units

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ジェイテックとは

ジェイテックグループは、技術者派遣に特化した技術職知財リース事業を主たる事業とする。【事業内容】同社は2つの事業セグメントを通じて運営する。技術職知財リース事業については、主に製造業の開発部門・設計部門を対象とする。また、製造現場業務への一般派遣及びエンジニア派遣も行い、顧客企業の開発工程から製造工程までトータルにサービスを提供する。技術職知財リース事業については、機械設計、電気・電子設計、ソフトウエア開発、及び建築設計の4分野を中心に専門技術を顧客企業に提供する。一般派遣及びエンジニア派遣事業については、同社が労働者を派遣する際、労働者をあらかじめ同社に登録させ、その既登録者の中から派遣先企業の希望する条件に合致する労働者を選択し、決定してから同社との間で期間を定めて雇用契約を締結したうえ(契約社員)で、派遣先企業へ派遣することである。

業種

Business Services

連絡先

10F, KPP Yaesu Bldg., 1-10-7, Kyobashi

CHUO-KU, TKY

104-0031

Japan

+81.3.62287273

https://www.j-tec-cor.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Akira Fujimoto

President, Representative Director

Takehiro Koroki

Executive Officer, Chief Director of Finance

Ryuzo Murata

Chief Senior Director of JTEC Group, Manager of Business Planning Office, Director

Norio Ogawa

Chief Director of New Business Promotion, Director

Jae Hyeong Choi

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
35.26
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.60
株価純資産倍率(四半期)
1.80
株価キャッシュフロー倍率
34.10
総負債/総資本(四半期)
48.96
長期負債/資本(四半期)
36.23
投資利益率(過去12カ月)
3.38
自己資本利益率(過去12カ月)
2.49

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大引け坊主」、調整局面の様相強く絶望感

日経平均・日足は安値引けで下ヒゲがない「大引け坊主」となり、先安見込みと投資家の絶望感を暗示している。終値(2万8487円87銭=6日)は長短移動平均線を全て下抜けたほか、一目均衡表の「雲」領域から下放れたことで、調整局面の様相を強くしている。当面は5日移動平均線と25日移動平均線(2万8577円39銭)を意識した値動きとなりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは20年5月以来の安値水準

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は大幅に4日続落し、日経ジャスダック平均は続落した。時価総額上位銘柄が総じて売られ、マザーズ指数は連日での大幅安。2020年5月以来の安値付近での推移となった。

〔マーケットアイ〕株式:経平均・日足は「小陽線」、「カブセ線」の形状に

<16:30> 日経平均・日足は「小陽線」、「 カブセ線」の形状に 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。実体部分が約29円とわずかで、気 迷いを示す形状となった。前日の「大陰線」に対して売りサインとなる「カブセ線」の形 状にもなっており、目先的に調整に入るとの印象を与えている。5日移動平均線(2万9 584円12銭=同)は上値抵抗線として機能しており、短期調整が視野に入る。 <16:00> 新興市場は続落、利益確定売りが優勢 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。市場で は「朝方は米ナスダック高を...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は続落、利益確定売りが優勢

<16:00> 新興市場は続落、利益確定売りが 優勢 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。市場で は「朝方は米ナスダック高を好感し上昇したが、米金利上昇への警戒感は根強く、徐々に 利益確定売りが強まったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.42%安。アールプランナー 、グローバルウ ェイ が軟調。アスタリスク はストップ安比例配分となった。半面、GR CS 、メルカリ 、FRONTEO は買われた。 きょうマザーズ市場に新規上場したスローガン は公開価格を50%上回る1 800...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、25日線を下回り地合い軟化

<15:46> 日経平均・日足は「大陰線」、25日線を下回り地合い軟化 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陰線」となった。5日移動平均線(2万96 21円93銭=24日)を再び下回ったほか、25日線(2万9342円30銭=同)も 17営業日ぶりに下回り、地合いは軟化した。MACDはシグナルを下回りデッドクロス となった。目先の下値めどとしては、11日の直近安値(2万9040円08銭)や、1 日に開けた窓埋め(10月29日の高値2万9000円65銭)が意識される。 <15:30> 新興市場は反落、グロース株安の流れ警戒 新興株市場は、東証...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反落、グロース株安の流れ警戒

<15:30> 新興市場は反落、グロース株安の流れ警戒 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。ハイグ ロース株の比率が高いマザーズが大きく下げており、市場では「米金利上昇によるグロー ス株安の流れへの警戒感が強まった」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比2.02%安。メルカリ やフリー の下げ が重しとなった。そーせいグループ やJMDC は堅調だった。 マザーズに新規上場のラストワンマイル の初値は公開価格を47.3%上回 る2520円で、一時ストップ高まで買われる場面があった。サイエンスアーツ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、グロース株の値幅取り活発化

<15:15> 新興株市場はしっかり、グロース株の値幅取り活発化 新興株市場はしっかり。マザース指数、日経ジャスダック平均がともに反発した。米 長期金利の低下を受けて米国でハイテク株が堅調となったことで、「グロース株で値幅取 り狙いをする動きが活発化している」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ指数は前営業日比1.30%高。プレミアアンチエイジング 、QD レーザ などが商いを伴って上昇、サイバーセキュリティクラウド も大幅 高となったが、i─plug 、スパイダープラス が軟調となった。 日経ジャスダック平均は0.33ポイント高。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陽線」、「雲」と上値抵抗線など意識

<15:55> 日経平均・日足は「下影陽線」、「雲」と上値抵抗線など意識 日経平均・日足は長い下ヒゲと短い上ヒゲを伴い実体部分が小さい「下影陽線」。5日移動平均線(2 万8924円04銭=4日現在)にサポートされたものの、上位にある一目均衡表の「雲」領域や、2月1 6日に付けた年初来高値3万0714円52銭を起点とした右肩下がりの抵抗線が意識され、上値が重いと の印象を与えた。75日移動平均線(2万9217円89銭=同)も節目として意識されてる。一方、長い 下ヒゲが抵抗力の強さを示しており、下値については底堅いとも感じさせるところだ。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、今後のIPOラッシュを意識

<15:40> 新興株市場はさえない、今後のIPOラッシュを意識 新興株市場はさえない。マザース指数が反落。日経ジャスダック平均も小幅ながら7 日ぶりに反落した。「週末で見送りムードが強かったほか、今後のIPOラッシュも意識 されている。それによる換金売り懸念されそうだ」(国内証券)という。 マザーズ指数は前営業日比1.90%安。プレミアアンチエイジング 、AI  inside が大幅安となったほか、メルカリ なども軟調。一方、B uySell Technologies が大幅上昇、フレアス も高い 。 日経ジャスダック平均はほぼ変わらずの...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足はほぼ「上十字線」、下ヒゲ長く押し目買い意欲示す

<16:26> 日経平均・日足はほぼ「上十字線」、下ヒゲ長く押し目買い意欲示 す 日経平均・日足は短い実体を伴う「上十字線」。下ヒゲが長く、押し目買いの意欲をうか がわせる。5日移動平均線(2万8485円52銭=27日)でサポートされたが、25 日線(2万8671円44銭=同)には届かず、これを上抜けるかが目先のポイントとな る。 <15:58> 新興市場はマザーズが3日ぶり反落、ジャスダック小幅反発 新興株市場は、東証マザーズ指数が3日ぶりに反落し、日経ジャスダック平均が小幅 に反発した。 マザーズ指数は前営業日比0.24%安。スパイダープラス...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが3日ぶり反落、ジャスダック小幅反発

<15:58> 新興市場はマザーズが3日ぶり反落、ジャスダック小幅反発 新興株市場は、東証マザーズ指数が3日ぶりに反落し、日経ジャスダック平均が小幅 に反発した。 マザーズ指数は前営業日比0.24%安。スパイダープラス やI─ne<493 3.T>が上昇した一方、フルッタフルッタ やAI inside が値を下 げた。 日経ジャスダック平均は、同0.03%高。ジェイテック や日本テレホン<9 425.T>が買われた一方、ウィザス やRISE はさえなかった。 <14:30> 日経平均はマイナス圏でもみあい、MSCI銘柄入れ替えへの警戒...

11日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

11日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ジェイテック 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.48%にあたる2 0万株、取得総額4000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月12日 から7月31日。 ・サンウッド 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.1%にあたる5万株 、取得総額2000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月12日から9 月30日。 ・金下建設 、自己保有株を除く発行済株式総数の8.8%にあたる20万株 株、取得総額8億8100万円を上限とする...

3日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

3日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・桜井製作所 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.6%にあたる10万 株、取得総額5000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月4日から2 021年3月3日。 ・ジャニス工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.1%にあたる3 000株、取得総額210万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月4日か ら3月31日。 ・ジェイテック 、自己保有株を除く発行済株式総数の5.83%にあたる5 0万株、取得総額1億円を上限とする自社株買...

〔マーケットアイ〕新興株式市場は堅調、決算発表など個別材料に反応

<15:50> 新興株式市場は堅調、決算発表など個別材料に反応 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続伸し た。市場からは「きょうは決算発表やIR(投資家向け広報)などが材料視され、個別要 因による売買が目立った」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ジェイテック 、栄電子 が急騰しストップ高 比例配分。プロパスト は反落した。 マザーズ市場ではそーせいグループ が6日続伸、チームスピリット が3日続伸。霞ヶ関キャピタル は7日ぶり反落、エディア は3日続落し た。 <15:07> 日経平均...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up