for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社出前館

2484.T

現在値

1,678.00JPY

変化

55.00(+3.39%)

出来高

111,900

本日のレンジ

1,636.00

 - 

1,686.00

52週レンジ

524.00

 - 

1,777.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,623.00
始値
1,647.00
出来高
111,900
3か月平均出来高
17.00
高値
1,686.00
安値
1,636.00
52週高値
1,777.00
52週安値
524.00
発行済株式数
82.22
時価総額
140,710.80
予想PER
--
配当利回り
0.22

適時開示

その他

Yume No Machi Souzou Iinkai to sell stake in PT Klik Eat Indonesia

Kozosushi to fully acquire Delis via stock swap

Yume No Machi Souzou Iinkai to merge with wholly owned subsidiary

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社出前館とは

出前館グループ(旧名:夢の街創造委員会グループ)は、宅配・デリバリー専門サイトの運営及び通信販売事業を行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。出前館事業は、主に宅配・デリバリー専門サイトの運営、システムの開発、広告の運営・管理及び配達代行事業を行う。出前館は、宅配サービスに特化したバーチャルショッピングモールであり、主にピザ、すし、カレー、弁当、中華、ファーストフード等の飲食店が出店し、宅配サービスを行う店舗が加盟する。独自に開発した受注情報の伝達システムでは、オーダー受注後、オーダー情報をサーバーで加工し、各店舗に送信する。通信販売事業は、コールセンターのオペレーターが電話でセールス活動を行い、全国の飲食店に対して高級焼酎を中心としたアルコール商品、食品及びサプリメント等を通信販売する。

業種

Computer Services

連絡先

10-11, Sarugaku-cho, Chuo-ku

OSAKA-SHI, OSK

541-0056

Japan

+81.3.45009380

https://corporate.demae-can.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Rie Nakamura

President, Chief Director of Sales, Representative Director

Nahoko Wada

Executive Vice President, Director

Yuji Yamamoto

Executive Officer, Chief Director of Sales

Reika Shigehiro

Executive Officer, Chief Director of Business Planning, Director

Jun Miyashita

Executive Officer, Chief Director of Business Support

統計

3.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.0K

2018

0.0K

2019

0.0K

2020(E)

0.0K
EPS (JPY)

2017

10.720

2018

13.790

2019

-2.530
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.28
株価純資産倍率(四半期)
4.41
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-11.72
自己資本利益率(過去12カ月)
-8.73

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線近辺でのもみあい継続か

<16:30> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線近辺でのもみあい継続か 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「小陰線」。25日移動平均線(2万2519円93銭= 30日)が上値抵抗線として機能した。市場では「国内での新型コロナウイルス感染者の増加、相次ぐ低調 な企業決算を受け、日経平均は下値模索が続いている。積極的に買う材料にも乏しく、本格的な夏枯れ相場 に突入したようだ。当面は25日移動平均線を中心としたもみあいになる可能性が高い」(国内証券)との 声が出ていた。 <16:00> 新興株市場はまちまち、決算を材料視 巣ごもり関連銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、決算を材料視 巣ごもり関連銘柄に物色

<16:00> 新興株市場はまちまち、決算を材料視 巣ごもり関連銘柄に物色 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は3日続落、東証マザーズ指数は反発となった。決算を 材料視した個別の物色が継続したほか、国内での新型コロナウイルス感染者数の増加に伴い、巣ごもり関連 への買いも目立った。 ジャスダック指数は0.69%安。日本マクドナルドホールディングス 、プロルート丸光<825 6.T>、クレオ が下落した。テラ 、出前館 、ストリームメディアコーポレーショ ン は上昇した。 マザーズ指数は1.26%高。プレシジョン・システム・サイエンス...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線を上回る

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。上値追いに慎重ながらも底堅さが意識される。終値が5日移動平均線(2万2458円50銭=26日)を上回ったことは安心材料。25日移動平均線(2万22306円23銭=同)は上向きで中期的な上昇トレンドの維持を示唆するが、売買代金がやや低調になりつつある中、上方向へ再起動するには追加で強い買い材料が必要とみられている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、新規上場のフィーチャが乱高下

新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落した。マザーズ指数は一時1067.29ポイントまで上昇し、2018年10月以来の高値を付けたが、その後は週末前ということもあり、利益確定売りに押された。

ホットストック:出前館は売り気配、第3・四半期累計の当期赤字を嫌気

出前館は売り気配。25日、2019年9月─20年5月期の連結当期損益が18億7700万円の赤字となったことが嫌気されている。出前需要の急拡大を受けて売上高は前年比40.8%増の68億2200万円と大きく伸びたが、積極的な事業展開と投資を行ったことが響いた。同社は25日の取引で一時1777円まで上昇し、年初来高値を更新していたこともあり、いったん材料出尽くしの売りも出ているもよう。

出前館、3─5月のオーダー数は前年比50%増 需要の急拡大で

出前館<2484.T>は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で全国的に外出自粛要請のあった3─5月のオーダー数が前年比50%増加したと発表した。昨年9月─11月は14%増、昨年12月─今年2月は10%増だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日移動平均線に接近

<17:15> 日経平均・日足は「小陽線」、200日移動平均線に接 近 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。日経平均は3日続伸となり、200日移動平均線(2 万1655円24銭=27日)に接近した。市場からは「強気相場に傾きつつあるが、200日移動平均線 を上抜けるためには新たな買いの材料が必要だ。経済活動再開への期待だけではやや物足りない」(国内証 券)との声が出ていた。 <16:30> 新興株はしっかり、ジャスダックは9日続伸 アンジェスは反落 新興株市場は、日経ジャスダック平均は9日続伸、東証マザーズ指数は反発した。幅広い...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、ジャスダックは9日続伸 アンジェスは反落

<16:30> 新興株はしっかり、ジャスダックは9日続伸 アンジ ェスは反落 新興株市場は、日経ジャスダック平均は9日続伸、東証マザーズ指数は反発した。幅広い銘柄での買い が先行した。ただ、直近で上昇していた銘柄では利益確定売りもみられた。市場では「大型株に資金が流れ た一方で、小型株はまちまちとなっているようだ」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック指数は0.49%高となり終値ベースで3月3日以来の高値をつけた。テラ 、大 日光・エンジニアリング 、エコミック 、燦キャピタルマネージメント が上昇。 ワークマン は小幅に反発した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」領域を上に突破

<16:00> 日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」領域を上に突破 日経平均・日足は長めの上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陽線」。連日のマド(2万0179円09銭─ 2万0285円04銭)空けとなり、上値指向を鮮明にするとともに、一目均衡表の厚い「雲」領域を上に 突破し、戻り相場に対する期待を大きくしている。 長めの上ヒゲが、戻りに対する警戒感を示しながらも、4月30日に付けたコロナショック後の戻り高 値2万0365円89銭を更新したことが、強気ムードに傾斜させるところだ。当面の上値目標は、75日 移動平均線(20782円73銭=...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、個人投資家の買い意欲が旺盛

<15:45> 新興株市場はしっかり、個人投資家の買い意欲が旺盛 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに堅調に推移した。市場では 「個人投資家の買い意欲が引き続き旺盛な状態にあり、値動きの良い銘柄に目先狙いの資金が集まっている 」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ市場では、あんしん保証 、ブティックス が一時ストップ高、EduLab<4 427.T>が続伸した。一方、アンジェス は朝高の後、大幅安に沈んだが、引けにかけて戻り歩調にな るなど連日の乱高下。そのほか、UUUM がさえない。 ジャスダック市場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を4日ぶりに下回る

<17:11> 日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を4日ぶりに下回る 日経平均・日足は「中陰線」。短い下ヒゲは先安見込みを示している。終値は下値支持線として機能し ていた5日移動平均線(1万9725円89銭=1日)を4日ぶりに下回った。連休明けの株価下落が警戒 されるが、市場では「大幅高となった前日の売買代金は約3兆円で、きょうは2兆円弱となった。下押しの 圧力は限定的と考えられる」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、中村克彦氏)との声が聞かれた 。 5月入りし、意識される米国の株式相場格言「Sell in May(株は5...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、UUUMやアンジェスは連日の大商い

<16:03> 新興株市場は反落、UUUMやアンジェスは連日の大商い 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。前日上昇した銘柄の利益 確定売りや、直近IPO銘柄の売りが目立った。ただ、個別での物色は活発化しており、吉本興業との業務 提携が好感されているUUUM や、新型コロナウイルス感染症向けのDNAワクチンの開発を行っ ているアンジェス は連日の大商いとなった。 ジャスダック指数は4営業日ぶりに反落。個別では、ワークマン 、出前館 、ユニバー サルエンターテインメント が下落。前日にストップ高となったシンバイオ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇トレンドは維持

<16:29> 日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇トレンドは維持 日経平均・日足は「小陽線」。一目均衡表の雲上限や、1月高値から3月安値までの下落の半値戻しの 水準まで上昇してきた。 長い上ヒゲは投資家の高値警戒感を示唆しているが、25日移動平均線(1万9177円26銭=30 日)は上向きで、短期的な上昇トレンドを維持している。目先、3月6日安値(2万0613円91銭)が 上値めどとして意識される。 <16:16> 新興株市場は堅調、マザーズ5日続伸 アンジェスが大商い   新興株市場で、日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ5日続伸 アンジェスが大商い

<16:16> 新興株市場は堅調、マザーズ5日続伸 アンジェスが大商い   新興株市場で、日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は5日続伸した。マザーズ市場の 売買代金は2188億6700万円と、2018年6月19日以来の高水準。中でもアンジェス の 売買代金は1035億円と大商いとなった。新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの開発を手掛か りに個人投資家の売買が膨らんでいる。 このほかマザーズ市場ではUUUM がストップ高比例配分。吉本興業との業務提携が好感され た。Aiming 、メルカリ 、ジーエヌアイグループ なども...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足はほぼ「上十字」、上値に対して慎重な様子

<16:15> 日経平均・日足はほぼ「上十字」、上値に対して慎重な様子 日経平均・日足は、実体部分がほとんどなく、上下に引いたヒゲは下ヒゲの方が長い「上十字」と言え る足となった。引き続き5日移動平均線(1万9476円76銭=28日現在)を上回って推移し、強い基 調をキープしながらも、「同事線」となったことや、前日の勢いを維持することができずに17日の直近高 値(1万9922円07銭)に届かず、上値に慎重な様子が感じられる。 一方で、今すぐ大きく崩れる気配はないものの、一目均衡表の厚い「雲」領域内で浮遊する格好となっ ており、当面は時価近辺...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、4日続伸のマザーズが連日の大商い

<15:50> 新興株市場はしっかり、4日続伸のマザーズが連日の大商い 新興株市場で、日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は4日続伸した。マザーズの売買代金 は1725億1900万円と連日の大商い。市場では「テレワーク化や本業が休みの個人が、積極参戦して 商いが膨張している様子だ」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズでは、アンジェス が商いを伴い続伸。サイバーセキュリティクラウド 、松屋 アールアンドディ などもしっかりとなり、ビープラッツ がストップ高。半面、ライトアッ プ はさえない。 ジャスダックでは、テラ 、スリー・ディー・マトリック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、一目均衡表の雲に突入

<15:49> 日経平均・日足は「中陽線」、一目均衡表の雲に突入 日経平均・日足は「中陽線」。5日移動平均線(1万9378円68銭=27日)を下値サポートに上 昇。一目均衡表の雲に突入した。25日移動平均線(1万9084円22銭=同)は上向きで短期的な上昇 トレンドを維持しており、戻り売りをこなしながら上値を試す可能性もある。 次の上値めどは4月17日の取引時間中に付けた戻り高値1万9922円07銭。ここを上抜ければ一 目均衡表の雲上限やボリンジャーバンドのプラス2シグマ、1月高値から3月安値までの下落の半値戻しな どが重なる2万0200...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ指数2%超高 物色に広がり

<15:07> 新興株市場は堅調、マザーズ指数2%超高 物色に広がり 新興株市場で、日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は3日続伸した。市場からは「個人投 資家が元気。最近は直近IPOや材料の出た銘柄が買われる傾向にあったが、物色する対象も次第に広がっ てきた」(ネット系証券)との声が出ていた。 マザーズ指数は2.35%高。アンジェス が続伸。ベガコーポレーション 、スペース マーケット が一時ストップ高。そーせいグループ 、弁護士ドットコム なども買わ れた。フリー 、ラクス 、チームスピリット は軟調だった。 ジャスダック指数...

アングル:新興株市場が活況、テレワークやIPO中止も一因か

新興株市場が活況だ。東証マザーズや日経ジャスダック平均は、日経平均など大型株を上回るリバウンド率となっている。個人投資家の参加による出来高の増加が大きな原動力だが、テレワーク(在宅勤務)の増加を背景とした取引増加や、新規上場(IPO)の中止による既存銘柄への資金シフトが影響しているとの指摘もある。

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ・ジャスダックともに反発、市場に安心感 時価総額上位銘柄中心に買われる

<16:01> マザーズ・ジャスダックともに反発、市場に安心感 時価総額上位銘柄が買われる 新興株市場で、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反発した。米国株高や原油価格の反 転などが安心感を誘い、時価総額上位銘柄を中心に幅広く買われた。直近IPO銘柄では一部で利益確定売 りが目立った。 マザーズ指数は3.25%高。メルカリ は反発し4.71%高。アンジェス 、メドレ ー 、Sansan もしっかり。サイバーセキュリティクラウド 、NexTone 、関通 などの直近IPO銘柄は売られた。 ジャスダック平均は1.21%高。ワークマン...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up