for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JTP株式会社

2488.T

現在値

723.00JPY

変化

-4.00(-0.55%)

出来高

10,800

本日のレンジ

723.00

 - 

732.00

52週レンジ

723.00

 - 

956.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
727.00
始値
732.00
出来高
10,800
3か月平均出来高
0.29
高値
732.00
安値
723.00
52週高値
956.00
52週安値
723.00
発行済株式数
5.57
時価総額
4,349.28
予想PER
--
配当利回り
2.90

次のエベント

Q1 2022 JTP Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Japan Third Party says resignation of chairman

Japan Third Party says top shareholder decreases voting power to 12.6 pct

Japan Third Party says settlement with Marubeni Utility Services regarding lawsuit for compensation of damages

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JTP株式会社とは

JTPグループ(旧名:日本サード・パーティ)は、海外情報通信技術(ICT)ハイテク企業がハードウェア及びソフトウェア製品、あるいはこれら製品を組み合わせた新規サービス等で日本市場に参入する際に、技術面から全面的に支援するパートナ企業として専門的な技術サービスを提供する。【事業内容】6つの事業セグメントを通じて運営する。ICTソリューション事業セグメントは、ICTシステムの設計・構築・運用・保守サービスと製造支援サービスを提供する。ライフサイエンスサービス事業セグメントは、ICTが応用的に使われる医療機器、化学分析装置などの据付・点検・校正・修理等の保守サービスを提供する。西日本ソリューション事業セグメントは、西日本地域におけるICTシステムの運用・保守サービスとライフサイエンスサービスを提供する。教育ソリューション事業セグメントは、海外メーカやサービスベンダが日本市場へ参入した際に、必要となるエンドユーザ向けの技術トレーニング事業を請負うほか、独自のICTの技術トレーニングの提供と、スキルの棚卸しから不足するスキルを補う教育までのサイクルを総合的にコンサルティングする人財コンサルティングサービスを提供する。デジタルイノベーション事業セグメントは、デジタルトランスフォーメーション時代において中核事業となる人工知能(AI)・ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)関連サービスとデジタルマーケティングサービスを提供する。その他セグメントは、インド支店、海外プロジェクト事業を含む。

業種

Computer Services

連絡先

14F, Gotenyama Trust Tower

4-7-35, Kitashinagawa

SHINAGAWA-KU, TKY

140-0001

Japan

+81.3.64082488

https://www.jtp.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yutaka Mori

President, Representative Director

Yasufumi Chida

Executive Officer

Naoto Hisamori

Executive Officer

Toshitaka Imanishi

Executive Officer, Chief Director of Administration, Manager of President's Office

Yoshihiro Ito

Executive Officer

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
15.33
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.69
株価純資産倍率(四半期)
1.54
株価キャッシュフロー倍率
14.52
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
9.17
自己資本利益率(過去12カ月)
6.82

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、失望感と下値抵抗力が共存

日経平均・日足は「小陰線」、ほぼ上ヒゲがない「寄り付き坊主」の形状が投資家の失望感を示唆する一方、下ヒゲは相応に長く、下値抵抗力も感じさせる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズ指数が反発、メルカリに買い

新興株市場はまちまちで、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は反発となった。3連休を控えてポジション調整主体の取引となったが、マザーズ指数は決算内容がポジティブと受け止められたメルカリがけん引する形で上昇した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線と基準線がサポート

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線と基準線がサポート 日経平均・日足はヒゲとを伴う寄り付きが「坊主」の「小陽線」。上値・下値を切り 上げたほか、25日移動平均線(2万3041円42銭=22日現在)、一目均衡表の基 準線(2万3008円00銭=同)にサポートされる形となり、調整一巡感が台頭したと の印象を与えている。前日に長い下ヒゲを引いた「たくり線」でダメ押しした格好だ。 当面は5日移動平均線(2万3201円89銭=同)を上回るかどうかがポイントに なる。今回は、同線に押し戻され抵抗線として意識されたため、これを突破できれば...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反発、IPOや小型株を物色

<15:25> 新興株式市場は反発、IPOや小型株を物色 新興株式市場では、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反発した。市 場からは「個人投資家による直近IPOや、小型株の物色が目立った」(国内証券)との 声が出ていた。 マザーズ市場では、上場二日目のトゥエンティーフォーセブン が大幅続伸、 レアジョブ が7日続伸、Amazia が続伸した。一方、セルソース< 4880.T>は反落、イグニス は4日続落した。 ジャスダック市場では、AKIBAホールディングス が続伸、多摩川ホール ディングス と栄電子 は反発した。一方、ワークマン...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、目先は調整含みか

<15:23> 日経平均・日足は「小陰線」、目先は調整含みか 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。前日下抜けした5日移動平均線(2万3341円03 銭=14日)に上値を抑えられる形となった。 75日移動平均線(2万1695円98銭=同)や200日移動平均線(2万1469円44銭=同) は右肩上がりで、上昇トレンドが崩れたとは言い切れないが、MACD(短期12日、長期26日の平滑移 動平均線のかい離幅、プラス374.74=同)がシグナル(プラス387.04=同)を下回り、デッド クロス。パラボリックも陰転するなど目先は調整含みの展開...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、好決算銘柄には物色

<15:15> 新興株市場は軟調、好決算銘柄には物色  新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は3日続落、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落となった。「 好決算を発表した銘柄は個別に物色されている。マザーズ市場は時価総額が高い銘柄が軟調だった」(ネッ ト系証券)という。 マザーズ市場では、そーせいグループ 、CYBERDYNE 、PKSHA Tech nology などが軟調。MTG 、シェアリングテクノロジー など売られた。半 面、マーケットエンタープライズ はストップ高比例配分。メドピア は大幅高。サイバー・ バズ は一時ストップ高となった...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up