for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アドウェイズ

2489.T

現在値

750.00JPY

変化

12.00(+1.63%)

出来高

110,400

本日のレンジ

742.00

 - 

754.00

52週レンジ

578.00

 - 

1,015.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
738.00
始値
746.00
出来高
110,400
3か月平均出来高
3.55
高値
754.00
安値
742.00
52週高値
1,015.00
52週安値
578.00
発行済株式数
39.61
時価総額
31,124.74
予想PER
--
配当利回り
0.70

次のエベント

Dividend For 2489.T - 7.4600 JPY

適時開示

その他

Adways buys back 1.98 mln shares

Adways to buy back 2 mln shares for 1.02 bln yen via ToSTNeT-3

Adways unit to transfer software development business

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アドウェイズとは

アドウェイズグループは、日本及びアジア、北米において、PC及びスマートフォンを含む携帯端末向けにマーケティング活動を行う広告主(クライアント)と同社提携メディアを、同社の運営するアフィリエイトサービスを通じて繋ぐ、アフィリエイトサービスプロバイダー(以下、「ASP」という。)として、アフィリエイトを中心としたインターネット広告サービスの提供等を行っている。【事業内容】広告事業においては、Webサイト運営者やコンテンツプロバイダー、スマートフォン向けアプリ開発会社を広告主とし、これらとWebサイトやゲームアプリ等のメディアを同社の広告システムでつなぐ、ASPを主として事業の展開を行う。大手ソーシャルゲームプラットフォームとの提携等により、提携メディアが拡大するとともに、同社の主力のインターネット広告事業におけるスマートフォン領域において、新たな広告プラットフォームであるUNICORNをリリースする等、事業の拡大に注力する。アプリ・メディア事業においては、主に連結子会社においてスマートフォンアプリの開発・運営、メディアの運営等を行う。海外事業においては、中国・香港・台湾・韓国・米国・シンガポール・インドにおいて、現地企業と各国における外国企業を対象として、インターネットマーケティングの総合支援サービスを提供する。また、中国・台湾・韓国等において、プロダクトの開発や運営、並びにサービスを提供する。

業種

Advertising

連絡先

19-1, Naka-machi

SHINJUKU-KU, TKY

160-6138

Japan

+81.3.53316328

https://www.adways.net/

エグゼクティブリーダーシップ

Haruhisa Okamura

Chairman of the Board

Sho Yamada

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Yoichi Tanaka

Senior Executive Officer

Yuta Nakayama

Senior Executive Officer

Sang Won Lee

Executive Officer

統計

Revenue (MM, JPY)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021

0.0K

2022(E)

0.0K
EPS (JPY)

2019

19.060

2020

4.156

2021

26.530

2022(E)

37.200
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.99
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.28
株価純資産倍率(四半期)
1.90
株価キャッシュフロー倍率
14.95
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
13.48
自己資本利益率(過去12カ月)
7.95

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、一目均衡表の転換線を上回る

<15:35> 日経平均・日足は「大陽線」、一目均衡表の転換線を上回る 日経平均・日足は下に短いヒゲを伴う「大陽線」で、「陽の大引け坊主」となった。 買い手の心理としては強い上昇期待感を示している。終値は2万6992円21銭だった 。5日移動平均線(2万6348円25銭=4日)が角度を付けて上方向を示し、目先は 堅調な相場展開も見込まれる。 一目均衡表では、ローソク足が転換線(2万6544円65銭=同)より上に位置し ており、買い勢力が優勢な状態を示唆している。目先は、転換線が下値サポートラインと して機能するかが注目されそうだ。 <15...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、買い戻し活発 米金利低下を好感

<15:10> 新興株はマザーズが続伸、買い戻し活発 米金利低下を好感 新興株市場は、マザーズ総合が前営業日比3.25%高の724.16ポイントと、 続伸した。東証グロース市場指数は前営業日比3.26%高の920.47ポイントだっ た。米長期金利の低下を好感する形で、新興株市場でも買い戻しの動きが活発になり、「 これまで売られていた銘柄ほど買いが入っている印象」(国内証券・ストラテジスト)と の声が聞かれた。 個別では、ANYCOLOR、ビジョナルが大きく上昇したほか、 マイクロ波化学はストップ高で取引を終えた。 反面、グラッドキューブ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は日中高値圏でもみ合い、節目の2万7000円を意識

<14:00> 日経平均は日中高値圏でもみ合い、節目の2万7000円を意識 後場の日経平均は、日中高値圏でもみ合う展開となっている。上げ幅を一段と広げ、 前営業日比約750円高の2万6900円台後半で推移している。全面高の流れが続いて おり、東証33業種では全業種が値上がり。卸売業、鉱業、石油・石炭製品などの上昇が 目立っている。 一方、市場では「目先の日本株はまだ上昇余地があるものの、日経平均は昨日の安値 から1300円以上値上がりし、さすがに2万7000円手前で上値の重さも意識されて いるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 個別...

〔マーケットアイ〕株式:後場寄りの日経平均は上値追い、引き続き買い戻しが活発化

<12:55> 後場寄りの日経平均は上値追い、引き続き買い戻しが活発化 後場寄りの日経平均は上値追いとなっている。2万6900円台で推移。前場の日中 高値を更新し、2万7000円に接近してきた。 既に直近安値から1300円幅の上昇となっており「急な戻りで売り方が厳しい状況 に追い込まれ、引き続き買い戻しが活発化している。3月、6月に安値を形成した後の動 きに似て来た」(国内証券・ストラテジスト)という。 物色面では全体的に底上げが進み、午後12時55分現在で、東証プライム市場の全 銘柄のうち97%が値上がりしている。 <11:40> 前場...

午前の日経平均は続騰、米金利低下・株価上昇を好感して全面高

4日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比624円96銭高の2万6840円75銭と、続騰した。米国での長期金利の低下、株価の上昇を好感して全面高の展開となった。買い戻しが活発化して戻りが加速、踏み上げ相場の印象が強い。上昇幅は前日比で一時700円を超えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、踏み上げ相場 2万7000円視界に

<10:55> 日経平均は上値追い、踏み上げ相場 2万7000円視界に 日経平均は上値追いの展開となっている。上げに弾みが付いたことで買い戻しが活発 化、さらに上がるという好循環で、踏み上げ相場の様相を呈してきた。700円を超す上 昇で2万6900円台の動きになり、2万7000円が視界に入っている。 市場では「自律反発は予想されたものの、想定外の上昇で慌てて買い戻す動きが出た ようだ。3月と6月の急落相場後のような、スピード感のある戻りが期待できるようにな っている」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 <10:12> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は600円超高、全面高の商状 値がさ株が指数押し上げ

<10:12> 日経平均は600円超高、全面高の商状 値がさ株が指数押し上げ 日経平均は上げ幅を拡大し、600円超高となった。市場では「これまで大きく売ら れていた銘柄を中心に買い戻されている」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれ る。プライム市場の値上がり銘柄は97%で全面高の商状となっている。 指数寄与度ではファーストリテイリングがトップ。東京エレクトロン<8035. T>、ソフトバンクグループと続いており、3銘柄で130円程度、指数を押し上 げている。 米フィラデルフィア半導体指数(SOX)指数が大幅高となったことを受け、値...

寄り付きの日経平均は続伸スタート、米長期金利低下を好感 主力株の買い先行

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比437円70銭高の2万6653円49銭と、大幅に続伸してスタートした。前日の米国市場で長期金利が低下し株高となった流れを受け、買いが先行した。寄り付き後も上値を伸ばし、一時500円超高となった。

再送-〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、秋田銀行が買い優勢 象印マホービンは売り優勢

(見出しを修正します) [東京 4日 ロイター] - <08:35> 寄り前の板状況、秋田銀行が買い優勢 象印マホービンは売り優勢   東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 秋田銀行 25% 1,99 1,99 1,99 1,59 7 7 7 7 2 あいちFG 25% 1,99 1,99 1,99 1,60 8 7 8 3 3 長谷川香料 23% 3,78 3,78 3,78 3,08 5 5 5 5 4 ミスミグループ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、上値にシコリ残り立ち直りに時間も

<15:55> 日経平均・日足は「大陰線」、上値にシコリ残り立ち直りに時間も 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「大陰線」となった。2万7818円6 2銭で大引け。大きくマドを空けて下放れ、前日まであった強気の見方が打ち砕かれた。 悪材料の噴出で崩れた動きで、上値にシコリが残った格好となり、前々日、前日の2日間 の足が取り残され、アイランド・リバーサルのパターンとなっただけに、立ち直りには時 間を要するとみられる。 当面の明確な下値の目安としては、75日移動平均線(2万7507円73銭=14 日)、200日移動平均線(2万7430...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズが続落、小型株にあった楽観論が後退

<15:10> 新興株式市場はマザーズが続落、小型株にあった楽観論が後退 新興株式市場は、マザーズ総合が1.24%安の744.16ポイントと続落。東証 グロース市場指数は前営業日比1.24%安の946.23ポイントだった。市場関係者 によると「小型株にあったこれまでの楽観的な見方が後退。利益確定売りが活発化した」 (国内証券)という。 個別では、公開価格の2倍近くで初値を形成した直近IPOのジャパニアス が大幅安となったほか、スパイダープラス、プレイドの下げも厳しい。 半面、プレミアアンチエイジングがストップ高となり、スマレジも反発 した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い、警戒感強く見送り気分が支配

<14:25> 日経平均は安値もみ合い、警戒感強く見送り気分が支配 日経平均は安値もみ合い。2万7800円台で推移している。時間外取引で米株先物 が堅調に推移していることが下支え要因になっているものの、依然として警戒感が強く戻 る雰囲気は感じられない。見送り気分が支配している状況だ。 市場では「いったん下げ止まったものの、米株の行方に不透明感が強い以上、積極的 に押し目を買えない」(国内証券)との声が聞かれる。 下値については、2万7500円を下回った水準に位置する200日移動平均線が支 持線となるとの指摘もあった。 <13:05> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値重い、「FOMCまで神経質な動き」との声

<13:05> 日経平均は上値重い、「FOMCまで神経質な動き」との声 後場に入り、日経平均は上値の重い展開となっている。前営業日比約700円安と、 前場引けの水準より下落している。引き続き値がさのハイテク株や半導体関連株が軟調に 推移している。 市場では「米消費者物価指数(CPI)は上振れたが、米連邦準備理事会(FRB) の金融引き締めの方向性は変わらず、徐々にマーケットも落ち着きを取り戻すのではない か」(国内証券)との声が聞かれる。 ただ、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で先々の金融政策動向に関するパウ エル議長の発言が注目...

午前の日経平均は急反落、米CPI予想上振れで 値がさ株軟調

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比622円81銭安の2万7991円82銭と、反落した。前日に公表された8月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回り、米株が大幅安となったことを嫌気して、幅広い業種で売りが出た。特に値がさ株の下げが目立ち、心理的節目の2万8000円を下回った。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、値がさ株下落が重し 内需株は底堅さも

<11:01> 日経平均は軟調、値がさ株下落が重し 内需株は底堅さも 日経平均は軟調な展開が続いている。前営業日比約630円安の2万7900円台後 半で推移している。一時、節目の2万8000円を上回ったが、下げ幅を縮める動きは限 定的となっている。 昨日の米株市場では、これまで株価の上昇をけん引してきたアップルなどが 急落し、「日本株市場でも値がさのハイテク株売りにつながっているようだ」(国内金融 機関)という。 一方、旅行関連株など内需株はしっかり。個別では、エイチ・アイ・エスが 4%高、エアトリが3%高となっている。市場では「コロナ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、リオープン関連の底堅い動きを支えに

<10:00> 日経平均は下げ渋り、リオープン関連の底堅い動きを支えに 日経平均は、売り一巡後に下げ渋っている。足元では2万7900円台での推移。ハ イテク株やグロース(成長)株の下落が目立ち、主力株も総じて弱い。東証プライム市場 の騰落数は、値上がり6%の一方、値下がりは91%と、幅広く売られている。 一方、空運や陸運、旅行関連、百貨店といった経済再開(リオープン)関連の一角で は、プラスを維持していたりマイナスが深まってない銘柄がみられ「関連銘柄の底堅さが 投資家心理を支えている側面がありそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。 東証...

寄り付きの日経平均は大幅反落スタート、米株急落を嫌気 米CPIが予想上回る

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比481円93銭安の2万8132円70銭と、大幅に反落してスタートした。前日の米国市場で消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回り米株が急落したことを嫌気する売りが先行した。短時間で2万8000円を割り込み、一時800円超安に下げを広げた。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、上新電機が買い優勢 フィックスターズは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、上新電機が買い優勢 フィックスターズは売り優 勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 上新電機 19% 2,25 2,24 2,25 1,89 0 9 0 3 2 日医工 19% 630 629 630 530 3 TDCソフト 11% 1,30 1,29 1,30 1,17 0 9 0 5 4 鳥貴族HLDG 9% 2,16 2,16 2,16 1,99 9 8 9 5 5...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線・200日線上回り下値に堅さ

<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線・200日線上回り下値に堅さ 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。コマの形状で様子見姿勢の 強さが示唆される。一方、3営業日ぶりに5日移動平均線(2万7812円76銭=4日 )を終値で上回った。引き続き200日線(2万7559円18銭=同)も上回っている 。心理的節目2万8000円で上値を抑えられる展開が継続しているが、200日線をサ ポートに下値の堅い基調も維持している。 <15:06> 新興株はマザーズが続伸、値がさ株の上昇が支援 米株高を好感 新興株式市場は、マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、値がさ株の上昇が支援 米株高を好感

<15:06> 新興株はマザーズが続伸、値がさ株の上昇が支援 米株高を好感 新興株式市場は、マザーズ総合が1.68%高の736.02ポイントと続伸した。 東証グロース市場指数は前営業日比1.68%高の935.97ポイントだった。前日の 米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が上昇したことが投資家心理を上向かせ 、グロース株が買われた。 値がさのフリーやビジョナルが大幅高となり指数の押し上げに寄与 。ジーエヌアイグループは年初来高値を更新した。一方、プレシジョン・システ ム・サイエンスやユナイテッドが大幅安。ライフネット生命保険<7157...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up