for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アサヒグループホールディングス株式会社

2502.T

現在値

5,251.00JPY

変化

-63.00(-1.19%)

出来高

1,808,300

本日のレンジ

5,244.00

 - 

5,380.00

52週レンジ

3,223.00

 - 

5,684.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,314.00
始値
5,348.00
出来高
1,808,300
3か月平均出来高
32.89
高値
5,380.00
安値
5,244.00
52週高値
5,684.00
52週安値
3,223.00
発行済株式数
506.74
時価総額
2,694,216.00
予想PER
16.91
配当利回り
2.01

次のエベント

Q3 2021 Asahi Group Holdings Ltd Earnings Presentation (Japanese)

適時開示

その他

Asahi Group Holdings To Issue 50 Billion Yen Of Unsecured Straight Corporate Bonds

Heineken Acquires Strongbow Brand In Australia

Japan's Asahi Group Holdings Says To Issue Total Number Of New Shares Announced On Aug 25 In Third-Party Allotment

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アサヒグループホールディングス株式会社とは

アサヒグループホールディングスは、日本国内及び海外において、主に酒類、飲料、食品の製造・販売を行う。【事業内容】同社は、5つの事業セグメントで構成される。酒類事業は、ビール、発泡酒、焼酎、ウイスキー等酒類製品の製造・販売及び外食事業、卸事業等を行う。飲料事業は、清涼飲料等の製造・販売を行う。食品事業は、食品、薬品の製造・販売を行う。国際事業は、ビール他酒類製品、清涼飲料の製造・販売等を行う。その他事業は、物流事業等を行う。

業種

Beverages (Alcoholic)

連絡先

Asahi Beer Headquarter Bldg.

1-23-1, Azumabashi

SUMIDA-KU, TKY

130-8602

Japan

+81.3.56085112

https://www.asahigroup-holdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Akiyoshi Koji

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Director

Atsushi Katsuki

President, Chief Executive Officer, Chief Senior Director of Japan, Representative Director

Ryoichi Kitagawa

Chief Financial Officer, Managing Director, Managing Executive Officer

Keizo Tanimura

Executive Officer, Chief Human Resource Officer, Director

Temin Paku

Executive Officer, Chief Administrative Officer, Director

統計

1.87 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.1K

2019

2.1K

2020

2.0K

2021(E)

2.3K
EPS (JPY)

2018

329.799

2019

310.440

2020

196.520

2021(E)

314.236
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.42
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.23
株価純資産倍率(四半期)
1.58
株価キャッシュフロー倍率
9.76
総負債/総資本(四半期)
101.06
長期負債/資本(四半期)
70.73
投資利益率(過去12カ月)
5.43
自己資本利益率(過去12カ月)
3.22

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、引き続き過熱感くすぶる

<16:32> 日経平均・日足は「小陽線」、引き続き過熱感くすぶる 日経平均・日足は「小陽線」となった。前日の中陽線に包まれる「はらみ線」の形状 で、膠着感もうかがえる。25日移動平均線(2万8177円14銭=9日)からの乖離 は6.50%にやや縮小したが、過熱感の目安とされる5%を引き続き上回っている。ボ リンジャーバンドではプラス2シグマ(2万9929円86銭=同)付近へと移行したが 、なお上昇しすぎの範囲内の水準で、短期的な過熱感はくすぶる。 <15:50> 新興市場は反落、利益確定売りに押される 新興株市場では、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反落、利益確定売りに押される

<15:50> 新興市場は反落、利益確定売りに押される 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。利益 確定売りに押された。 マザーズ総合は前営業日比0.71%安。1100―1200の価格帯が6―7月に もみあった水準でもあり、「やれやれの売りが出やすく、目先は上値が重くなりそう」( 国内証券)との声が聞かれた。 メルカリ やBASE などの下げが指数の重しとなった。一方、FR ONTEO は上場来高値を更新した。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.08%安。ウエストホールディングス<1407. T>などがさえなかった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、先高観根強く下げ渋り

<14:02> 日経平均は安値もみあい、先高観根強く下げ渋り 日経平均はきょうの安値圏でもみあい。利益確定売りに押されて徐々に水準を切り下 げた。東証1部の値下がり銘柄数は前引け時点比で増加し1575。ただ、2万9900 円台前半では押し目買いが入り、下げ渋っている。市場では「連騰後でもあり、売りが出 やすいが、先高観も根強く底堅い印象」(国内証券)との声が聞かれる。 <12:35> 後場は3万円割れで始まる、SQ算出控えて見送りムードも 後場寄り付きの日経平均は3万円を割り込んで始まった。ただ、すかさず押し目買い が入り、徐々に小戻す...

〔マーケットアイ〕株式:後場は3万円割れで始まる、SQ算出控えて見送りムードも

<12:35> 後場は3万円割れで始まる、SQ算出控えて見送りムードも 後場寄り付きの日経平均は3万円を割り込んで始まった。ただ、すかさず押し目買い が入り、徐々に小戻す動きとなっている。その後は3万円前後の水準で推移。市場では「 メジャーSQ(特別清算指数)算出をあすに控えているため、後場は一段と見送りムード が強くなりそうだ」(国内証券)との声も聞かれる。 <11:40> 前場の日経平均は9日ぶりに反落、高値警戒感から利益確定売り 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比139円88銭安の3万0041円3 3銭となり、9日ぶりに反落...

午前の日経平均は9日ぶりに反落、高値警戒感から利益確定売り

9日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比139円88銭安の3万0041円33銭となり、9日ぶりに反落。前日までの上昇が急で高値警戒感から利益確定売りが優勢の展開となった。ただ、押し目買い意欲も強いことから、崩れる気配も感じられず、3万円台を維持する格好で弱もちあいとなっている。TOPIXも反落した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、警戒感から利益確定売りが先行

<10:55> 日経平均は弱もちあい、警戒感から利益確定売りが先行 日経平均は弱もちあい。3万円を超えた水準で一進一退となっている。これまでの急 な上昇に対する警戒感から、利益確定売りが先行する格好だ。前日は日経平均終値と25 日移動平均線との乖離率が7%以上となるなど、テクニカル面では過熱感を示す指標が目 立つ。 市場では「これまでの急速な戻りを考えれば、ここでの一服は自然な動きだ。依然と して商いが膨らんだ状況にある点から、利益確定売りが消化されているとみられ、強い基 調を維持していると言える」(国内証券)との声も聞かれた。 <10...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は3万円近辺で一進一退、値がさ株や景気敏感株が軟調

<10:05> 日経平均は3万円近辺で一進一退、値 がさ株や景気敏感株が軟調 日経平均は3万円近辺を推移している。指数寄与度の高いソフトバンクグループ<998 4.T>、ファーストリテイリング が軟調となり日経平均の重しとなっているほか 、景気敏感株も総じてさえない展開となっている。 市場では「米国で発表された地区連銀経済報告(ベージュブック)で、新型コロナの デルタ変異株の感染拡大による経済活動ペースの鈍化が確認された。これが嫌気され景気 敏感株が軟調となっている」(国内証券)との声が聞かれた。 米連邦準備理事会(FRB)は8日に公表...

寄り付きの日経平均は反落、米株安を嫌気 3万円近辺でもみあい

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比222円00銭安の2万9959円21銭となり、反落して始まった。8日の米国株式市場で主要3指数が下落した流れを引き継ぐ格好となった。その後は下げ幅を縮小し、現在3万円近辺でのもみあいとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均日足は「小陽線」、200・25日線を上抜け デッドクロスに警戒

<16:20> 日経平均日足は「小陽線」、200・25日線を上抜け  デッドクロスに警戒 日経平均日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。気迷いを示す形状となった。終値(2万8070円51 銭=11日)は上値抵抗線として意識されていた200日移動平均線(2万7971円59銭=同)、25 日移動平均線(2万7975円94銭=同)を上抜けた。一方、200日線と25日線は急接近しており、 デッドクロスが警戒される。 <15:55> 新興市場はしっかり、マザーズは3日続伸 好決算銘柄に物色 新興株市場では、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はしっかり、マザーズは3日続伸 好決算銘柄に物色

<15:55> 新興市場はしっかり、マザーズは3日続伸 好決算銘柄に物色 新興株市場では、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック平均が続伸した。引き続き企業決 算を材料視した動きがみられた。市場では「続伸ではあるものの、盛り上がりに欠ける。9月に米連邦準備 理事会(FRB)の量的緩和縮小(テーパリング)が発表される見通しの中では、モメンタム株はやりづら い。業績相場になりつつある」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.51%高。Enjin 、プレイド 、グローバルウェイ などが上昇。ベイシス 、弁護士ドットコム...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、130円高 半導体関連がさえない

<13:20> 日経平均はもみあい、130円高 半導体関連がさえない 後場の日経平均は前営業日比130円ほど高い水準で小動き。値動きに乏しく、後場の日経平均の値幅 は上下約44円にとどまっている。個別では東京エレクトロン 、アドバンテスト などの半 導体関連株が下げ幅を拡大し、日経平均を約77円押し下げる格好となっている。 市場では「ハイテク株が軟調ではあるものの、ダウ高を好感し景気敏感株は堅調。個別では企業決算を 好感した買いも入っている。ただ、夏季休暇で市場参加者は少ないようだ」(国内証券)との声が聞かれた 午後1時15分時点での東証...

午前の日経平均は続伸、米株上昇を受け好決算銘柄中心に物色

11日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比181円13銭高の2万8069円28銭となり、続伸した。米国株式市場の上昇を受けて朝方から堅調な地合いを維持し、引き続き好決算銘柄を中心に物色される展開となっている。ただ、戻り売り圧力が警戒され、中ごろから高値圏でのもみあいに終始した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調持続、徐々に2万8000円台を固める動き

<11:05> 日経平均は堅調持続、徐々に2万8000円台を固める動き 日経平均は堅調を持続している。1分足チャートをみると、下値を切り上げるパターンで、徐々に2万 8000円台を固める動きになってきた。戻り売りの消化で動きが重く感じられるものの、旧盆休み前で参 加者が減っているためだといい、市場では「企業業績が好調なことは明らかになっており、夏休みが終わる とともに修正高に動くのではないか」(国内証券)との声も聞かれる。 <10:10> 日経平均は強もちあい、12月期決算の上方修正銘柄に買い 日経平均は強もちあい。朝方は上伸して始まったものの...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、12月期決算の上方修正銘柄に買い

<10:10> 日経平均は強もちあい、12月期決算の上方修正銘柄に買い 日経平均は強もちあい。朝方は上伸して始まったものの、その後は上げ幅を縮小している。「2万80 00円を超えると重さが意識され、動きが止まってしまう」(国内証券)という。 そうした中、引き続き好決算銘柄が活況を呈した。前日に通期見通しの上方修正を発表したアサヒグル ープホールディングス 、ブリヂストン など12月期決算銘柄が買われている。 <09:05> 日経平均は続伸、米国株式の上昇を受け幅広く物色 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比157円69銭高の2...

五輪スポンサー、満足すべき効果得られた=アサヒGHD社長

アサヒグループホールディングスの勝木敦志・社長兼最高経営責任者(CEO)は10日に行った決算会見で、東京五輪のスポンサーについて「満足すべき効果は得られたと思っている」と述べた。

アングル:ストロング系に酔えない大手ビール会社、健康志向で軸足シフト

ここ数年、人気を集めてきた「ストロング系」と称される高アルコール度数の缶チューハイに健康被害を誘発するとの指摘が高まり、大手ビールメーカーが慎重姿勢に舵を切り始めた。世界的な健康志向の高まりを受け、酒を飲めない人だけでなくあえて飲まない人も増加する中で、伸びてきた低・ノンアルコール系に軸足を移しつつある。

五輪会場内は飲酒禁止、アルコール飲料の販売もなし 組織委が決定

東京五輪・パラリンピック大会組織員会の橋本聖子会長は23日、大会会場での飲酒を禁止し、アルコール飲料の販売もしないと発表した。関係自治体等連絡協議会後の記者会見で述べた。

焦点:「漂流」する五輪スポンサー、開幕50日前でも視界不良

「技術力」や「おもてなし」──東京五輪・パラリンピックは日本が自国を世界にアピールする絶好の機会になるはずだった。それが新型コロナウイルスの感染拡大で大会の規模縮小は確実、開催すら危ぶまれる事態となり、目算は狂った。

当面は有利子負債倍率の改善優先、大型買収は考えてない=勝木アサヒGH社長

アサヒグループホールディングス(GH)の勝木敦志社長はロイターとのインタビューで、海外でのⅯ&A(合併・買収)戦略に関連して、当面は有利子負債削減を優先する考えを示した。

アングル:コロナ禍で広がる「休肝日」、国内メーカーはノンアルシフト

新型コロナウイルスのパンデミックによって、外で飲む機会もすっかり減った。神戸市に住む男性の公務員、Aさんはこれを機会にさまざまなブランドのノンアルコールビールを試してみた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up