for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アサヒグループホールディングス株式会社

2502.T

現在値

4,058.00JPY

変化

-75.00(-1.81%)

出来高

4,273,700

本日のレンジ

4,058.00

 - 

4,175.00

52週レンジ

3,006.00

 - 

5,578.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,133.00
始値
4,100.00
出来高
4,273,700
3か月平均出来高
43.87
高値
4,175.00
安値
4,058.00
52週高値
5,578.00
52週安値
3,006.00
発行済株式数
458.08
時価総額
1,962,391.00
予想PER
13.31
配当利回り
2.46

次のエベント

Dividend For 2502.T - 53.0000 JPY

適時開示

その他

AB InBev: Sale Of Carlton & United Breweries Granted Approval in Australia

Japan's Asahi Group Says Expects Deal With AB InBev To Close June 1

Australia's ACCC Says Asahi Group Holdings Proposed Acquisition Of Carlton & United Breweries Will Not Be Opposed

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アサヒグループホールディングス株式会社とは

アサヒグループホールディングスは、日本国内及び海外において、主に酒類、飲料、食品の製造・販売を行う。【事業内容】同社は、5つの事業セグメントで構成される。酒類事業は、ビール、発泡酒、焼酎、ウイスキー等酒類製品の製造・販売及び外食事業、卸事業等を行う。飲料事業は、清涼飲料等の製造・販売を行う。食品事業は、食品、薬品の製造・販売を行う。国際事業は、ビール他酒類製品、清涼飲料の製造・販売等を行う。その他事業は、物流事業等を行う。

業種

Beverages (Alcoholic)

連絡先

Asahi Beer Headquarter Bldg.

1-23-1, Azumabashi

SUMIDA-KU, TKY

130-8602

Japan

+81.3.56085112

https://www.asahigroup-holdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Naoki Izumiya

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors

Akiyoshi Koji

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Atsushi Katsuki

Senior Managing Director, Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer

Keizo Tanimura

Executive Officer, Chief Human Resource Officer, Director

Temin Paku

Executive Officer, Chief Administrative Officer, Director

統計

2.00 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

2.1K

2018

2.1K

2019

2.1K

2020(E)

2.1K
EPS (JPY)

2017

307.780

2018

329.799

2019

310.440

2020(E)

304.863
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.74
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.95
株価純資産倍率(四半期)
1.84
株価キャッシュフロー倍率
7.92
総負債/総資本(四半期)
98.89
長期負債/資本(四半期)
52.08
投資利益率(過去12カ月)
6.84
自己資本利益率(過去12カ月)
4.52

最新ニュース

最新ニュース

東京外為市場・15時=ドル107円半ば、国内勢の豪ドル買い一服

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 107.51/53 1.0956/60 117.80/84  午前9時現在 107.49/51 1.0983/87 118.00/04  NY午後5時 107.52/53 1.0980/83 118.01/05 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から横ばいの107円 半ば。アジア株は上下まちまちで、主要通貨も売買が交錯。前日に国内勢の買いが目立っ た豪ドル/円が売りに押されたことで、円が底堅くなる場面もあった。 日中にドルは一時107.37...

アサヒ、ABインベブ豪事業の株式取得で三井住友銀から1.18兆円借入

アサヒグループホールディングス<2502.T>は25日、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)のオーストラリア事業の株式を取得する資金として、三井住友銀行から資金1兆1850億円を借り入れると発表した。調達する資金については、格付上の資本性評価額3000億円相当の調達および負債性資金の調達により借り換えていく予定。

ホットストック:アサヒGHDがさえない、業績予想を未定と発表

アサヒグループホールディングスがさえない。同社は11日、2020年12月期の通期連結業績予想(IFRS、国際会計基準)を未定とすると発表。これを受けて売りが優勢となっている。

アサヒ、通期業績予想を未定に 消費意欲の低迷で需要減少

アサヒグループホールディングス<2502.T>は11日、2020年12月期の通期連結業績予想(国際会計基準)を未定とすると発表した。日本、欧州、豪州などの各地域で新型コロナウイルス感染拡大の終息時期などの不確実な要素が多く、現時点で業績への影響を見積もることが難しいためという。

アサヒ、通期業績予想を未定に 20年1─3月期営業利益は44.5%減

アサヒグループホールディングスは11日、2020年12月期の通期連結業績予想(IFRS、国際会計基準)を未定とすると発表した。日本、欧州、豪州などの各地域で新型コロナウイルス感染拡大の終息時期などの不確実性要素が多く、現時点で業績への影響を見積もることが難しいためという。

今日の株式見通し=一進一退、決算確認しながら個別物色か

11日の東京株式市場で日経平均株価は一進一退の展開が予想されている。米国株市場で主要3指数が堅調に推移したことは下値を支える要因となりそうだが、日経平均は前週末に2万円台を回復して取引を終えており、戻り売りが相応に出るとみられる。国内企業の決算内容を確認しながら個別に物色する動きとなりそうだ。

ビール大手のABインベブ、業績悪化を予想 中国は回復の初期兆候

ビール大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)<ABI.BR>は7日、新型コロナウイルスの封鎖措置の影響で第2・四半期の業績が「大幅に悪化」するとの見通しを示した。

豪当局、アサヒの豪ビール最大手買収を承認 一部ブランド売却が条件

オーストラリアの競争当局は1日、アサヒグループホールディングス<2502.T>が、ベルギーのビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)<ABI.BR>から豪ビール最大手カールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズ(CUB)を110億ドルで買収する計画に反対しないと表明した。

アサヒ、ABインベブ豪事業の株式取得時期を変更 20年第2四半期に

アサヒグループホールディングス<2502.T>は24日、ビール世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)<ABI.BR>のオーストラリア事業の株式取得時期について、2020年第2・四半期にずれ込む見込みと発表した。

新型コロナで投資余力を再考、企業買収は抑制=キリンHD常務

キリンホールディングス <2503.T>の横田乃里也・取締役常務執行役員(最高財務責任者)はロイターとのインタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大で収益が見通しづらいことから、投資余力を評価し直す考えを示した。より厳しく投資の優先順位を付け、買収などの大型投資は「視界が晴れるまでできない」と語った。

アングル:総会開催で苦悩する企業、感染対策で「バーチャル」に弾みも

新型コロナウイルスによる感染症の拡大に終息の兆しが見えないなかで、企業は定時株主総会の開催で頭を悩ませている。感染防止策を講じながら通常通りの会場開催を決める企業が多いが、オンラインでの視聴・議決権行使を併用する「ハイブリッド」の総会を開催する企業も出始めている。感染防止の取り組みが、今後のオンラインの活用に弾みをつけるとの見方もある。

アサヒ、今期営業利益1%増の2035億円と予想 韓国不買の影響

アサヒグループホールディングス<2502.T>は13日、2020年12月期の連結業績予想(国際基準)を発表した。営業利益は前年比1.0%増の2035億円とした。リフィニティブがまとめたアナリスト14人の予想平均は2415億円。売上収益は2.2%増の2兆1350億円、当期利益は0.6%増の1430億円を見込む。

アサヒ、20年12月期営業利益を1%増の2035億円と予想

アサヒグループホールディングスは13日、2020年12月期の連結業績予想を発表した。営業利益は前年比1.0%増の2035億円とした。

日経平均はしっかり、新型肺炎の警戒感残る中で自律反発

東京株式市場で日経平均株価はしっかり。新型肺炎の感染拡大が依然として警戒されているが、ドル/円が円安方向に振れたほか、前日の米国株式市場が上昇したことなどが好感され、終始堅調な地合いを持続。ただ、警戒感が後退したわけではないため、上値を積極的に取る動きがみられなかったことで、きょうの切り返しは自律反発との見方も出ている。

大手酒類メーカー、2024年までに商品の飲酒年齢表示を徹底へ

世界の大手酒類メーカー12社が加盟する団体、責任ある飲酒国際連盟(IARD)は、未成年者飲酒対策として、商品における飲酒可能年齢の表示を全市場で2024年までに徹底する方針を明らかにした。

欧州市場サマリー(12日)

これに先立ち、ラガルド総裁は記者会見で、経済に対するリスクは幾分軽減したと述 べた。 取引終盤の独10年債利回りは6ベーシスポイント(bp)上昇のマイ ナス0.26%と約1週間ぶりの高水準。もっともラガルド総裁が序盤にインフレ見通し は依然抑制されていると述べたことで、マイナス0.34%と約1週間ぶりの低水準を付 ける場面があった。 イタリア10年債利回りは2bp上昇。今週に入り上昇は初めて。コンテ首相はユー ロ圏のより広範な財政改革の一環でない限り、欧州安定メカニズム(ESM)の改革には 合意しないと表明した ECB理事会前にはイタリア...

欧州株式市場=続伸、ECB総裁発言で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 407.58 +1.36 +0.33 406.22 FTSEユーロファース 1593.38 +5.78 +0.36 1587.60 ト300種 ユーロSTOXX50種 3706.35 +18.90 +0.51 3687.45 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁が、 非伝統的な金融政策の副作用を認識していると発言したことで銀行株が買われた。米中通 商協議の進展を受け相場は一段高となった。 STOXX...

アサヒの豪カールトン買収計画、現地競争当局が懸念

アサヒグループホールディングス<2502.T>が計画する豪ビール会社カールトン・アンド・ユナイテッド・ブリュワリーズの買収を巡り、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12日、サイダー(果実を発酵させた醸造酒)市場の競争低下につながるほか、ビール市場でも同様の状況が懸念されると指摘した。

アサヒの豪カールトン買収計画、現地競争当局が懸念

アサヒグループホールディングスが計画する豪ビール会社カールトン・アンド・ユナイテッド・ブリュワリーズの買収を巡り、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12日、サイダー(果実を発酵させた醸造酒)市場の競争低下につながるほか、ビール市場でも同様の状況が懸念されると指摘した。

日経平均は小幅続伸、連日年初来高値更新 外部環境が安心感誘う

東京株式市場で日経平均は小幅に続伸し連日年初来高値を更新。オーバーナイトで米国株が堅調推移し、為替も1ドル109円台で安定的に推移したことが好感され、朝方から買いが先行した。寄り付きで年初来高値を付けた後は利益確定の売りに押され、小動きとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up