for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アサヒグループホールディングス株式会社

2502.T

現在値

4,253.00JPY

変化

2.00(+0.05%)

出来高

852,300

本日のレンジ

4,179.00

 - 

4,253.00

52週レンジ

3,006.00

 - 

5,200.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,251.00
始値
4,245.00
出来高
852,300
3か月平均出来高
38.11
高値
4,253.00
安値
4,179.00
52週高値
5,200.00
52週安値
3,006.00
発行済株式数
481.49
時価総額
2,155,271.00
予想PER
23.17
配当利回り
2.38

次のエベント

Full Year 2020 Asahi Group Holdings Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Heineken Acquires Strongbow Brand In Australia

Japan's Asahi Group Holdings Says To Issue Total Number Of New Shares Announced On Aug 25 In Third-Party Allotment

Asahi Group Holdings - Completed Procedures For Acquisition Of AB Inbev's Australia Unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アサヒグループホールディングス株式会社とは

アサヒグループホールディングスは、日本国内及び海外において、主に酒類、飲料、食品の製造・販売を行う。【事業内容】同社は、5つの事業セグメントで構成される。酒類事業は、ビール、発泡酒、焼酎、ウイスキー等酒類製品の製造・販売及び外食事業、卸事業等を行う。飲料事業は、清涼飲料等の製造・販売を行う。食品事業は、食品、薬品の製造・販売を行う。国際事業は、ビール他酒類製品、清涼飲料の製造・販売等を行う。その他事業は、物流事業等を行う。

業種

Beverages (Alcoholic)

連絡先

Asahi Beer Headquarter Bldg.

1-23-1, Azumabashi

SUMIDA-KU, TKY

130-8602

Japan

+81.3.56085112

https://www.asahigroup-holdings.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Naoki Izumiya

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors

Akiyoshi Koji

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Atsushi Katsuki

Senior Managing Director, Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer

Keizo Tanimura

Executive Officer, Chief Human Resource Officer, Director

Temin Paku

Executive Officer, Chief Administrative Officer, Director

統計

1.93 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

2.1K

2018

2.1K

2019

2.1K

2020(E)

2.0K
EPS (JPY)

2017

307.780

2018

329.799

2019

310.440

2020(E)

183.505
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.03
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.07
株価純資産倍率(四半期)
1.53
株価キャッシュフロー倍率
9.57
総負債/総資本(四半期)
139.56
長期負債/資本(四半期)
27.87
投資利益率(過去12カ月)
5.37
自己資本利益率(過去12カ月)
2.98

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:アサヒHDが続騰、「逆日歩攻め」の様相に

アサヒグループホールディングスが続騰している。とりわけ目新しい材料は見当たらず、好需給を手掛かりに上昇している格好。市場では「逆日歩攻め」の様相を呈しているとの指摘もあった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「上影陽線」、5日線と日足の幅が縮小

<16:20> 日経平均・日足は「上影陽線」、5日線と日足の幅が縮小 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「上影陽線」。高値圏で上影陽線が現れ、反落を示すサインとな っている。 また、日足は5日移動平均線(2万6695円24銭=3日)よりも上に位置しているが、その幅は縮 小しつつあり、上昇スピードが緩やかになる可能性が高い。 <15:55> 新興株市場はさえない、新規IPO控えた調整も 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場では「年末 に入り、節税対策の売りが活発になりやすい時期だ。特に、今年高値...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、新規IPO控えた調整も

<15:55> 新興株市場はさえない、新規IPO控えた調整も 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場では「年末 に入り、節税対策の売りが活発になりやすい時期だ。特に、今年高値を更新してその後下がっている銘柄ほ ど売られやすい状況にある」(SBI証券の投資情報部アドバイザー、雨宮京子氏)との声が聞かれた。ま た、「12月は新規IPOが多く、IPO銘柄を買うため、今のうちに保有している株式を売る個人投資家 も多いのではないか」(雨宮氏)という。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.11%安。個別では...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場軟調、急騰後の調整局面に

<14:05> 日経平均は後場軟調、急騰後の調整局面に 日経平均は後場軟調。前営業日比40円ほど安い2万6700円台半ばで推移している。市場からは「 株式市場はまだ上昇の余地はあるが、日経平均は11月に入って急騰しており、いったん調整が行われてい るようだ。今週はこのまま高値圏でのもみあいが続く可能性が高い」(国内証券)との声が聞かれた。 <13:00> 後場の日経平均は一進一退、上値の重さと下値の底堅さが共存 後場の日経平均は一進一退、前日終値近辺での推移となっている。時間外取引での米株先物はランチタ イム中上昇したものの、日経平均は...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は一進一退、上値の重さと下値の底堅さが共存

<13:00> 後場の日経平均は一進一退、上値の重さと下値の底堅 さが共存 後場の日経平均は一進一退、前日終値近辺での推移となっている。時間外取引での米株先物はランチタ イム中上昇したものの、日経平均は引き続き方向感に乏しい値動きとなっている。 市場では「ワクチン期待相場はピークを迎えたようにみえる。経済指標もさえない内容のものが多く、 やや重しとなっているようだ。日経平均は上値の重さと下値の底堅さが共存し、押し目買いと戻り売りが繰 り返されるような動きとなっている。来週のメジャーSQまでは同じような動きが続くのではないか」(国 内証券...

前場の日経平均は続伸、5円高 TOPIXはしっかり

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比5円39銭高の2万6806円37銭となり、小幅続伸した。オーバーナイトの米国株式市場はまちまち。日経平均は反落スタート後、マイナス圏とプラス圏を行き来する方向感に欠ける値動きとなった。ただ、TOPIXはしっかりとした動きとなっており、全体的な底上げの動きは変わらないとみる関係者は多い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、方向性欠く中で逆日歩銘柄に買い戻し

<10:05> 日経平均はもみあい、方向性欠く中で逆日歩銘柄に買い戻し 日経平均は前日比変わらずの水準をはさんでもみあい。TOPIXは堅調に推移して いる。方向性を欠き、バリュー株、グロース株ともに物色のテーマ性、流れがつかみにく い状況となった。そうした中「アサヒグループホールディングス など個別に物色 されている銘柄の多くは、逆日歩がついている。空売りした投資家の買い戻しが多いよう だ」(野村証券・投資情報部情報二課課長代理の神谷和男氏)との声が聞かれた。 <09:05> 日経平均は反落、底上げの動き変わらずTOPIXはしっかり 寄...

日経平均は急反発、連日のバブル後最高値

東京株式市場で日経平均は、急反発。景気敏感株を中心に幅広く物色され、前日に続いて立ち会い時間中のバブル後最高値を更新した。

アサヒ、20年1―9月期営業利益は26.2%減 通期業績予想は維持

アサヒグループホールディングス<2502.T>が5日発表した2020年1―9月期(国際会計基準)の連結営業利益は、前年同期比26.2%減の1180億円だった。第2・四半期を底に回復傾向にあるものの、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外食産業の低迷や外出自粛の影響は続いている。

アサヒ、新株の発行価格を1株3357円に決定

アサヒグループホールディングス<2502.T>は7日、計画している公募増資に伴う新株発行価格が1株3357円に決まったと発表した。9月7日の終値3461円から3%のディスカウント。

訂正-アサヒ(訂正)、公募増資伴う新株発行価格を1株3357円に決定

アサヒグループホールディングス(訂正)は7日、計画している公募増資に伴う新株発行価格が1株3357円に決まったと発表した。9月7日の終値3461円から3%のディスカウント。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇トレンドは維持

<17:00> 日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇トレンドは維持 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。陽線とはなったものの、終値は 5円91銭安と小幅に反落しており、気迷いが現れ始め高値警戒感が出ている。ただ、5 日移動平均線上(2万3074円81銭=26日)は維持しており、短期上昇トレンドは 継続している。 <16:30> 新興株式市場はしっかり、上場2日目のインタファクトリは初値持 ち越し 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は4日続伸、 東証マザーズ指数は反 発した。市場では「東証1部の動きがさえなかったため、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、上場2日目のインタファクトリは初値持ち越し

<16:30> 新興株式市場はしっかり、上場2日 目のインタファクトリは初値持ち越し 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は4日続伸、 東証マザーズ指数は反 発した。市場では「東証1部の動きがさえなかったため、新興株式市場に資金がシフトし た。個別材料株に物色が向かったほか、直近IPO銘柄も買われた」(国内証券)との声 が聞かれた。25日にマザーズ市場に新規上場したインターファクトリー は、こ の日も初値形成を持ち越し、買い気配のまま取引を終えた。 日経ジャスダック平均は0.62%高。歯愛メディカル 、大戸屋ホールディ ングス 、...

日経平均反落、前日の大幅高で見送りムード

東京株式市場で日経平均は小幅に反落した。日経平均は前日にコロナ急落直前の水準を回復した達成感があり、見送りムードが強まった。一方で、円安基調と新型コロナワクチン開発への期待で下値は限定的。強弱感が対立する中で日経平均はプラス圏とマイナス圏を行き来する方向感に欠けた展開となった。東証1部の売買代金は2兆円を下回り、薄商いだった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は20円安、円安とワクチン開発期待で下値は限定的

<13:45> 日経平均は20円安、円安とワクチン開発期待で下値は限定的 日経平均は後場寄り直後に前営業日比93円77銭安の2万3203円00銭で安値を付けた後、戻り 歩調となり、現在20円ほど安い2万3200円後半での推移となっている。 市場では「日経平均はきのうコロナショック前の水準まで回復したこともあり、きょうは利益確定売り が強まりやすい。ただ、為替のドル/円が106.50円台まで上昇したほか、新型コロナワクチンへの開 発期待も引き続き下支えとなっており、下値は限定的」(国内証券)との声が出ていた。 午後1時45分時点での東証1...

前場の日経平均は反落、戻りの達成感から利益確定売り

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比39円60銭安の2万3257円17銭となり、反落した。オーバーナイトの米国株市場でS&P総合500種とナスダック総合指数が最高値を更新したが、日経平均は前日にコロナ急落直前の水準を回復した達成感などもあり、利益確定の動きが優勢となった。

アサヒ、公募増資などで最大1575億円調達へ

アサヒグループホールディングス<2502.T>は25日、オーバーアロットメント(追加の売り出し)を含め、公募増資などで最大1575億円を調達すると発表した。

アサヒ、公募増資などで最大1575億円を調達へ

アサヒグループホールディングスは25日、オーバーアロットメント(追加の売り出し)を含め、公募増資などで最大1575億円を調達すると発表した。

日経平均続伸、円安好感で幅広く買い 2万3000円接近で伸び悩む

東京株式市場で日経平均は、続伸。前日の米国株式市場が軟調となり、マイナスで始まったものの、円安が好感され輸出関連株を中心に幅広く買われ、後半は堅調となった。ただ、日経平均で上値の目安として意識される2万3000円に接近してきた水準では、上値が重いとの印象があり、全般的に伸び悩み気味となった。

ホットストック:猛暑関連株がしっかり、朝から気温上昇で定番銘柄に短期資金

猛暑関連株にしっかりした銘柄が目立つ。ビール株でアサヒグループホールディングス、飲料株でコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス、エアコンではダイキン工業などが堅調となっている。前日は40度を超す地域があったほか、きょうも朝から全国的に気温が上昇。各所で猛暑日となることが見込まれており、夏の定番銘柄として関連銘柄に短期的な資金が集まっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up