for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キリンホールディングス株式会社

2503.T

現在値

2,015.00JPY

変化

-5.50(-0.27%)

出来高

2,001,600

本日のレンジ

2,007.50

 - 

2,034.00

52週レンジ

1,879.00

 - 

2,462.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,020.50
始値
2,020.50
出来高
2,001,600
3か月平均出来高
66.18
高値
2,034.00
安値
2,007.50
52週高値
2,462.50
52週安値
1,879.00
発行済株式数
833.61
時価総額
1,846,737.00
予想PER
16.13
配当利回り
3.22

次のエベント

Q2 2021 Kirin Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Amnesty Says Kirin's Move In Myanmar Is Positive , Calls On "All Other International Businesses Linked To Financing Of The Myanmar Military" To Do Same

ACCC Will Not Oppose Proposed Acquisition Of Lion Dairy & Drinks By China Mengniu Dairy

China Mengniu Dairy Announces Acquisition Of Lion-Dairy & Drinks Pty Ltd By Unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キリンホールディングス株式会社とは

キリンホールディングスは、主に綜合飲料事業及び医薬事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。国内ビール・スピリッツ事業は、日本におけるビール、発泡酒、新ジャンル、洋酒他酒類製品の製造・販売を行う。国内飲料事業は、日本における清涼飲料の製造・販売を行う。オセアニア綜合飲料事業は、オセアニア地域におけるビール、洋酒、乳製品、果汁飲料等の製造・販売を行う。医薬事業は、医薬品の製造・販売を行う。また、国内ワイン事業、ミャンマー酒類事業、北米飲料事業、バイオケミカル事業等も行う。

業種

Beverages (Alcoholic)

連絡先

Nakano Central Park South

4-10-2, Nakano

NAKANO-KU, TKY

164-0001

Japan

+81.3.68377000

https://www.kirinholdings.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshinori Isozaki

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Hiroshi Ogawa

Executive Vice President

Keisuke Nishimura

Vice President, Representative Director

Noriaki Kobayashi

Managing Executive Officer, Director

Toshiya Miyoshi

Managing Executive Officer, Director

統計

2.38 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

1.9K

2019

1.9K

2020

1.8K

2021(E)

1.9K
EPS (JPY)

2018

183.570

2019

68.000

2020

85.570

2021(E)

123.954
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.57
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.01
株価純資産倍率(四半期)
1.94
株価キャッシュフロー倍率
10.42
総負債/総資本(四半期)
77.75
長期負債/資本(四半期)
43.64
投資利益率(過去12カ月)
6.75
自己資本利益率(過去12カ月)
4.02

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 2-西村発言を政府撤回、金融機関への働きかけ 関連業界で波紋

西村康稔経済再生担当相が、政府の要請に応じず酒類提供を続ける飲食店に金融機関から順守の働きかけを行ってもらうと発言したことに関して9日夕、政府は方針を撤回し、金融機関への要請を行わないことにした。加藤勝信官房長官が明らかにした。一方、酒類販売業者に対する、酒類提供停止要請に応じない飲食店との取引停止要請は撤回しない。

東京五輪の4都県無観客は「やむなし」=キリンビール社長

キリンビール(東京都中野区)の布施孝之社長は9日の会見で、東京オリンピックが1都3県では無観客開催となることについて、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ「やむなしかなと思う」と述べた。

三菱総研、株式売出価格は3739円

三菱総合研究所は8日、普通株式の売り出し価格が3739円に決定したと発表した。同社は5月28日に155万6600株の売り出しを決議、キリンホールディングスや三菱製鋼など12社が売り出すと発表していた。

ホットストック:三菱総研が売り気配、株式売り出しを嫌気 需給悪化懸念で

三菱総合研究所が売り気配となっている。午前9時05分現在、差し引きで約7万株の売り超過。28日に155万6600株の売り出しを決議したと発表したことが嫌気された。需給悪化が懸念されている。

三菱総研、キリンHDや三菱製鋼などが保有株売り出し

三菱総合研究所は28日、155万6600株の売り出しを決議したと発表した。キリンホールディングスや三菱製鋼、三菱ケミカル(東京都千代田区)など12社が売り出す。

韓国ポスコ、ミャンマー国軍系企業との合弁解消を検討=関係筋

複数の関係筋によると、韓国の鉄鋼大手ポスコは、ミャンマーで2月に起きた軍事クーデターを受けて、同国の国軍系企業との合弁事業解消について検討を開始した。

焦点:日本の官民連合、ミャンマーで不動産開発 土地賃料が国防省に

ミャンマーで総額300億円以上の不動産開発事業を進める日本の官民連合が、ホテルやオフィスなど複合施設を建設する用地の賃料を支払い、それが最終的にミャンマー国防省に渡っていたことが分かった。ロイターが取材した複数の日本企業、政府関係者が認めた。

アングル:コロナ禍で広がる「休肝日」、国内メーカーはノンアルシフト

新型コロナウイルスのパンデミックによって、外で飲む機会もすっかり減った。神戸市に住む男性の公務員、Aさんはこれを機会にさまざまなブランドのノンアルコールビールを試してみた。

震災10年:サプライチェーンで進む「見える化」、想定外に備え代替戦略

東日本大震災から10年、大地震とその後の津波で生産が影響を受けた教訓から、企業は自社の被害への備えだけでなく、複雑に絡み合ったサプライチェーン(供給網)の維持に腐心している。震災以降、仕入れ情報の「見える化」が進み、生産復旧までに必要な在庫量の把握や、想定以上の被害を受けた場合に代替生産できる体制を整備する動きが出ている。

ノルウェー政府系ファンド、キリンのミャンマー企業との提携注視

世界最大の政府系ファンド(SWF)を運用するノルウェー中央銀行投資運用局(NBIM)は、キリンホールディングスを保有対象から外す可能性のある「ウォッチリスト」に指定した。ミャンマー国軍とつながりのある企業との提携が理由。中銀が3日、明らかにした。

ノルウェー政府系ファンド、キリンのミャンマー企業との提携注視

世界最大の政府系ファンド(SWF)を運用するノルウェー中央銀行投資運用局(NBIM)は、キリンホールディングスを保有対象から外す可能性のある「ウォッチリスト」に指定した。ミャンマー国軍とつながりのある企業との提携が理由。中銀が3日、明らかにした。

キリン、ミャンマーから撤退せず 提携解消へ合弁相手とすでに協議

キリンホールディングスは15日、国軍が政権を掌握したミャンマーから撤退しない考えを明らかにした。合弁相手の企業が国軍とつながりがあることが以前から指摘されており、クーデター発生から4日後の今月5日、キリンは提携を解消する方針を発表した。

キリンHD、21年12月期の事業利益予想は11.0%増の1800億円

キリンホールディングスは15日、2021年12月期の連結事業利益(国際会計基準)が前年比11.0%増の1800億円になりそうだと発表した。売上収益は同1.6%増の1兆8800億円、当期利益は同43.2%増の1030億円を見込む。年間配当予想は65円(前期65円)。

BRIEF-キリン、ミャンマーから撤退はせず MEHPとの合弁は解消

* キリン、ミャンマーから撤退はせず MEHPとの合弁は解消 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

情報BOX:半導体やビール工場の一部が操業停止 福島沖地震で

福島県沖を震源とする震度6強の地震発生を受けて、半導体大手のルネサスエレクトロニクスや、ビール大手のキリンホールディングス、アサヒグループホールディングスが一部工場の操業を停止している。トヨタ自動車や日立製作所は大きな被害を確認していない。主な企業の状況は以下の通り。

〔情報BOX〕-自動車・電機に大きな被害見られず、点検で操業停止も 福島沖地震で

福島県沖を震源とする震度6強の地震発生を受けて、自動車や電機の大手製造業では、これまでのところ大きな被害は確認されていない。一部では、詳細に点検するため工場の操業を停止している企業もある。主な企業の状況は以下の通り。 ●トヨタ自動車

キリン、ミャンマー合弁事業の提携を解消へ クーデター「遺憾」

キリンホールディングスは5日、ミャンマーで発生した軍事クーデターを「大変遺憾」とした上で、国軍と取引関係のあるMEHPとの合弁事業の提携を解消せざるを得ず、対応を早急に開始すると発表した。

コラム:ミャンマー再び軍部支配に、投資フロンティアの輝き失う

投資のフロンティアとしてのミャンマーの明るい未来に、にわかに暗雲が垂れ込めてきた。ミャンマー国軍は1日早朝、アウン・サン・スー・チー国家顧問ら与党国民民主連盟(NLD)幹部の身柄を拘束した。同国は再び孤立状態に陥り、そこからの回復は痛みを伴う可能性がある。

ミャンマー進出の日本企業、対応に追われる 軍が政権掌握

ミャンマーで国軍が再び政権を掌握したことを受け、日本政府や現地の日本企業は対応に追われている。民政に移行して以降もイスラム系少数民族ロヒンギャ問題などで欧米企業が投資に二の足を踏む中、日本企業は東南アジアの重要拠点になるとみて相次ぎ進出していた。

豪、中国による建設業者買収を阻止 安全保障上の懸念で=豪紙

オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー(AFR)紙の報道によると、豪政府は、中国建設企業による豪同業のプロビルド社買収を阻止した。国家安全保障上の懸念が理由という。プロビルドは複数の重要建築プロジェクトに参加している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up