for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社イメージワン

2667.T

現在値

725.00JPY

変化

34.00(+4.92%)

出来高

2,081,300

本日のレンジ

674.00

 - 

748.00

52週レンジ

373.00

 - 

824.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
691.00
始値
688.00
出来高
2,081,300
3か月平均出来高
15.78
高値
748.00
安値
674.00
52週高値
824.00
52週安値
373.00
発行済株式数
8.63
時価総額
6,017.64
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 2667.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

ImageOne says shareholding structure change

ImageOne unit to merge with Tokyo-based firm

ImageOne says exercise of warrants

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社イメージワンとは

イメージワングループは主な事業の内容としては、医療画像事業と衛星画像事業により構成される。【事業内容】医療画像事業においては医療画像情報システムを提供することにより、病院業務の情報技術(IT)化を促進し、医療の質とサービスの向上を支援する。一方、衛星画像事業においては衛星画像の実利用普及を通じて日本の安全と環境、防災、農業、地図作成等の分野で社会コスト削減に寄与する。医療画像事業では、医療機関においては、画像診断システム、電子カルテシステム、放射線情報管理システム等の統合・一元管理や、それらを発展させた遠隔医療等の医療施設間ネットワーク化に関心が高まる。このような市場のニーズに沿った先進の医療画像保管・配信・表示システム(PACS)関連商品をコアとした院内医療画像情報のネットワーク化と電子保管のためのシステムの提供、遠隔画像診断支援アプリケーション・サービス・プロバイダー(ASP)サービスや保守サービスを提供する。衛星画像事業については、安全保障、防災、環境、農業等の分野においては、航空機で撮影された画像に比べ、広域の画像情報を効率的に入手し、同一地点の画像情報を時系列に入手することが可能となる衛星画像の有用性が認識されてきた。衛星画像データの販売の他、解析技術を生かした高付加価値事業(変化抽出、オルソ画像、フル偏波解析、地表面変動解析、海上監視等)の構築にも取り組み、人工衛星から小型無人飛行機(UAV)、Pix4Dmappeer(自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェア)、携帯型分光放射計、流速計測(PIV)システムを用いた水害・土砂災害・火山災害のモニタリング等、地球環境分野においても事業を展開する。

業種

Medical Equipment & Supplies

連絡先

6F, Shinjuku Eastside Square

6-27-30, Shinjuku

SHINJUKU-KU, TKY

160-0022

Japan

+81.3.62333410

http://www.imageone.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshihiko Minami

Chairman of the Board

Satoshi Arai

President, Representative Director

Shinichi Nomura

Director of Finance and Accounting, Director

Mototeru Itaya

Chief Director of Tokyo Sales, Director

Katsuji Shimoyasuba

Director of Western Japan Sales, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.00
株価純資産倍率(四半期)
3.32
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
8.62
長期負債/資本(四半期)
3.86
投資利益率(過去12カ月)
-28.40
自己資本利益率(過去12カ月)
-25.58

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、基準線は横ばい 目先はもみあいか

<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、基準線は横ばい 目先はもみあいか 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」、売り買いが交錯した相場環境を 表している。 一目均衡表では転換線(2万8439円49銭=22日)が基準線(2万7670円 60銭=同)の上に位置していることから、中長期的には上昇余地がありそうだ。ただ、 基準線が横ばいで推移していることから、目先としてはもみあう相場展開が予想される。 <15:30> 新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる 新興株市場は小じっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる

<15:30> 新興株市場は小じっかり、マザーズ市場で物色広がる 新興株市場は小じっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ指数は3 日続伸した。市場からは「日経平均がさえない動きとなる中、個別の材料を手掛かりにマ ザーズ市場で中小型株の物色が活発になったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.27%高。個別では、イメージワン<2667. T>が一時ストップ高となったほか、ウエストホールディングス がしっかり。東映 アニメーション は連日の昨年来高値を更新した。一方、エム・エイチ・グループ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、転換線は上向き 中長期的には上昇か

<16:10> 日経平均・日足は「小陽線」、転換線は上向き 中長期的には上昇か 日経平均・日足は下ヒゲがなく上にヒゲを伴う「小陽線」。上昇相場で出現しただけに相場転換のサイ ンとされ、目先的には下落に転じることも多いとされる。 ただ、ローソク足は25日移動平均線(2万7281円45銭=7日)よりもわずかに上方に位置し、 まだ上値を追う可能性もあるほか、一目均衡表では転換線(2万7115円00銭=7日)が上向きに転じ 、中長期的には上昇トレンドに入ることを示唆している。 <15:50> 新興株市場はまちまち、中小型株で利益確定売り広がる...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、中小型株で利益確定売り広がる

<15:50> 新興株市場はまちまち、中小型株で利益確定売り広がる 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は小反落した。市場から は「きょうは大型株での物色が活発となる中、マザーズ市場を中心に中小型株では利益確定売りが広がった ようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.47%高。個別では、フォーサイド 、田中化学研究所 、ウエストホールディングス などが高い。半面、サン電子 、イメージワン<2667. T>、オーネックス などは安い。 マザーズ指数は前営業日比0.07%安...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は25日線上回り底抜け回避

<16:45> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は25日線上回り底抜け回避 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。終値(2万6524万79銭= 23日)は25日移動平均線(2万6511円27銭=同)を2日ぶりに上回り、高値も みあいが底抜けすることは回避した。年末ということもあり、当面は5日移動平均線と2 5日移動平均線の間で膠着する展開となりそうだ。 <16:12> 新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発した。 市場では「ハイテク株中心に押し目買いがみられた...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄買われる

<16:12> 新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発した。 市場では「ハイテク株中心に押し目買いがみられた。直近IPO銘柄への資金流入も継続 しており、全体的に物色意欲が強い」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場した交換できるくん は、公開価格2050円 の2.25倍の4615円で初値を形成した後、失速し4205円で引けた。 同じくマザーズ市場に新規上場したENECHANGE は、初日は値付かず 1380円買い気配で取引終了した。 日経...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、二番底の模索が継続

<17:15> 日経平均・日足は「大陰線」、二番底の模索が継続 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陰線」。25日移動平均線(1万9281円47銭=1日)に 接近していた日足はこの日遠ざかり、引き続き上値の重さが意識された。19日の安値(1万6358円1 9銭=19日)に対する二番底の模索が継続している。 市場からは「24日と25日に空けたマド(1万8100円39銭─1万8446円80銭)を意識し た展開となった。連日3兆円超となり膨れ上がっていた東証1部の売買代金は、きょうは3兆円を割り込ん だ。これは売り圧力が弱まっていると捉えることができ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、日経平均に連れ安 一部の銘柄では海外ファンドが買い

<16:15> 新興株市場は軟調、日経平均に連れ安 一部の銘柄では海外ファンドが買い 新興株市場は軟調。日経平均が後場に急落したことを受け、新興株も連れ安となり、日経ジャスダック 平均は1.62%安の3日続落、東証マザーズ指数は0.95%安の反落となった。前日大幅に買われた銘 柄を中心に利益確定の売りが出た。ただ、中小型株の中でも選別が進んでおり、一部の銘柄では買いが目立 った。 ジャスダック市場では、ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス が続落。前 日ストップ高となっていた出前館 、中京医薬品 なども売られた。チエル 、イメー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、目先は調整含みか

<15:23> 日経平均・日足は「小陰線」、目先は調整含みか 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。前日下抜けした5日移動平均線(2万3341円03 銭=14日)に上値を抑えられる形となった。 75日移動平均線(2万1695円98銭=同)や200日移動平均線(2万1469円44銭=同) は右肩上がりで、上昇トレンドが崩れたとは言い切れないが、MACD(短期12日、長期26日の平滑移 動平均線のかい離幅、プラス374.74=同)がシグナル(プラス387.04=同)を下回り、デッド クロス。パラボリックも陰転するなど目先は調整含みの展開...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、好決算銘柄には物色

<15:15> 新興株市場は軟調、好決算銘柄には物色  新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は3日続落、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落となった。「 好決算を発表した銘柄は個別に物色されている。マザーズ市場は時価総額が高い銘柄が軟調だった」(ネッ ト系証券)という。 マザーズ市場では、そーせいグループ 、CYBERDYNE 、PKSHA Tech nology などが軟調。MTG 、シェアリングテクノロジー など売られた。半 面、マーケットエンタープライズ はストップ高比例配分。メドピア は大幅高。サイバー・ バズ は一時ストップ高となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は「小陰線」、5日移動平均線下回り調整色強める

<15:35> 日経平均は「小陰線」、5日移動平均線下回り調整色強める 日経平均は、短い下ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陰線」。前日とは方向性が正反対の典型 的な「たすき線」となった。定石では前日の方向に振れるため、強い基調を維持しながらも、5日移動平均 線(2万3378円78銭=13日現在)を下回ったため、調整色を強めたとの印象を与えている。 次の下値の目安としては、一目均衡表の転換線(2万3148円35銭=13日現在)が意識される。 これを割り込むことなく切り返しを鮮明にすれば、今回の押しは微調整で終わりそうだが、下回った場合...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、値動き悪い銘柄に見切り売り

<15:12> 新興株市場はまちまち、値動き悪い銘柄に見切り売り  新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は続落、日経ジャスダック平均は3日続伸となった。市場か らは「マザーズが弱い。値動きの悪い銘柄を見切り売りして、値動きのいい銘柄にシフトしようとする動き が個人投資家に出ている」(国内証券)との指摘が出ていた。 マザーズ市場では、そーせいグループ が大幅続落し同市場で値下がり率上位4位。ユーザベー ス やセルソース も売られた。半面、JIG─SAW 、Sansan は堅 調だった。 ジャスダック市場では、セレスポ 、イメージワン 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、マド空けて下放れ

<15:40>  日経平均・日足は「小陰線」、マド空けて下放れ 日経平均・日足は「小陰線」。新たなマド(2万1071円73銭―2万1177円 27銭)を空けて下放れ、売り圧力の強さを感じさせる。ボリンジャーバンドではマイナ ス1シグマ(2万1096円08銭=29日)に絡んで下方へのトレンドが意識される形 状だ。一方、日経平均は3月以降、終値での2万1000円割れに強い抵抗を示している 。下値の堅さが確認されれば、自律反発に向かうことも考えられる。 <15:18> 新興株市場は反落、情報システム系がしっかり 新興株市場で日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、情報システム系がしっかり

<15:18> 新興株市場は反落、情報システム系がしっかり 新興株市場で日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場では 「全般は売り優勢だが、グローバル景気に影響を受けにくい情報システム系銘柄などには 資金が流入している」(国内証券)との声が出ていた。シルバーエッグ・テクノロジー<3 961.T>、Kudan が高く、イメージワン 、応用技術 もしっか り。半面、フジタコーポレーション 、レアジョブ は軟調だった。 <14:04> 日経平均は軟調継続、2万1000円の攻防 日経平均は軟調継続。節目の2万1000円を挟んだ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上昇期待感

<15:53> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇期待感 日経平均・日足は「小陽線」。ローソク足は下ヒゲがほとんどない「陽の寄り付き坊主」のような形状 で、投資家の上昇期待感を表している。25日移動平均線(2万1831円35銭=28日)も右肩上がり になってきており、短期的に上昇トレンド入りした可能性がある。200日移動平均線(2万2293円3 4銭=同)を上抜ければ、75日移動平均線(2万2559円26銭=同)近辺までの戻りもあり得る。 <15:45> 新興株市場は堅調、マザーズは2%超の上昇  新興株市場で日経ジャスダック平均、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズは2%超の上昇

<15:45> 新興株市場は堅調、マザーズは2%超の上昇  新興株市場で日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも4日続伸となった。マザーズは2% 超上昇し、節目の1000ポイントに接近した。「需給の改善や日経平均の上昇で投資家心理が好転してき た」(ネット系証券)という。 個別銘柄ではALBERT が大幅高となり年初来高値を更新。VALUENEX 、ラ クオリア創薬 、メイコー 、ブロードバンドタワー なども買われた。 一方、JMC 、CYBERDYNE 、ジャストプランニング 、イメージワン 、ジェイテック などは軟調だった。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、気迷いムード

<15:39> 日経平均・日足は「小陽線」、気迷いムード  日経平均・日足は「小陽線」。ローソク足の組み合わせは陽線と陰線が交互に出ており、投資家の気迷 いを表している。200日移動平均線(2万2318円93銭=19日)の傾きは下向きで弱気な印象もあ るが、極端な下方バイアスを示唆しているわけではない。短期的には2万1800円を中心にもみあう展開 も予想されている。 <15:19> 新興株市場は反発、マザーズは3%超の上昇  新興株市場では、日経ジャスダック平均が7日ぶり反発、東証マザーズ指数が反発となった。「需給 が改善してきた。好決算...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、マザーズは3%超の上昇

<15:19> 新興株市場は反発、マザーズは3%超の上昇  新興株市場では、日経ジャスダック平均が7日ぶり反発、東証マザーズ指数が反発となった。「需給 が改善してきた。好決算の中小型株や材料性のある銘柄に投資家の目が向いている」(国内証券)との声も 出ていた。 個別銘柄では、WASHハウス がストップ高比例配分。サンバイオ 、チームスピリッ ト などが大幅高となり上場来高値を更新した。そのほかバンク・オブ・イノベーション 、 ALBERT 、フェローテックホールディングス なども買われた。一方、ダブルスタンダ ード 、シェアリングテクノロジー...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up