for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本マクドナルドホールディングス株式会社

2702.T

現在値

5,040.00JPY

変化

10.00(+0.20%)

出来高

595,000

本日のレンジ

5,040.00

 - 

5,060.00

52週レンジ

4,860.00

 - 

5,300.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,030.00
始値
5,040.00
出来高
595,000
3か月平均出来高
8.30
高値
5,060.00
安値
5,040.00
52週高値
5,300.00
52週安値
4,860.00
発行済株式数
132.96
時価総額
668,788.80
予想PER
30.12
配当利回り
0.78

次のエベント

Q3 2022 McDonald's Holdings Company Japan Ltd Earnings Release

適時開示

その他

McDonald's Holdings Company Japan- To Raise Prices For About 60% Of Products Due To Factors Including Raw Material, Energy Costs, And Forex Moves

McDonald's Holdings Japan Says Employee At McDonald's Japan Was Arrested For Suspected Embezzlement

McDonald's Holdings Company Japan Says Same Store Sales Up 6.3% Y/Y

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本マクドナルドホールディングス株式会社とは

日本マクドナルドホールディングスはハンバーガーレストラン事業を営む。【事業内容】同社は、日本マクドナルドの持株会社として、グループ企業の連結経営戦略の策定業務と実行業務及び不動産賃貸業務を主たる事業とする。日本マクドナルドは、直営店方式による店舗運営と共にフランチャイズ方式による店舗展開を通じハンバーガーレストラン事業を展開する。米国マクドナルド・コーポレーションから許諾されるライセンスに対するロイヤルティーを支払う。日本国内においては、フランチャイズ店舗を経営するフランチャイジーに対してノウハウ及び商標等のサブ・ライセンスを許諾し、フランチャイジーからロイヤルティーを収受する。

業種

Restaurants

連絡先

Shinjuku i-Land Tower

6-5-1, Nishi-Shinjuku

SHINJUKU-KU, TKY

163-1339

Japan

+81.3.69116000

http://www.mcd-holdings.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Sarah L. Casanova

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Tamotsu Hiiro

President, Chief Executive Officer, President & Chief Executive Officer of Subsidiary, Representative Director

Keiji Nakazawa

Executive Officer

Robert D. Larson

Director

Arosha Wijemuni

Director

統計

2.50 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.3K

2020

0.3K

2021

0.3K

2022(E)

0.3K
EPS (JPY)

2019

127.000

2020

151.830

2021

180.100

2022(E)

166.200
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.81
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.00
株価純資産倍率(四半期)
3.38
株価キャッシュフロー倍率
17.93
総負債/総資本(四半期)
0.29
長期負債/資本(四半期)
0.17
投資利益率(過去12カ月)
12.23
自己資本利益率(過去12カ月)
9.79

最新ニュース

最新ニュース

焦点:政府と日銀に齟齬か、介入で憶測 いずれ緩和修正の見方も

22日の円買い介入を巡り、政府と日銀の間に政策の齟齬(そご)があるのではないかとの憶測が市場関係者の間で広がっている。両者とも矛盾はないと否定するが、円安のマイナス影響を懸念する政府に押し切られ、いずれ日銀は緩和政策の修正を迫られるとの見方は根強い。

ホットストック:日本マクドナルドが小じっかり、既存店売上高の増加を材料視

日本マクドナルドホールディングスが相場全体の地合いが悪化する中で、小じっかりとなっている。同社は6日、3月の既存店売上高が前年比12.6%増加したと発表。これが材料視された。

マクドナルド、3月既存店売上・客数とも増加 一部商品で値上げ

日本マクドナルドホールディングスは6日、3月の既存店売上高が前年比12.6%増加したと発表した。客数は4.6%増、客単価は7.7%増加した。全店売上高も13.5%増加した。

UPDATE 1-マクドナルド、3月既存店売上・客数とも増加 一部商品で値上げ

日本マクドナルドホールディングスは6日、3月の既存店売上高が前年比12.6%増加したと発表した。客数は4.6%増、客単価は7.7%増加した。全店売上高も13.5%増加した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線が抵抗線として機能

日経平均・日足は「小陰線」。売りサインとなる「カブセ線」の形状は免れたが、前日までに8連騰を記録していただけに、さすがに一服商状となった。それでも、長めの下ヒゲを引くなど下方硬直性を感じさせている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、直近IPOに利益確定売り

新興株式市場は、まちまち。東証マザーズ指数が小幅安となる一方、日経ジャスダック平均が9日続伸となった。市場では「地合いは落ち着いているが、直近IPOが利益確定売りで値を下げ、ムードを悪くしている」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、チャート上は正念場に

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」となった。前日の「大陽線」から上値を追う形で強い基調を継続した格好。25日移動平均線(2万6282円84銭=18日)を引き続き上回ったことで目先はトレンド転換との印象を与えている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸に

新興株市場はしっかり。東証マザーズ指数が続伸、日経ジャスダック平均が5日続伸した。市場では「イベント通過によって買い安心感が広がっている。リバウンドの流れに乗って短期回転を狙う動きがあるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、売られ過ぎ示唆 PERは12倍割れ

日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陰線」となり、売り勢力の強さが示された。終値は2万4717円53銭。25日移動平均線(2万6709円11銭=9日)からの乖離率はマイナス7%を超えており、売られ過ぎも示唆される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、ジャスダックは小反発

新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数が6日続落、日経ジャスダック平均が6日ぶりに反発した。ウクライナ情勢の不透明感が引き続き重しとなっているが、ジャスダック市場では割安感に着目した買い戻しの動きがみられた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが3日続伸、ジャスダック反発

新興株市場は、東証マザーズ指数が大幅に3日続伸し、日経ジャスダック平均が5日ぶりに反発した。米ハイテク株高を受けて買い戻しが優勢となった。もっとも市場では、マザーズの上昇は自律反発の範囲内だとして「上昇すれば戻り待ちの売りも出やすい。すんなり値を戻していくとは想定しにくい」(国内証券)と慎重な見方も聞かれた。

マックポテト、9日以降は再びSサイズのみ 輸入遅れ解消せず

日本マクドナルドは7日、今月9日から1カ月程度の間、「マックフライポテト」の販売をSサイズに限定すると発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンド継続に期待残す

<15:54> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンド継続に期待残す 日経平均・日足は、上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。上ヒゲが長く、戻り売り 圧力の強さをうかがわせる。引き続き主要な移動平均線を大きく下回っており、地合いは 良くない。 一方、東証1部の騰落レシオは節目とされる70を割り込んで69.23%となり、 売られ過ぎが意識される水準。8月20日の年初来安値2万6954円81銭と、10月 6日安値2万7293円62銭を結ぶトレンドラインを終値で辛うじて上回り、上昇トレ ンドの継続に期待を残した。 <15:44> 新興市場は7...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は7日続落、オミクロン株警戒根強い 需給悪化懸念も重し

<15:44> 新興市場は7日続落、オミクロン株警戒根強い 需給悪化懸念も重 し 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が7日続落した。新型コ ロナウイルスの変異株「オミクロン」への警戒感が根強い中、IPO(新規株式公開)ラ ッシュを控えて、需給悪化への懸念も重しになった。 マザーズは心理的節目の1000ポイントが意識されるが、市場では「押し目買いを 狙う人もいるため、節目付近では底堅くなるのではないか」(国内証券)との声が聞かれ た。 マザーズ総合は前営業日比3.04%安。ウェルスナビ やそーせいグループ の下げが重しとなった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線と200日線を意識

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、25 日線と200日線を意識 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。寄り付きはプラス圏で始ま ったが、その後マイナス圏に転落し、もみあう展開となった。当面は25日移動平均線( 2万9271円66銭=18日)と200日移動平均線(2万8757円20銭=同)近 辺での一進一退の値動きが想定される。 <15:45> 新興市場はまちまち、大型株売られる 個別物色は継続 新興株市場は、東証マザーズ指数が3日ぶり反落した半面、日経ジャスダック平均が 3日続伸した。市場では「東証1部市場での物色...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はまちまち、大型株売られる 個別物色は継続

<15:45> 新興市場はまちまち、大型株売ら れる 個別物色は継続 新興株市場は、東証マザーズ指数が3日ぶり反落した半面、日経ジャスダック平均が 3日続伸した。市場では「東証1部市場での物色が進むなか、新興株市場の大型株は利益 確定売りが優勢となっている。ただ、個人投資家による中小型株への物色は継続している 」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.90%安。個別では、ビザスク が大幅安とな ったほか、メルカリ 、フリー もさえない。ENECHANGE 、ココナラ 、レナサイエンス は買われた。 日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、地合い強いが過熱感も

<16:10> 日経平均・日足は「小陽線」、地合い強いが過熱感も 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。25日移動平均線(2万8 499円66銭=14日)が、75日線(2万8480円94銭=同)、200日線(2 万8480円22銭=同)とゴールデンクロスし、地合いの強さがうかがえる。 一方、25日線からの乖離率が7.62%と前日(7.25%)を上回ったほか、東 証1部の騰落レシオが149.06%と高水準を継続。過熱感も示されており、目先は調 整リスクもくすぶる。 <15:34> 新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発

<15:34> 新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発   新興株市場は、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック平均が反発した。 マザーズ総合は前営業日比0.51%高。好決算を手がかりにビジョナル が 買われたほか、セルソース が上場来高値となった。メルカリ もしっかり 。一方、前日まで連騰していたキャリア はストップ安。BASE も軟調 だった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.38%高。増資を発表した出前館 が 買われたほか、東映アニメーション が反発した。半面、日本マクドナルドホール ディングス やシンバイオ製薬...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、ブレーク 強気トレンドに転換

2日の米国株式市場は主要3指数が上昇し、S&P総合500種指数 とナスダ ック総合指数 は最高値更新となった。商品(コモディティー)価格の値上がりで エネルギー株が堅調だったほか、新規失業保険申請件数の改善も相場を後押しした。 日経平均は続伸スタート後伸び悩む場面がみられたが、前引けにかけて急伸。一時前 営業日比292円06銭高2万8835円57銭で高値をつけた。前場の取引時間中に財 新/マークイットが発表した8月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は4 6.7と、7月の54.9から急低下したが、悪材料出尽くしとして捉えられ、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、直近IPO銘柄に人気が集中

2日の米国株式市場は主要3指数が上昇し、S&P総合500種指数 とナスダ ック総合指数 は最高値更新となった。商品(コモディティー)価格の値上がりで エネルギー株が堅調だったほか、新規失業保険申請件数の改善も相場を後押しした。 日経平均は続伸スタート後伸び悩む場面がみられたが、前引けにかけて急伸。一時前 営業日比292円06銭高2万8835円57銭で高値をつけた。前場の取引時間中に財 新/マークイットが発表した8月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は4 6.7と、7月の54.9から急低下したが、悪材料出尽くしとして捉えられ、...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up