for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エディオン

2730.T

現在値

1,258.00JPY

変化

0.00(0.00%)

出来高

246,400

本日のレンジ

1,253.00

 - 

1,265.00

52週レンジ

998.00

 - 

1,347.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,258.00
始値
1,257.00
出来高
246,400
3か月平均出来高
8.04
高値
1,265.00
安値
1,253.00
52週高値
1,347.00
52週安値
998.00
発行済株式数
102.37
時価総額
140,903.10
予想PER
10.72
配当利回り
3.50

次のエベント

Q3 2023 EDION Corp Earnings Release

適時開示

その他

Edion to buy back up to 4 million shares worth up to 5 billion yen

Nitori Holdings Co Ltd To Form Capital Tie-Up With Edion Corp

Edion to merge with unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エディオンとは

エディオングループは、同社と、連結子会社5社(サンキュー、エディオンコミュニケーションズ、エディオンハウスシステム、エヌワーク及びイー・アール・ジャパン)及び持分法適用関連会社3社(ふれあいチャンネル、サンフレッチェ広島及びマルニ木工)で構成され、家庭電化商品等の販売を主な事業とし、北海道から沖縄まで広範囲にわたり家電量販店を展開。【事業内容】家庭電化商品等の販売事業は直営店、携帯電話専門店、フランチャイズ店の運営、並びに通信販売を行う。その他の事業は、ホームセンター、ソフト専門店、玩具専門店、家電修理専門店の運営、システム運営及びシステム開発、インターネットサービスプロバイダ事業、中古情報通信機器の買収・販売、使用済み家電製品の解体・中間処理および有用金属の加工・販売、有線テレビジョン放送事業及び有線テレビジョン(CATV)インターネット事業、プロサッカーチームの運営、メインスポンサー事業、並びに家具の製造販売を行う。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

Osaka Mitsui Bussan Bldg.

2-3-33, Nakanoshima, Kita-ku

OSAKA-SHI, OSK

530-0005

Japan

+81.6.62026011

https://www.edion.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masataka Kubo

Chairman of the Board, Executive President, Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Yasuhiro Asano

Senior Executive Officer, Senior Director of Finance & Accounting in Main Business Planning Unit

Satoshi Kaneko

Executive Vice President, Chief Director of Business, Director

Norio Yamasaki

Executive Vice President, Chief Director of Business Planning, Director

Haruyoshi Jogu

Managing Executive Officer, Senior Director of Logistics Service, Director of Logistics Service Business in Main Business Unit, President of Subsidiaries, Director

統計

3.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.7K

2021

0.8K

2022

0.7K

2023(E)

0.7K
EPS (JPY)

2020

101.330

2021

155.340

2022

125.410

2023(E)

117.300
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.20
株価純資産倍率(四半期)
0.63
株価キャッシュフロー倍率
5.87
総負債/総資本(四半期)
26.79
長期負債/資本(四半期)
21.44
投資利益率(過去12カ月)
4.58
自己資本利益率(過去12カ月)
3.38

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日線下回る

<16:00> 日経平均・日足は「小陽線」、75 日線下回る 日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は前営業 日比357円58銭安の2万6629円86銭。75日移動平均線(2万6853円03 銭=14日)を約2週間ぶりに下回り、弱気相場を示唆する格好となった。ただ、売り一 巡後は持ち直す場面もみられ、一目均衡表では終値での雲下限の下抜けを回避。底打ち期 待を膨らませている。 <15:45> 新興株市場はマザーズが小反発、米株先物上昇で持ち直し 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.12%高の654.76...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが小反発、米株先物上昇で持ち直し

<15:45> 新興株市場はマザーズが小反発、 米株先物上昇で持ち直し 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.12%高の654.76ポイントと 3日ぶりに小反発した。朝方は続落し年初来安値に接近する場面があったが、時間外取引 での米株先物の上昇を受けて持ち直した。   市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)前でグロース株にとって厳しい局面だ が、新興株は売られ過ぎで底打ち期待感もある」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、ビジョナル、メルカリ、フリー、弁護士ドット コムが上昇。そーせいグループ、ティーケーピー、アンジェス...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は下げ幅縮小、米株先物が上げ幅を拡大

<13:44> 後場の日経平均は下げ幅縮小、米株先物が上げ幅を拡大 日経平均は後場に入り、下げ幅を縮小している。米株先物が上げ幅を拡大する中、前 営業日比470円超安の2万6510円近辺で推移している。 日経平均は、先週末から3営業日で2000円近く下落しており、「足元の水準では 割安感も強く、下値を拾う動きがみられる」(国内信託銀行)との声が聞かれた。目先は 、一定の底堅さを維持するとの見方もある。足元の株式市場の不安定さは米金利の急ピッ チな上昇の影響が大きいものの、円安や国内経済の再開期待を踏まえると、「日本株が米 株安に過度に連...

前場の日経平均は大幅続落、米金融引き締め加速を警戒 一時600円超安

前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比540円62銭安の2万6446円82銭と、大幅に続落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、インフレ高進を背景とした金融引き締め加速が警戒され、相場の重しになった。一時600円超安となり、5月19日以来の水準に下落する場面もあった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は600円超安、FOMC後の相場反応の模索も

<11:02> 日経平均は一時600円超安、FOMC後の相場反応の模索も 日経平均は徐々に下げ幅を拡大し、一時600円超安に下落した。14―15日の米 連邦公開市場委員会(FOMC)での0.75%の利上げ予想が急浮上するなど、株価は 米連邦準備理事会(FRB)の積極的な金融引き締めを織り込む動きとなっている。時間 外取引の米株先物は小高い水準で伸び悩んでおり、上海株は軟調となっている。 一方、市場では「米株の下落から想定したほどには、日本株の下げはいまのところ深 まっていない」(国内運用会社)との声も聞かれる。イベント通過で材料出尽くしとなり...

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、売り一巡後は下げ渋り 米株先物高が支えに

<09:50> 安値もみあい、売り一巡後は下げ渋り 米株先物高が支えに 日経平均は安値もみあい。売り一巡後は下げ渋っている。時間外取引で米株先物が堅 調に推移していることが下支え要因になるほか、PER13倍を下回る2万7000円以 下の水準は割安感が強まると指揮され、自律反発を狙った買いを誘っているという。 ただ、戻る際の手掛かり材料となった中国経済の正常化期待が、再び行動制限となる ことで後退しており、米国金利上昇懸念とともに環境面は引き続き予断を許さない。 市場では「上海や北京などで新型コロナウイルス感染拡大に伴う行動制限が再び実施...

寄り付きの日経平均は大幅続落、米株安を嫌気 銀行株はしっかり

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比431円69銭安の2万6555円75銭と、大幅続落してスタート。前日の米国株式市場が引き続き安くなったことが嫌気されている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、神鋼商事は買い優勢 ネクソンは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、神鋼商事は買い優勢 ネクソンは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 神鋼商事 13% 4,298 4,295 4,300 3,790 2 東プレ 13% 1,195 1,195 1,195 1,054 3 積水樹脂 9% 1,849 1,849 1,849 1,689 4 大阪ソーダ 9% 3,315 3,315 3,315 3,050 5 理想科学工業 9% 2,400...

ホットストック:エディオンが買い気配、ニトリHDとの資本業務提携が手掛かり

エディオンが買い気配となっている。ニトリホールディングスと資本業務提携すると27日に発表し、手掛かりとなっている。経営資源を相互に活用し、企業価値の向上を図るという。ニトリHD株は小幅安となっている。

ニトリHD、エディオンと資本業務提携 10%出資へ

ニトリホールディングスは27日、エディオン株8.60%を取得し、資本業務提携すると発表した。LIXIL から約102億円で取得する。その後もエディオン株を追加取得し、所有割合を10%まで高める。

ホットストック:エディオンが堅調に推移、自社株買いを材料視

同社は29日、自己保有株を除く発行済株式総数の4.66%にあたる500万株、取得総額60億円を上限とする自社株買いを実施すると発表した。取得期間は7月1日から12月31日。

29日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

29日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・エディオン 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.66%にあたる50 0万株、取得総額60億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は7月1日から1 2月31日。 ・ほくやく・竹山ホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の 3.0%にあたる70万株、取得総額5億6000万円を上限とする自社株買いを実施へ 。6月30日午前8時30分から午前8時50分申込分の札幌証券取引所立会外自己株式 取得取引で買い付けの委託を行う。買い付け価格は6...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up