for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本たばこ産業株式会社

2914.T

現在値

2,382.00JPY

変化

44.50(+1.90%)

出来高

1,901,900

本日のレンジ

2,345.00

 - 

2,383.50

52週レンジ

2,000.00

 - 

2,441.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,337.50
始値
2,349.50
出来高
1,901,900
3か月平均出来高
90.77
高値
2,383.50
安値
2,345.00
52週高値
2,441.00
52週安値
2,000.00
発行済株式数
1,774.85
時価総額
4,743,000.00
予想PER
11.71
配当利回り
6.33

次のエベント

Q3 2022 Japan Tobacco Inc Earnings Release

適時開示

その他

Japan Tobacco Applied To Japan Ministry Of Finance To Raise Tobacco Retail Prices

Japan Tobaccco Group Announces New Operating Model As Company Aims To Strengthen Its Tobacco Business

Japan Tobacco To Sell Tokyo Tower Building To Sumitomo Realty - Nikkei, Citing Sources

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本たばこ産業株式会社とは

日本たばこ産業グループは、連結子会社202社、持分法適用会社12社から構成され、国内及び海外たばこ事業、医薬事業並びに加工食品事業を展開しているグローバル企業である。【事業内容】国内タバコ事業については、たばこ製品の製造・販売等を行う。同社が製造・販売を行い、TSネットワークが同社製品の配送及び外国たばこ製品(輸入たばこ製品)の卸売販売等の流通業務を行う。また、日本フィルター工業等が材料品の製造を行い、ナチュラル・アメリカン・スピリット製品に係る一部業務については、トゥルースピリットタバコカンパニーが行う。海外たばこ事業については、JT International S.A.を中核として、たばこ製品の製造・販売等を行う。医療事業については、医療用医薬品の研究・開発・製造・販売を行う。加工食品事業については、冷凍・常温加工食品、ベーカリー、調味料等の製造・販売をテーブルマーク等が行う。また、不動産賃貸等に係る事業等を営む。

業種

Tobacco

連絡先

4-1-1, Toranomon

MINATO-KU, TKY

105-6927

Japan

+81.3.66362914

https://www.jti.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Mutsuo Iwai

Chairman of the Board

Masamichi Terabatake

President, Chief Executive Officer, Chief Director of Tobacco Business, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Shigeaki Okamoto

Vice Chairman of the Board

Nobuya Kato

Chief Financial Officer, Executive Officer

Kiyohide Hirowatari

Vice President, Representative Director

統計

2.86 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.2K

2020

2.1K

2021

2.3K

2022(E)

2.5K
EPS (JPY)

2019

195.970

2020

174.880

2021

190.760

2022(E)

218.068
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.16
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.94
株価純資産倍率(四半期)
1.14
株価キャッシュフロー倍率
8.30
総負債/総資本(四半期)
27.26
長期負債/資本(四半期)
22.88
投資利益率(過去12カ月)
8.08
自己資本利益率(過去12カ月)
6.22

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は大幅続落、2万7000円割れ 今年3番目の下げ幅

東京株式市場で日経平均は大幅続落し、心理的節目の2万7000円を割り込んだ。下げ幅は今年3番目を記録し、終値は前営業日比836円85銭(3.01%)安の2万6987円44銭。先週末の米国株式市場での売りが波及したほか、中国における新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)再導入も嫌気された。後場の日経平均は円金利上昇を受けて一段安となった。

カナダ、たばこ1本1本への健康警告印刷の義務化提案

カナダのベネット精神衛生・依存症担当相は10日、記者団に対し、喫煙者抑制策に実効性をもたせるため、たばこ1本1本に健康上の警告印刷を義務付ける連邦政府提案を発表した。実現すれば国として世界で初めてになる。

JT、ロシア事業の売却検討 安定的な事業継続に「著しい支障」

JT<2914.T>は28日、ロシアのたばこ事業をグループから分離する方針を明らかにした。他社への売却を含めて検討する。JTはロシアのたばこ市場でシェア4割を占める首位で、ウクライナ侵攻で事業環境が複雑化する中、対応が注目されていた。

UPDATE 2-JT、ロシア事業の売却検討 安定的な事業継続に「著しい支障」

JTは28日、ロシアのたばこ事業をグループから分離する方針を明らかにした。他社への売却を含めて検討する。JTはロシアのたばこ市場でシェア4割を占める首位で、ウクライナ侵攻で事業環境が複雑化する中、対応が注目されていた。

BRIEF-JT幹部:ロシア事業の譲渡、現時点で具体的な方法や時期は未定

JTの加藤信也CFOは28日の会見で以下のように述べた。 * JT幹部:ロシア事業の譲渡、現時点で具体的な方法や時期は未定 * JT幹部:ロシアからの資金還流難しくなっても、資金繰りへの影響は限定的 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

訂正(会社側の申し出)-UPDATE 1-JT、ロシアたばこ事業の売却を検討

JTは28日、ロシアのたばこ事業をグループから分離する方針を明らかにした。他社への売却を含めて検討しているという。

JT、ロシア事業をグループ経営からの分離を含め検討

JTは28日、ロシアでのたばこ事業をグループ経営から分離することを含めた選択肢を検討している、とする寺畠正道社長のコメントを公表した。

情報BOX:ウクライナ危機、日本企業がロシア事業を続々停止

西側諸国が制裁措置を強化し、国際社会がウクライナ軍事侵攻への非難を強める中、日本企業もロシア事業を続々と停止している。

訂正ロシア事業停止の動き加速、ファーストリテや米大手金融も

ファーストリテイリングは10日、ロシア事業を停止すると発表、これまでの営業継続方針を一転させた。ウクライナ侵攻に関連し、主要国の企業にロシア事業の停止や撤退・縮小の動きが一段と広がっている。

JT、ロシアで新規投資など一時取りやめ 工場停止の可能性も

JTは10日、ロシアにおける新規投資とマーケティング活動をすべて一時停止すると発表した。事業環境が大幅に改善しない限り、生産も停止する可能性があるという。上期に予定していた電子たばこの新製品の発売は延期する。

〔情報BOX〕ウクライナ危機、日本企業がロシア事業を続々停止

西側諸国が制裁措置を強化し、国際社会がウクライナ軍事侵攻への非難を強める中、日本企業もロシア事業を続々と停止している。

訂正(会社側の申し出)-JT、ロシアの資金決済は国内システム利用 SWIFT通さず

JTは3日、ロシア国内での事業資金の決済について、国際送金・決済システムのSWIFT(国際銀行間通信協会)に絡まない国内システムを利用しており、「現時点で大きな懸念は想定していない」と述べた。

情報BOX:ウクライナ危機、日本企業のロシア事業に影響

西側諸国がロシアへの制裁措置を強化し、各国からウクライナ軍事侵攻への非難が強まる中、日本企業のロシア関連事業にも影響が広がり始めた。

〔情報BOX〕ウクライナ侵攻、進出する日本企業の対応

ロシア軍がウクライナ侵攻を開始した。首都キエフ近郊のホストメル空港にパラシュート部隊を降下させたほか、南部ヘルソン地域の一部をすでに掌握。チェルノブイリ原発跡の制圧も目指しているという。

ウクライナ進出企業の事業停止相次ぐ、資源供給に不安も

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ウクライナに進出している企業の間で操業停止などの動きが広がっている。一方、ロシア事業を持つ企業は、米欧日など西側諸国が発表したロシアに対する制裁の影響を見極めるともに、より詳細な情報を待っている。

〔情報BOX〕ウクライナ侵攻、進出する日本企業の対応

ロシア軍がウクライナ侵攻を開始した。首都キエフ近郊のホストメル空港にパラシュート部隊を降下させたほか、南部ヘルソン地域の一部をすでに掌握。チェルノブイリ原発跡の制圧も目指しているという。

情報BOX:ウクライナ・ロシアへ進出する日本企業の現状と対応

ウクライナに拠点を置く日本企業は、帝国データバンクによると今年1月時点で57社。ウクライナ国家統計局の対日貿易データでは、輸入額の6割超が自動車で、光学機器、機械類、医薬品と続く。輸出ではタバコが4割超、鉱石が3割弱、アルミニウムが1割を占める。

〔情報BOX〕進出する日本企業の対応、ウクライナ親ロ派地域の独立承認

ウクライナに拠点を置く日本企業は、帝国データバンクによると今年1月時点で57社。ウクライナ国家統計局の対日貿易データでは、輸入額の6割超が自動車で、光学機器、機械類、医薬品と続く。輸出ではタバコが4割超、鉱石が3割弱、アルミニウムが1割を占める。

〔情報BOX〕進出する日本企業の対応、ウクライナ親ロ派地域の独立承認

ウクライナに拠点を置く日本企業は、帝国データバンクによると今年1月時点で57社。ウクライナ国家統計局の対日貿易データでは、輸入額の6割超が自動車で、光学機器、機械類、医薬品と続く。輸出ではタバコが4割超、鉱石が3割弱、アルミニウムが1割を占める。

訂正-JT、22年度の配当性向は75%めど 年150円に

JTは14日、2022年度の経営計画の一環として、「資本市場における競争力ある水準」を目指して、配当性向75%を目安とする方針を公表した。自己株買いについては、財務状況などを踏まえて実施の是非を検討するとしている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up