for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社北の達人コーポレーション

2930.T

現在値

303.00JPY

変化

3.00(+1.00%)

出来高

714,000

本日のレンジ

297.00

 - 

303.00

52週レンジ

165.00

 - 

374.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
300.00
始値
300.00
出来高
714,000
3か月平均出来高
28.92
高値
303.00
安値
297.00
52週高値
374.00
52週安値
165.00
発行済株式数
139.05
時価総額
42,744.82
予想PER
26.14
配当利回り
0.83

次のエベント

Q3 2023 Kitanotatsujin Corp Earnings Release

適時開示

その他

Kitanotatsujin says lawsuit regarding unfair competition disputes

Kitanotatsujin completes 116,300 shares' buy-back for 51.1 mln yen

Kitanotatsujin to repurchase shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社北の達人コーポレーションとは

北の達人コーポレーションは、インターネット上で一般消費者向けに健康美容商品を販売するEコマース事業を行う。【事業内容】同社が取り扱う商品ジャンルは、健康や美容の悩みに対して具体的に効果を体感しやすくリピート使用されやすいものを中心に開発、選定を行う。顧客からの注文は、主に同社通信販売サイトの『北の快適工房』公式WEBサイトで受け付ける。同社におけるマーケティングの特長は、詳細な顧客行動パターンを計測できる自社開発のマーケティングデータ分析システムを用いる。同サイトにおける主な販売方法は、「年間購入コース」「3ヶ月毎お届け基本コース」「お試し定期コース」等、同一商品を定期的にお届けする「定期購入制度」である。独自に構築した受注・出荷処理システムやマーケティングデータ分析システム、在庫管理・予測システム、売掛金管理システム等を連動させることにより、業務の効率化を図り、顧客のニーズへの機敏な対応を実現する。また、マーケット調査データベース、商品開発管理システム等についても自社独自で構築し、効果的かつ効率的な商品開発を図る。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

25F,Sapporo Sosei Square

1-6, Kita 1 Jo Nishi

Chuo-ku

SAPPORO-SHI, HKD

060-0001

Japan

+81.11.7575567

https://www.kitanotatsujin.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Katsuhisa Kinoshita

President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Asako Horikawa

Vice President, Director of Product, Director of Customer Service, President of Tokyo Office, Director

Maki Iimori

Director of Human Resources & General Affairs, Director

Takahito Kudo

Director of Administration, President of Subsidiary, Director

Shogo Jinno

Independent Director

統計

2.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2022

0.0K

2023(E)

0.0K
EPS (JPY)

2022

9.659

2023(E)

5.500
株価売上高倍率(過去12カ月)
41.56
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.81
株価純資産倍率(四半期)
6.67
株価キャッシュフロー倍率
37.33
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
16.37
自己資本利益率(過去12カ月)
13.95

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は5日続伸、700円超高 ハイテク株中心に買い戻し

東京株式市場で日経平均は、前営業日比718円58銭高の2万7680円26銭と5日続伸して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)による過度な金融引き締めへの警戒感や米国のインフレ懸念が後退し投資家心理が改善、金利に敏感なハイテク株などに買い戻しが入り相場を押し上げた。日経平均は1日を通して堅調で、今年4番目の上げ幅を記録し6月10日以来の高値で引けた。

前場の日経平均は反落、利益確定売り 米CPI前の警戒感も

前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比397円74銭安の2万7848円79銭と6日ぶりに反落した。欧米株安の流れを嫌気し、値がさ株が軒並み下落した。きょうは米消費者物価指数(CPI)の発表を控えているため、警戒ムードも強かった。日経平均は前日まで5営業日連続で上昇していた反動もあり、利益確定売りの動きが加速した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、目標達成感から押される

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」となった。終値は2万7824円29銭。前日に上値の目標として強く意識された3月25日の戻り高値(2万8338円81銭)を更新した後だけに、目標達成感から売りに押された格好となっている。200日移動平均線(2万7943円67銭=10日)を下回ったことで、時価近辺の水準は重いとの印象を与えた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズ総合反落、米ナスダック安でグロース株低調

新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.71%安の687.15ポイントと反落した。市場では「米ナスダックが安いと、国内の小型グロース株はどうしても低調となる。一方そうした中、直近IPOの健闘は安心感を誘う」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調に推移、一段と見送り気分を強める

日経平均は軟調に推移している。2万7800円前後での動き。終盤に入り一段と見送り気分を強めた。市場では「今晩の米消費者物価指数(CPI)や来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)など重要イベントを控えた週末とあって、新規のポジションは取りにくい」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、値幅40円 手控えムード

後場の日経平均は前営業日比350円超安の2万7800円台半ばで小動きとなっている。値動きに乏しく、後場に入ってからの日経平均の値幅は約40円にどとまっている。きょうは米消費者物価指数(CPI)の発表を控えているため、積極的にポジションを傾けづらいという。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、値がさ株が軒並み下落

日経平均は安値もみあいとなっている。足元の株価は400円ほど安い2万7800円台半ば。きょうは米消費者物価指数(CPI)の発表を控えているため、警戒ムードが強いという。個別では、ファーストリテイリング、東京エレクトロンなどの指数寄与度の高い銘柄が2%を超す下落となっている。

〔アングル〕好調なD2C関連銘柄、直接販売拡大で市場規模2兆円超

浜田寛子 [東京 15日 ロイター] - D2C(Direct to Consumer)」関連株が好調だ。 Amazonや楽天といったインターネット上の販売モールに依存せず、自社サイトから 商品を顧客に直接販売するため、利益率が高くなると期待されている。知名度を上げにく いのがデメリットだったが、SNSの活用などで利用者を拡大。ネットショッピングの活 発化もあり、今年の市場規模はコロナ禍でも前年比8%増の2兆2000億円に達すると の試算も出ている。 <SNSを活用> ベガコーポレーションでは2014年頃から自社サイトの開発に力を入れ始...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up