for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Contemporary Amperex Technology Co Ltd

300750.SZ

現在値

229.41CNY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

68.38

 - 

244.10

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
229.41
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
343.03
高値
--
安値
--
52週高値
244.10
52週安値
68.38
発行済株式数
2,329.47
時価総額
531,353.00
予想PER
100.64
配当利回り
0.10

適時開示

その他

Contemporary Amperex Technology's Two Shareholders Cut A Combined 1.14% Stake In The Company

Neo Lithium Announces Strategic Investment By CATL

Contemporary Amperex Technology's H1 Net Profit Down 7.9% Y/Y

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Contemporary Amperex Technology Co Ltdとは

コンテンポラリー・アンペレックス・テクノロジー(寧徳時代新能源科技股分有限公司)は中国を拠点とするパワーバッテリーシステムのサプライヤである。【事業内容】同社は主に新エネルギー自動車用パワーバッテリーシステムおよびエネルギー貯蔵システムの研究、開発、製造および販売に従事する。同社の主力製品には、パワーバッテリーシステム、エネルギー貯蔵システム、リチウムバッテリー材料が含まれる。同社の製品は、主に電気乗用車、電気バス、および電気物流車などの特殊車両の分野で使用される。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

No.2 Xingang Road

Zhangwan Town, Jiaocheng District

NINGDE, FUJ

352100

China

+86.593.8901666

http://www.catlbattery.com

エグゼクティブリーダーシップ

Yuqun Zeng

Chairman of the Board

Shilin Huang

Vice Chairman of the Board, Deputy General Manager

Ping Li

Vice Chairman of the Board

Jian Pan

Vice Chairman of the Board

Shu Zheng

Chief Financial Officer

統計

1.84 mean rating - 38 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CNY)

2018

29.6K

2019

45.8K

2020(E)

50.5K
EPS (CNY)

2018

1.641

2019

2.089

2020(E)

2.267
株価売上高倍率(過去12カ月)
114.07
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.98
株価純資産倍率(四半期)
12.53
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
73.78
長期負債/資本(四半期)
28.50
投資利益率(過去12カ月)
9.28
自己資本利益率(過去12カ月)
5.07

最新ニュース

最新ニュース

テスラ、中国製「モデル3」は価格約25万元から 従来比8%安

米電気自動車(EV)大手のテスラ<TSLA.O>は1日、中国製セダン「モデル3」について、中国の補助金を考慮すると価格は24万9900元(3万6805ドル)からとなり、従来と比べて約8%安くなると明らかにした。

米テスラ、LFP電池搭載の中国製EV「モデル3」発売へ=関係筋

米電気自動車(EV)大手のテスラ<TSLA.O>は、コバルトを含まないリン酸鉄リチウムイオン(LFP)電池を搭載した中国製のEVセダン「モデル3」の販売を開始する構えだ。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

中国の吉利、EVに特化した初のプラットフォームを発表

は23日、電気自動車(EV)に特化した初のプラットフォームを発表した。自社およびパートナー企業がさまざまな車種をより効率的に展開できるようにすることが狙い。

米テスラ、22年まで電池の大量生産実現せず=マスク氏

米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、22日に開催する「バッテリーデー」に先立ち、同イベントで発表する内容に関して、2022年までは電池の大量生産は実現しないとの見解を示した。これを受け、同社の株価は時間外取引で下落した。

焦点:テスラが新たな電池戦略、試されるマスク流「吸収」の極意

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>を16年間でほぼ無名の状態から世界最大の時価総額を持つ自動車会社へと大成長させたイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、革新者であり、既成概念を打破する人物だともてはやされている。

テスラ、EV電池容量50%拡大も CEO「3─4年以内に」

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は25日、3─4年以内に容量が50%拡大したEV電池の大量生産が可能になることを示唆した。

EV電池の容量、3─4年以内に50%拡大も=テスラCEO

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は25日、3─4年以内に容量が50%拡大したEV電池の大量生産が可能になることを示唆した。

中国アリババ傘下のアント、重慶で消費者金融会社設立へ=関係筋

中国電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>のフィンテック部門アント・グループは、同国南西部の重慶市で消費者金融会社を立ち上げ、国内でのプレゼンスを高める方針だ。2人の関係筋がロイターに明らかにした。

米テスラ、他社にEV電池供給の用意=マスク氏

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は28日、テスラは他社に対してソフトウエアのライセンス供与や電池供給を行う用意があるとの考えを示した。

米テスラのマスクCEO、ニッケル増産求める

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>のマスク最高経営責任者(CEO)は22日、4─6月期決算発表後の電話会見で鉱業各社にニッケルの生産拡大を求めた。ニッケルはテスラのEVに使われる電池の主要材料。電池のコストがテスラの成長の大きなハードルになっていると強調した。

テスラ、4─6月は4四半期連続の黒字 マスクCEO「成長重視へ」

米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>が22日発表した第2・四半期(4─6月)決算は、新型コロナウイルスの向かい風にもかかわらず、同社として初めて4四半期連続の黒字を達成した。年内に少なくとも50万台を納車する目標も堅持し、株価は引け後の時間外取引で4.4%上昇した。

ホンダ、中国CATLに出資 新エネ車用バッテリー共同開発へ

ホンダ<7267.T>は10日、中国の電気自動車(EV)向け電池最大手、寧徳時代新能源科技(CATL)の約1%の株式を取得したと発表した。新エネルギー車用バッテリーの共同開発を進めるとしている。

米テスラ、加州で電池生産施設を建設へ=文書

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>が米カリフォルニア州フレモントに電池の研究・生産施設を建設する計画であることが、同市当局の資料で明らかになった。24時間操業を予定しているという。

米テスラ、LFP電池搭載モデル3生産で中国から認可

米電気自動車大手テスラ<TSLA.O>は、中国政府からリン酸鉄リチウム(LFP)電池搭載のセダン「モデル3」の生産の認可を受けた。

独ダイムラー、中国EV電池ファラシスのIPOに投資へ=関係筋

関係筋によると、ドイツの自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>は、中国の電気自動車(EV)用電池メーカー、ファラシス・エナジー(孚能科技)が予定する4億8000万ドルの新規株式公開(IPO)に投資する計画だ。EV生産拡大に向け、バッテリーの安定供給確保を狙う。

米テスラ、LFP電池搭載「モデル3」生産を中国政府に申請

米電気自動車(EV)大手のテスラ<TSLA.O>は、リン酸鉄リチウムイオン電池(LFP)搭載のセダン「モデル3」の生産に向け、中国政府の承認を求めている。中国工業情報化省のウェブサイトに掲載された書類で明らかになった。

中国、昨年の対ドイツ投資で初のトップ3圏外 国内シフト要因か

中国は、昨年の対ドイツ直接投資案件数でトップ3から外れた。データ集計を開始した2009年以来初めてで、中国政府が国内経済の支援にシフトしたことが要因とみられる。

米テスラ、中国産EVに革新的なバッテリー搭載へ=関係筋

米電気自動車(EV)メーカーのテスラ<TSLA.O>は、中国で生産される「モデル3」に低コストで寿命が長いバッテリーを年内か来年初めに採用する計画。これによりEVのコストはガソリン車とほぼ同じ水準になる。関係筋がロイターに明らかにした。

北京汽車と滴滴出行、リース事業を計画 新車販売低迷で

と配車サービス大手の滴滴出行は、他社と共同でBAICの乗用車をリースする事業を立ち上げると発表した。

テスラと中国CATL、コバルトを含まないEV用電池で協議

米電気自動車(EV)大手のテスラ<TSLA.O>と中国EV向け電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>が行っている、コバルトを含まないリン酸鉄リチウムイオン電池(LFP)の中国製テスラ車両への利用を巡る協議が、大詰めを迎えている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up