for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

DCMホールディングス株式会社

3050.T

現在値

1,110.00JPY

変化

-14.00(-1.25%)

出来高

487,000

本日のレンジ

1,097.00

 - 

1,131.00

52週レンジ

994.00

 - 

1,542.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,124.00
始値
1,131.00
出来高
487,000
3か月平均出来高
8.43
高値
1,131.00
安値
1,097.00
52週高値
1,542.00
52週安値
994.00
発行済株式数
149.07
時価総額
183,328.80
予想PER
9.77
配当利回り
2.67

次のエベント

Q2 2022 DCM Holdings Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Dcm Holdings Co Ltd - To Buy Back Up To 3.26% Of Own Shares Worth 5 Billion Yen

Dcm Holdings Co Ltd - Tender Offer For Shimachu Has Ended In Failure

DCM Holdings - Tender Offer For Shimachu

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

DCMホールディングス株式会社とは

DCMホールディングスは、主に同社と連結子会社10社、関連会社1社で構成され、主にホームセンター事業を行う。【事業内容】全社事業は、同社が経営管理等を行う。ホームセンター事業は、連結子会社カーマ、ダイキ、ホーマックがホームセンター業に従事する。ホームセンター事業の部門別の主な取扱商品は、園芸用品、大型機械、農業・業務資材、植物、エクステリア、屋外資材他の園芸・エクステリア、作業用品、金物、工具、塗料、補修、木材、建築資材他のホームインプルーブメント、カー用品、スポーツ、玩具、自転車、レジャー、ペット用品他のホームレジャー・ペット、日用消耗品、文具、ダイニング・キッチン、バス・トイレタリー、ヘルスケア・ビューティケア、食品他のハウスキーピング、インテリア、寝具、家具収納他のホームファニシング、家庭電器、冷暖房、住宅設備、電材・照明、AV情報機器他のホームエレクトロニクス、並びにテナント植物、テナントペット、灯油、工事費、サービス料他を含む。

業種

Retail (Home Improvement)

連絡先

Omori Bellport E Bldg.

6-22-7, Minami-Oi

SHINAGAWA-KU, TKY

140-0013

Japan

+81.3.57645211

https://www.dcm-hldgs.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshihiro Hisada

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Representative Director

Yasunori Ishiguro

President, Chief Operating Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Mikio Akai

Senior Executive Officer, President of Subsidiary

Tai Nakamura

Senior Executive Officer, President of Subsidiary

Akira Takahashi

Executive Officer, Senior Director of Marketing, Director of Marketing Promotion

統計

1.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.4K

2020

0.4K

2021

0.5K

2022(E)

0.5K
EPS (JPY)

2019

90.060

2020

103.310

2021

127.340

2022(E)

116.200
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.39
株価純資産倍率(四半期)
0.72
株価キャッシュフロー倍率
6.05
総負債/総資本(四半期)
60.84
長期負債/資本(四半期)
54.48
投資利益率(過去12カ月)
4.93
自己資本利益率(過去12カ月)
3.78

最新ニュース

最新ニュース

9日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

9日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・タカラトミー 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.53%にあたる5 0万株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月10日から3 月31日。 ・オーハシテクニカ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.46%にあた る21万株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月12日か ら6月11日。 ・住友大阪セメント 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.41%にあた る170万株、取得総額50億円を上限とする自社株買...

ニトリHD、島忠へのTOBが成立 全株取得の手続きに

ニトリホールディングスは29日、ホームセンター大手の島忠に対して実施していた株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。ニトリHDは島忠を来年1月6日付で連結子会社とする予定。今後は全株取得に向けた手続きに入り、島忠は上場廃止となる。

ニトリHD、島忠へのTOBが成立 連結子会社に

ニトリホールディングスは29日、ホームセンター大手の島忠に対して実施していた株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。島忠は来年1月6日付でニトリHDの連結子会社となる。

DCM、島忠へのTOB期間を12月1日まで延長

DCMホールディングス<3050.T>は16日、島忠<8184.T>に対して行ってる公開買い付け(TOB)の期間を12月1日まで延長すると発表した。これまでの期限は11月16日だった。

島忠がニトリと経営統合へ、TOBに賛同 岡野社長「プラス大きい」

島忠<8184.T>は13日、ニトリホールディングス<9843.T>との経営統合契約を締結することを決議したと発表した。ニトリによる株式公開買い付け(TOB)への賛同を表明した。先にTOBを行っていたDCMホールディングス<3050.T>の1株4200円を大きく上回る価格を提示したことも含め、島忠はニトリへの賛同に転じた。

島忠がニトリと経営統合へ、TOBへの賛同表明 16日から開始

島忠は13日、ニトリホールディングスとの経営統合契約を締結することを決議したと発表した。ニトリによる株式公開買い付け(TOB)への賛同を表明。TOB期間は11月16日から12月28日までとなっている。価格は10月29日に発表した1株5500円。

ニトリのTOB提案、きょうの取締役会に付議 決定次第速やかに発表=島忠

島忠<8184.T>は13日、ニトリホールディングス<9843.T>による株式公開買い付け(TOB)提案を同日の特別委員会で最終審議し、取締役会に付議する予定だと明らかにした。決定次第速やかに発表するという。

現時点で島忠に対するTOB条件の変更などは考えていない=DCM

島忠<8184.T>に対する株式公開買い付け(TOB)を実施中のDCMホールディングス<3050.T>の広報担当者は30日、TOBについて「現時点で条件の変更などは考えていない」と話した。

島忠にとって、当社が最もシナジー効果発現しやすいベストパートナー=DCM

島忠に対する株式公開買い付け(TOB)を実施中のDCMホールディングスは30日、ニトリホールディングスが島忠への対抗TOBを表明したことを受けて「当社こそが島忠にとって最もシナジー効果を発現しやすいベストパートナーと確信している」とするコメントを発表した。TOB条件の変更などには触れていない。

ホットストック:島忠が大幅高、ニトリのTOB価格5500円にサヤ寄せ

島忠が大幅高となっている。ニトリが29日、島忠の普通株式を1株5500円で公開買い付け(TOB)すると発表。この価格にサヤ寄せする格好となった。一方、ニトリはさえない。

ニトリ、島忠に1株5500円でTOB 「提案受け入れに最大限努力」

ニトリ<9843.T>は29日、島忠<8184.T>の普通株式を1株5500円で公開買い付け(TOB)すると発表した。家具やホームセンターなど住関連を手掛ける島忠と経営統合することで、店舗網や品揃えを拡充したい考え。島忠経営陣とはこれから会うなどし「提案を受け入れてもらえるように最大限の努力をしたい」(似鳥昭雄会長)という。

BRIEF-似鳥ニトリHD会長:島忠は関東への立地の多さや住関連での事業が魅力

ニトリホールディングスの似鳥昭雄会長は29日、島忠に対する株式公開買い付け(TOB)に関する会見で以下のように述べた。

再送-ニトリ、島忠に1株5500円でTOB 「賛同なくても開始」

ニトリは29日、島忠の普通株式を1株5500円で公開買い付け(TOB)すると発表した。島忠取締役会と特別委員会の賛同が得られなくても、TOBの前提条件が満たされれば買い付けを開始するとしている。11月中旬の開始を目指す。

旧村上ファンド系が島忠株8.38%保有、TOB「ベストプライス追求を」

旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンス(東京・渋谷)が島忠<8184.T>株を20日時点で8.38%まで買い増したことが、関東財務局に提出された大量保有報告書と変更報告書で分かった。14日時点で、5.75%保有していた。

21日の日経平均は反発、米国株高を好感

東京株式市場で日経平均は反発した。オーバーナイトの米国株式市場が上昇したほか、時間外取引での米株先物が堅調に推移していることを受け、終始プラス圏の展開となった。ただ、積極的な売買は依然として手控えられており、東証1部の売買代金は8営業日連続の2兆円割れとなった。

島忠へのTOB、計画通り進める=DCM

DCMホールディングスの広報担当者は21日、実施中の島忠に対する株式公開買い付け(TOB)について、計画通り進めるとコメントした。ロイターの取材に答えた。DCMは島忠の完全子会社化に向けて、島忠株を1株4200円で10月5日から11月16日まで買い付けている。

ホットストック:島忠は12%高、ニトリが買収検討との報道を材料視

島忠は大幅続伸し、午前9時39分現在、前日比12%高の4710円となっている。20日に、ニトリホールディングスが島忠の買収を検討していることが分かったと伝えられ、材料視された。

島忠も含め、M&Aを通じた成長の可能性を検討=ニトリ

ニトリホールディングス<9843.T>は21日、ホームセンター大手の島忠<8184.T>の買収を検討しているとの一部報道について「島忠も含め、M&Aを通じた成長の可能性を日々検討しているが、現時点で決定している事実はない」とのコメントを発表した。今後、開示すべき事実を決定した場合には速やかに公表するとしている。

ニトリ、島忠の買収を検討=報道

日本経済新聞などは20日、ニトリホールディングス<9843.T>がホームセンター大手の島忠<8184.T>の買収を検討していると報じた。島忠に対しては同業大手のDCMホールディングス<3050.T>が完全子会社化に向けて株式公開買い付け(TOB)を実施中で、異例の買収提案になるという。

ホットストック:島忠は買い気配、DCMによるTOBを材料視

島忠は買い気配。2日、DCMホールディングスが島忠株の公開買い付け(TOB)を行い、同社を完全子会社化すると発表したことが材料視されている。買い付け価格は1株4200円。同価格を意識して買いが先行している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up