for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ペッパーフードサービス

3053.T

現在値

211.00JPY

変化

-1.00(-0.47%)

出来高

98,600

本日のレンジ

211.00

 - 

212.00

52週レンジ

204.00

 - 

442.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
212.00
始値
211.00
出来高
98,600
3か月平均出来高
4.11
高値
212.00
安値
211.00
52週高値
442.00
52週安値
204.00
発行済株式数
39.41
時価総額
8,394.59
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 3053.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Pepper Food Service Co Ltd Announces Notice Of Voluntary Filing Of Form 15F To Deregister With The U.S. SEC

Pepper Food Service Co Ltd Files For U.S. Listing Of American Depositary Shares

Pepper Food Service announces change of stock listing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ペッパーフードサービスとは

ペッパーフードサービスグループは、主に一般的に高級料理といわれるステーキやその他肉類を中心とした加熱料理を、感熱センサー付電磁調理器を用いた独自の店舗運営システムにより、顧客に提供する「ペッパーランチ」及び立食スタイルにすることにより顧客の回転率を上げ、ステーキを低価格にて提供する「いきなり!ステーキ」店舗の展開を主力事業とする。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。いきなり!ステーキ事業セグメントは、ビジネス街でポピュラーな立ち飲み食いでステーキとワインを楽しむスタイルをコンセプトにレストラン業態としてスタートした後、独立した業態となる。また、「いきなり!ステーキ」独自のポイントカードである「肉マイレージカード」の携帯電話アプリの導入や、そのアプリからの現金チャージを行うプリペイド機能の追加など、中長期的な成長への基盤とする業態としてグループの直営、フランチャイズ及び委託事業として運営する。炭焼き立ち食いステーキ店「いきなり!ステーキ」を運営する。ペッパーランチ事業セグメントには、3つの事業がある。フランチャイズ事業は、フランチャイズ(FC)加盟契約者の開拓、FC加盟契約者の出店先店舗物件開発、店舗施工管理、店舗機器や食材の販売、店舗運営ノウハウの提供などを行う。直営事業は、「ペッパーランチ」店舗を直接で運営する。委託事業は、所有する店舗の運営を受託者が行い、店舗の業績に応じて受託者に業務委託料を支払うものである。「ペッパーランチ」、「ペッパーランチダイナー」、「92’s(クニズ)」やフードコートタイプの「炭焼ハンバーグ ステーキくに」、「東京634バーグ」、「武蔵ハンバーグ」などの店を運営する。レストラン事業セグメントは、ステーキを提供するオーダーカットステーキ店の「炭焼ステーキくに」、とんかつ専門店の「こだわりとんかつ かつき亭」、「炭焼ハンバーグ ステーキくに」、牛たん専門店の「牛たん仙台なとり」、ハイエンドのステーキレストラン店「Prime42 BY NEBRASKA FARMS」をグループの直営、フランチャイズ及び委託事業として運営する。商品販売事業セグメントは、とんかつソース、冷凍ペッパーライス、ドレッシング及びラックスハム等の食材のほか、ぴたり箸(膳の箸がいつでも寄り添う箸)の販売を行う。

業種

Restaurants

連絡先

17F, Olinas Tower, 4-1-3, Taihei

SUMIDA-KU, TKY

130-0012

Japan

+81.3.38293210

https://www.pepper-fs.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kunio Ichinose

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Kensaku Ichinose

Vice President, Chief Financial Officer, Chief Director of Administration, Representative Director

Kazunori Kanno

Senior Managing Director, Chief Senior Director of Sales, Chief Director of Restaurant Business, Chief Director of Overseas Business, Chief Director of Ikinari! Steak Business, Director of Purchase

Hiroto Saruyama

Managing Director, Chief Director of General Affairs

Hidemitsu Ashida

Managing Director, Chief Director of Development

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.52
株価純資産倍率(四半期)
4.85
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
113.69
長期負債/資本(四半期)
43.50
投資利益率(過去12カ月)
-18.27
自己資本利益率(過去12カ月)
-10.03

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、弱地合い継続 200日線奪回ならず

<15:56> 日経平均・日足は「中陰線」、弱地合い継続 200日線奪回ならず 日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万6974円90銭。ローソク足は 陰の大引け坊主の形状で、売り圧力の強さが示された。200日移動平均線(2万722 0円79銭=24日)は終値で上抜けならず。5日線(2万7057円19銭=同)を3 営業日連続で終値で下回り、上値の重さを印象付ける。 目先は、200日線を明確に上回れるかが引き続き焦点。下方向では25日線(2万 6883円18銭=同)や、18日に開けた窓(17日高値:2万6814円92銭)埋 めが意識...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、米ハイテク株高を好感

<15:08> 新興株はマザーズが反発、米ハイテク株高を好感 新興株式市場は、マザーズ総合は0.33%高の726.49ポイントと、反発した 。東証グロース市場指数は前営業日比0.33%高の923.58ポイントだった。前週 末の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大幅高となり、投資家心理を支え た。 Appier Groupやフリーが大幅高。ビジョナル は堅調だった。一方、ロコンドが大幅安、ジーエヌアイグループが軟調 となった。アンジェスは年初来安値を更新した。 <13:10> 後場の日経平均は伸び悩み、中国新体制を見極めたいとの...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は伸び悩み、中国新体制を見極めたいとの声も

<13:10> 後場の日経平均は伸び悩み、中国新体制を見極めたいとの声も 後場に入ってからの日経平均は伸び悩む展開で、2万7000円を超える水準で推移 しているがじり安となっている。テクニカル面で2万7200円台に位置する200日移 動平均線が節目として強く意識され、利益確定売りがかさむという。 市場では「中国新体制を受けてハンセンの下落、中国ハイテク企業の軟調な動きで、 早めに売ろうとする動きが出ている」(国内証券・ストラテジスト)との指摘があり、発 足した中国の新体制における経済対策を見極めたいとのムードもある。 <11:45> 前場...

午前の日経平均は反発、米利上げペース緩むとの見方で物色

24日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比266円37銭高の2万7156円95銭と、反発した。米国で利上げペースが緩むとの見方が出たことにより、前週末の米株が上昇するなど一連の動きを好感。幅広く物色されて堅調に推移した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もち合い、日米主要企業の決算発表を待つムードに

<11:10> 日経平均は強もち合い、日米主要企業の決算発表を待つムードに 日経平均は強もち合い。前週末の米国株式市場の上昇を好感する形で大幅上昇となっ たものの、買い一巡後は伸び悩む動き。「今週は日米ともに主要企業の決算発表が多いこ とから、それを待つムードが強くなっている」(国内証券・ストラテジスト)という。 個別では、ソフトバンクグループをはじめ、東京エレクトロンなど 指数寄与度が大きい銘柄の上昇が目立つ。一方、これまで相場の下支え役となっていたデ ィフェンシブ銘柄、インバウンド関連株などがさえない。 <10:13> 日経平均は堅調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、上げ幅拡大 値がさ株や半導体関連株が堅調

<10:13> 日経平均は堅調、上げ幅拡大 値がさ株や半導体関連株が押し上げ 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約370円高の2万7200円台後半で推移 している。一時400円以上上昇する場面もあった。値がさ株や半導体関連株が堅調に推 移し、相場を押し上げている。 市場では、米連邦準備理事会(FRB)が先々の金融引き締めペースを鈍化させるの ではないか、との思惑で安心感が生じ、「景気敏感セクターが物色されているようだ」( 国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。一方、これまで相場を下支えしてきた小 売りの一角に売りが出ている。 今週...

寄り付きの日経平均は反発、米株高を好感 幅広い業種に買い

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比342円42銭高の2万7233円00銭と、反発してスタートした。前週末の米株高を好感する形で、幅広い業種に買いが入っている。東証33業種では、不動産業以外の32業種が値上がり。海運業、ゴム製品、精密機器などの上昇が目立つ。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、山梨中銀は買い優勢 ギークスは売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、山梨中銀は買い優勢 ギークスは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 山梨中央銀行 14% 1,20 1,19 1,20 1,05 0 9 0 2 2 シンプレクス・HLDG <4373. 10% 2,20 2,20 2,20 2,00 T> 4 4 4 3 3 トレックス・セミコンダクター 8% 2,87 2,86 2,87 2,64 0 9 0 8 4 淀川製鋼所 8%...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線は上向き

<15:27> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線は上向き 日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴い、実体部分が短い「陽のコマ」の「小陽線」 となった。終値は2万8868円91銭。買い手の心理としては上昇期待感の中、気迷い を示している。 日経平均は前日までの連騰で高値警戒感が意識されるものの、5日移動平均線(2万 8421円39銭=16日)や25日線(2万7676円03銭=同)が明確に上を向い ており、短期的には上昇基調が継続するとみられている。目先は、心理的の節目の2万9 000円をトライできるかが焦点となりそうだ。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、米金利低下受けグロース株堅調

<15:10> 新興株はマザーズが3日続伸、米金利低下受けグロース株堅調 新興株式市場では、マザーズ総合が2.69%高の750.21ポイントと3日続伸 した。東証グロース市場指数は前営業日比2.69%高の954.00ポイントで取引を 終えた。「米長期金利の低下基調を受けて、中小型のグロース(成長)株を買い戻す流れ が継続している」(国内証券)という。 個別では、イーディーピーが一時ストップ高となったほか、くふうカンパニ ー、ラクオリア創薬が堅調に推移した。反面、ディー・ディー・エス<3 782.T>、サイジニア、ウェッジホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値重い、グロース株の買い戻し継続 SBGは安い

<13:29> 日経平均は上値重い、グロース株の買い戻し継続 SBGは安い 日経平均は後場も上値が重く、一時的にプラスとなっても小安い時間帯が長い。ソフ トバンクグループ(SBG)が下げ幅を広げ指数の重しとなる場面があったが、 相場全体には波及していない。セクター別では、海運業が前引け時点に比べて下げ幅を広 げている。 全般的には、TOPIXグロース指数は0.13%高の一方、同バリュー指数は0. 41%安となっており「グロース株を買い戻す動きが続いているようだ」(国内証券)と の声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は小反落、利益確定売...

午前の日経平均は小反落、利益確定売り重し 強気継続の思惑も

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比10円02銭安の2万8861円76銭と、小幅に反落した。前日終値を挟んだ一進一退の値動きが続き、方向感を欠いた。連騰後の利益確定売りが上値を抑えたものの、強気相場継続への思惑との綱引きになった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、連騰後の利益確定と強気継続の思惑が綱引き

<11:05> 日経平均は一進一退、連騰後の利益確定と強気継続の思惑が綱引き 日経平均は前日終値を挟んで一進一退となっている。先週末からの連騰で1000円 超上昇し、短期的な調整への警戒感から利益確定売りが上値を抑えている一方、前日の米 株高を受けて強気相場継続への思惑もあり、綱引きとなっている。 朝方から小安く推移している時間外取引の米株先物が下げ幅をやや広げた場面では、 日本株も下げを広げており「今のところ日本株は底堅そうだが、米株先物が下げを強める ようなら連れ安となりかねず注意が必要」(国内証券)との声が聞かれる。 東証33業種...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時プラスに、利益確定売りを着実に消化

<10:15> 日経平均は一時プラスに、利益確定売りを着実に消化 日経平均は一時、前日比でプラスに転換した。朝方は高値警戒感から軟調に始まった ものの、売り一巡後は押し目が買われる展開になった。利益確定売りが着実に消化されて いる。 市場では「25日移動平均線とのかい離率が5%近くに達しており、テクニカル的に いったん調整が入りそうだが、押し目を買うニーズが強く崩れる雰囲気は感じられない」 (国内証券)との声が聞かれた。 物色面では、主力銘柄が高安まちまち。「材料が出た銘柄を買う動きが中心で、物色 の方向性は見えない」(別の国内証券)という...

寄り付きの日経平均は反落、急上昇に対する警戒感で利益確定売り

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比42円95銭安の2万8829円53銭と反落した。前日の米国株式市場はしっかりだったものの、これまでの急な上昇に対して警戒感が生じ、利益確定売りが優勢で始まった。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、アイスタイルは買い優勢 ペッパーフードは売り優勢

<08:30> 寄り前の板状況、アイスタイルは買い優勢 ペッパーフードは売り 優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気配 終値 率 配 配 1 アイスタイル 27% 373 373 373 293 2 ジャフコ グループ 24% 2,618 2,618 2,618 2,118 3 リブセンス 22% 260 259 260 213 4 東芝 19% 6,190 6,190 6,190 5,190 5 ランドコンピュータ 15% 1,034...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、一段と強さ増すが徐々に過熱感も

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、薄商いの中で値幅取り活発化

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏で推移、薄商いの中で買い戻し活発化

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場一段高、値がさ株が引き続き堅調

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up