for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ペッパーフードサービス

3053.T

現在値

351.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

240.00

 - 

610.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
351.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
7.77
高値
--
安値
--
52週高値
610.00
52週安値
240.00
発行済株式数
39.41
時価総額
13,715.10
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2021 Pepper Food Service Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Pepper Food Service Co Ltd Announces Notice Of Voluntary Filing Of Form 15F To Deregister With The U.S. SEC

Pepper Food Service Co Ltd Files For U.S. Listing Of American Depositary Shares

Pepper Food Service announces change of stock listing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ペッパーフードサービスとは

ペッパーフードサービスグループは、主に一般的に高級料理といわれるステーキやその他肉類を中心とした加熱料理を、感熱センサー付電磁調理器を用いた独自の店舗運営システムにより、顧客に提供する「ペッパーランチ」及び立食スタイルにすることにより顧客の回転率を上げ、ステーキを低価格にて提供する「いきなり!ステーキ」店舗の展開を主力事業とする。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。いきなり!ステーキ事業セグメントは、ビジネス街でポピュラーな立ち飲み食いでステーキとワインを楽しむスタイルをコンセプトにレストラン業態としてスタートした後、独立した業態となる。また、「いきなり!ステーキ」独自のポイントカードである「肉マイレージカード」の携帯電話アプリの導入や、そのアプリからの現金チャージを行うプリペイド機能の追加など、中長期的な成長への基盤とする業態としてグループの直営、フランチャイズ及び委託事業として運営する。炭焼き立ち食いステーキ店「いきなり!ステーキ」を運営する。ペッパーランチ事業セグメントには、3つの事業がある。フランチャイズ事業は、フランチャイズ(FC)加盟契約者の開拓、FC加盟契約者の出店先店舗物件開発、店舗施工管理、店舗機器や食材の販売、店舗運営ノウハウの提供などを行う。直営事業は、「ペッパーランチ」店舗を直接で運営する。委託事業は、所有する店舗の運営を受託者が行い、店舗の業績に応じて受託者に業務委託料を支払うものである。「ペッパーランチ」、「ペッパーランチダイナー」、「92’s(クニズ)」やフードコートタイプの「炭焼ハンバーグ ステーキくに」、「東京634バーグ」、「武蔵ハンバーグ」などの店を運営する。レストラン事業セグメントは、ステーキを提供するオーダーカットステーキ店の「炭焼ステーキくに」、とんかつ専門店の「こだわりとんかつ かつき亭」、「炭焼ハンバーグ ステーキくに」、牛たん専門店の「牛たん仙台なとり」、ハイエンドのステーキレストラン店「Prime42 BY NEBRASKA FARMS」をグループの直営、フランチャイズ及び委託事業として運営する。商品販売事業セグメントは、とんかつソース、冷凍ペッパーライス、ドレッシング及びラックスハム等の食材のほか、ぴたり箸(膳の箸がいつでも寄り添う箸)の販売を行う。

業種

Restaurants

連絡先

17F, Olinas Tower, 4-1-3, Taihei

SUMIDA-KU, TKY

130-0012

Japan

+81.3.38293210

https://www.pepper-fs.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kunio Ichinose

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Kensaku Ichinose

Vice President, Chief Financial Officer, Chief Director of Administration, Representative Director

Kazunori Kanno

Senior Managing Director, Chief Senior Director of Sales, Chief Director of Restaurant Business, Chief Director of Overseas Business, Chief Director of Ikinari! Steak Business, Director of Purchase

Hiroto Saruyama

Managing Director, Chief Director of General Affairs

Hidemitsu Ashida

Managing Director, Chief Director of Development

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.68
株価純資産倍率(四半期)
5.08
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
150.56
長期負債/資本(四半期)
58.85
投資利益率(過去12カ月)
-16.55
自己資本利益率(過去12カ月)
-6.31

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、終値は25日線を下回る

<16:25> 日経平均・日足は「大陰線」、終 値は25日線を下回る 日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う「大陰線」。反発スタートとなったものの、時間 外取引での米株先物の急落に連れ安する展開となり、寄り付き天井となった。終値(2万 7663円39銭=29日)は5日移動平均線(2万8372円90銭=同)、25日移 動平均線(2万7892円33銭=同)ともに下回った。25日移動平均線を下回るのは 12月22日以来で、調整色を濃くする動きとなっている。 <16:08> 新興株市場は軟調、米株先物に連れ安 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、米株先物に連れ安

<16:08> 新興株市場は軟調、米株先物に連 れ安 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続落した。時間 外取引での米株先物が急落した流れに連れ安する展開となり、直近IPO銘柄や時価総額 上位銘柄で売りが優勢となった。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.64%安。個別では出前館 、ウエ ストホールディングス 、ハーモニック・ドライブ・システムズ が軟調。 シンバイオ製薬 はストップ安比例配分となった。半面、ラクオリア創薬 、ワークマン はしっかり。ジオマテック はストップ高比例配分。 マザーズ指数は、前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時537円安、空売りファンドのツイートを警戒

<13:36> 日経平均は一時537円安、空売りファンドのツイートを警戒 日経平均は急落し、400円超安の2万7700円台後半。一時前営業日比537円 42銭安の2万7660円00銭の安値を付けた。時間外取引での米株先物が急落した動 きに連れ安する展開となっている。 市場では、空売りを専門とする米投資情報会社シトロン・リサーチが、日本時間午後 11時に全個人投資家が注目すべき重大な発表を行うとツイートし、警戒されているとの 声が聞かれた。「発表の内容は明らかになっておらず、とりあえず反射神経的に売ってい る状態。このファンドはリポートを...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場下げ幅拡大、一時300円超安 米株先物軟調が重し

<13:05> 日経平均は後場下げ幅拡大、一時300円超安 米株先物軟調が重し 後場に入り、日経平均は下げ幅を拡大、前営業日比290円ほど安い2万7900円 近辺で推移している。昨日は一時2万8000円割れとなったが、再び2万7000円台 での推移となり、前日の安値を下回った。市場からは「米株先物の下落幅が拡大したこと が嫌気されているようだ。また、きょうは月内最終日でポジション調整の動きが出ている 可能性もある」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は続落、警戒感和らぐも様子見ムード広がる 前場の東京株式市場で...

午前の日経平均は続落、警戒感和らぐも様子見ムード広がる

29日午前の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比51円79銭安い2万8145円63銭となり、続落した。前日の米株高の流れを引き継ぎ、日経平均も朝方は堅調にスタートし、昨日マーケットに広がった警戒感は和らいだ。しかし、買い一巡後は売り買いが交錯し、来週以降の企業決算を見極めたいとの思惑から様子見ムードが広がった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陰線」、5日線とローソク足が交差

<16:07> 日経平均・日足は「下影陰線」、5日線とローソク足が交差 日経平均・日足は下に長いヒゲを伴う「下影陰線」。高値圏で下影陰線が出現したことで、目先的には 下落への転換を示唆している。また、5日移動平均線(2万7156円27銭=4日)がローソク足に交わ っていることから、上昇の勢いが弱まり、心理的には売りが先行しやすい状況を表している。 <15:42> 新興株市場は小じっかり、直近IPOや巣ごもり関連で物色活発 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は続伸した。市場から は「マザーズ市場では直近...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、直近IPOや巣ごもり関連で物色活発

<15:42> 新興株市場は小じっかり、直近IPOや巣ごもり関連で物色活発 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は続伸した。市場から は「マザーズ市場では直近IPO銘柄が買われたほか、緊急事態宣言の再発令が視野に入ったことを受けて 中小型株の巣ごもり関連銘柄で物色が活発になったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.11%高。個別では、不二精機 が一時ストップ高とな ったほか、テラ 、出前館 が商いを伴い堅調に推移した。半面、細谷火工 、ウィル ソン・ラーニング ワールドワイド...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、巣ごもりやワクチン関連銘柄には物色も

<14:32> 日経平均は軟調、巣ごもりやワクチン関連銘柄には物色も 日経平均は軟調、前営業日比200円ほど安い2万7200円台半ばで推移している。前場には乱高下 する場面もみられたが、後場は総じて狭いレンジの範囲でもみあいとなっている。市場からは「新型コロナ ウイルスの感染再拡大に警戒感が高まる中、相場全体としてはさえないが、巣ごもり関連銘柄やワクチン関 連銘柄の一部では物色が活発になっている」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、オイシックス・ラ・大地 やニチレイ がしっかりした値動きとなっているほ か、ワクチン関連銘柄の神栄...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場一進一退、緊急事態再発令は予想外との声も

<13:13> 日経平均は後場一進一退、緊急事態宣言再発令は予想外との声も 後場に入り、日経平均は安値圏で一進一退、前営業日比130円ほど安い2万7300円台前半で推移 している。市場からは「緊急事態宣言再発令の可能性が高まり、警戒感からきょうはこのまま軟調な展開が 想定される。年末に感染者が急増していたとはいえ、(緊急事態宣言の)再発令は織り込んでいない参加者 も多かったのではないか」(運用会社)との声が聞かれた。 <11:50> 前場の日経平均は続落、緊急事態宣言の検討警戒し幕開けは乱高下 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比...

前場の日経平均は続落、緊急事態宣言の検討警戒し幕開けは乱高下

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比99円30銭安の2万7344円87銭となり、続落。引き続き前年末の急騰に対する警戒感が残っているほか、緊急事態宣言の検討が重しとなった。大きく下げる場面があったが、押し目買いで下げ渋り、新年相場は前場を通して乱高下する波乱の幕開けとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は戻り歩調、米上院選と緊急事態宣言を見極めたいとのムード

<10:55> 日経平均は戻り歩調、米上院選と緊急事態宣言を見極めたいとのムード 日経平均は戻り歩調となっている。一時400円を超す動きとなったものの、その後は押し目買いが流 入し、全般は下げ渋った。市場では「警戒感が一気に広がった格好だが、米ジョージア州の上院選の結果や 緊急事態宣言の内容を見極めたいとのムードとなっている」(SBI証券・投資調査部長の鈴木英之氏)と の声が聞かれる。 物色面では、東証マザーズ指数がプラスに転じたほか、1部市場でもDX関連など「昨年の緊急事態宣 言下で買われた銘柄がにぎわい、これらが相場を支える格好になっている...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は緊急事態警戒で一時400円超安、2万7000円台の維持がポイント

<10:00> 日経平均は緊急事態警戒で一時400円超安、2万7000円 台の維持がポイント 日経平均は一時400円超安となった。政府が1都3県に緊急事態宣言を発令する検討に入ったとの報 道が引き続き嫌気されている。東証33業種では空運業が値下がり率トップ。日本航空 、ANAホ ールディングス はともに3%を超す下落となっている。そのほか、J.フロント リテイリング<3 086.T>、三越伊勢丹ホールディングス は4%超安となるなど、百貨店株が総じて軟調となっている 。 市場では「朝方は指数寄与度の高い銘柄が買われ、日経平均は反発スタート...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は200円超安、週内にも緊急事態宣言発令との報道を嫌気

<09:34> 日経平均は200円超安、週内にも緊急事態宣言発令との報道を嫌気 日経平均はマイナス圏。政府が緊急事態宣言を発令する検討に入ったとの報道が嫌気されている。 反発してスタートした後は157円94銭高の2万7602円11銭で高値を付けたが、その後はマイ ナス圏に転落。現在前営業日比200円ほど安い2万7200円台前半での推移となっている。 国内での新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、菅義偉首相が東京都など1都3県の緊急事態宣言を 週内にも発令する方向で検討しているとフジテレビが報じ、市場で嫌気されている。個別ではペッパーフー...

ホットストック:外食株が軟調、1都3県の緊急事態宣言検討の報道を嫌気

外食株が軟調。菅義偉首相が東京都など1都3県の緊急事態宣言を週内にも発令する方向で検討していると伝わり、休業が懸念される外食株が軒並みさえない動きとなっている。

アングル:外食株の明暗はワクチン普及後も継続か、鍵は利益率の向上

外食産業の株価が二極化している。コロナ禍でも「郊外」や「非日常」などのニーズを取り込み堅調に売り上げを伸ばし続ける業態がある一方、「密」を敬遠される業態も少なくない。利益率を上げるなどの改善がなければ、こうした明暗はコロナワクチンが普及してもしばらく続くとの見方が多い。

ペッパーフード株が大幅反発、ペッパーランチ事業の売却を好感

6日午前の東京株式市場で、経営再建中の外食大手ペッパーフードサービス<3053.T>が大幅反発。午前9時30分現在、前営業日比11%超高で東証1部の売買代金第3位。一時16%超高で東証1部の売買代金トップとなった。

ペッパーFSがペッパーランチ売却、米子会社の破産申し立て

経営再建中の外食大手ペッパーフードサービス<3053.T>は3日、主力の「ペッパーランチ」事業を、国内投資ファンドJ-STAR(東京)の関連企業に85億円で売却すると発表した。

ペッパー、ペッパーランチ事業売却報道は「ほぼ事実」

ペッパーフードサービス<3053.T>は3日、主力のペッパーランチ事業を国内投資ファンドに80億円程度で売却すると報じられたことについて「金額についてはほぼ事実」だとするコメントを発表した。きょうの取締役会で決議を予定しているという。

ホットストック:ペッパーフードが値上がり率1位、ペッパーランチ売却を材料視

ペッパーフードサービスが急伸。午前9時20分現在、東証1部で値上がり率第1位となっている。ペッパーランチを売却するとの報道が材料視された。

ホットストック:ペッパーは買い気配、ペッパーランチ事業の売却報道を材料視

ペッパーフードサービスは買い気配。共同通信が18日、主力の「ペッパーランチ事業」を売却する方針を固めたと報じ、材料視されている。目先の資金繰りにメドがつくとの見方から買いが先行しているもよう。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up