for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

J.フロントリテイリング株式会社

3086.T

現在値

1,492.00JPY

変化

7.00(+0.47%)

出来高

611,700

本日のレンジ

1,485.00

 - 

1,496.00

52週レンジ

1,116.00

 - 

1,501.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,485.00
始値
1,487.00
出来高
611,700
3か月平均出来高
19.88
高値
1,496.00
安値
1,485.00
52週高値
1,501.00
52週安値
1,116.00
発行済株式数
261.76
時価総額
401,790.20
予想PER
14.33
配当利回り
2.42

次のエベント

Q3 2020 J.Front Retailing Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

R&I affirms J.Front Retailing's rating at "A-" and says stable outlook-R&I

R&I affirms Parco's rating at "A-" and says stable outlook-R&I

Senshukai completes share repurchase and says shareholding structure change

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

J.フロントリテイリング株式会社とは

J.フロントリテイリンググループは、大丸と松坂屋ホールディングスの共同持株会社であり、主に百貨店事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。百貨店事業は、衣料品、雑貨、家庭用品、食料品等の販売を行う。パルコ事業は、ショッピングセンターの開発、経営、管理、運営等を行う。不動産事業は、不動産の開発、管理、運営等を行う。クレジット金融事業は、クレジットカードの発行と運営等を行う。また、卸売業、建装工事請負業及び家具製造販売業、駐車場業及びリース業等も行う。

業種

Retail (Department & Discount)

連絡先

Nihonbashi 1-chome Mitsui Bldg.

1-4-1, Nihonbashi

+81.3.68601147

http://www.j-front-retailing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuyuki Kobayashi

Chairman of the Board of Directors

Ryoichi Yamamoto

Executive President, Representative Executive Officer, Director

Kozo Makiyama

Managing Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Hayato Wakabayashi

Managing Executive Officer, Senior Director of Financial Strategy, Director of Finance & Financial Policy, Director

Tatsuya Yoshimoto

Representative Executive Officer, Managing Executive Officer, Director

統計

2.20 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

1.1K

2018

0.5K

2019

0.5K

2020(E)

0.5K
EPS (JPY)

2017

103.040

2018

108.920

2019

104.550

2020(E)

103.660
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.06
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.88
株価純資産倍率(四半期)
0.95
株価キャッシュフロー倍率
6.43
総負債/総資本(四半期)
103.98
長期負債/資本(四半期)
86.77
投資利益率(過去12カ月)
3.48
自己資本利益率(過去12カ月)
2.38

最新ニュース

最新ニュース

10月大手百貨店売上高は20%前後の減少、駆け込み反動と天候不順

百貨店大手4社が1日発表した10月売上高速報によると、各社とも前年同月比20%前後の大きな落ち込みとなった。10月1日からの消費増税前の駆け込み消費の反動が出たほか、首都圏を直撃した台風の影響で一部店舗が臨時休業したことも影響した。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=18日

RIC 銘柄名 01 ジェイ・エス・ビー 02 メディカルシステムネットワーク 03 マルシェ 04 トップカルチャー  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=30日

RIC 銘柄名 01 富士ピー・エス 02 J.フロント リテイリング 03 日清紡HLDG 04 ジューテックHLDG 05 ダイトウボウ 06 ノムラシステムコーポレーショ ン 07 日産化学 08 保土谷化学工業 09 三谷セキサン 10 日本製鋼所 11 CKD 12 電気興業 13 アイホン 14 東京産業 15 新光商事 16 商船三井 17 エムティーアイ  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=31日

10.91%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 パーク24 16.14 02 東プレ 18.46 03 小糸製作所 20.39 04 大光 20.52 05 J.フロント リテイリング 20.65 06 TPR 20.86 07 エクセディ 21.44 08 中本パックス 21.46 09 タチエス 21.75 10 極東証券 21.86 11 プレス工業 21.95 12 トッパン・フォームズ 22.05 13 日本電気硝子 22.09 14 東京エネシス 22.12 15 住友電気工業 22.17 (*):RSIが70以上、または...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=30日

RIC 銘柄名 01 林兼産業 02 宝HLDG 03 J.フロント リテイリング 04 TOKAI HLDG 05 Cominix 06 日東製網 07 ベネフィットジャパン 08 レンゴー 09 新日本理化 10 カナレ電気 11 高周波熱錬 12 アドバネクス 13 DMG森精機 14 ホソカワミクロン 15 新東工業 16 前澤工業 17 セイコーエプソン 18 キーエンス 19 ローム 20 浜松ホトニクス 21 太陽誘電 22 トヨタ自動車 23 パン・パシフィック・インターナ 24 進和 25 蝶理 26 名古屋銀行 27...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=11日

RIC 銘柄名 01 寿スピリッツ 02 オンリー 03 関西みらいFG 04 高島 05 ユアサ商事 06 ニチモウ 07 アイフル 08 イオンモール 09 ゼンリン 10 愛眼  

今日の株式見通し=底堅い、材料性のある個別株を物色

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、底堅い値動きとなりそうだ。前日の米国株がまちまちで手掛かり材料に欠けるが、世界的な株高基調が崩れたわけではなく、楽観的なムードは持続するとみられる。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=16日

1.29%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 三越伊勢丹HLDG 23.58 02 アリアケジャパン 25.56 03 古野電気 26.19 04 岩手銀行 26.26 05 S FOODS 26.50 06 四国銀行 26.53 07 キャンドゥ 27.28 08 J.フロント リテイリング 27.39 09 大阪チタニウムテクノロジーズ 27.40 10 スター・マイカ 27.80 11 天馬 27.81 12 大東銀行 27.94 13 三十三FG 28.19 14 オリエントコーポレーション 28.28 15 K&Oエナジーグループ...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=28日

2.28%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ディー・エル・イー 21.43 02 J.フロント リテイリング 24.79 03 ファーストコーポレーション 26.16 04 福島銀行 26.22 05 日本ケミファ 26.25 06 イオン 26.71 07 エー・ディー・ワークス 27.20 08 大塚HLDG 27.65 09 船井電機 27.77 10 ダイセキ環境ソリューション 27.77 11 高島屋 27.83 12 平和堂 27.85 13 ユナイテッドアローズ 27.88 14 アルファCo 28.25 15 アステラス...

ホットストック:Jフロントが急落、野村証は目標株価引き下げ

J.フロント リテイリングが急落。同社が27日発表した2018年3─11月期の連結業績(国際会計基準)は、純利益が前年比6.9%減の220億7700万円だった。パルコ事業は減収減益。北海道地震や台風による百貨店の臨時休業も響いた。野村証券は目標株価を従来の1880円から1520円に減額修正している。減益決算に市場はネガティブに反応した。

今日の株式見通し=堅調、2万円台回復へ 米株急反発など好感

きょうの東京株式市場で日経平均株価は堅調な展開が予想されている。前日の米国株市場で主要3指数が急反発。為替も円安方向に振れており、大幅続伸で始まそうだ。2万円台を回復すれば利益確定や戻り待ちの売りが出るとみられるが、売りが一巡した後は今晩の米国株の続伸に対する期待から一段高となる可能性もある。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=26日

RIC 銘柄名 01 植木組 02 巴コーポレーション 03 中外炉工業 04 中村屋 05 伊藤忠食品 06 J.フロント リテイリング 07 マクニカ・富士エレHLDG 08 TOKAI HLDG 09 ディア・ライフ 10 ワコールHLDG 11 ブイキューブ 12 朝日ネット 13 東邦アセチレン 14 チタン工業 15 協和発酵キリン 16 宇部興産 17 扶桑薬品工業 18 ヤフー 19 長谷川香料 20 大成ラミック 21 日本電気硝子 22 日本コンクリート工業 23 三谷セキサン 24 フジミインコーポレーテッド 25...

日経平均は5日ぶり小反発、押し目買いで下げ渋る

東京株式市場で日経平均は5日ぶりに小反発した。為替がやや円高に振れたことが重しとなったほか、オプションSQ(特別清算指数)算出を前にポジション調整の売りも出て、一時2万3300円台後半まで弱含んだ。ソフトバンクグループ<9984.T>への売りも全体相場を押し下げたが、大引けにかけては押し目買いが入り日経平均はプラス圏に切り返した。

ホットストック:Jフロントが続落、18年3―8月期は純利益が2.5%減

J.フロント リテイリングが続落している。9日に発表した2018年3―8月期決算で、連結純利益は前年同期比2.5%減の159億円となった。本業のもうけを示す事業利益は6.6%増の242億円と堅調だったが、市場の期待に届かなかった。

今日の株式見通し=続落、円上昇や中国懸念などが重し

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落が見込まれる。国内の連休中に円相場が1ドル113円台前半まで上昇したことが重しとなる。中国景気の先行き不透明感から中国株安・人民元安が止まらないほか、イタリアの財政問題も意識されるなど外部環境の悪化が懸念される。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=3日

RIC 銘柄名 01 ジャパンディスプレイ 02 エスペック 03 マルシェ  

上値重い、短観や米統計次第で景気懸念も=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、上値の重い展開となりそうだ。米国の保護主義的な通商政策への警戒感が根強いことに加え、グローバルな景気の先行きに対する不透明感もあり、投資家のリスク許容度は高まりにくい。米国を巡る通商交渉にソフトランディングの兆しがみえれば、反騰相場が期待できる一方で、週内に発表される日銀短観や米主要経済統計の内容次第では景気への懸念が相場の圧迫要因となる可能性がある。

来週の日本株上値重い、日銀短観や米主要統計の内容次第で景気懸念も

来週の東京株式市場は、上値の重い展開となりそうだ。米国の保護主義的な通商政策への警戒感が根強いことに加え、グローバルな景気の先行きに対する不透明感もあり、投資家のリスク許容度は高まりにくい。対米通商交渉にソフトランディングの兆しがみえれば、反騰相場が期待できる一方で、週内に発表される日銀短観や米主要経済統計の内容次第では景気への懸念が相場の圧迫要因となる可能性がある。

ホットストック:Jフロントが反発、3―5月期は事業利益が11.6%増

J.フロント リテイリングが反発。28日に発表した2018年3―5月期連結決算で、本業の利益を表す事業利益が前年同期比11.6%増の122億9500万円と好調だったことを評価した。訪日外国人客を中心に化粧品、ラグジュアリーブランド、高級時計などが引き続き好調に推移した。前期に計上した固定資産売却益がなくなり、純利益は同4.3%減の83億4200万だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up