for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アドバンス・レジデンス投資法人

3269.T

現在値

358,500.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

287,700.00

 - 

371,000.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
358,500.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
0.06
高値
--
安値
--
52週高値
371,000.00
52週安値
287,700.00
発行済株式数
1.39
時価総額
493,060.00
予想PER
33.32
配当利回り
3.16

次のエベント

Dividend For 3269.T - 5600.0000 JPY

適時開示

その他

R&I upgrades Advance Residence Investment's rating to "AA-" and changes rating outlook to stable

Advance Residence Investment to issue investment corporation bonds worth 2 bln yen

Advance Residence Investment to acquire property for 420 mln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アドバンス・レジデンス投資法人とは

アドバンス・レジデンス投資法人は、中長期にわたる安定的収益の獲得と運用資産の成長を目指し、あらゆるタイプの賃貸住宅を投資対象として、分散を図りながら投資を行い、投資主価値の極大化を図る。【事業内容】同投資法人は東京23区を中心としながら、首都圏、政令指定都市等に所在する物件に投資する。同投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド型です。同投資法人の物件にはレジディアタワー目黒不動前、パシフィックロイヤルコートみなとみらい オーシャンタワー、パークタワー芝浦ベイワード アーバンウイング、レジディア上目黒、レジディア代官山/代官山パークサイドビレッジ、レジディアタワー六本木、レジディア赤坂、レジディア西麻布、レジディアタワー麻布十番、レジディア日本橋馬喰町、レジディア目白御留山などがある。同投資法人の資産運用会社はADインベストメント・マネジメントである。

業種

Real Estate Operations

連絡先

17F, Jinbocho Mitsui Bldg., 1-105,

Kanda-Jinbocho

CHIYODA-KU, TKY

101-8101

Japan

+81.3.35180480

http://www.adr-reit.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tatsu Higuchi

Executive Officer

Kenji Kosaka

Executive Officer

統計

2.89 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
株価売上高倍率(過去12カ月)
33.16
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.35
株価純資産倍率(四半期)
2.13
株価キャッシュフロー倍率
26.67
総負債/総資本(四半期)
95.59
長期負債/資本(四半期)
82.83
投資利益率(過去12カ月)
3.48
自己資本利益率(過去12カ月)
3.25

最新ニュース

最新ニュース

ADR:2021年1月期決算

2021年1月期(2020年8月1日 - 2021年1月31日) 注) カ ッコ内は前年比、△は赤字 2021年1月期実績 2020年7月期実績 2021年7月期予想 2022年1月期予想 営業収益(百万円) 17,014 17,357 16,907 16,853 (-2.0 %) (+1.1 %) (-0.6 %) (-0.3 %) 当期利益(百万円) 7,548 7,320 7,230 7,244 (+3.1 %) (-7.9 %) (-4.2 %) (+0.2 %) 1口当たり分配金(円) 5,600 5,635 5,600 5,600

アングル:「脱東京」がREIT圧迫、オフィスに見直しも

REIT(不動産投資信託)市場に「脱東京」の影響が出始めている。新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが普及するなか、企業や勤労者が都心から郊外に拠点を移す動きが出ており、東京の人口が都区部を中心に減少。東京の不動産が資産の大きな割合を占めるREIT市場の下押し圧力となっている。

ADR:2020年7月期決算

2020年7月期(2020年2月1日 - 2020年7月31日) 注) カ ッコ内は前年比、△は赤字 2020年7月期実績 2020年1月期実績 2021年1月期予想 2021年7月期予想 営業収益(百万円) 17,357 17,175 16,702 16,884 (+1.1 %) (+4.3 %) (-3.8 %) (+1.1 %) 当期利益(百万円) 7,320 7,945 7,174 7,174 (-7.9 %) (+12.0 %) (-2.0 %) (0.0 %) 1口当たり分配金(円) 5,635 5,620 5,540 5,540

ADR:2020年1月期決算

2020年1月期(2019年8月1日 - 2020年1月31日) 注) カ ッコ内は前年比、△は赤字 2020年1月期実績 2019年7月期実績 2020年7月期予想 2021年1月期予想 営業収益(百万円) 17,175 16,465 16,850 16,815 (+4.3 %) (+1.7 %) (-1.9 %) (-0.2 %) 当期利益(百万円) 7,945 7,094 7,271 7,312 (+12.0 %) (+1.6 %) (-8.5 %) (+0.6 %) 1口当たり分配金(円) 5,620 5,504 5,600 5,600

ADR:19年7月期決算

2019年7月期(2019年2月1日 - 2019年7月31日) 注) カ ッコ内は前年比、△は赤字 19年7月期実績 19年1月期実績 20年1月期予想 20年7月期予想 営業収益(百万円) 16,465 16,196 17,046 16,715 (+1.7 %) (-0.7 %) (+3.5 %) (-1.9 %) 当期利益(百万円) 7,094 6,983 7,714 7,132 (+1.6 %) (-1.5 %) (+8.7 %) (-7.5 %) 1口当たり分配金(円) 5,504 5,422 5,450 5,550

ADR:19年1月期決算

2019年1月期(2018年8月1日 - 2019年1月31日) 注) カ ッコ内は前年比、△は赤字 19年1月期実績 18年7月期実績 19年7月期予想 20年1月期予想 営業収益(百万円) 16,196 16,302 16,237 16,151 (-0.7 %) (+2.5 %) (+0.3 %) (-0.5 %) 当期利益(百万円) 6,983 7,087 6,925 6,885 (-1.5 %) (+4.3 %) (-0.8 %) (-0.6 %) 1口当たり分配金(円) 5,422 5,499 5,379 5,349

ADR:18年7月期決算

2018年7月期(2018年2月1日 - 2018年7月31日) 注) カ ッコ内は前年比、△は赤字 18年7月期実績 18年1月期実績 19年1月期予想 19年7月期予想 営業収益(百万円) 16,302 15,903 16,084 16,226 (+2.5 %) (-0.1 %) (-1.3 %) (+0.9 %) 当期利益(百万円) 7,087 6,798 6,885 6,885 (+4.3 %) (+2.3 %) (-2.9 %) (0.0 %) 1口当たり分配金(円) 5,499 5,285 5,349 5,349

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up