for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本コークス工業株式会社

3315.T

現在値

90.00JPY

変化

1.00(+1.12%)

出来高

777,900

本日のレンジ

89.00

 - 

91.00

52週レンジ

81.00

 - 

197.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
89.00
始値
89.00
出来高
777,900
3か月平均出来高
27.72
高値
91.00
安値
89.00
52週高値
197.00
52週安値
81.00
発行済株式数
291.03
時価総額
26,909.10
予想PER
--
配当利回り
7.87

次のエベント

Q3 2023 Nippon Coke & Engineering Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Nippon Coke & Engineering Co To Buy Back Up To 5 Million Shares At 98 Yen Each Before Market Open Wednesday

Nippon Coke & Engineering says repurchase of shares and change of shareholding structure

Nippon Coke & Engineering to repurchase shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本コークス工業株式会社とは

日本コークス工業グループは、同社、子会社9社及びその他の関係会社である新日鐵住金及び住友商事で構成され、コークスの製造・販売、一般炭および石油コークスの仕入・販売ならびにコールセンター事業、粉粒体機器・装置の製造・販売などを主たる業務とする。【事業内容】同社は3つの事業セグメントを通して運営する。コークス事業は、コークスの製造・販売を行う。燃料販売事業は、一般炭及び石油コークスの仕入・販売やコールセンター事業を行う。総合エンジニアリング事業は、化学装置・機器等の製造・販売及びメンテナンスや産業廃棄物の収集・運搬及び処理等を行う。その他事業は、運輸荷役事業、不動産販売・賃貸事業等を含む。

業種

Coal

連絡先

6F, Toyosu Center Bldg., 3-3-3, Toyosu

KOTO-KU, TKY

135-6007

Japan

+81.3.55601311

https://www.n-coke.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroaki Matsuoka

President, Representative Director

Akihiko Shimizu

Vice President, Director

Yasuhiko Hadano

Managing Executive Officer, Director of Coke

Seiichiro Ii

Managing Executive Officer

Shunichiro Mori

Managing Executive Officer

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
34.77
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.16
株価純資産倍率(四半期)
0.49
株価キャッシュフロー倍率
4.10
総負債/総資本(四半期)
86.82
長期負債/資本(四半期)
19.59
投資利益率(過去12カ月)
1.03
自己資本利益率(過去12カ月)
0.59

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は反発、米引き締めへの警戒後退 国際情勢は重し

東京株式市場で日経平均は前営業日比184円24銭高の2万6577円27銭と、反発した。米金融引き締めへの過度な警戒感が和らぎ、急反発した2日の米国株式市場の流れを引き継いだ。一方、ウクライナ情勢などの不透明要因は引き続き相場の重しで、買い一巡後は伸び悩んだ。

ホットストック:資源関連株は逆行高、原油価格の急騰で

石油関連株がしっかり。東証33業種では値下がり業種が全体の約8割を占める中、鉱業と石油・石炭製品が逆行高となっている。個別では、INPEX、三井松島産業、富士石油、日本コークス工業、コスモエネルギーホールディングス、出光興産などが大幅高。地政学リスクの高まりを受けた原油価格の急騰が材料視されている。

ホットストック:石油関連株はしっかり、原油先物が1年1カ月ぶり高値更新

石油関連株はしっかり。日鉄鉱業、三井松島ホールディングスはともに4%超高で推移しているほか、石油資源開発、国際石油開発帝石もしっかり。そのほか、コスモエネルギーホールディングス、日本コークス工業、富士石油、出光興産も高値圏で推移している。米国時間の原油先物が、米原油生産の減少を受けて1年1カ月ぶりの高値を更新したことが好感されている。

ホットストック:石油関連株が軟調、米WTI原油先物の下落で

石油関連株が軟調。石油資源開発は3%超安、国際石油開発帝石は2%超安となっている。米WTI原油先物が下落したことなどが嫌気されている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up