for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レカム株式会社

3323.T

現在値

130.00JPY

変化

-3.00(-2.26%)

出来高

561,000

本日のレンジ

128.00

 - 

133.00

52週レンジ

112.00

 - 

197.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
133.00
始値
133.00
出来高
561,000
3か月平均出来高
21.82
高値
133.00
安値
128.00
52週高値
197.00
52週安値
112.00
発行済株式数
70.85
時価総額
9,212.13
予想PER
--
配当利回り
2.31

次のエベント

Q1 2020 Recomm Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Recomm unit to fully buy business consulting firm for 72 mln yen

Recomm to set up JV named RECOMM BUSINESS SOLUTIONS INDIA PRIVATE

Recomm sets up unit in Myanmar

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レカム株式会社とは

レカム(旧名:レカムホールディングス)グループは、同社、連結子会社12社の計13社で構成され、ビジネスホン・デジタル複合機(複写機、プリンター、イメージスキャナ、ファクシミリなどの機能が一体となった複合機)等の情報通信機器のリース販売、これに付帯する設置工事、保守サービス、及びビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)事業を行う。【事業内容】情報通信事業は、ビジネスホン、デジタル複合機、その他オフィス・オートメーション(OA)機器等の情報通信機器を直営店、フランチャイズ加盟店、代理店のチャネルで販売する。BPO事業は、グループ内の管理業務の受託事業、グループ外の顧客からのアウトソース事業を主として中国国内にて運営する。海外法人事業は、中国及びベトナム国内におけるLED等のエコ商材、情報通信機器の販売をする。

連絡先

7F, Ichigaya Bldg., 4-2-6, Kudan-Kita

+81.3.44054566

https://www.recomm.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hidehiro Ito

President, Group Chief Executive Officer, Chief Director Human Resource Strategy, Chief Director Energy Solution Business, Representative Director

Masahiro Towata

Chief Financial Officer, Executive Officer, Chief Director of Business Administration, Director

Ken Kinoshita

Managing Executive Officer, Overseas Corporate 1st business

Masayuki Katto

Executive Officer, Chief Director of IT Solutions Business

Daisuke Kawabata

Group Executive Officer, President of Subsidiary

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
29.86
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.93
株価純資産倍率(四半期)
2.52
株価キャッシュフロー倍率
14.49
総負債/総資本(四半期)
92.57
長期負債/資本(四半期)
55.07
投資利益率(過去12カ月)
8.30
自己資本利益率(過去12カ月)
5.03

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、一目均衡表の雲領域を下抜ける

<15:41> 日経平均・日足は「中陰線」、一目均衡表の雲領域を下抜ける 日経平均・日足は「中陰線」。上方にマドを空けて下放れた。一目均衡表の雲下限( 2万2076円56銭=13日終値)を下抜け、チャートの形状は悪化した。7月安値の 2万1462円95銭が当面の下値めどとなるとみられている。もっともRSI(相対力 指数)などオシレーター系指標は売られ過ぎ圏内に入った。自律反発の買いが入った際、 2万2000円の心理的節目を明確に上抜けられるかが注目される。 <15:27> 新興株は軟調、マザーズ4%超安で年初来安値 メルカリ下げ止ま らず...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、マザーズ4%超安で年初来安値 メルカリ下げ止まらず

<15:27> 新興株は軟調、マザーズ4%超安で年初来安値 メルカリ下げ止ま らず 新興株式市場では、日経ジャスダック平均が大幅に3日続落。東証マザーズ指数は続 落し年初来安値を更新。マザーズの下落率は4%を超えた。「トルコリラ安に加えメルカ リ の下げがマザーズの重しとなり、個人投資家の投げが出た」(国内証券)との 声が出ていた。ジャスダック平均の下落率は1.34%。日経平均(1.98%)に比べ 底堅さをみせた。 個別銘柄では日本マクドナルドホールディングス が小じっかり。レカム<332 3.T>、ナカニシ が堅調。エクストリーム は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陰転

<15:39> 日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陰転 日経平均・日足は「小陰線」。終値は1週間ぶりに5日移動平均線(2万2884円 24銭=23日終値)を下回った。短期のRSI(相対力指数)は急低下。騰落レシオ( 東証1部、25日平均)は120%を下回り、過熱感は和らいだ格好となっている。ただ パラボリックは陰転しており、目先は調整含みの展開が見込まれる。5月オプションSQ (特別清算指数)値の2万2621円77銭または25日移動平均線(2万2480円2 9銭=同)が下値のめどとして意識されそうだ。 <15:27> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、東証1部に連れ安 利益確定売り強まる

<15:27> 新興株市場は軟調、東証1部に連れ安 利益確定売り強まる 新興株式市場は、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに5日ぶりに反落し た。「東証1部の下げを見て手控えムードが広がった。きのうまで4日続伸しており、い ったん利益を確定する動きも強まった」(銀行系証券)との声が出ていた。個別銘柄では ベクター がストップ高比例配分。レカム 、アイフリークモバイル<3845. T>が堅調。ブライトパス・バイオ が急反発。クラウドワークス 、シイエ ム・シイ が売られ、ミクシィ がさえない。 <14:27> 日経平均は安値圏、ポジション...

〔マーケットアイ〕株式: 日経平均・日足は「小陽線」、節目2万3000円の上抜け余地も

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、節目2万3000円の上抜け余地も 日経平均・日足は「小陽線」となった。5日移動平均線(2万2833円97銭=1 8日)を上回ってしっかり。ボリンジャーバンドのプラス1シグマ(2万2709円42 銭=同)とプラス2シグマ(2万3079円61銭=同)の間での推移が続いている。節 目となる2万3000円の手前での足踏みとなったが、抵抗線となるプラス2シグマがこ の水準を上回ってきていることから、上抜け余地が生じてきたとの見方も可能だ。節目で 跳ね返される場合、5日線やボリンジャーのプラス1シグマがサポート...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、決算出揃い買い戻しの動きも

<15:09> 新興株市場は小じっかり、決算出揃い買い戻しの動きも 新興株市場は、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数が小じっかり推移し、とも に続伸した。市場では「小型株も決算が出揃い、個別銘柄ごとの見直し買いで持ち直した 」(国内証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、レカム がしっかり。サンユー建設 、ALBERT<3 906.T>がストップ高だった。一方、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング<716 9.T>、nmsホールディングス >がさえない。ブライトパス・バイオ は ストップ安。 <14:18> 日経平均は節目手前...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、バンドウォークが継続

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、バンドウォークが継続 日経平均・日足は「小陽線」。前日の短陰線に対し「陰の陽包み」を形成した。5日 移動平均線(2万1761円85銭=17日終値)が下値を支持。ボリンジャーバンドの プラス1シグマ(2万1831円57銭=同)にからむバンドウォークを継続している。 東証1部の売買代金は約2兆1200億円と市場のエネルギーは低調。心理的節目の2万 2000円の上抜けには売買代金の増加が不可欠だ。調整時には5日線で下げ渋る動きと なるかが目先的なポイントとなるとみられている。 <15:36> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ年初来安値 一時3%超安で緊張感も

<15:36> 新興株市場は軟調、マザーズ年初来安値 一時3%超安で緊張感も 新興株式市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続落。マザーズ は午前中に下げ足を速め、3%を超す下げとなる場面があった。年初来安値を更新したが 、売り一巡後は下げ幅を縮めた。「ロコンド をはじめ、個別のさえない企業決算 で投資家心理が萎縮した中、信用取引の期日到来に伴う投げが重なった。人工知能関連で 人気化が期待されているHEROZ の新規上場を控え、換金売りも出たようだ」 (中堅証券)との声が出ていた。 ただ連日の新興株の調整により割安感が意識...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、一目・雲領域の下限に接近

<15:35> 日経平均・日足は「小陰線」、一目・雲領域の下限に接近 日経平均・日足は「小陰線」。ローソクの実体は短く、十字足に近い足となった。一 目均衡表の雲領域(2万1967円34銭─2万2533円30銭=16日)の下限に接 近。急激な株安とならない限り、雲領域内に日足が突入する公算が大きい。だが突入後、 早期に雲上限を上抜けられなければ、失望感が台頭し下押し圧力にさらされるリスクをは らむ。転換線(2万1586円09銭=同)を割り込んだ際、200日移動平均線(2万 1418円20銭=同)近辺で下げ渋れるかが注視される。 <15:26...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、ジャスダック安値引け 決算で失望売り

<15:26> 新興株市場は軟調、ジャスダック安値引け 決算で失望売り 新興株式市場は、日経ジャスダック平均が大幅反落し安値引け。東証マザーズ指数も 大幅反落となり、下落率は3%に迫った。「IT関連企業のさえない決算発表が相次いだ ことで、失望売りが広がった」(国内証券)という。ロコンド がストップ安比例 配分。ユナイテッド 、ロゼッタ 、レカム が軟調。半面、ミクシ ィ がしっかり。SOU が大幅高となった。 <14:17> 日経平均は小じっかり、商い低調で膠着感強まる 日経平均は小じっかり。2万1800円台前半で推移している。東証1...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、パラボリックが陽転

日経平均・日足は上ヒゲがほとんどない「小陽線」。終値は一目均衡表の転換線(2万1652円01銭=19日)を上回った。同線の回復は1月24日以来。騰落レシオ(東証1部、25日平均)は88%台に上昇したものの、パラボリックが陽転するなど底入れの兆候がうかがえる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ3%超高 個人のマインド改善

新興株式市場で日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は3日続伸した。マザーズの上昇率は3%を超えた。「直近では1日で10%ほど下落する銘柄があった。日経平均が2万2000円を超えたことで、急落で萎縮した個人投資家のマインドもやや改善した」(国内証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線が下値サポート

<15:25> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線が下値サポート 日経平均・日足は「小陽線」。5日移動平均線(2万3779円86銭=17日終値 )が下値を支持した。騰落レシオ(東証1部、25日平均)は114%台まで低下し、過 熱感は後退。中長期の移動平均線は依然として上向きトレンドを維持している。もち合い 相場が続いている点は、年始の急騰を受けた日柄調整とみることも可能だ。売買代金は3 兆円に接近。市場のエネルギーが高い状況を維持できれば、節目の2万4000円の上抜 けが視野に入る。下落局面では日足・一目均衡表の転換線(2万3513円64...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、ジャスダック平均は今年初の下げ

<15:17> 新興株は軟調、ジャスダック平均は今年初の下げ 新興株式市場で、日経ジャスダック平均は10日ぶりの反落。東証マザーズ指数は続 落した。ジャスダックは今年初めて下落。マザーズの下落率は1%を超えた。ビットコイ ンの急落で投資家心理が悪化したほか、ジャスダック平均が直近で過去最高値を付けたこ とで「達成感が意識された」(中堅証券)という。 個別ではレカム 、ディジタルメディアプロフェッショナル が大幅安 。そーせいグループ 、ミクシィ が弱含み。エン・ジャパン 、ネ オジャパン はしっかり。助川電気工業 、アイティメディア は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「陽線」、じわり過熱感の高まりも

<16:33> 日経平均・日足は「陽線」、じわり過熱感の高まりも 日経平均・日足は「陽線」だった。主要な移動平均線は上昇トレンドを維持。上方向では2万4000 円が目先の節目となる。騰落レシオ(東証1部、25日平均)は124%付近、25日移動平均線(2万3 109円28銭=16日終値)からのかい離率は3.65%付近で、過熱感の高まりも意識されつつある。 下方向では12日安値の2万3588円07銭や、日足一目均衡表の転換線(2万3357円64銭=16 日終値)が下値めどとみられている。 <15:45> 新興株は方向感欠く、ジャスダックは小幅...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は方向感欠く、ジャスダックは小幅ながら9日続伸

<15:45> 新興株は方向感欠く、ジャスダックは小幅ながら9日続伸 新興株式市場は方向感が出なかった。日経ジャスダック平均は9日続伸し高値を更新したが、上昇は小 幅にとどまった。東証マザーズ指数は3日ぶりに反落したが、下げは小幅だった。市場では「大型株がしっ かりだと、小型株は足が止まる」(国内証券)との声が聞かれた。ファンドクリエーショングループ<3266. T>やレイ 、エルテス などが上昇率上位だった一方、NFKホールディングス やレ カム 、イントランス などが下落率上位だった。 <14:29> 日経平均はしっかり、昨年来高値...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、もち合い上放れ

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、もち合い上放れ 日経平均・日足は「中陽線」。新たなマド(2万2881円21銭―2万3065円 20銭)を空けて上伸し、昨年11月以降のもち合い相場を上放れた。約2カ月にわたる 日柄調整が終了したことで、新たな上昇相場入りが有望になる。当面の上値は2万400 0円の心理的節目や200日移動平均線(2万0458円56銭=4日)との20%上方 かい離に当たる2万4550円付近がめどになる。下値はこれまでのもち合い上限となっ ていた2万3000円が抵抗線になるとみられる。 <15:33> 新興株は続伸...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は続伸、ジャスダック平均・マザーズ指数とも高値更新

<15:33> 新興株は続伸、ジャスダック平均・マザーズ指数とも高値更新 新興株式市場は続伸。日経ジャスダック平均、東証マザーズ総合がともに昨年来高値 を更新した。日経ジャスダック平均は終値で4000円の大台を回復した。市場では「日 経平均の大幅高で安心感が広がり、テーマ性のある銘柄中心に個人の売買が活発化した」 (国内証券)という。個別銘柄ではブランジスタ 、ユーザーローカル が 買われ、レカム も高い。半面、ラクス 、ベイカレント・コンサルティン グ が安く、ABホテル もさえない。 <14:00> 日経平均は取引時間中の高値更新、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、騰落レシオ120%台に

<15:26> 日経平均・日足は「小陽線」、騰落レシオ120%台に 日経平均・日足は「小陽線」。5日移動平均線(2万2886円07銭=22日終値 )にサポートされる格好となった。狭いレンジ内での動きが続き、チャート上ではもち合 い相場の煮詰まり感が浮き彫りとなっている。騰落レシオ(東証1部、25日平均)は1 20%台まで上昇。若干ながら過熱感が意識される水準にある。もち合いから下放れかけ た際、強弱観の分岐点となる25日移動平均線(2万2653円17銭=同)が下値を支 持する可能性がある。一方、上値抵抗帯として機能している2万3000円...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、ジャスダック平均は7日ぶり小反落

<15:15> 新興株市場はまちまち、ジャスダック平均は7日ぶり小反落 新興株式市場では、日経ジャスダック平均が7日ぶりに小反落。東証マザーズ指数は 反発した。ジャスダック平均は新高値を付けたが下げ転換。マザーズは安寄り後に切り返 し後場に上伸した。市場では「直近IPO(新規株式公開)銘柄に資金が集中している印 象。センチメント自体は悪くはない」(国内証券)との声が出ていた。 みらいワークス はストップ高比例配分。ヴィスコ・テクノロジーズ 、エル・ティー・エス など直近IPO銘柄の一角がしっかり。WASHハウス<6 537.T>は急落。...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up