for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ワイエスフード株式会社

3358.T

現在値

270.00JPY

変化

-6.00(-2.17%)

出来高

401,800

本日のレンジ

266.00

 - 

305.00

52週レンジ

114.00

 - 

358.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
276.00
始値
284.00
出来高
401,800
3か月平均出来高
2.50
高値
305.00
安値
266.00
52週高値
358.00
52週安値
114.00
発行済株式数
6.07
時価総額
1,682.22
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 3358.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Y.S.Food says cancellation of business alliance with dumpling and frozen food firm

Y.S.Food signs business alliance related agreement with Osaka-based firm

Y.S.Food to set up unit Y.S.CORPORATION

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ワイエスフード株式会社とは

ワイエスフードグループはラーメン店及びラーメン店のフランチャイズ・チェーン本部の経営と飲食店用厨房機器の販売、不動産の賃貸に加え美容関連・健康食品及びデザイン事業を主な事業内容とする。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。外食事業においては、国内・海外において「筑豊ラーメン山小屋」「ばさらか」」「一康流」などのブランドを主力に厳選された食材を使用し、自社工場で製造した麺、餃子、焼豚等の食材を販売する。ラーメンのフランチャイズ加盟店の募集及び加盟店の経営指導業務を行う。不動産賃貸事業においては、同社が所有する店舗用地等の不動産賃貸事業を行う。外販事業においては、ラーメン等の製品を主要販売品目とする外販に加え、インターネット通販サイトにおける通信販売及び一般小売先向け卸し、委託販売による小売を行う。美容・健康事業は国内外におけるファスティングスタジオの事業展開を進める。また、同社の美容関連・健康食品両分野において、コールセンターを用いての販売販進を行うと同時に、インターネット通販サイトにおける通信販売およびドラッグストア・免税店等の一般小売先向け卸し、委託販売による小売を行う。その他事業においては、飲食店用の厨房設備の販売を、フランチャイズ・チェーン加盟店に行う。

業種

Restaurants

連絡先

552-8

Kanayama, Kagamiyama, Kawara-machi

TAGAWA-GUN, FKK

822-1402

Japan

+81.947.327382

http://ys-food.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masanori Ogata

President, Chief Director of Overseas Business, Representative Director

Ryoichi Hara

Chief Director of Sales, Director of External Sales, Director

Yuichi Kayashima

Director of Sales, Director

Yukio Nakamura

Director of New Business, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.26
株価純資産倍率(四半期)
1.11
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
65.64
長期負債/資本(四半期)
40.76
投資利益率(過去12カ月)
-12.17
自己資本利益率(過去12カ月)
-9.09

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値と5日線の差が縮小

<16:13> 日経平均・日足は「小陰線」、終値と5日線の差が縮小 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。値動きに乏しく、方向感に欠ける相場展開を表してい る。 また、終値は5日移動平均線(2万6648円24銭=11日)より上をキープしたものの、その距離 は縮小しつつあり、短期的には売りの勢いが強くなる可能性も示唆している。 <15:37> 新興株市場は反発、デジタル関連銘柄の物色活発 新興株市場は日経ジャスダック平均が小反発、東証マザーズ指数は反発した。市場からは「日経平均が 1日を通して方向感に欠ける動きとなる中、新興株市場では...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、デジタル関連銘柄の物色活発

<15:37> 新興株市場は反発、デジタル関連銘柄の物色活発 新興株市場は日経ジャスダック平均が小反発、東証マザーズ指数は反発した。市場からは「日経平均が 1日を通して方向感に欠ける動きとなる中、新興株市場ではデジタル関連などテーマ性のある銘柄を中心に 物色が行われたようだ」(国内証券)との声が聞かれた。ただ、マザーズ市場は「10月に高値を付けた後 の調整がしばらく続き、短期的には上値が重い展開となるのではないか」(同)とみられている。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.45%高。個別では、放電精密加工研究所 がストップ 高で取引を終...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日移動平均線が下値サポート

<16:13> 日経平均・日足は「小陰線」、75日移動平均線が下値サポート 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。直近高値圏で陰線が出たことはやや気がかりではある ものの、ザラ場ベースでコロナショック後の戻り高値を連日更新しており、リバウンドに対する期待は引き 続き高い。75日移動平均線(2万0410円70銭=21日)が下値サポートとして機能しており、利益 確定売りをこなしながら上値を伸ばす可能性がある。 <15:48> 新興株市場は堅調、マザーズ指数は1年超ぶり高値 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ指数は1年超ぶり高値

<15:48> 新興株市場は堅調、マザーズ指数は1年超ぶり高値 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸。マザーズ指数は一時92 8.32ポイントまで上昇し、2019年5月9日以来1年超ぶりの高値を付けた。買われる銘柄が日替わ りとなる循環物色が継続している。 マザーズ市場ではFRONTEO がストップ高比例配分となった。2021年3月期の連結営 業損益が2億円の黒字になるとの見通しを20日に発表したことが好感された。メディネット 、ア ンジェス 、フリー なども買われた。Kudan はストップ安比例配分。メドレー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日移動平均線上回り強気に傾斜

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、75日移動平均線上回り強気に傾斜 日経平均・日足はヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陽線」。前日に空けたマ ドを埋めることなく上伸し、連日のコロナショック後の戻り高値を更新するなど、引き続 きリバウンド相場に対する期待を膨らませている。当面の上値の目安として意識されてい た75日移動平均線(2万0446円22銭=20日現在)を上回ってきたことが強気に 傾斜させる材料になりそうだ。 <15:35> 新興株市場は続伸、マザース指数が年初来高値更新 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、マザース指数が年初来高値更新

<15:35> 新興株市場は続伸、マザース指数が年初来高値更新 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。マザー ズ指数は900ポイント台を回復し、1月14日の年初来高値895.60ポイントを更 新した。市場では「特に活況となっているマザーズの中で、循環物色が繰り広げられてい る」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)との声が聞かれた。 マザーズでは、ミクリード 、Mマート 、BASE がストッ プ高に買われ、弁護士ドットコム もしっかりだが、アンジェス は引き続 き商いを伴いながらも下落した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は5日線上回る

<15:51> 日経平均・日足は「小陽線」、終値は5日線上回る 日経平均・日足は「小陽線」。終値は5日移動平均線(2万1232円64銭=27 日)を上回った。短期的な底入れ機運が強まったものの、一目均衡表の雲領域が上値をブ ロックする形状となっている。ここで跳ね返されると上値の重さを確認することになるた め安心はできない。当面の下値は25日移動平均線(2万1041円41銭=同)がめど になる。同平均線が明確に上向くと支持線としての期待感が増す。 <15:18> 新興株市場はしっかり、ジャスダック・マザーズが反発 新興株市場はしっかり。日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、ジャスダック・マザーズが反発

<15:18> 新興株市場はしっかり、ジャスダック・マザーズが反発 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに反発した 。「米中貿易摩擦の緩和期待で投資家心理が若干改善したが、物色銘柄は限定的で全体の 底上げとはなっていない」(国内証券)という。メドレックス 、マネジメントソ リューションズ が高く、ワイエスフード も買われた。きょうジャスダッ ク市場に新規上場したあさくま と、マザーズ市場に新規上場した新日本製薬<493 1.T>は、いずれも公開価格を上回る初値を付けたが、大引けは伸び悩んだ。 <13:53>...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線が下値サポート

<15:50> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線が下値サポート   日経平均・日足は「中陰線」。前日の陽線を打ち消す「陰線つつみ足」となり、相場 の転換シグナルとされている。一目均衡表でも雲下限(2万1514円08銭=21日) に跳ね返された格好であり、形状は良くない。一方、下値は5日移動平均線(2万123 0円42銭=同)にサポートされている。反騰相場継続への期待が消えたわけではない。 翌日以降に方向感を探ることになりそうだ。 <15:20> 新興株市場は反落、IPOのブランディングは初日値付かず 新興株市場は軟調。日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、IPOのブランディングは初日値付かず

<15:20> 新興株市場は反落、IPOのブランディングは初日値付かず 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに反落した。き ょうマザーズ市場に新規上場したブランディングテクノロジー は買い注文が多く 、初日は値付かずだった。市場では「散発的な物色はみられるが、日経平均の下落が投資 家心理を冷まし、総じて利益確定売りが目立つ」(国内証券)という。Amazia<442 4.T>、チームスピリット が安く、サンオータス も売られた。半面、日本 テレホン 、ワイエスフード が高く、Kudan も堅調だった。 <12:45...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、騰落レシオが一段と低下

<15:29> 日経平均・日足は「小陰線」、騰落レシオが一段と低下 日経平均・日足は「小陰線」となった。ザラ場中の直近安値となる2万1062円3 1銭(12月11日)手前で下げ渋る動き。ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2 万1045円19銭=18日終値)の下抜けも回避した。騰落レシオ(東証1部、25日 平均)は74%台と11月5日以来の低水準。当時は11月1日に70.97%を付けて いる。売られ過ぎ圏内にあり、好材料が出た際のアップサイドリスクも意識されそうだ。 <15:17> 新興株は軟調、マザーズ4%近く下落 ジャスダック1年...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、マザーズ4%近く下落 ジャスダック1年3カ月ぶり安値

<15:17> 新興株は軟調、マザーズ4%近く下落 ジャスダック1年3カ月ぶり 安値 新興株式市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに3日続落。マ ザーズの下落率は4%に迫ったほか、ジャスダックは1年3カ月ぶりの安値を付けた。「 景気の下振れリスクが意識され、新興株にも売り圧力がかかった」(国内投信)との声が 出ていた。ワイエスフード 、フリークアウト が大幅高。プリントネット 、エンバイオ・ホールディングス が安い。 きょうジャスダックに新規上場した田中建設工業 は公開価格2400円を7 .1%上回る2570円で初値を...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、フィボナッチ38.2%戻しが抵抗線

<15:58> 日経平均・日足は「小陽線」、フィボナッチ38.2%戻しが抵抗線 日経平均・日足は「小陽線」となった。きょうの終値は、1月23日高値(2万4129円34銭)と 2月14日安値(2万0950円15銭)のフィボナッチ比率38.2%戻しの水準(2万2164円60 銭)で頭を抑えられた。引き続き戻り売りが出やすいポイントとして意識されそうだ。 5日─6日に空けたマド(2万2277円45銭─2万2659円43銭)埋めに移行するかが焦点。 マド埋めの局面では、75日移動平均線(2万2768円36銭=26日終値)とデッドクロスした25日...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、ジャスダック8連騰・マザーズ続伸

<15:39> 新興株市場は堅調、ジャスダック8連騰・マザーズ続伸 新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均は8日続伸、東証マザーズ指数は続 伸となった。「大型株の上昇を受けて新興株も堅調となった」(国内証券)という。チエ ル 、ワイエスフード 、ASJ などが上昇率上位となった一方、 下落率上位は、共同ピーアール 、セルシード 、ソケッツ などと なった。 上場2日目のMマート は、公開価格の約4.3倍となる5380円で初値を つけた。 <14:10> 日経平均は高値もみ合い、米株先物の上昇と戻り売りが綱引き 日経平均は2万2100...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up