for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社SUMCO

3436.T

前日終値

1,442.00JPY

変化

7.00(+0.49%)

出来高

7,371,500

本日のレンジ

1,419.00

 - 

1,463.00

52週レンジ

1,116.00

 - 

1,797.00

As of on the Tokyo Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
1,435.00
始値
1,445.00
出来高
7,371,500
3か月平均出来高
180.96
高値
1,463.00
安値
1,419.00
52週高値
1,797.00
52週安値
1,116.00
発行済株式数
293.28
時価総額
422,917.80
予想PER
11.64
配当利回り
3.95

次のエベント

Q3 2019 Sumco Corp Earnings Release

適時開示

その他

Sumco says change of president

Sumco says top shareholder to cut voting power to 7.9 pct from 13.4 pct

Sumco's top shareholder to cut voting power in co to 7.9 pct

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社SUMCOとは

SUMCOグループは高純度シリコンの製造に従事する日本会社である。【事業内容】同社は半導体メーカー向けシリコンウェーハの製造及び販売を主体とした高純度シリコン事業を運営する。同社グループが製造及び販売を行う半導体用シリコンウェーハは、同社グループの顧客である半導体メーカーがメモリーや超小型演算処理装置等の各種半導体を製造する上で基板材料として用いられる。同社グループは、国内外の製造拠点において、各口径のポリッシュトウェーハや、その表面にさらに特殊加工を施したエピタキシャルウェーハ等の製造を行う。

業種

Semiconductors

連絡先

7F, Seavance North, 1-2-1, Shibaura

+81.3.54440808

http://www.sumcosi.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mayuki Hashimoto

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors, Chief Executive Officer, Representative Director

Hisashi Furuya

President, Chief Operating Officer, Representative Director

Michiharu Takii

Vice Chairman of the Board, Representative Director

Shinichi Kubozoe

Executive Officer, Director of Finance

Kazuo Hiramoto

Vice President, Chief Director of Production, Chief Director of AI Promotion, President of Subsidiary, Director

統計

2.74 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2016

0.2K

2017

0.3K

2018

0.3K

2019(E)

0.3K
EPS (JPY)

2016

22.460

2017

92.120

2018

199.740

2019(E)

123.868
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.92
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.31
株価純資産倍率(四半期)
1.42
株価キャッシュフロー倍率
4.27
総負債/総資本(四半期)
51.55
長期負債/資本(四半期)
42.45
投資利益率(過去12カ月)
14.77
自己資本利益率(過去12カ月)
11.20

最新ニュース

焦点:韓国半導体業界、部材国産化に本腰 高シェアの日本勢に打撃も

韓国半導体業界が、関連部材を国産化する取り組みを本格化させている。日本政府が韓国への輸出管理を強化したことを受け、日本製に依存することへのリスクが改めて意識されたためだ。半導体材料市場で高いシェアを保ってきた日本の部材メーカーでは不安が広がっている。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=7日

5.46%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 タカラトミー 10.47 02 リンナイ 11.97 03 CARTA HLDG 14.24 04 フジシールインターナショナ 16.18 ル 05 GMOクラウド 16.27 06 宝HLDG 17.30 07 NISSHA 17.31 08 ランド 18.47 09 SUMCO 19.30 10 ステラ ケミファ 20.62 11 丸運 20.93 12 大阪チタニウムテクノロジー 23.85 ズ 13 日清紡HLDG 24.00 14 東亜ディーケーケー 24.15 15 TOYO ...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=26日

RIC 銘柄名 01 ショーボンドHLDG 02 BEENOS 03 テルモ 04 大日本塗料 05 アルファシステムズ 06 フォーバル 07 レオパレス21 08 京成電鉄 09 SG HLDG  

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、直近高値に接近

<16:15> 日経平均・日足は「小陰線」、直近高値に接近 日経平均・日足は「小陰線」。下値を切り上げ7月2日の直近高値(2万1784円 22銭)に接近した。引き続き上値を試す展開が期待できるものの、200日移動平均線 (2万1524円37銭=24日)の方向性は下向きであり、戻り待ちの売りも出やすい 。直近高値を上抜ければ、5月7日と8日に空けたマド上限値(2万1875円11銭) が次の上値めどとなるが、早期に抜け切れないと戻りの限界が意識される。 <15:42> 新興株市場はしっかり、好業績銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、好業績銘柄が買われる

<15:42> 新興株市場はしっかり、好業績銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに小幅続伸 した。市場からは「引き続き商いは低調だが、投資家心理が改善し業績予想の上方修正な どに素直に反応している」(国内証券)との声が出ていた。ホープ 、モルフォ< 3653.T>が高く、コスモ・バイオ も買われた。半面、サンオータス 、ア クトコール は軟調だった。きょう東証マザーズ市場に新規上場したビーアンドピ ー は、公開価格を20%上回る2400円で初値を付けた。 <14:35> 日経平均は小じっかり...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小じっかり、アドバンテストは11年7カ月ぶり高値

<14:35> 日経平均は小じっかり、アドバンテストは11年7カ月ぶり高値 日経平均は小じっかり、2万1600円台後半で推移している。前場に続き、半導体 関連や電子部品関連が堅調。アドバンテスト は後場一段高となり、一時11年7 カ月ぶりの高値をつけた。 きょうの午後は信越化学工業 や日本電産 の決算を控えている。市 場では「ポジティブな決算発表を期待した個人投資家や機関投資家が、来期に向けた先回 りの買いに出ている」(国内証券)との声があった。 <14:15> 日経平均は上げ幅縮小、日本電産などの決算控え様子見 日経平均は上げ幅縮小。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、日本電産などの決算控え様子見

<14:15> 日経平均は上げ幅縮小、日本電産などの決算控え様子見 日経平均は上げ幅縮小。2万1600円台後半で推移している。電気機器、輸送用機 器などの輸出株は堅調持続。市場では「引け後に日本電産 、信越化学 な どの決算発表を控え様子見姿勢が強くなっている。7月2日の直近高値(2万1784円 )を抜けず上値の重さも意識されている」(国内証券)との声が出ている。 <11:52> 前場の日経平均は続伸、景気敏感銘柄が堅調 上海株高も支え  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比107円99銭高の2万1728円8 7銭となり、続伸した...

前場の日経平均は続伸、景気敏感銘柄が堅調 上海株高も支え

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比107円99銭高の2万1728円87銭となり、続伸した。米国株主要3指数が上昇した流れを引き継ぎ、朝方から買いが先行した。米中貿易協議に対する懸念がやや後退する中、中国株がしっかり推移したことも日本株の支えとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏でもみあい、米中貿易協議の進展期待

<10:37> 日経平均はプラス圏でもみあい、米中貿易協議の進展期待 日経平均はプラス圏でもみあい、2万1700円台前半で推移している。米国企業の堅調な決算や米中 貿易協議の進展期待などが支えとなっている。 トランプ米大統領と議会指導部が2年間の借り入れ権限の延長と歳出枠の設定で合意したことも、市場 の安心感を誘っているという。米連邦債務は9月9日までに上限に達すると予想されており、借り入れ権限 の延長なしでは資金が枯渇し、米国債の償還ができない事態に陥る恐れがあった。「債務上限問題は秋以降 のマーケットの波乱要因になる可能性もあっただけに...

寄り付きの日経平均は続伸、米国株高を好感 半導体関連が堅調

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比106円10銭高の2万1726円98銭となり、続伸した。前日の米国株主要3指数がそろって上昇し、為替も1ドル108円前半で安定している。投資家心理は悪くなく、上昇スタートとなった。業種別では、鉱業、海運、電気機器、輸送用機器などが買われている。半面、電気・ガス、水産・農林、陸運など安い。

ホットストック:半導体関連が堅調、米SOX指数が約2%高

半導体関連株が堅調。東京エレクトロン、SCREENホールディングス、アドバンテスト、SUMCOなどがそれぞれ一時2%を超える上昇となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、25日・75日線がサポート

<15:43> 日経平均・日足は「短陰線」、25日・75日線がサポート 日経平均・日足は下ヒゲを伴う「短陰線」。月初からのもち合い圏を下放れる形とな ったが、25日移動平均線(2万1405円97銭=17日)と75日移動平均線(2万 1443円14銭=同)がサポートラインとして機能し、大崩れは回避した。ここで踏み 止まれば、再び上値を試す展開も期待できる。ボリンジャーバンドは中央線に収れんする 形状であり、煮詰まり感が出ている。拡散するタイミングで方向感が定まりそうだ。 <15:18> 新興株市場はまちまち、マザーズ指数は反落 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズ指数は反落

<15:18> 新興株市場はまちまち、マザーズ指数は反落 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均が反発、東証マザーズ指数は反落した 。「個人の買い意欲が乏しい。時価総額上位の銘柄が動かず、盛り上がりに欠ける」(国 内証券)との声が出ていた。クックビズ 、リネットジャパングループ が 高く、サンオータス も高い。半面、シー・エス・ランバー が安く、フェ ニックスバイオ 、メディア工房 もさえない。 <14:25> 日経平均は軟調もみあい、手掛かりなく売買低調 日経平均は軟調もみあい。2万1400円台で推移している。午後2時15分現在の...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調もみあい、手掛かりなく売買低調

<14:25> 日経平均は軟調もみあい、手掛かりなく売買低調 日経平均は軟調もみあい。2万1400円台で推移している。午後2時15分現在の 東証1部売買代金は1兆3063億円と薄商い。市場では「寄り付きからほとんど値幅が 出ない状態が続いている。手掛かり材料に欠け、小口のポジション調整的な売買が行われ ている程度だ」(国内証券)との声が出ている。 <11:45> 前場の日経平均は続落、米国株安を嫌気 手掛かり難 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比87円07銭安の2万1448円18 銭となり、続落した。前日の米国株市場で主要3指数...

前場の日経平均は続落、米国株安を嫌気 手掛かり難

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比87円07銭安の2万1448円18銭となり、続落した。前日の米国株市場で主要3指数が反落した流れを引き継ぎ、朝方から売りが先行。米中の通商合意には時間を要するとの見方も投資家心理を冷やし、一時2万1300円台後半まで下落した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏でもみあい、参院選後を意識する声も

<10:30> 日経平均はマイナス圏でもみあい、参院選後を意識する声も 日経平均はマイナス圏でもみあい、2万1400円付近で推移している。来週以降に国内主要企業の決 算発表を控えており、手掛けづらい。ドル/円が108.10円台に下落したのとほぼ同タイミングで下押 し圧力が強まった。市場からは「調整の範囲内だが、買い手が少なく少しの売りでも下げやすい」(国内証 券)との声が出ていた。 一方、参院選後を意識する声も出ていた。「参院選を通過すればトランプ米大統領が日米の通商協議の 中で為替に言及してくる可能性がある。通常、政権の安定は安心材料...

寄り付きの日経平均は続落、半導体関連が安い

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比60円62銭安の2万1474円63銭となり、続落した。前日の米国株市場で主要3指数が反落したことが嫌気され、売りが先行した。フィラデルフィア半導体指数<.sox>が1.07%下落したことも圧迫材料となり、東京エレクトロン<8035.T>やアドバンテスト<6857.T>、SUMCO<3436.T>、SCREENホールディングス<7735.T>など半導体関連株が売られている。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=20日

RIC 銘柄名 01 ヒノキヤグループ 02 日比谷総合設備 03 J―オイルミルズ 04 マクニカ・富士エレHLDG 05 Cominix 06 SFP HLDG 07 SUMCO 08 日本フエルト 09 レナウン 10 さくらインターネット 11 阿波製紙 12 テモナ 13 大阪ソーダ 14 東邦アセチレン 15 戸田工業 16 積水化学工業 17 日本ゼオン 18 カーリットHLDG 19 東邦システムサイエンス 20 オーエスジー 21 旭ダイヤモンド工業 22 丸山製作所 23 ダイコク電機 24 日本トムソン 25 第一興商...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=8日

RIC 銘柄名 01 第一屋製パン 02 キリンHLDG 03 イフジ産業 04 ダイワボウHLDG 05 OCHI HLDG 06 ヨシックス 07 アルファCo 08 アース製薬 09 合同製鉄 10 日本金属 11 コロナ 12 木村化工機 13 イーグル工業 14 テクノメディカ 15 沖電気工業 16 日本トリム 17 川崎重工業 18 東京きらぼしFG 19 三菱食品 20 メディパルHLDG 21 スターゼン 22 ワキタ 23 岩手銀行 24 京都銀行 25 紀陽銀行 26 芙蓉総合リース 27 トマト銀行 28 三井不動産...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線のサポート続く

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線のサポート続く 日経平均・日足は「小陽線」。連日で上値を切り下げたものの、5日移動平均線(2 万2248円79銭=26日)が下値支持線として機能し、底堅さを示した。高値圏での もち合い相場であり方向感は出ていないが、煮詰まり感が強く、近いうちにトレンドが発 生する可能性もある。目先の下値は4月12日と15日に空けたマド下限値(2万187 8円78銭)がめど。一方、上値は昨年12月3日に付けた高値(2万2698円79銭 )がめどになる。 <15:33> 新興株市場はしっかり、商い低調で方向感欠...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up