for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ティーケーピー

3479.T

現在値

3,230.00JPY

変化

55.00(+1.73%)

出来高

262,300

本日のレンジ

3,055.00

 - 

3,275.00

52週レンジ

915.00

 - 

4,985.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,175.00
始値
3,105.00
出来高
262,300
3か月平均出来高
8.51
高値
3,275.00
安値
3,055.00
52週高値
4,985.00
52週安値
915.00
発行済株式数
37.59
時価総額
120,966.50
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 3479.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

IWG Says Completes Divestment Of Japanese Operations To TKP

IWG Says Will Divest Its Japanese Operations To TKP

TKP to issue corporate bonds worth 3 bln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ティーケーピーとは

ティーケーピーグループは、主に遊休不動産を有効活用して、空間再生流通事業を行う。【事業内容】貸会議室・宴会場運営サービスを中心に展開する。主にポータルサイト「TKP貸会議室ネット」を集客ツールとして、貸会議室の管理運営を行う。具体的な会議室の用途は、会議、セミナー・講演会、研修、採用関連、試験、懇親会、説明会、展示会等多岐にわたる。管理運営する貸会議室は、国内では東京都、札幌、仙台、千葉、横浜、名古屋、京都、大阪、広島、福岡等の大都市圏を中心に全国展開する。また、海外においても、ニューヨーク、ニュージャージー等にて展開する。貸会議室に付随する料飲・ケータリング、レンタル・オプション、宿泊、イベント制作・運営サポート等の多種なサービスを顧客のニーズに応じて提供する。料飲サービスは、会議室用の弁当・ケータリングサービスを提供する。オプションサービスは、プロジェクター・パーソナルコンピュータ(PC)・スクリーン、テレビ会議システム等の備品レンタルを行う。宿泊サービスは、会議室設備も併設した新スタイルのビジネスホテル、宿泊研修施設かつリゾートホテル、温泉旅館などを運営する。また、ビル管理、清掃、警備を行うビル管理サービス、コールセンター運営を行うテレマーケティングサービス、医療系学会運営コンサルティングサービス及びイベントプロデュースサービス等を提供する。

業種

Real Estate Operations

連絡先

2F, TKP Ichigaya Bldg.

8, Ichigaya-Hachiman-cho

SHINJUKU-KU, TKY

162-0844

Japan

+81.3.52277321

https://www.tkp.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takateru Kawano

President, Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Koji Nakamura

Chief Operating Officer, Director

Shingo Nishioka

Executive Officer, Director

Tatsunari Kanemitsu

Executive Officer

Hiromichi Kiyota

Executive Officer

統計

2.00 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.0K

2019

0.0K

2020

0.1K

2021(E)

0.0K
EPS (JPY)

2018

63.950

2019

58.060

2020

50.410

2021(E)

-2.338
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.39
株価純資産倍率(四半期)
3.57
株価キャッシュフロー倍率
36.66
総負債/総資本(四半期)
196.91
長期負債/資本(四半期)
173.45
投資利益率(過去12カ月)
-1.70
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.08

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、MACDはデッドクロス

<16:40> 日経平均・日足は「小陰線」、MACDはデッドクロス 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。終値は25日移動平均線(2万3401円67銭=1 6日)にサポートされる格好となった一方、5日移動平均線(2万3541円01銭=同)は上値抵抗線と して機能した。MACD(短期12日、長期26日の平滑移動平均線のかい離幅、プラス97.23=16 日)はシグナル(プラス100.74=同)を下回り、デッドクロスを形成、売りサインとなっている。2 00日移動平均線(2万2009円80銭=同)も下向きを維持しており、来週以降は調整含みの...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、利益確定売り Eインフィニティは初日値付かず

<16:15> 新興株市場は続落、利益確定売り Eインフィニティは初日値付かず 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落した。市場からは「このと ころマザーズ指数はやや過熱感があったので、利益確定売りが優勢となっている。急騰していた直近IPO 銘柄も売られている」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック指数は0.62%安。まぐまぐ 、グラフィコ 、リバーエレテック<6666. T>が売られた一方、出前館 、ワークマン 、テラ が買われた。きょうジャスダック 市場に新規上場したアースインフィニティ は初日値付...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線として機能

<16:20> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線として機能 日経平均・日足は上下にわずかなヒゲを伴う「小陰線」。投資家の気迷い心理を表しているが、5日移 動平均線(2万2675円68銭=16日)は下値支持線として機能した。日経平均は2万3000円前後 での上値の重さが意識されており「決算時でもあるため買い上がるのは難しく、当面は横ばい相場となる可 能性が高い」(運用会社)という。 <16:07> 新興株は反落、時価総額上位銘柄が軟調 決算材料に個別物色も 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は反落、時価総額上位銘柄が軟調 決算材料に個別物色も

<16:07> 新興株は反落、時価総額上位銘柄が軟調 決算材料 に個別物色も 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。日経平均が軟調に推移し たことを受け、新興株も連れ安となった。時価総額上位銘柄は売られたものの、前日発表された決算を材料 視した個別物色は継続した。 ジャスダック平均は0.23%安で取引を終了した。個別では、テイツー 、ワークマン<7564. T>、セリア は下落。不二精機 、プロルート丸光 、テラ は上昇した。 マザーズ指数は1.59%安で取引を終了した。個別ではAiming 、アンジェス...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇を示唆

(午後4時16分配信のマーケットアイで、「小陰線」から「小陽線」へ訂正します。) [東京 13日 ロイター] - <16:10> 日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇を示唆 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」(訂正)。再び一目均衡表の「雲」の中に入りかけたが 、引けにかけてわずかに上抜けた。5日移動平均線(2万0175円61銭=13日)と25日移動平均線 (1万9519円55銭=13日)は上向きを維持、短期上昇を示唆している。 <15:55> 新興株市場は続伸、決算手掛かりに個別物色 IT関連銘柄もしっかり   新興株市場で日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、決算手掛かりに個別物色 IT関連銘柄もしっかり

<15:55> 新興株市場は続伸、決算手掛かりに個別物色 IT関連銘柄もしっかり   新興株市場で日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ指数は3日続伸した。決算発表など手掛 かりに個別物色が中心となったほか、クラウドビジネスやAI(人工知能)を手掛けるIT関連銘柄も買わ れた。時価総額の大きい銘柄はまちまちとなった。 ジャスダック指数は0.19%高。ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス 、ハーモニック・ドライブ・システムズ などがしっかり。テラ は連日のストップ安比例配 分。セリア 、メイコー なども売られた。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、一目均衡表の雲の中でもみあい

<16:09> 日経平均・日足は「中陽線」、一目均衡表の雲の中でもみあい 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」。一目均衡表の雲の中でもみあう展開だが、ローソク足 の形状は上昇期待感をうかがわせる。25日移動平均線(1万9226円86銭=7日)も上向きで短期上 昇トレンドを維持しており、目先、5日移動平均線(1万9808円44銭=同)を回復できるかがポイン トになりそうだ。 <15:50> 新興株市場は反発、マザーズ指数6%超高 アンジェスが10連騰でけん引  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。大型連休...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、マザーズ指数6%超高 アンジェスが10連騰でけん引

<15:50> 新興株市場は反発、マザーズ指数6%超高 アンジェスが10連騰でけん引  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。大型連休を通過し、日本 の個人投資家が再びリスクをとる動きに出ているという。マザーズ市場の売買代金は、2342億円の大商 い。新型コロナウイルス感染症向けのDNAワクチンの開発を行っているアンジェス が10日続伸 してストップ高比例配分となるなど、相場をけん引している。 マザーズ市場では、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ 、サマンサタバサジャパンリ ミテッド 、FRONTEO...

株式こうみる:世界的にリバーサルの動きが顕著に=大和証 木野内氏

世界的にリバーサルの動きが顕著になってきた。アメリカではディズニーやアメリカン・エキスプレスなどが、英国ではクルーズ船会社のカーニバルなどが買われているが、これらは株式市場がロックダウン解除など世界の経済活動再開を本格的に織り込み出したことを示しているようだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値抑える

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値抑える 日経平均・日足は上下にヒゲを持つ「小陰線」。弱もちあいで、5日移動平均線(1万9355円86 銭=24日)や一目均衡表の雲に上値を抑えられる形となった。一方、25日移動平均線(1万8968円 41銭=同)は上方向を向いており、短期的な上昇トレンドは維持している。現在の水準でもみあいながら じりじりと上値を試す展開もあり得る。 <15:43> 新興株市場はまちまち、週末控えてポジション閉じる動き 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は続伸となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、週末控えてポジション閉じる動き

<15:43> 新興株市場はまちまち、週末控えてポジション閉じる動き 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は続伸となった。市場から は「このところ個人投資家の売買が活発化していたが、週末を控えてポジションをいったん閉じる動きが出 ていた」(ストラテジスト)との声が聞かれた。 マザーズ市場では、FRONTEO がストップ高比例配分。アンジェス が続伸。ティ ーケーピー 、関通 、チームスピリット なども買われた。松屋アールアンドディ<7 317.T>、ALBERT 、NexTone 、サーバーワークス などは...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、長い下ヒゲ伴い下値抵抗力示す

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、長い下ヒゲ伴い下値抵抗力示す   日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う「小陽線」。下押しして始まったものの、下値の目安となる24日 と25日に空けたマド(1万8100円39銭─1万8446円80銭)に届くことなく切り返し、安いな がらも下値抵抗力を感じさせている。 直近3日間の値動きをはらむ25日に引いた「大陽線」から上下いずれか振れた方向に動きそうな状況 。トレンドの方向性を明確に示すのは同日の高値・安値をいずれかブレークしてからになりそうだ。 <15:30> 新興株市場は反落、幅広い銘柄に売り...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、幅広い銘柄に売り メルカリは一時7.13%安

<15:30> 新興株市場は反落、幅広い銘柄に売り メルカリは 一時7.13%安 新興株市場で東証マザーズ指数は1.72%安、日経ジャスダック平均は2.05%安となり、ともに 反落した。国内でも新型コロナウイルスの感染者が増加しており、都市封鎖への警戒も徐々に高まりつつあ る中、新興株市場でも幅広い銘柄が売られた。特にマザーズ市場では時価総額の大きい銘柄の売りが目立ち 、メルカリは一時7.13%安となった。 マザーズ市場ではメルカリ 、マネーフォワード 、CYBERDYNE 、ティ ーケーピー が反落。ジーエヌアイグループ 、HENNGE...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は中陰線、「陽の陰はらみ」

<15:57> 日経平均・日足は中陰線、「陽の陰はらみ」 日経平均・日足は「中陰線」。上ヒゲのない「陰の寄り付き坊主」の形状で、投資家の強い失望感を表 している。ローソク足の組み合わせは「陽の陰はらみ」。あすの取引で下寄りし、陰線で終わった場合は下 降相場を示唆するが、上寄りして陽線を引いた場合は短期的な上昇相場の継続も期待できる。 <15:45> 新興株市場は反落、国内での感染者拡大を嫌気 新型コロナ関連は物色 新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反落した。東京都での新型コロナウイ ルス感染者急増を受け警戒感が広...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、国内での感染者拡大を嫌気 新型コロナ関連は物色

<15:45> 新興株市場は反落、国内での感染者拡大を嫌気 新 型コロナ関連は物色 新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反落した。東京都での新型コロナウイ ルス感染者急増を受け警戒感が広がり、新興市場でも幅広い銘柄が売られた。ただ、ジャスダック市場では マスクなどの製造を手掛ける銘柄が物色され、ストップ高まで上昇する銘柄もあった。東証マザーズ指数は 4.23%安、日経ジャスダック平均は1.28%安となった。 マザーズ市場では、そーせいグループ 、フリー 、ティーケーピー が反落。メ ドレー 、オイシックス・ラ・大地...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は丸坊主の「大陽線」、底入れ期待を膨らませる

<15:40> 日経平均・日足は丸坊主の「大陽線」、底入れ期待を膨らませる 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陽線」。寄り引けがぼほ「丸坊主」で、3月に入ってからの崩 落相場において、絵づらの上で初めて反発らしい反発となった。これまでの下げ幅からは、まだ自律反発の 域は出ていないが、「二点底」からの底入れ期待を膨らませる足取りとなっている。 終値が大きく5日移動平均線(1万7054円21銭=24日)を上回っただけではなく、上向きに転 じた点が注目できる。これも基調転換を示す材料になりそうだ。これまでテクニカル的に「理外の理」だっ ただけに...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ指数は8%超高 投資家心理に落ち着き

<15:10> 新興株市場は堅調、マザーズ指数は8%超高 投資家心理に落ち着き   新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに続伸した。「パニックになっていた投 資家心理が落ち着いてきた。金価格の上昇やJ-REITの反発をみても、過度な悲観が一服している」( ストラテジスト)という。 マザーズ指数は8.07%高、ジャスダック指数は3.36%高となっている。 マザーズ市場では、アンジェス 、ティーケーピー がストップ高比例配分。メルカリ<4 385.T>、ミクシィ など時価総額上位銘柄も大幅高となった。ZUU 、SREホールディン...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ指数4.9%安 TKPがストップ安比例配分

<16:32> 新興株市場は軟調、マザーズ指数4.9%安 TKPがストップ安比例配分  新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落、東証マザーズ指数は続落となった。マザーズは 時価総額上位銘柄の売りが目立ち、前日比4.9%安で取引を終えた。 マザーズ市場では、貸会議室大手ティーケーピー が新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念 されストップ安比例配分。メルカリ 、そーせいグループ が13%超安となった。半面、S ansan 、フリー 、弁護士ドットコム は買われた。 マザース市場に新規上場した日本インシュレーション は公開価格を7...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズは反落、日経平均に連れ安

<16:10> マザーズは反落、日経平均に連れ安 新興株市場で、日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は続落となった。前場では流動性 の高い時価総額上位の銘柄を中心に買いが入っていたものの、後場では日経平均の急落に伴い幅広い銘柄で 売りが強まった。 ジャスダック市場ではハーモニック・ドライブ・システムズ 、セリア が上昇。ワーク マン 、ユニバーサルエンターテインメント は下落した。 マザーズ市場ではアンジェス 、ティーケーピー 、メルカリ が下落。フリー<4 478.T>、マネーフォワード 、ラクス は上昇した。 <16:02...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、「三割高下に向かえ」通りになるか注目

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、「三割高下に向かえ」通りになるか注目 日経平均・日足は「中陽線」。テクニカルは「破たん」した状態が続いており、「陰の極」を示すサイ ンが点灯し続ける状態に変わりがない。そうした中で注目できるのは、1月17日の昨年来高値2万411 5円95銭から30%押した水準(1万6881円16銭)を下回った後、同じ状態となった13日に続い て鋭角的な切り返しを演じた点だ。現時点においては「三割高下に向かえ」という相場格言が生きる動きと なっている。 3割安の水準は苛烈な暴落相場においても、いったんは下げ止まった...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up