for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

霞ヶ関キャピタル株式会社

3498.T

現在値

3,030.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

1,830.00

 - 

6,490.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,030.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
3.29
高値
--
安値
--
52週高値
6,490.00
52週安値
1,830.00
発行済株式数
8.15
時価総額
24,877.39
予想PER
--
配当利回り
0.66

次のエベント

Dividend For 3498.T - 30.0000 JPY

適時開示

その他

Kasumigaseki Capital announces IPO on TSE Mothers on Nov. 28

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

霞ヶ関キャピタル株式会社とは

霞ヶ関キャピタルは主に自然エネルギー事業、不動産コンサルティング事業及びショッピングセンター事業に従事する会社である。【事業内容】同社は3つの事業セグメントにより構成される。自然エネルギー事業は、主に太陽光発電施設の開発及び販売、電気事業者への売電を行う。不動産コンサルティング事業は、主に不動産の利用、取得、売却、投資等に対するコンサルティングを行う。ショッピングセンター事業は、主にテナントの誘致、入替、設備のメンテナンス等、ショッピングセンター運営を行う。

業種

Real Estate Operations

連絡先

+81.3.55107651

https://kasumigaseki.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroyuki Ogawa

Chairman of the Board

Koshiro Komoto

President, Representative Director

Hidekazu Ogata

Executive Officer, Chief Director of Investment Management, President of Subsidiaries, Director

Ryo Sugimoto

Executive Officer, Chief Director of Logistics Business, Director of Logistics Business, Director

Kazunari Hirose

Chief Director of Business Planning, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
54.50
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.35
株価純資産倍率(四半期)
3.08
株価キャッシュフロー倍率
31.51
総負債/総資本(四半期)
254.41
長期負債/資本(四半期)
162.18
投資利益率(過去12カ月)
3.26
自己資本利益率(過去12カ月)
2.17

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線が上向きに転じる

   <15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線が上向きに転じる 日経平均・日足は短めの上ヒゲと長めの下ヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2 万6490円53銭。下方硬直性の強い足を引いたほか、再び上回ってきた5日移動平均 線(2万6222円22銭=7日)が上向きに転じるなど、二番底形成から底打ちの期待 感を膨らませている。着実に下値を切り上げてきたことも注目できよう。 ごく目先のポイントとしては、今回も終値で乗せることができなかった、心理的な節 目である2万6500円をクリアできるか否かとなる。これを明確に上回れば、6月28...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが反落、直近IPOの一角に資金流入

<15:05> 新興株市場はマザーズが反落、直近IPOの一角に資金流入 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.93%安の673.43ポイントと 4日ぶりに反落した。材料性が高い銘柄に利益確定売りが目立つ中で「直近IPOの一角 に値幅取り資金が流入し、人気化している」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、ウェッジホールディングス、ニューラルポケットなどが 急反落したほか、霞ヶ関キャピタルも軟調。半面、イーディーピー、サ ンウェルズなどが大幅高となった。 <14:30> 日経平均はしっかり、米株先物の堅調も株高要因に 日経平均はしっかり...

ホットストック:霞ヶ関キャピタルが大幅上昇、自社株買い発表を材料視

同社は1日、自己保有株を除く発行済株式総数の2.82%にあたる23万株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施すると発表した。取得期間は7月4日から9月30日。

1日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

1日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・霞ヶ関キャピタル 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.82%にあた る23万株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は7月4日から 9月30日。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、依然として5日線を下回る

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、依然として5日線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。前日よりも実体部分が短く、「十字 線」の形状となったため、気迷いを感じさせる動きとなっている。下値をわずかながら切 り上げる形となったが、短期的な下降トレンドにピリオドを打ったというサインは出てい ない。依然として5日移動平均線(2万8704円65銭=6日現在)を下回っており、 上値に対する警戒感が強いことを示している。トレンド転換を確認するためには、終値が 同線を上回って下値を大きく切り上げる動きが必要になりそうだ。 <15...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、直近IPOに利益確定売り

<15:10> 新興株式市場はまちまち、直近IPOに利益確定売り 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数が小幅安となる一方、日経ジャスダック 平均は小反発した。市場では「値幅取りの動きは活発化している中で、直近IPOに利益 確定売りが目立った」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したBCC は買い気配のまま値が付かず、大 引け段階で差し引き約23万株の買い超過で終了、初値形成をあすに持ち越した。 マザーズ総合は前営業日比0.19%安。日本電解 が続騰して始まった後に 値を消し、コンフィデンス 、ベイシス も軟調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値押さえる

<16:20> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値押さえる 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(MA、2万8738円53銭= 5日)に上値を押さえられ、25日MA(2万8913円58銭=同)との乖離がやや広がった。日足・一 目均衡表の雲中の推移を継続。雲の下限(2万8521円63銭=同)に接近しており、下抜けないかがポ イント。 <15:48> 新興市場は反落、メルカリの下げがマザーズの重しに 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。市場では「全般的に物色 意欲は強かったが...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反落、メルカリの下げがマザーズの重しに

<15:48> 新興市場は反落、メルカリの下げがマザーズの重しに 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。市場では「全般的に物色 意欲は強かったが、特定の銘柄に影響を受けた」(国内証券)との声が聞かれた。先週まで急ピッチで買わ れていたメルカリ は利益確定売りが優勢で、マザーズの重しとなった。 マザーズ総合は前営業日比0.79%安。霞ヶ関キャピタル やアマナ が軟調に推移し た一方、コンフィデンス や日本電解 といった直近の新規上場(IPO)銘柄がストップ 高となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0....

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、「抱き線」を引きムードが悪化

<15:50> 日経平均・日足は「大陰線」、「抱き線」を引きムードが悪化 日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」の「大陰線」。弱さを感じさ せる動きとなった。前日の「十字足」を包む動きとなる「抱き線」は天井形成を示唆する パターンであるだけに、ムードが急速に悪化した。3万円に突っかけて押し戻される動き を繰り返したが、これによって3万円以上の水準はかなり重いと印象付けている。 もっとも、直近安値から前日までの上昇幅は約1800円と高値警戒感が生じるとこ ろ。終値は5日移動平均線(2万9641円51銭=6日現在)を維持しており...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、日経ジャスダックが年初来高値更新後に失速

<15:15> 新興株市場は軟調、日経ジャスダックが年初来高値更新後に失速 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は連日の年初来高値更新となった後は失速 し、東証マザーズ指数は6日ぶりに反落した。市場では「循環物色の流れが続いているも のの、1部市場の地合い悪化を受けて利益確定売りが先行している」(国内証券)との声 が聞かれる。 きょうジャスダック市場に新規上場したセルム は公開価格を17.34%上 回る1502円で初値を形成した後、値を消す展開となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.46%安。フェスタリアホールディングス<2...

13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・大興電子通信 、子会社の大協電子通信から相対取引で自社株を取得へ。規 模は自己保有株を除く発行済株式総数の0.35%にあたる4万8000株、取得総額2 966万4000円。取得期間は3月13日。 ・ヤーマン 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.57%にあたる200 万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月16日から6 月30日。 ・キッツ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.45%にあたる320万 株、取得総額20...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、「カブセ線」で戻りの期待が一気に後退

<15:35> 日経平均・日足は「大陰線」、「カブセ線」で戻りの期待が一気に後退 日経平均・日足は、短い上ヒゲを伴う大引け「坊主」の「大陰線」。「陰」の実体部分が長いだけでは なく、安値引けとなったことで、前日に引いた「大陽線」で膨らませた戻りに対する期待を一気に後退させ た格好となっている。しかも、今回は「カブセ線」と売りを示唆する足取りとなるなど、警戒感が強いこと を印象づける状況だ。 オシレーター系指標では、売られ過ぎのサインが目立っているが、これだけボラタイルな動きが続く場 面において、定石は通用しない。これは売り方についても同様...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ指数2%超安 ワークマンは続伸

<15:22> 新興株市場は軟調、マザーズ指数2%超安 ワークマンは続伸 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は反落となった。「昨日はリバ ウンド狙いで打診的な買いが入ったが、きょうは東証1部の大型株も伸び悩み、全体的に小型株を買える地 合いではなかった」(国内証券)との声が出ていた。前日発表した2月既存店売上高が好調だったワークマ ン は続伸した。 マザーズ指数は前日比2.28%安。前日買われたジーエヌアイグループ が反落したほか、時 価総額上位のマネーフォワード 、ティーケーピー などが売られた。半面、霞...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、翌日「三ツ星」なれば買いサイン

<15:30> 日経平均・日足は「小陽線」、翌日「三ツ星」なれば買いサイン 日経平均・日足は下ヒゲを伴う大引けがほぼ坊主の「小陽線」。前日の高値を更新で きなかったものの、終始高値水準を保つ動きとなり、強い基調を維持している。前日に続 き実体部分の短い足を引き、気迷いを感じさせながらも、明日も同様の足を引けば、上昇 途上で出現すれば買いサインとされる「三ツ星」になるため、翌日の動きに注目したい。 オシレーター系指標は引き続き高値警戒感が強いことを示唆し、それも伸び悩んだ要因 になったとみられるが、長短すべての移動平均線が上向きとなっているなど...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、柱になる銘柄が見当たらず

<15:05> 新興株市場は小じっかり、柱になる銘柄が見当たらず 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック、東証マザーズ指数は反発した。市場で は「決算を見ながら個別物色の動きとなっている。ただ、資金の逃げ足は速く、柱になる 銘柄が見当たらない」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)との 指摘もある。 マザーズ市場では、ホープ が連日のストップ高となったほか、霞ヶ関キャピ タル もストップ高。半面、EduLab が引き続き売られたほか、ジー ニー が急反落し、リンクバル がストップ安比例配分となった。 ジャスダック市場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、強い基調維持するが気迷いも

<15:35> 日経平均・日足は「小陽線」、強い基調維持するが気迷いも   日経平均・日足は、上ヒゲと下ヒゲを伴う「小陽線」。新たに小さなマド(2万2819円92銭─2 万2830円57銭)を空けて連日の年初来高値更新となり、強い基調を維持している。ただ、今回の足は 方向感を示すものではない「コマ」とあって、強気に支配されながらも、若干の気迷いを感じさせた。 前週末に引いた「並び赤」によって、先行きの上昇期待を膨らませた上、チャート上の目立った節目は 昨年10月2日に付けたバブル崩壊後の最高値2万4448円07銭まで見当たらないため、なお...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、値動きの良い銘柄を循環物色

<15:15> 新興株市場はしっかり、値動きの良い銘柄を循環物色 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに6日続伸した。市場では「 資金の回転が利いており、値動きの良い銘柄を循環物色している」(国内証券)との声が出ている。 ジャスダック市場では大伸化学 がストップ高まで買われたほか、ワークマン が堅調。 半面、Shinwa Wise Holdings がストップ安となり、このところ人気だった栄 電子 は高値波乱となった。 マザーズ市場では、中村超硬 、霞ヶ関キャピタル などがストップ高となったほか、メ ルカリ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、直近IPOや量子コンピューター関連に物色

<16:08> 新興株市場はしっかり、直近IPOや量子コンピューター関連に物 色 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸 した。市場からは「きょうは直近IPO銘柄や量子コンピューター関連銘柄の物色が目立 っていた」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、栄電子 が5日続伸し一時ストップ高。年初来高値も 更新した。量子コンピューター関連銘柄とされるYKT は上昇。ユビキタスAI コーポレーション は一時ストップ高となった。一方、精工技研 は下落。 量子コンピューター関連のエヌエフ回路設計...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、バブル後高値到達に現実味

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、バブル後高値到達に現実味 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。新たにマド(2万2648円81銭─2万27 04円33銭)を空けて手で形成した高値もみあいから上放れた。また、戻りの目安として意識されていた 昨年12月3日の戻り高値(2万2698円79銭)を更新。チャート上のフシは、昨年10月2日に付け たバブル崩壊後の最高値2万4448円07銭まで見当たらず、先行き雄大な上昇波動を描くことが期待で きる動きとなっている。バブル後高値到達に現実味が出てきた。 オシレーター系指標に過熱感...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、循環物色がスムーズに

<15:05> 新興株式市場は堅調、循環物色がスムーズに 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸した。市場では「人 気銘柄の移り変わりが激しいが、それは循環物色がスムーズであることの証拠だ」(国内証券)との指摘も ある。 きょうマザーズに新規上場したインティメート・マージャー は、買いを集めて値が付かず、公 開価格1900円の2.3倍となる4370円買い気配で終了。売り16万1200株に対して買いが19 万5900株で差し引き3万4700株の買いを残して、初値形成を明日以降に持ち越した。 ジャスダック...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up