for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社スタジオアタオ

3550.T

現在値

308.00JPY

変化

-8.00(-2.53%)

出来高

76,500

本日のレンジ

307.00

 - 

315.00

52週レンジ

307.00

 - 

598.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
316.00
始値
315.00
出来高
76,500
3か月平均出来高
0.80
高値
315.00
安値
307.00
52週高値
598.00
52週安値
307.00
発行済株式数
14.02
時価総額
4,323.40
予想PER
--
配当利回り
1.62

次のエベント

Q3 2022 Studio Atao Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Studio Atao to raise about 92 mln yen via private placement

Studio Atao announces shareholding structure changes due to IPO

Studio Atao announces listing on TSE Mothers since Nov. 29

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社スタジオアタオとは

スタジオアタオグループは、オリジナルバッグ等の企画・販売、直営店舗の運営、インターネット店舗の運営、キャラクター商品の企画・販売を主な事業として取り扱う。【事業内容】同社グループは、バッグ及び財布等の企画・販売を主とするファッションブランドビジネスを行う単一セグメントに構成される。同社グループは、『ATAO(アタオ)』『IANNE(イアンヌ)』『Roberta di Camerino(ロベルタ ディ カメリーノ)』の3つのブランドを展開する。同社は、店舗販売、インターネット販売及びその他(ロベルタ事業)を通じて製品を販売する。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

8-1-6, Gokodoori, Chuo-ku

KOBE-SHI, HYG

651-0087

Japan

+81.78.2303370

http://www.atao.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Kunihiro Seo

President, President of Subsidiary, Representative Director

Yuko Kashiwagi

Executive Director

Noriyuki Yamaguchi

Executive Officer, General Manager of Administration Unit

Nobuaki Chonan

Manager of Business Strategy Office, Director

Masa Kagotani

General Manager of Business Unit, Director

統計

Revenue (MM, JPY)

2022(E)

0.0K
EPS (JPY)

2022(E)

0.000
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.10
株価純資産倍率(四半期)
1.48
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
26.08
長期負債/資本(四半期)
18.74
投資利益率(過去12カ月)
-1.60
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.40

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上回る

<15:49> 日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。買い勢力が強く、25日移動平均線(2万362 3円72銭=9日)を上回って取引を終えるとともに、12月30日と1月6日に空けたマド(2万336 5円36銭─2万3656円62銭)を埋めた。 下値は5日移動平均線(2万3476円37銭=同)がサポートとして機能しているが、昨年12月中 旬以降2万4000円近辺での上値の重さが意識されており、同水準が近づくにつれて売りに押される可能 性もあるという。 <15:10> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、個人の資金の回転効く

<15:10> 新興株市場は堅調、個人の資金の回転効く 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。中東情勢への懸念が後退 し、投資家心理が好転している。「個人投資家の資金も回転が利いており、小型株への物色が入りやすい状 況だ」(ネット系証券)という。 マザーズ市場では、スタジオアタオ 、サイバー・バズ が一時ストップ高。マクアケ < 4479.T>、AI inside も大幅高となった。一方、ランサーズ 、HPCシステムズ 、メルカリ などは売られた。 ジャスダック市場では、エムケイシステム が一時ストップ高...

15日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

15日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <株式分割> ・スタジオアタオ は、5月31日現在の株主に対して、6月1日付で、1対 2の株式分割を実施すると発表した。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値サポート

日経平均・日足は「小陰線」。寄り後に下振れたものの、5日移動平均線(2万0079円17銭=10日)がサポートになった。短期的な戻りの速さを考えれば当然の一服だが、東証1部の売買代金は2.3兆円に届かずエネルギー不足は否めない。心理的な節目の2万円で踏み止まれないと、再び昨年12月26日安値(1万8948円58銭)を試す展開もあり得る。一方、目先の上値は昨年12月3日の戻り高値(2万2698円79銭)から12月26日安値(1万8948円58銭)までの下げ幅に対する半値戻し(2万0823円69銭)がめどになる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、リバウンド一巡で利益確定売り

新興株式市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに反落した。市場では「流動性が高く値動きの良いバイオ株の一角に資金流入が継続しているものの、全体はリバウンドに一巡感があり利益確定売りに押された」(国内証券)との声が出ている。個別銘柄ではブライトパス・バイオがストップ高。オンコリスバイオファーマ、プリントネットも買われた。半面、サンバイオが安く、セリア、スタジオアタオもさえない。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up