for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

小松マテーレ株式会社

3580.T

現在値

680.00JPY

変化

-3.00(-0.44%)

出来高

32,200

本日のレンジ

677.00

 - 

683.00

52週レンジ

665.00

 - 

1,510.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
683.00
始値
683.00
出来高
32,200
3か月平均出来高
1.11
高値
683.00
安値
677.00
52週高値
1,510.00
52週安値
665.00
発行済株式数
40.04
時価総額
29,335.88
予想PER
--
配当利回り
2.94

次のエベント

Dividend For 3580.T - 10.0000 JPY

適時開示

その他

Komatsu Seiren to change company name to KOMATSU MATERE

Komatsu Seiren to fully buy fiber materials firm via cash, stock swap

KOMATSU SEIREN CO LTD lowers consolidated mid-year outlook for FY 2015

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

小松マテーレ株式会社とは

小松マテーレグループ(旧名:小松精練グループ)は繊維事業を主な事業として展開する。【事業内容】同社は2つの事業を運営する。繊維事業は衣料用及び産業用繊維素材(薄膜製品を含む)並びに関連品の製造販売を行う。物流物販事業は物流、商事、その他繊維事業以外の事業を行う。繊維事業において、同社は合繊ファブリック、薄膜ファブリックの企画・開発・製造及び販売を行う。連結子会社小松精練(蘇州)は、ポリエステル・ナイロン織編物の高加工技術による無地染め、複合薄膜素材「DIMA」、コーティング加工、及び生地販売を行う。コマクソンは、ナイロン素材の無地・捺染加工、並びに自動車内装表皮材、産業資材用特殊素材の開発生産を行う。パッゾは、メンズカジュアルウェア、グッズの企画・製造及び販売を行う。コマツインターリンクは、生機・製品の保管・輸送等の物流、サービス及びその周辺事業、各種スイムウェア及びスイムウェア関連用品の企画・製造・販売を行う。関連会社トーケンは、土木建築工事の設計・施工・管理及び土地開発造成等の総合建設業を行う。根上工業は、樹脂・製品等の製造及び販売を行う。

業種

Textiles - Non Apparel

連絡先

Nu 167, Hama-machi

NOMI-SHI, IKW

929-0124

Japan

+81.76.1551111

https://www.komatsumatere.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenichi Nakayama

Chairman of the Board, Representative Director

Hisae Sasaki

President, Representative Director

Daisuke Nakayama

Senior Managing Director, Chief Director of Sales

Chihiro Matsuo

Managing Director, Chief Director of Production

Naoto Ogawa

Managing Director, Chief Director of Technology Development

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
17.59
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.84
株価純資産倍率(四半期)
0.77
株価キャッシュフロー倍率
10.99
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
3.92
自己資本利益率(過去12カ月)
3.33

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、節目上回り上昇に弾み

<15:40> 日経平均・日足は「小陰線」、節目上回り上昇に弾み 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7693円65銭。節目の2万7 500円を明確に上回り、上昇に弾みがついた。上方向では、昨年12月16日に開けた 窓埋め(15日安値は2万7987円54銭)や、節目の2万80000円、同12月1 4日高値(2万8195円69銭)などが目先のめどになりそうだ。一方、25日移動平 均線(2万6706円38銭=6日)からの乖離率は3.7%にやや高まり、過熱感が意 識される水準に接近してきている。 <15:10> 新興株はマザーズ続落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ続落、米ハイテク株安が重し 円安思惑は限定

<15:10> 新興株はマザーズ続落、米ハイテク株安が重し 円安思惑は限定 新興株式市場は、マザーズ総合が0.94%安の776.37ポイントと続落した。 前週末の米ハイテク株安が投資家心理の重しになった。日経平均は円安を支えに上昇した が「新興株は内需系の企業が多く、円安効果への思惑は限られた」(国内証券のストラテ ジスト)との声が聞かれた。東証グロース市場指数は0.83%安の985.35ポイン トだった。 スカイマークやM&A総合研究所が大幅安となった。セーフィー<4 375.T>はさえなかった。一方、AIAIグループやユニフォームネクスト...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は伸び悩み、円安に一服感 輸出株の上値重い

<13:44> 後場の日経平均は伸び悩み、 円安に一服感 輸出株の上値重い 後場に入り、日経平均は前引け時点から上げ幅を縮小している。円安に一服感が出て おり、追随買いが限られている。ドル/円は131円台後半で推移している。 トヨタ自動車が伸び悩んでいるほか、東京エレクトロンが軟調。東 京エレク株については、「今週の決算を前にポジション調整の動きが出ている」(国内運 用会社のファンドマネージャー)との声が聞かれた。 指数への寄与度の大きいファーストリテイリングが上げ幅を縮小しているこ とも日経平均の上値を抑えている。 一方、保険業は後場...

前場の日経平均は続伸 緩和修正思惑が後退、輸出株など堅調

前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比292円51銭高の2万7801円97銭と、4日続伸した。日銀次期総裁に関する報道があり、緩和修正への過度な警戒感が後退した。堅調な米雇用統計を受けて為替はドル高/円安となっていたが、きょうの東京市場で一段と円安が進み、輸出関連株を中心に買いが入った。日経平均の上げ幅は一時、300円を超える場面もあり、堅調な展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、円安で輸出株堅調 半導体は安い

<10:47> 日経平均は上げ幅縮小、円安で輸出株堅調 半導体は安い 日経平均は一時2万7800円台まで上昇したが、小幅に上げ幅を縮小し、足元は前 営業日比約280円高の2万7700円台後半で推移している。 ドル/円が132円台前半と円安方向で推移していることから、輸出銘柄には買いが 入り指数を押し上げている。三菱自動車工業が5.5%高、ホンダは2 .6%高となっている。 一方、半導体関連株は軟調で、東京エレクトロン、アドバンテスト はそれぞれ1%超安。「前週末の米国市場でナスダック総合が下落した流れを受 け、東京市場でも値がさの半導体...

寄り付きの日経平均は4日続伸、幅広い銘柄に買い

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比255円20銭高の2万7764円66銭と4日続伸してスタートした。その後も上げ幅を拡大し、300円超高となっている。政府が日銀の黒田東彦総裁の後任人事について雨宮正佳副総裁に就任を打診したとの報道を受けて「早期の緩和修正懸念が後退した」(国内運用会社)といい、幅広く買いが先行。ドル/円で円安が進んだことから、特に自動車などの輸出株が堅調に推移している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ネクソンは買い優勢 三桜工は売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、ネクソンは買い優勢 三桜工は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 ネクソン 23% 3,80 3,80 3,80 3,10 5 5 5 5 2 セーレン 22% 2,80 2,80 2,80 2,30 7 7 7 7 3 きんでん 21% 1,72 1,72 1,72 1,42 8 8 8 8 4 東邦HLDG 19% 2,45 2,45 2,45 2,05 0 0 0...

3日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

3日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ハリマビステム 、自己保有株を除く発行済株式総数の7.31%にあたる 7万株、取得総額2億9750万円を上限とする自社株買いを実施へ。3月4日午前8時 45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。 買い付け価格は3月3日終値の4250円。  <自社株取得枠の変更> ・小松マテーレ 、昨年10月29日に決定した自社株買いについて、取得総 額を積み増し。上限を従来の25億円から30億円に。株数は、自己保有株を除く発行済...

29日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

29日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・野村ホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.5%に当 たる8000万株、取得総額500億円を上限に自社株買いを実施へ。取得期間は11月 16日から2022年3月31日。 ・ワコム< 6727.T>、自己保有株を除く発行済株式総数の2.48%に当たる400 万株、取得総額20億円を上限に自社株買いを実施へ。取得期間は11月1日から202 2年1月28日。 ・高松機械工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.0%にあたる11 万株...

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・小松マテーレ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.7%にあたる75 万株、取得総額8億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月2日から20 21年3月31日。 ・メルコホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の10.77 %にあたる180万株、取得総額45億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は 10月29日から2021年10月28日。  <自己株消却> ・野村ホールディングス 、発行済み株式総数の7.4%に相当する...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up