for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

川本産業株式会社

3604.T

現在値

1,291.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

381.00

 - 

4,000.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,291.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
6.32
高値
--
安値
--
52週高値
4,000.00
52週安値
381.00
発行済株式数
5.80
時価総額
7,812.00
予想PER
--
配当利回り
0.46

次のエベント

Dividend For 3604.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Kawamoto to acquire 90 pct stake in China-based hygienic material firm for 60.3 mln yuan

Kawamoto says Air Water to increase voting rights in the co to 50.1 pct

Medical Ikkou says Air Water buys 299,600 shares in Kawamoto from unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

川本産業株式会社とは

川本産業グループは、衛生材料、医療用品、介護用品等の製造販売及び医療用品、介護用品、育児用品、トイレタリー用品の仕入販売を主たる業務とする。【事業内容】同社は2つの事業を運営する。メディカル事業は国内外の医療機関向けに、衛生材料・医療用品・介護用品等の製品の製造販売及び仕入販売を行う。コンシューマ事業は国内の一般消費者向けに、衛生材料・医療用品・介護用品・育児用品等の製品の製造販売及び仕入販売を行う。

業種

Medical Equipment & Supplies

連絡先

Tanimachi Bldg.

2-6-4, Tani-machi, Chuo-ku

OSAKA-SHI, OSK

540-0012

Japan

+81.6.69438951

https://www.kawamoto-sangyo.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takeshi Kawamoto

Executive President, Representative Director

Makoto Fukui

Executive Vice President, Chief Director of Marketing, Representative Director

Hiroshi Mizukami

Managing Executive Officer, Chief Director of Administration, Manager of Internal Auditing Office, Representative Director

Yasuo Hirai

Senior Executive Officer, Chief Director of Development, Manager of Business Promotion Office

Tadashi Tojima

Executive Officer, Chief Director of Sales, Manager of Consignment Business Promotion Office

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
14.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.29
株価純資産倍率(四半期)
1.80
株価キャッシュフロー倍率
10.88
総負債/総資本(四半期)
149.12
長期負債/資本(四半期)
77.67
投資利益率(過去12カ月)
6.97
自己資本利益率(過去12カ月)
3.51

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は反落、新型肺炎への懸念継続 上海株の下げ渋りは支え

東京株式市場で日経平均は反落。引き続き新型肺炎の感染拡大の影響が懸念されている。前週末から急速に円高が進んだことも嫌気され、朝方に一時400円を超す下げとなった。その後、春節休暇明けで取引を再開した上海株式市場が大幅安後に徐々に戻したことを受け、日経平均も下げ渋った。午後は日銀のETF(上場投資信託)買いへの思惑も下支えとなった。

香港では7時間行列も、新型肺炎でマスク需要が世界的に急増

新型コロナウイルスによる肺炎の急増を受け、感染を予防するためのマスクの需要が世界中で急増している。工場では生産が追い付かず、店頭では売り切れが相次いでいる。

日経平均は4日ぶり反落、新型肺炎拡大懸念によるアジア株安で

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株市場が休場で方向性を決定づける材料に乏しい中、香港ハンセン指数<.HSI>が大幅安で始まったことが嫌気され、日経平均は大幅に下げ幅を拡大する展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回り弱気に傾斜

<16:00> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回り弱気に傾斜 日経平均・日足は下ヒゲを伴う「中陰線」。終値が下値支持線として機能していた5 日移動平均線(2万3967円81銭=21日)を下回った。短期的な弱気形状となり、 2万4000円台の重さを再確認する格好となった。 <15:10> 新興株市場は堅調、値動きいい銘柄に個人の物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は続伸した。東 証1部の大型株の上値が重い中、個人投資家などから値動きの軽い中小型株への物色が入 ったという。 ジャスダック市場では、重松製作所...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、値動きいい銘柄に個人の物色

<15:10> 新興株市場は堅調、値動きいい銘柄に個人の物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は続伸した。東証1部の大型株の 上値が重い中、個人投資家などから値動きの軽い中小型株への物色が入ったという。 ジャスダック市場では、重松製作所 、大日光・エンジニアリング がストップ高比例配 分。興研 も大幅高。 マザーズ市場では、エル・ティー・エス がストップ高比例配分。トランザス が大幅反 発し昨年来高値更新。ホーブ 、ロゼッタ は売られた。 <14:16> 日経平均は安値圏で一進一退、アジア株安嫌気 高値の反動...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏で一進一退、アジア株安嫌気 高値の反動も

(14:09の記述が抜けていたため、追加して再送します) [東京 21日 ロイター] - <14:16> 日経平均は安値圏で一進一退、アジア株安嫌気 高値の反動も 日経平均は安値圏で一進一退、2万3800円台半ばを推移している。香港ハンセン指数や上海総合指 数の下げが引き続き嫌気され、日経平均は後場でも安値の2万3847円32銭を付けた。 市場からは「アジア株の大幅な下げにより日経平均も連れ安となったが、先週の高値更新後の反動とい う部分も大きい。日経平均は2万4000円台を固めつつあったため、海外勢が売りに仕掛けやすい状況だ った」(...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏でもみあい、個別はコロナウイルス絡みで明暗

<14:09> 日経平均は安値圏でもみあい、個別はコロナウイルス絡みで明暗 日経平均は安値圏でもみあい、2万3800円台半ばで推移している。新型肺炎の原因となるコロナウ イルスへの懸念で、個別銘柄に明暗が出ている。 マスク関連のシキボウ 、興研 、重松製作所 、川本産業 のほか、ウイ ルス対策関連として日本エアーテック 、アゼアス 、日本アビオニクス 、マナック などが買われている。 半面、旅行需要の減少や訪日客の減少などへの思惑から、日本空港ビルデング 、エイチ・アイ ・エス 、資生堂 などが売られている。 <12:46> 日経平均は...

焦点:動き出す流通業界「生産性革命」、AIとロボット連携に広がり

流通業界では、人口知能(AI)とロボットを組み合わせた省力化投資がにわかに動きを強めている。景気拡大やネット通販拡大に加えて働き方改革の影響もあり、人手不足に拍車がかかり、手をこまねいていては事業拡大もままらない状況がある。情報化投資では米国の3分の1と言われる日本の非製造業の低生産性打破には、大手だけでなく中小企業までIT化の裾野を広げることが不可欠だ。政府も後押しに本腰を入れ始めた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up