for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビリングシステム株式会社

3623.T

現在値

667.00JPY

変化

48.00(+7.75%)

出来高

24,300

本日のレンジ

615.00

 - 

670.00

52週レンジ

568.00

 - 

1,860.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
619.00
始値
618.00
出来高
24,300
3か月平均出来高
0.77
高値
670.00
安値
615.00
52週高値
1,860.00
52週安値
568.00
発行済株式数
6.37
時価総額
4,063.36
予想PER
--
配当利回り
1.41

次のエベント

Dividend For 3623.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Billing System sets up card reader solution unit

Billing System revises consolidated full-year outlook for FY 2016

Billing System to issue year-end dividend for FY 2015

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビリングシステム株式会社とは

ビリングシステムグループは「企業の決済作業とキャッシュ・フローの効率化」をサポートする業務受託事業とコンサルティング事業を行う。【事業内容】決済支援事業については、同社は企業の財務活動における回収業務、支払業務、資金繰り業務の効率化を支援するサービスをインターネットを通して提供する。決済プラットフォームの主なサービスはクイック入金サービス、収納代行サービス、支払サポートサービス、公共料金支払代行サービスを含む。ファイナンス支援事業については同社が企業の請求書発行業務や収納代行サービス、支払サポートサービスといった決済業務の代行を受託し、業務代行から得られた決済情報を、金融機関等の提携金融事業者へ提供することを通じ、企業のキャッシュフローを可視化することで、提携金融事業者の行う企業向けの投融資を安全かつ円滑に運営するためのデータの管理及び取次を行うサービスである。その他事業は、決済支援事業やファイナンス支援事業に直接紐づかない事業コンサルティングサービス等のサービスである。

連絡先

13F, Imperial Hotel Tower,

1-1-1, Uchisaiwai-cho

CHIYODA-KU, TKY

100-0011

Japan

+81.3.55014400

https://www.billingsystem.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshihiko Eda

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Tomohiko Sumihara

Chief Financial Officer, Director

Masahiko Haga

Chief Information Officer, Director

Yoshimasa Kaneyama

Director

Kazushi Abiko

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.77
株価純資産倍率(四半期)
2.13
株価キャッシュフロー倍率
142.50
総負債/総資本(四半期)
1.40
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-0.91
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.25

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線が上値抑える

<16:02> 日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は若干長い上ヒゲを伴う「小陽線」。上値の重さが意識される中、終値では5日移動平 均線(2万1917円67銭=1日)が抵抗線となった。 当面の下値メドは9月11日と12日に空けたマドの下限値(2万1619円21銭=11日高値)と なるが、25日移動平均線(2万1374円83銭=1日)は上向きで、中期的な上昇トレンドは維持して いる。RSI、ストキャスティクスなどのオシレーター系指標は過熱感が和らいでおり、短期的な調整の一 巡が期待できる状況となっている。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日ぶり反発、盛り上がりには欠ける

<15:15> 新興株市場は3日ぶり反発、盛り上がりには欠ける  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも小幅に3日ぶり反発となった。市 場からは「マザーズ指数はCYBERDYNE やSHIFT 、Sansan など 時価総額の高い銘柄が買われてプラス圏を確保したが、全体的に大型のバリュー株へ資金がシフトする中、 新興株市場の売買は盛り上がりに欠けている」(ネット系証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、燦キャピタルマネージメント は急伸。リバーエレテック 、シノケング ループ 、AMBITION 、ビリングシステム...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、買い勢力は弱体化

<15:37> 日経平均・日足は「十字線」、買い勢力は弱体化 日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「十字線」。買い勢力の弱体化を示唆している。短期 RSI(相対力指数)は上がり過ぎ圏内、騰落レシオ(東証1部、25日平均)は139%台と高値圏に上 昇していることを考えれば、調整があってもおかしくはない。 一方、25日移動平均線や75日移動平均線は上向きで、上昇トレンドは維持している。これまで下値 支持線として機能していた5日移動平均線(2万2036円88銭=24日)を下回った場合でも、下押し 圧力は強まりにくく、7月25日高値(2...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、ジャスダック平均は12日続伸

<15:06> 新興株市場は堅調、ジャスダック平均は12日続伸  新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均は12日続伸、東証マザーズ指数は3日続伸となった。「東 証1部の大型株がいいところまで上昇してきたので、中小型株や出遅れ気味だった新興株などへの物色が広 がっている」(国内証券)との声が出ていた。 個別では、ビリングシステム がストップ高比例配分となったほか、直近IPOのサイバー・バ ズ が大幅高。そーせいグループ やラクオリア創薬 も買われた。 半面、バンク・ オブ・イノベーション 、サンバイオ などは軟調。セプテーニ・ホールディングス...

5日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

5日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・TYK 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.24%にあたる100万 株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は6月10日から202 0年3月31日。 ・オリコン 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.15%にあたる30万 株、取得総額3億6000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は6月6日か ら8月30日。  <株式分割> ・ビリングシステム は、6月30日現在の株主に対して、7月1日付けで、 1対2の株式分割を実施...

ホットストック:キャッシュレス決済関連が軟調、紙幣刷新銘柄の活況の反動で

キャッシュレス決済関連銘柄が軟調。ビリングシステムは3%超、メディアシークは一時4%超の下落となっている。政府が9日、1万円、5千円、千円の紙幣を全面的に刷新すると発表。紙幣処理機のグローリーや高見沢サイバネティックスなど紙幣刷新関連が買われている半面、紙幣や貨幣を使わずに決済するキャッシュレス関連銘柄は売られている。フライトホールディングスも弱い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、短期的な上昇期待

<15:58> 日経平均・日足は「小陽線」、短期的な上昇期待 日経平均・日足は「小陽線」。25日移動平均線(2万1851円20銭=26日)に上値を抑えられ たものの、3日連続の陽線となっており、短期的な上昇も期待される。主要20カ国・地域(G20)首脳 会議に合わせて行われる米中首脳会談で貿易問題の先行き不透明感が払しょくされれば、200日移動平均 線(2万2288円97銭=同)を試す展開もあり得る。 <15:05> 新興株市場は続伸、今後相次ぐIPOに期待感  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続伸となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、今後相次ぐIPOに期待感

<15:05> 新興株市場は続伸、今後相次ぐIPOに期待感  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続伸となった。「11月下旬から IPOが相次ぐことで新規の資金の流入が期待されるが、それまでマザーズは950ポイント前後で行った り来たりするイメージがある」(国内証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、VALUENEX 、ジャストプランニング がストップ高比例配分。ビ リングシステム 、フォーサイド なども大幅高となった。一方、リネットジャパングループ 、JMC 、KYCOMホールディングス などは軟調だった。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陰転

<15:19> 日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陰転 日経平均・日足は「小陰線」。上方にマド(2万1892円29銭─2万2046円 29銭)を空けて下放れた。下ヒゲは長く、一定の押し目買い需要も示唆。ボリンジャー バンドは収縮基調にあり、日柄的な調整局面への移行も意識される。ただパラボリックは 陰転。反発時には一定の戻り売り圧力も掛かりそうだ。目先のところでは10月26日に 付けた直近安値(2万0971円93銭)どころが下値のめどとして意識されやすい。 <15:12> 新興株市場は軟調、朝方の売り一巡後は押し目買い 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、朝方の売り一巡後は押し目買い

<15:12> 新興株市場は軟調、朝方の売り一巡後は押し目買い 新興株式市場は、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数が続落した。マザーズは 一時3.5%安となったが、朝方の売り一巡後は下げ渋った。「海外投資家の売りが止ま った後は、個人投資家の買いが入った。その個人は前引けにかけ利益確定売りを出し、後 場は日経平均レバレッジ型ETF(上場投信)などに買い向かった」(ネット系証券)と いう。 個別銘柄ではロジザード 、大泉製作所 、UTグループ が大 幅高。サンバイオ がしっかり。メイコー 、ビリングシステム が 急落した。 <14:21...

ホットストック:QRコード関連が堅調、消費増税時の経済対策を巡る報道で

QRコード関連銘柄が堅調。メディアシークは4%超、ビリングシステムは一時7%超の上昇となっている。2019年10月に予定する消費税率10%への引き上げに備え、政府が検討している経済対策の骨格が報じられており、材料視されている。

ホットストック:QRコード関連が堅調、政府の決済電子化支援報道で

QRコード関連銘柄が堅調。メディアシークは買い気配。ビリングシステムは一時7%超の上昇となっている。政府が決済の電子化(キャッシュレス化)を進める方針が報じられており、関連銘柄に広く買いが入っている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線が下値支持

<16:15> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線が下値支持 日経平均・日足は「小陰線」。25日移動平均線(2万2738円88銭=29日終 値)が下値をサポートした。5日移動平均線(2万2858円40銭=同)に25日線が 接近しており、調整が進めばデッドクロスが視野に入る。もち合い相場の下放れが警戒さ れる中、25日線を割り込んだ場合、心理的節目の2万2500円が下値抵抗帯として機 能できるかがポイントとなりそうだ。2万3000円を上抜けるには売買代金の増加が必 要。薄商いが続けば、5日線が上値を圧迫する格好となるとみられている。 <...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、マザーズは1%超す上昇

<16:05> 新興株はしっかり、マザーズは1%超す上昇 新興株式市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ総合ともに上昇。マザーズ の上昇率は1%を超えたほか、ジャスダック平均は新高値を付けた。「個人投資家の物色 意欲は引き続きおう盛だった」(中堅証券)との声が出ていた。個別銘柄ではラクオリア 創薬 、みらいワークス が大幅高。プロルート丸光 、ビリン グシステム が軟調だった。 <12:52> 日経平均は後場一段高、先物主導で買われる 銀行株強含み 日経平均は後場一段高。2万2800円台後半で推移している。先物主導で買われ上 げ幅...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は5日線を上回る

<15:44> 日経平均・日足は「小陽線」、終値は5日線を上回る 日経平均・日足は「小陽線」。高値圏における下ヒゲがない陽線の出現は、翌日以降 の株価調整を暗示するとされる。東証1部の売買代金は連日の2兆円割れとなり、市場の エネルギーが低調な中、5日移動平均線(2万2902円39銭=27日終値)を一時下 回った後は切り返し、同線を回復して取引を終えた。指数は下値の堅い動きを続けている が、心理的節目となる2万3000円の突破には売買代金が増加してほしいところでもあ る。下落局面では25日移動平均線(2万2719円89銭=同)が下値のめどとして...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズは10年11カ月ぶり高値

<15:26> 新興株市場は堅調、マザーズは10年11カ月ぶり高値 新興株式市場では、日経ジャスダック平均が大幅続伸。東証マザーズ指数は急反発と なった。マザーズは3%を超す上昇となり、年初来高値を更新。2007年1月以来、1 0年11カ月ぶりの高値水準を付けた。日経ジャスダック平均も1%高で新高値を付けた 。「IPO(新規株式公開)が一巡したことで、需給面での不安要因が後退した」(国内 証券)との声が出ていた。 個別ではヴィスコ・テクノロジーズ 、ディジタルメディアプロフェッショナ ル が大幅高。そーせいグループ 、CYBERDYNE...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は5日線上回る

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は5日線上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は5日移動平均線(2 万2307円45銭=17日)を上回ったものの、前日の足との組み合わせでは「出合い 線」に近い形状であり、高値圏での売り圧力が強いことを示している。一目均衡表でも転 換線(2万2677円25銭=同)が上値抵抗線として機能した。2番天井形成の可能性 は否定できないものの、東証1部売買代金は3兆円超の大商いが続いている。このまま高 水準の売買代金を維持できれば、戻り待ちの売りをこなし再度高値更新を目指す...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は続伸、好業績株などを個別物色

<15:25> 新興株式市場は続伸、好業績株などを個別物色 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに続伸した。 市場では「直近の調整局面でキャッシュ比率を高めた個人が好業績株や株式分割発表銘柄 などに買いを入れた」(国内証券)という。オーケストラHD 、ビリングシステ ム が高く、アバールデータ も買われた。半面、新都ホールディングス<2 776.T>が安く、フィル・カンパニー 、日本ファルコム もさえない。 <14:32> 日経平均は下げに転じる、短期筋の売買で不安定な値動き 日経平均は下げに転じ、2万2300...

10日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

10日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・上組 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.51%にあたる185万1 000株、取得総額50億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月13日 から2018年3月23日。 ・ネクソン 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.0%にあたる450万 株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月13日から 2018年2月9日。 ・中国銀行 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.36%にあたる70万 株、取得総額10億円...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up