for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エムアップホールディングス

3661.T

現在値

1,330.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

711.00

 - 

1,873.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,330.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
17.45
高値
--
安値
--
52週高値
1,873.00
52週安値
711.00
発行済株式数
36.16
時価総額
50,036.55
予想PER
33.04
配当利回り
0.51

次のエベント

Q3 2023 M-up Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

M-up to fully acquire EMTG

m-up expects extraordinary profit for FY 2016

m-up to issue year-end dividend for FY 2015

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エムアップホールディングスとは

エムアップホールディングスは、コンテンツホルダーから利用者に至るまでのエンタテインメントビジネスに関わる全ての方々に対して、コンテンツと、その流通のためのシステムを提供する。【事業内容】3つの事業セグメントを通じて事業を展開する。コンテンツ事業は、携帯端末向け配信事業を行う。電子商取引(EC)事業は、主に携帯・パーソナルコンピュータ(PC)による通信販売を行う。電子チケット事業は、電子チケット及びチケットトレード、並びにそれらに付随する各種サービス事業を行う。

業種

Business Services

連絡先

5F, Honkan, Token International Bldg.

2-12-19, Shibuya

SHIBUYA-KU, TKY

150-0002

Japan

+81.3.54677125

http://www.m-up.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Sueki Fujiike

Director of General Affairs and Accounting, Director

Koichiro Mito

Representative Director

Yutaka Goto

Independent Director

Kazuo Oki

Independent Director

Shinichi Orihara

Independent Director

統計

2.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.0K

2023(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

15.010

2021

17.390

2022

27.023

2023(E)

37.300
株価売上高倍率(過去12カ月)
45.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.33
株価純資産倍率(四半期)
8.72
株価キャッシュフロー倍率
30.01
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
23.18
自己資本利益率(過去12カ月)
9.46

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目の転換線が上値抑える

<15:44> 日経平均・日足は「小陽線」、一目の転換線が上値抑える 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万6396円83銭。日足・一目均 衡表の転換線(2万6510円57銭=同)で上値を抑えられ、5日移動平均線(2万6 869円20銭=12日)に距離を残した。MACDはデッドクロス目前となっており、 下方向では4日に開けた窓(3日高値:2万6223円84銭)埋めが引き続き意識され そうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが3日続落、米ハイテク株安が重し 新興株式市場は、マザーズ総合は0.46%安の713.58ポイントと、3日続落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続落、米ハイテク株安が重し

<15:10> 新興株はマザーズが3日続落、米ハイテク株安が重し 新興株式市場は、マザーズ総合は0.46%安の713.58ポイントと、3日続落 した。米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が下落し、重しになった。一方、 時間外取引の米株先物は堅調に推移し、投資家心理の支えになった。東証グロース市場指 数は前営業日比0.47%安の907.23ポイントだった。 ステムリムやJTOWERが大幅安。ウェルスナビは年初 来安値を更新した。一方、ANYCOLORやメドレーが大幅高。フリ ーは堅調だった。 <13:05> 後場の日経平均はもみ合...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はもみ合い、米株先物堅調が下支えに

<13:05> 後場の日経平均はもみ合い、米株先物堅調が下支えに 後場の日経平均はもみ合い。再び前日比プラスに浮上する場面もあるなど、前日終値 の水準を挟んでの往来相場となっている。上値では売られ下値では買いが入るといった動 きを繰り返しており、方向性を欠く状態には前場から変化がない。 市場では「米消費者物価指数(CPI)発表前の米株の動きが気になるが、現時点で は時間外取引で主要3指数の先物が堅調に推移しており、日本株の下支え要因にもなって いる」(国内証券・ストラテジスト)との声も聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は続落、方向性感...

午前の日経平均は続落、方向性感じられず小幅安でもみ合い

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比37円00銭安の2万6364円25銭と続落した。前日の米国株式市場でS&P総合500種とナスダック総合が下落した流れで売り優勢で始まったものの、方向性が感じられない動きとなった。一時的にプラスとなった後は小幅安の水準でもみ合いが続いた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみ合い、徐々に模様眺めムードが広がる

<10:50> 日経平均はもみ合い、徐々に模様眺めムードが広がる 日経平均はもみ合い。一時的にプラスに浮上したものの再び小幅安の水準まで値を消 し、2万6300円台後半での動きとなっている。方向性が感じられず、徐々に模様眺め ムードが広がっている。 市場では「当面の関心事は13日の米消費者物価指数(CPI)の発表。これまで波 乱を生じさせた経緯があるイベントだけに、見極めたいとする投資家が多いようだ」(国 内証券・ストラテジスト)との声が聞かれる。 <10:01> 日経平均はプラス圏に浮上、内需株がしっかり 日経平均はプラス圏に浮上し、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏に浮上、内需株がしっかり

<10:01> 日経平均はプラス圏に浮上、内需株がしっかり 日経平均はプラス圏に浮上し、前営業日比約50円高の2万6400円台半ばで推移 している。全体的には弱い地合いの中、内需株がしっかりした値動き。個別では、朝方軟 調に推移していたソフトバンクグループがプラス転換し相場を支えているほか、 ファーストリテイリングも底堅い。 一方、市場関係者からは「債券市場が不安定で金利の高止まりが続く中、主要中銀の 金融引き締めへの警戒感は根強い」(国内証券・マーケットアナリスト)という。特に、 金利上昇に敏感で、需要の減退が見込まれる半導体関連株は...

寄り付きの日経平均は3日続落、半導体関連株に売り継続

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比48円03銭安の2万6353円22銭と、3日続落してスタートした。いったんプラス転換したものの、再びマイナス圏に沈んでいる。半導体関連株が引き続き軟調で、個別では東京エレクトロンが1.6%安、アドバンテストが1.2%安で推移している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、オーバルは買い優勢 ヨータイは売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、オーバルは買い優勢 ヨータイは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 オーバル 13% 496 495 496 437 2 ディア・ライフ 11% 599 598 599 538 3 エーアイテイー 8% 1,55 1,55 1,55 1,43 5 4 5 3 4 萩原電気HLDG 8% 2,25 2,25 2,25 2,09 9 9 9 3 5 テスHLDG 8% 1,01...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線・200日線上回り下値に堅さ

<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線・200日線上回り下値に堅さ 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。コマの形状で様子見姿勢の 強さが示唆される。一方、3営業日ぶりに5日移動平均線(2万7812円76銭=4日 )を終値で上回った。引き続き200日線(2万7559円18銭=同)も上回っている 。心理的節目2万8000円で上値を抑えられる展開が継続しているが、200日線をサ ポートに下値の堅い基調も維持している。 <15:06> 新興株はマザーズが続伸、値がさ株の上昇が支援 米株高を好感 新興株式市場は、マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、値がさ株の上昇が支援 米株高を好感

<15:06> 新興株はマザーズが続伸、値がさ株の上昇が支援 米株高を好感 新興株式市場は、マザーズ総合が1.68%高の736.02ポイントと続伸した。 東証グロース市場指数は前営業日比1.68%高の935.97ポイントだった。前日の 米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が上昇したことが投資家心理を上向かせ 、グロース株が買われた。 値がさのフリーやビジョナルが大幅高となり指数の押し上げに寄与 。ジーエヌアイグループは年初来高値を更新した。一方、プレシジョン・システ ム・サイエンスやユナイテッドが大幅安。ライフネット生命保険<7157...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もち合い継続、トヨタ決算の影響は限定的

<14:20> 日経平均は強もち合い継続、トヨタ決算の影響は限定的 日経平均は強もち合いを継続し、2万7900円付近で推移している。午後に決算を 発表したトヨタ自動車が大幅安となり、日経平均も上げ幅を縮める場面があった が、短時間で持ち直し、相場全体への影響は限定的だった。市場では「いい内容とはいえ ないが、サプライズというほど悪くもなかった」(国内証券)との声が聞かれた。 トヨタは2023年3月期の連結業績(国際会計基準)予想を上方修正し、純利益を 前年比17.2%減の2兆3600億円に引き上げた。従来は2兆2600億円を見込ん でいた...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もち合い、トヨタ自動車の決算控え模様眺めに

<12:55> 日経平均は強もち合い、トヨタ自動車の決算控え模様眺めに 日経平均は強もち合い。2万7800円台後半で一進一退となっている。後場に入っ てからも方向感が感じられず、商いも盛り上がっていない。「トヨタ自動車の決 算がまもなく発表されるが、それを見たいとの投資家が多い様子で、全体は模様眺めとな っている」(国内証券)という。 物色面では、引き続き東京エレクトロンなど半導体関連株がしっかり。グロ ース銘柄優位の状態が続いている。 <11:40> 前場の日経平均は続伸、米株高受けグロース株を中心に物色 前場の東京株式市場で、日経平均...

午前の日経平均は続伸、米株高受けグロース株を中心に物色

4日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比150円78銭高の2万7892円68銭と続伸した。米株の上昇や経済指標から米経済が景気後退には陥っていないという見方が生じ、グロース株を中心に物色された。ただ、きょうも2万8000円を瞬間的に付けた後は伸び悩むなど、引き続き上値の重さが意識されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみ合い、トヨタ自動車の決算発表待ち

<11:05> 日経平均は高値もみ合い、トヨタ自動車の決算発表待ち 日経平均は高値もみ合い。一時2万8000円を回復したものの、引き続き上値の重 さが意識されており伸びを欠いている状況だ。投資家の関心を集めそうなのが後場に予定 されるトヨタ自動車の決算発表で、それを待つ形で動きが止まっているとの見方 も出ている。 市場では「トヨタの決算内容をみたいとのムードが強い。特に、悪化した場合は出尽 くしになるのか、改めて売られるのか、見極めたいと考える投資家が多いようだ」(国内 証券)との声が聞かれた。 日経平均が高いのは、半導体関連株やファーストリテイリング...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、一時2万8000円回復も上値重い

<10:19> 日経平均は伸び悩み、一時2万8000円回復も上値重い 日経平均は伸び悩み、前営業日比約190円高の2万7900円台前半で推移してい る。一時260円高の2万8005円59銭まで上昇したが、その後は上値の重さも意識 されている。市場では「足元ではレンジ相場が続いており、2万8000円を超えて上昇 していくには材料不足」(国内証券)との声が聞かれた。 一方、日経平均には割安感も生じており下値は堅いとの声も聞かれ、「目先は2万7 500円を挟んだレンジ相場になりそうだ」(別の国内証券)との見方もあった。 物色動向としては、前日...

寄り付きの日経平均は続伸、米株高を好感 値がさ株堅調

 寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比189円04銭高の2万7930円94銭と続伸してスタートした。前日の米株高を好感し、幅広い業種で買いが先行している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、リテールパートナーズは買い優勢 ADWAYSは売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、リテールパートナーズは買い優勢 ADWAYS は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 リテールパートナーズ 26% 1,47 1,47 1,47 1,17 6 6 6 6 2 ネクソン 23% 3,70 3,70 3,70 3,00 5 5 5 5 3 ミマキエンジニアリング <6638. 17% 698 698 698 598 T> 4 タツモ 17% 1,48 1,47...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線を回復 パラボリックは陽転

   <15:52> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線を回復 パラボリックは陽転 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万6911円20 銭。窓を開けて上昇し、25日移動平均線(2万6730円16銭=18日)を15営業 日ぶりに終値で回復した。同線はわずかながら上向きとなった。パラボリックが陽転した ほか、MACDがシグナルをゴールデンクロスし、上昇サインが増えてきた。心理的節目 2万7000円近くにある日足・一目均衡表の雲上限(2万7025円95銭=同)を明 確に上抜ければ、上昇に弾みが付きそうだ。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が反発、BASEやメルカリの上昇が寄与

   <15:05> 新興株はマザーズ総合が反発、BASEやメルカリの上昇が寄与 新興株式市場は、マザーズ総合が反発した。ハイテク株比率の高い米ナスダックが前 日の米国市場で上昇しており、グロース(成長)株が物色された。 マザーズ総合は前営業日比1.69%高の656.37ポイントだった。BASE<4 477.T>やメルカリ、ジーエヌアイグループの上昇が指数押し上げに寄与 した。一方、CYBERDYNEやココナラ、ビジョナルはさ えなかった。 <14:04> 日経平均は小動き、外部環境の不透明感くすぶり上値追い慎重 後場の日経平均は2万6800...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、外部環境の不透明感くすぶり上値追い慎重

   <14:04> 日経平均は小動き、外部環境の不透明感くすぶり上値追い慎重 後場の日経平均は2万6800円台前半を軸にした小動きとなっている。前場の値幅 が300円超だったのに対し、後場は約70円にとどまっている。米株先物や上海株は小 安く推移し、投資家心理の重しとなっている。 米小売売上高といった目先の重要イベントを通過し、朝方には短期的なリバウンドを 期待した買いが一時優勢となったが、長続きしなかった。 米金融引き締めやインフレ、景気の先行きへの警戒感は払拭されておらず、上海市の ロックダウン(都市封鎖)が緩和の方向となってきた...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up