for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GMOリサーチ株式会社

3695.T

現在値

1,722.00JPY

変化

154.00(+9.82%)

出来高

49,100

本日のレンジ

1,568.00

 - 

1,768.00

52週レンジ

928.00

 - 

2,780.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,568.00
始値
1,568.00
出来高
49,100
3か月平均出来高
0.78
高値
1,768.00
安値
1,568.00
52週高値
2,780.00
52週安値
928.00
発行済株式数
1.63
時価総額
2,629.54
予想PER
--
配当利回り
2.69

次のエベント

Q2 2020 GMO Research Inc Earnings Release

適時開示

その他

GMO Research to issue year-end dividend for FY 2015

GMO Research lowers consolidated full-year outlook and year-end dividend forecast for FY 2015

GMO Research to issue year-end dividend for FY 2014

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GMOリサーチ株式会社とは

GMOリサーチグループはインターネットを活用した市場調査活動における調査、集計、分析業務の受託を事業として展開する。【事業内容】具体的には、一般事業会社、学校、官公庁などは、「自社商品の市場における位置付け」「新商品のニーズ」「広告・キャンペーンの施策やその効果」「商品に対する満足度」など、一般消費者の行動や意識の実態・変化を的確に捉えるために、市場調査活動を行い、市場調査には、直接、一般消費者とお会いしてアンケートやインタビューに回答してもらう調査方法とインターネット上でアンケートに回答頂く調査方法がある。その中で、同社は、調査会社に対して、インターネット上で調査の全てを完結できるプラットフォームを提供していることである。また、同社は、調査対象者に対して、アンケートへの参加を依頼し、回答者には謝礼としてポイントを付与する。回答者は纏まったポイントを現金・商品券・商品などに交換することができる。同社グループには、オンラインのアンケート画面作成、アンケート案内配信、アンケートデータの回収、クリーニング、集計といった一連の工程を、一貫して提供するサービスであるFull Service、Sample Supplyサービスなどのアウトソーシングサービス、Self Sample Supplyサービス、システム関連売上サービスなどのD.Y.Iサービス、並びにNew MR/コンベンショナル調査などのその他サービスがある。

業種

Business Services

連絡先

Cerulean Tower, 26-1, Sakuragaoka-cho

SHIBUYA-KU, TKY

150-8512

Japan

+81.3.59620037

https://gmo-research.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takashi Ito

Managing Director

Kenichiro Ando

Chief Director of System, Director

Tetsuya Hongo

Chief Director of Research Business, Director

Yusuke Sawada

Chief Director of Business Administration, Director

masatoshi Kumagai

Chairman of the Board

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
20.05
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.77
株価純資産倍率(四半期)
1.91
株価キャッシュフロー倍率
12.37
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
9.43
自己資本利益率(過去12カ月)
6.16

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下抜け

<16:40> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下抜け 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。終値は25日移動平均線(2万2221円27銭=2 5日)を上回ったものの、前日まで下値支持線として機能していた5日移動平均線(2万2451円84銭 =同)を下抜けた。75日移動平均線(2万0195円59銭=同)や200日移動平均線(2万1831 円66銭=同)は上向きを維持しているが、市場では「200日線の下抜けが視野に入ってきた。相場は全 体的に薄商いとなっていることもあり、夏枯れ相場が例年より早めに到来している可能性がある...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、フィーチャは2日目も値付かず

<16:10> 新興株市場は軟調、フィーチャは2日目も値付かず 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場では「日経平均の下 落に伴い連れ安となったが、値動きのいいIPO銘柄はきょうも人気。IPOで一攫千金を狙った個人投資 家が物色している」(国内証券)との声が出ていた。 マザーズ指数は0.43%安で取引を終了。オンコリスバイオファーマ 、AI inside 、ITbookホールディングス は下落。アンジェス 、そーせいグループ<4565. T>、前日新規上場したロコガイド などは買われた。 きょうは上場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場もみあい、日銀のETF買い入れ期待が下値支え

<13:38> 日経平均は後場もみあい、日銀のETF買い入れ期待が下値支え 日経平均は後場もみあい。前場では一時350円超の下落となったが、後場では250円ほど安い2万 2200円台後半での推移となり、下げ渋っている。市場では「米株先物が下げ渋ったことに加え、前場の TOPIXが前営業日比1%超の下げとなったため、日銀のETF(上場投資信託)買い入れ期待が支えと なっている」(国内証券)との声が出ていた。 <11:54> 前場の日経平均は続落、米株先物の軟化を嫌気 GMOグループは堅調  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比299...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、米株先物の軟化を嫌気 GMOグループは堅調

<11:54> 前場の日経平均は続落、米株先物の軟化を嫌気 GMOグループは堅調  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比299円52銭安の2万2234円80銭となり、続落 した。オーバーナイトの米国株が下落した流れを引き継ぎ、朝方から売りが先行した。売り一巡後はいった ん下げ渋ったものの、時間外取引の米株先物が軟化し、前引けにかけて再び弱含んだ。 前日の米国株市場でダウ、ナスダック総合、S&P総合500種はいずれも2%超下落して取引を終え た。東京市場の日本株もそれを受け、朝方から軟調に推移した。 下げ渋った局面では「12月期決算銘柄...

ホットストック:選挙関連の一角が堅調、クロスマーケは一時12%超高 衆院解散の可能性を意識か

選挙関連の一角が堅調。クロス・マーケティンググループは一時12%超上昇。衆院の解散総選挙の可能性を先取りする形で買いが入っているもよう。マーケティング調査のマクロミルやインテージホールディングス、封筒のイムラ封筒もしっかり。

8日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

8日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・上組 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.40%にあたる170万株 、取得総額40億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月12日から3月2 2日。 ・第四北越フィナンシャルグループ 、自己保有株を除く発行済株式総数の0 .87%にあたる40万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期 間は2月12日から3月29日。 ・太陽誘電 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.6%にあたる200万 株、取得総額30億円を上限とする...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、4カ月半ぶり75日線割れ

<15:21> 日経平均・日足は「中陰線」、4カ月半ぶり75日線割れ 日経平均・日足は「中陰線」。上方にマド(2万2967円69銭─2万3122円 45銭)を空けて下放れた。75日移動平均線(2万2779円83銭=5日)を終値が 下回ったのは昨年9月14日以来、4カ月半ぶり。日足・一目均衡表の雲上限(2万26 45円57銭=同)が下値を支持した格好となっている。 日経平均が昨年秋に急騰する以前に底値を付けた9月8日と、年初来高値を付けた今 年1月23日の上昇分に対するフィボナッチ比率38.2%押しの水準は2万2260円 近辺。同水準まで...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、マザーズ指数は一時3%超す下げ

<15:12> 新興株は軟調、マザーズ指数は一時3%超す下げ 新興株式市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに大幅続落とな った。マザーズ指数の下落率は一時3%を超えた。「個人投資家にもリスク回避の姿勢が 波及した」(国内投信)との声が出ていた。個別銘柄ではショーエイコーポ 、G MOリサーチ 、メイコー が急落。テリロジー 、ニチダイ<6467. T>、弁護士ドットコム は上昇した。 <14:20> 日経平均2万2700円台後半、全面安商状 ホンダ・ソニーは逆行高 日経平均は2万2700円台後半での値動き。東証1部銘柄...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up