for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フィスコ

3807.T

現在値

192.00JPY

変化

1.00(+0.52%)

出来高

445,100

本日のレンジ

187.00

 - 

192.00

52週レンジ

127.00

 - 

325.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
191.00
始値
190.00
出来高
445,100
3か月平均出来高
35.51
高値
192.00
安値
187.00
52週高値
325.00
52週安値
127.00
発行済株式数
45.69
時価総額
8,972.24
予想PER
--
配当利回り
1.53

次のエベント

Q3 2021 Fisco Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Fisco unit to buy virtual currency exchange business

Fisco to issue unsecured convertible bonds with subscription warrants

Fisco to acquire 99.85 pct voting power in investment firm for 141 mln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フィスコとは

フィスコグループのサービスは、情報サービス事業、ICT・IOT・デバイス事業、フィンテックシステム開発事業、インターネット旅行事業、広告代理業、コンサルティング事業、ブランドリテールプラットフォーム事業、仮想通貨・ブロックチェーン事業、その他の9つに大別されまる。【事業内容】情報サービス事業は、法人並びに個人向けの企業情報、金融情報及び仮想通貨情報の提供、リアルタイム配信、インターネット配信、アウトソーシング、企業調査レポート、アニュアルレポート等のIR制作物、クラブフィスコ、フィスコAI及びフィスコ マーケットマスターズ、スマートフォンアプリ及びPCブラウザ版、『株・企業報』、『仮想通貨ナビ』及び『就活・企業報』を含む。ICT・IOT・デバイス事業は、農業ICT事業、ロボット事業のR&D、各種無線方式を適用した通信機器の開発、販売、上記にかかわるシステムソリューション提供及び保守サービスの提供を含む。フィンテックシステム開発事業は、システム開発、クラウドサービス、介護事業所向けASPサービスを含む。インターネット旅行事業は、旅行関連商品のe-マーケットプレイス運営、法人及び個人向旅行代理業務、旅行見積りサービス、コンシェルジュ・サービス、障がい者スポーツ大会に関する企画・手配を含む。広告代理業務は、広告代理業務、広告出版物の企画、編集、制作並びに発行、販売促進物、ノベルティの製造販売を含む。コンサルティング事業は、IR支援、資本政策、財務戦略、事業戦略、リクルート支援業務等の各種コンサルティング業務、ファンドの組成及び管理業務を含む。ブランドリテールプラットフォーム事業は、雑貨及び衣料などの小売業、飲食業、ブランドライセンス事業を含む。仮想通貨・ブロックチェーン事業は、仮想通貨交換業、仮想通貨投資業、ブロックチェーン事業を含む。その他事業は、ぶどうの生産及びワインの醸造、ワインの販売を行う。

業種

Business Services

連絡先

5-11-9, Minami-Aoyama

MINATO-KU, TKY

107-0062

Japan

+81.3.57742440

http://www.fisco.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Hitoshi Kano

President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Osamu Fukami

Chief Director of Business Strategy, Chairman of Subsidiary, Director

Kaoru Kondo

Executive Officer, Director of Bonds and Currency Exchange Research

Koji Matsuzaki

Executive Officer, Director of General Planning

Tomokazu Murase

Executive Officer, Director of Stock Research

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
10.89
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.47
株価純資産倍率(四半期)
4.50
株価キャッシュフロー倍率
10.56
総負債/総資本(四半期)
6.95
長期負債/資本(四半期)
2.63
投資利益率(過去12カ月)
36.82
自己資本利益率(過去12カ月)
32.91

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線を下回る

<16:05> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。投資家の気迷いを反映している。終 値(3万0017円92銭=19日)は5日移動平均線(3万0219円62銭=同)を 下回り、目先は調整含みの展開が見込まれる。ただ、終値と25日移動平均線(2万89 78円69銭=同)の乖離率は4%台まで下がっており、高まっていた短期的な過熱感は 解消しつつある。 <15:50> 新興株市場は軟調、利益確定売り優勢 WACULは初日値付かず 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、利益確定売り優勢 WACULは初日値付かず

<15:50> 新興株市場は軟調、利益確定売り優勢 WACULは初日値付かず 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は3日続落とな った。東証1部での動きがさえないなか、新興株市場でも利益確定売りが優勢となった。 きょうマザーズ市場に新規上場したWACUL は初日値付かずとなり、2415 円買い気配で終了した。 日経ジャスダック平均は0.46%安。個別では、GMOフィナンシャルホールディ ングス 、アンビスホールディングス 、フィスコ が下落。CAI CA 、フェローテックホールディングス 、Nexus Bank...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、ローソク足は5日線の上方に位置

<15:48> 日経平均・日足は「小陽線」、ローソク足は5日線の上方に位置 日経平均・日足は「小陽線」。上下にヒゲを伴う「陽のコマ」となり、買い手の心理 としては上昇期待の中、気迷いを表すとされる。 また、ローソク足は5日移動平均線(2万8932円41銭=9日)から間隔を空け て上方に位置しているほか、5日線が上を向いていることから、目先としてはさらなる上 昇も期待できそうだ。 <15:33> 新興株市場はまちまち、物色は大型株に集中 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は小反 落した。前日に引き続き日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、物色は大型株に集中

<15:33> 新興株市場はまちまち、物色は大型株に集中 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は小反 落した。前日に引き続き日経平均が堅調に推移するなか、大型株に人気が集中し、新興株 市場での物色は限定的となった。 日経ジャスダック平均は0.13%高。個別では、シンバイオ製薬 が昨年来 高値を更新したほか、フィスコ 、GMOフィナンシャルホールディングス<7177. T>がしっかり。一方、シンデン・ハイテックス 、ジオマテック などはさ えない。 マザーズ指数は0.23%安。個別では、BASE 、フリー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、青空チャート 3万円回復に現実味

<15:55> 日経平均・日足は「大陽線」、青空チャート 3万円回復に現実味 日経平均・日足は、上下にごく短いヒゲを伴う「丸坊主」に近い「大陽線」。1月1 4日のバブル後最高値2万8979円53銭を更新したのみならず、30年6カ月ぶりに 2万9000円を回復したことで、高値もみあいから離脱を鮮明にし、再び実質的な青空 チャートとなった。 終値と25日移動平均線(2万8288円06銭=8日現在)の乖離率は3.89% まで広がったものの、まだ過熱感が強いとは言えないほか、チャートは上放れたばかりと なって、上値余地を感じさせている。3万円回復...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小幅高、大型株に人気が集中

<15:34> 新興株市場は小幅高、大型株に人気が集中 新興株市場は小幅高。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は小反発 した。市場からは「日経平均やTOPIXの伸び率に比べ、新興株市場の上昇率は小幅に とどまっている。日経平均が1日を通して堅調に推移する中、きょうは大型株に人気が集 中していたようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.36%高。個別では、フジタコーポレーシ ョン がストップ高で取引を終えたほか、CAICA 、フィスコ<3807.T >などが値上がり。一方、不二精機 、ホロン...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線の維持がポイントに

<16:00> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線の維持がポイントに 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」。前日の長い上ヒゲが目先的な天 井形成を示唆したため、定石通りの下押しとなった。ただ、上向きの5日移動平均線(2 万8395円48銭=15日現在)を上回った状態にあり、依然として強いトレンドを維 持している。当面はこれを維持できるか否かがポイントになるとみられる。 前日までの5営業日で2000円近い上昇を演じていただけに、上昇トレンドを保つ としても、もう少し休養が欲しいところ。一方、調整入りする場合は、25日移動平均線...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPOを買い直す動きも

<15:35> 新興株市場はまちまち、直近IPOを買い直す動きも 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は反発した 。市場からは「ひと押し入れた直近IPOが買い直されるなど、物色意欲の強さが感じら れた」(国内証券)とのが聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.18%安。個別では、山陽百貨店 がストップ高比例配分となったほか、不二精機 が反発。一方、ウエストホールデ ィングス 、出前館 、フェローテックホールディングス などが軟 調だった。 マザーズ指数は、前営業日比0.83%高。個別では、バルミューダ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、終値と25日線の乖離率は5.86%

<16:01> 日経平均・日足は「大陽線」、終値と25日線の乖離率は5.86% 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「大陽線」。高値まで買いで攻めたが、売り方の抵抗で押し戻さ れた。上ヒゲが長いことから、売りの抵抗が強かったことを表している。 5日移動平均線(2万8189円67銭=14日)が上を向いていることから、上昇余地はあるものの 、終値と25日移動平均線の乖離(かいり)率は5.86%と相場の過熱感が出始め、騰勢が弱まる可能性 も示唆している。 <15:48> 新興株市場はさえない、マザーズ指数は2%超安 新興株市場はさえない。日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、マザーズ指数は2%超安

<15:48> 新興株市場はさえない、マザーズ指数は2%超安 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場からは「日 経平均が堅調な値動きとなる中、新興株市場では買いの主体が不在だったようだ。新興株市場では材料出尽 くし感もあり、さえない動きとなった」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)とのが聞かれた。 日経ジャスダック平均は小反落し、前営業日比0.63%安。個別では、フィスコ 、CAIC A などが上昇。半面、不二精機 、インターライフホールディングス 、テーオーホ ールディングス などは値下がり。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、5日移動平均線上回る

<16:15> 日経平均・日足は「十字線」、5日移動平均線上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「十字線」。厳密に言えば実体部分は「陽」ながら、値幅はわ ずか約12円となり、単独では気迷いを示す足となった。ただ、終値(2万6763円39銭=18日)は 5日移動平均線(2万6749円55銭=同)を上回り、目先は強気ムードの支配が見込まれる。 <15:59> 新興株市場はまちまち、ココペリは初日値付かず 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続伸した。市場からは「き ょうはIPO銘柄に資金が向かっており指数自体...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、ココペリは初日値付かず

<15:59> 新興株市場はまちまち、ココペリは初日値付かず 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続伸した。市場からは「き ょうはIPO銘柄に資金が向かっており指数自体はさえない。ただ、年末は主力株はあまり動かない半面、 新興株をはじめとする中小型が物色される傾向がある。年内は底堅く推移するのではないか」(国内証券) との声が聞かれた。 この日マザーズ市場に新規上場したインバウンドテック は公開価格を28.07%上回る73 00円で初値を形成。その後8150円まで上値を伸ばし、7520円で取引を終えた。同...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「陽のコマ」、5日線は横ばいで方向感欠く

 <16:18> 日経平均・日足は「陽のコマ」、5日線は横ばいで方向感欠く   日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「陽のコマ」となり、市場参加者の心理として は気迷いを示唆している。  また、5日移動平均線(2万6727円37銭=17日)は横ばいとなっており、 目先としては方向感を欠くもみあい局面が続きそうだ。 <15:54> 新興株市場はしっかり、マザーズIPOは初値付かず  新興株市場はしっかり、日経ジャスダック平均は小反発、東証マザーズ指数は反発 した。市場からは「マザーズ市場が堅調で投資家心理が上向いているようだ。今日はIP O銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズIPOは初値付かず

<15:54> 新興株市場はしっかり、マザーズIPOは初値付かず  新興株市場はしっかり、日経ジャスダック平均は小反発、東証マザーズ指数は反発 した。市場からは「マザーズ市場が堅調で投資家心理が上向いているようだ。今日はIP O銘柄が多く、個人投資家を中心とした物色が活発だった」(国内証券)との声が聞かれ た。 この日ジャスダック市場に新規上場したリベルタ は公開価格を76.66% 上回る2120円で初値を形成。その後2159円まで上値を伸ばし、1630円で取引 を終えた。 一方、マザーズ市場に新規上場したビートレンド は初値が付かず、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線がサポートも方向性見いだせず

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、週末で見送り気分広がる

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、為替の円高に警戒

<16:15> 日経平均・日足は「小陰線」、為替の円高に警戒 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。弱もちあいな値動きを示している。終値(2万347 4円27銭=22日)は25日移動平均線(2万3429円50銭=同)にサポートされる格好となった一 方、5日移動平均線(2万3552円51銭=同)は上値抵抗線として機能した。 日経平均は5日移動平均線と25日移動平均線との間を行き来し、上値の重さと下値の堅さが共存する 展開が続いているが、ドル/円の円高進行が加速した場合、いったん調整が入る可能性があり、やや警戒さ れている。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは高値警戒感で売り先行

<15:46> 新興株市場は軟調、マザーズは高値警戒感で売り先行 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。市場からは「ここの ところ堅調だったマザーズ市場では過熱感が強まり、高値警戒感があった。企業決算や米大統領選を控えた 今のタイミングで調整が進行したのではないか」(SBI証券・投資調査部長、鈴木英之氏)との声が聞か れた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.77%安。個別では、ストリームメディアコーポレーション<4 772.T>、フィスコ が上昇。今村証券 はストップ高比例配分。半面、歯愛メディカル...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は4日続落、東証マザーズ6%超安 リスクオフムードが広がる

<16:30> 新興株市場は4日続落、東証マザーズ6%超安 リスクオフムードが広がる 新興株市場で、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は大幅に4日続落。それぞれ5.64%安、 6.28%安となった。リスクオフムードが広がる中で買い意欲に乏しく、幅広い銘柄が売りに押された。 マザーズ市場においては値上がりは7銘柄にとどまった。 ジャスダック市場では、ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス 、ホロン が下落。フィスコ 、チエル 、出前館 は上昇。 マザーズ市場では、フリー 、BASE 、サンバイオ が下落。メルカリ <4385...

金融庁、フィスコ仮想通貨取引所に改善命令 社内規定が機能せず

金融庁は21日、フィスコ仮想通貨取引所(大阪府岸和田市)に対して資金決済法に基づき業務改善命令を出したと発表した。立入検査の結果、経営陣に法令順守の重要性の認識が欠如しており、社内規定が機能していないことが判明した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up