for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アルファクス・フード・システム

3814.T

現在値

782.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

440.00

 - 

1,375.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
782.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
0.35
高値
--
安値
--
52週高値
1,375.00
52週安値
440.00
発行済株式数
2.67
時価総額
2,111.26
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 3814.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Alphax Food System says business alliance with Glory

Alphax Food System completes private placement of treasury shares

Alphax Food System says acquisition of CRM business from Unity Marketing Solutions

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アルファクス・フード・システムとは

アルファクス・フード・システムは、「食文化の発展に情報システムで貢献する」ことを事業ポリシーとして、外食業界に特化した基幹業務システムのアプリケーション・サービス・プロバイダ(ASP)による提供から、飲食店店舗にて利用する販売時点(POS)情報管理システム、オーダーエントリーシステムの自社企画商品の販売及び周辺サービスの提供までをワンストップで行う。【事業内容】同社は外食企業に対し、食材原価ロス、人件費の無駄等「ヒト・モノ・カネ」といった経営コストのロスを徹底追及する「飲食店経営管理システム」を核とした各種システムの提供を行う。同社の事業は、同システムをインターネット経由で提供するASPサービス事業、同社企画のオーダーエントリーシステム(「オーダーショット」)やPOSシステム等のハード機器の販売を行うシステム機器事業、その他他社機器及びサプライ品等を販売する周辺サービス事業からなる。ASPサービス事業では、顧客の外食企業に対して売上分析システム、勤怠管理システム、在庫管理、在庫分析、受発注処理、セントラルキッチン等の基幹業務システムをASPで提供。顧客の外食企業本社やエリア本部は、インターネット端末で上記のシステムを利用し、各店舗から送信された諸データを同社独自の帳票に加工・分析されたデータとして閲覧し経営判断に用いることができる。特に同社のサービスの特長である「料理レシピデータによる在庫管理分析」(各料理のレシピを事前に登録してメニュー売上に連動させて分解することで、食材の理論在庫が把握でき、店舗ごとに理論在庫と実在庫の差異を分析する仕組み)は、調理段階のロスや、食材の過剰発注(過剰在庫)、在庫切れによるチャンスロスを未然に防ぎ、店舗単位に物理的な食材ロスを徹底的に排除・削減することができる。システム機器事業は、外食企業の本部情報分析精度を高めるために重要な情報収集端末である「POSシステム」及び「オーダーエントリーシステム」の自社企画商品の販売を行う。周辺サービス事業では、外食企業関連商品のワンストップサービスの一環として、Webサービスによる外食関連情報の発信や、顧客誘致及び事務管理の簡素化のためのポイントカード端末やクレジット端末、自動釣銭機端末、キャッシュカウントマシーン等と他社製品、及びPOSシステム、オーダーエントリーシステムに係る各消耗品の販売を行う。

業種

Computer Services

連絡先

128, Chizaki

SANYOONODA-SHI, YMC

756-0039

Japan

+81.83.6395151

https://www.afs.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takamori Tamura

President, Representative Director

Yoshimitsu Horie

Senior Managing Director

Yumiko Fujii

Managing Executive Officer, Senior Executive Officer

Shogo Fukuda

Executive Director

Junzo Utada

Executive Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.38
株価純資産倍率(四半期)
14.91
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
1,288.58
長期負債/資本(四半期)
726.69
投資利益率(過去12カ月)
-24.13
自己資本利益率(過去12カ月)
-11.00

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陰線」、弱い地合いでも上昇トレンドは維持

<16:11> 日経平均・日足は「下影陰線」、弱い地合いでも上昇トレンドは維持 日経平均・日足は、短い下ヒゲを伴う「下影陰線」。弱い地合いを暗示する形状となった。ただ、終値 は5日移動平均線(2万6640円83銭=2日)を上回ったほか、25日、75日、200日と長短すべ ての移動平均線は上向きとなっている。強い基調を維持しており、上昇トレンドは維持されている。 <15:49> 新興株市場はしっかり、マザーズ5日続伸で回復基調 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は5日続伸となった。市場で は「マザーズ指数は...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズ5日続伸で回復基調

<15:49> 新興株市場はしっかり、マザーズ5日続伸で回復基調 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は5日続伸となった。市場で は「マザーズ指数は10月に年初来高値を更新後、やや一服気味となっていたが、今週は改めて買いが入っ ている。ワクチンの実用化による景気回復期待で、幅広い銘柄が物色されている」(国内証券)との声が聞 かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.30%高。個別では、アルファクス・フード・システム<3814. T>、不二精機 、アバールデータ などが上昇。半面、ワークマン 、テラ 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、「コマ」出現で方向感探る動きに

日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。上値・下値をいずれも切り下げ、直近の下落基調を止めることはできなかった。今回の足は気迷いの「コマ」で、目先の調整が押し一巡か、さらなる下値を模索するか、方向感を探る動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、アララが上場2日目で初値形成

新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は4日ぶりに反発し、東証マザーズ指数は小反落となった。市場では「調整色を深める先駆した銘柄を見切り売りする動きが目立っている」(国内証券)との声が出ている。初日に買い気配で終了したアララは、上場2日目に公開価格の2倍となる3080円で初値を形成し、その後も上値を追い高値引けとなった。

ホットストック:アルファクスFSがストップ高気配、19年9月期予想を上方修正

アルファクス・フード・システムがストップ高買い気配。26日に発表した2019年9月期単体業績予想の上方修正を好感した。当期純利益予想は1億8000万円から2億5400万円に引き上げた。新たにエネルギーコスト削減事業へ進出することによる収益拡大を織り込んだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up